GAD抗体

出典: meddic

抗グルタミン酸脱炭酸酵素抗体

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Vogt-小柳-原田病に続発した急性発症自己免疫性1型糖尿病の1例
  • 辻 英之 [他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 86(3), 157-161, 2011-12-25
  • … 入院時採血、検尿で、抗GAD抗体 1214.3U/ml、血中CPR空腹時 1.0ng/ml、食後2hr 1.2ng/ml、尿中CPR 15.6マイクロg/日、CPR 5min 0.5ng/mlであること、約1年前の空腹時血糖84mg/dl、HbA1c 5.6%であることなどから急性発症自己免疫性1型糖尿病と考え、インスリン強化療法を導入、加療を開始した。 …
  • NAID 110008721260
  • 症例報告 劇症1型糖尿病の2例
  • 松田 浩史,古賀 直子,福島 英生
  • 日本老年医学会雑誌 48(5), 565-569, 2011-09
  • NAID 40019047738

関連リンク

○抗GAD抗体 【こう・じーえーでぃー・こうたい、あんち・ぎゃど・こうたい】(検査指標名) (英:Anti-GAD Antibody) [類→ICA]. 〈1型糖尿病(高血糖症)と自己抗体〉 1型糖尿病 (高血糖症)の発症は自己免疫反応が起因するがゆえに、1型糖尿病(高血糖症)患者の ...
抗グルタミン酸デカルボキシラーゼ(GAD)抗体は,インスリン依存性糖尿病(IDDM)に高 頻度に検出される膵β細胞に対する抗体である。GADは1990年Baekkeskovらによって 抗膵β細胞64KD蛋白抗体の抗原であることが報告された。膵β細胞破壊に起因する ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問100C019
リンク元緩徐進行1型糖尿病
関連記事抗体」「G」「GA」「gad」「

100C019」

  [★]

  • 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。
  • 28歳の男性。意識障害のため救急車で搬入された。
  • 現病歴 : 6年前、入社時の健康診断で高血糖と尿糖とを指摘されたが、症状がないため放置していた。半年前からロ渇と多尿とがあり、ジュースやスポーツドリンクをよく飲むようになっていた。最大体重27歳時94kgであった。1か月前から体重が急激に減少し、倦怠感が増強していた。今朝からぐったりとなり意識がもうろうとなった。
  • 既往歴 : 子供のころから肥満であった。
  • 家族歴 : 父と兄とが糖尿病である。
  • 現症 : 傾眠傾向で、大声で呼ぶと開眼する。身長176cm、体重84kg。体温 36.2℃。呼吸数22/分。脈拍96/分、整。血圧132/88mmHg。眼瞼結膜に貧血を認めず、眼球結膜に黄疸を認めない。口唇と舌とは乾燥している。心雑音は聴取しない。肝は右肋骨弓下に2cm触知する。浮腫は認めない。アキレス腱反射は両側消失している。
  • 検査所見 : 尿所見:比重1.036、蛋白(-)、糖4+、ケトン体3+。血液所見:赤血球480万、Hb14.6g/dl、Ht46%、白血球9,800、血小板22万。血清生化学所見:血糖820mg/dl、HbA1C14.6%(基準4.3~5.8)、総蛋白7.4g/dl、アルブミン3.8g/dl、尿素窒素34mg/dl、総コレステロール282mg/dl、トリグリセライド340mg/dl、AST32単位、ALT48単位。
  • この患者の検査所見で予想されるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100C018]←[国試_100]→[100C020

緩徐進行1型糖尿病」

  [★]

slowly progressive insulin dependent diabetes mellitus, slowly progressive IDDM, SPIDDM
1型糖尿病糖尿病


臨床的特徴

DMR.30 参考1

臨床像

  • 発症初期は、食事・内服薬療法で治療が可能なインスリン非依存状態であるが、数年の経過でインスリン分泌能が低下しインスリン依存状態に移行する。(2型糖尿病と同じような臨床像)
  • 膵島関連自己抗体(膵島細胞抗体(ICA)、GAD抗体インスリン自己抗体(IAA)、IA-2抗体など)が様々な組み合わせで持続陽性。ICAは低抗体価であるが、GAD抗体は急性発症1型糖尿病に比べ高抗体価。
  • 急性発症1型糖尿病のGAD抗体とSPIDDMのそれとは異なり、N末端側にユニークなエピトープを有する。
  • 発症年齢は30-50歳と中年から高齢である。 ⇔ 急性発症1型糖尿病は若年期
  • β細胞障害の速度は女性に比べ男性のほうが早い。
  • HLA type
  • Class II MHC であるHLA-DR4-DQA1*0301-B1*0401との関連がある。
  • 急性発症1型糖尿病と関連するHLA-A24 との関連は薄い。

膵組織

  • 膵β細胞がわずかに残存
  • 膵外分泌腺組織は著明に萎縮
  • 膵島周囲にCD8陽性Tリンパ球浸潤(periinsulitis)が認められる。 ← 膵島炎は稀(DMR.30)
  • 膵外分泌腺へのCD8陽性Tリンパ球もしくはCD4 陽性Tリンパ球の浸潤が認められることがある。
  • 膵管造影で膵管、とくに二次膵管の慢性膵炎様の不整所見を認める頻度が高い。主膵管の拡張、不整。

参考

  • 1. 緩徐進行1 型糖尿病(SPIDDM), 月刊糖尿病 2009/11 Vol.1 No.6, p.50


抗体」

  [★]

antibody, Ab
γ-globline、免疫グロブリン
  • 抗原を特異的に認識する糖蛋白質である免疫グロブリンの一種。
  • 血液・リンパ液中で抗原と非結合状態のものを指す
  • 液性免疫に関与




G」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 7th letter of the Roman alphabet」
g


GA」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「General Admiral / (またGa)Georgia」


gad」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(刺激・楽しみを求めて)ぶらつく,ほっつき歩く」


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡