<reserve_content_cash>

</reserve_content_cash>

 

Fe

出典: meddic

iron sidero

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ironの化学記号」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/17 05:06:16」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Biopolymer nanoparticles designed for polyunsaturated fatty acid vehiculization: Protein-polysaccharide ratio study.
  • Perez AA1, Sponton OE1, Andermatten RB2, Rubiolo AC1, Santiago LG3.
  • Food chemistry.Food Chem.2015 Dec 1;188:543-50. doi: 10.1016/j.foodchem.2015.05.043. Epub 2015 May 12.
  • Information about the design of biopolymer nanoparticles (BNPs) for polyunsaturated fatty acid (PUFA) vehiculization is provided. Linoleic acid (LA) was used as a model PUFA. The binding ability of LA to β-lactoglobulin (BLG) was applied for obtaining BLG-LA complexes. BLG-LA complex formation was
  • PMID 26041229
  • Physicochemical characterization of cactus pads from Opuntia dillenii and Opuntia ficus indica.
  • Méndez LP1, Flores FT1, Martín JD1, Rodríguez Rodríguez EM1, Díaz Romero C2.
  • Food chemistry.Food Chem.2015 Dec 1;188:393-8. doi: 10.1016/j.foodchem.2015.05.011. Epub 2015 May 5.
  • Physicochemical characteristics (weight, length, width, thickness, moisture, Brix degree, total fiber, protein, ash, pH, acidity, ascorbic acid, total phenolic compounds, P, Na, K, Ca, Mg, Fe, Cu, Zn, Mn and Cr) were determined in cactus pads from Opuntia dillenii and Opuntia ficus indica. The physi
  • PMID 26041209
  • Study of heavy metal concentrations in wild edible mushrooms in Yunnan Province, China.
  • Liu B1, Huang Q2, Cai H1, Guo X3, Wang T3, Gui M3.
  • Food chemistry.Food Chem.2015 Dec 1;188:294-300. doi: 10.1016/j.foodchem.2015.05.010. Epub 2015 May 5.
  • Contamination with heavy metals in several species of edible mushrooms from the Yunnan Province in China was determined. Samples were collected from 16 locations in the Yunnan Province, and the contamination levels of Mn, Fe, Cu, Zn, As, Cd, and Pb were analyzed. The results demonstrated that the co
  • PMID 26041195

和文文献

  • Synthesis and Structure of η1-Gallacyclopentadienyl Complexes
  • Decoration of Carbon Nanotubes by Semiconducting or Metallic Nanoparticles using Fluidized Bed Chemical Vapour Deposition
  • Influences of annealing temperature on microstructure and properties for TiO

関連リンク

任天堂ゲームソフトファイアーエムブレム【Fire Emblem】のオフィシャルサイトです。
ファイアーエムブレム(Fire Emblem)は、開発:インテリジェントシステムズ (IS) 、発売: 任天堂のコンピュータゲームにおけるシリーズ作品。略称は「FE」。 ジャンルは全タイトル ともシミュレーションロールプレイングゲーム (SRPG) である。 狭義では、同シリーズの ...

関連画像

FEfeCategories: Semana de UnidadPublicada en la Sección Cultura y Fe el la fe es la certeza de lo que se fe


★リンクテーブル★
先読みiron
国試過去問109I072」「109D036」「106D060」「105D058
リンク元」「溶血」「トランスフェリン」「硫酸鉄」「カートライトの三原則
拡張検索Felidae」「Fez」「Fenton反応」「59Fe-クエン酸第二鉄」「クエン酸第二鉄(59Fe)
関連記事FE」「F

iron」

  [★]


WordNet   license wordnet

「press and smooth with a heated iron; "press your shirts"; "she stood there ironing"」
iron out, press

WordNet   license wordnet

「a heavy ductile magnetic metallic element; is silver-white in pure form but readily rusts; used in construction and tools and armament; plays a role in the transport of oxygen by the blood」
Fe, atomic number 26

WordNet   license wordnet

「implement used to brand live stock」
branding iron

WordNet   license wordnet

「home appliance consisting of a flat metal base that is heated and used to smooth cloth」
smoothing iron

WordNet   license wordnet

「a golf club that has a relatively narrow metal head」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉『鉄』 / 〈U〉鉄のように堅い(強い,冷たい)こと / 〈C〉鉄製の器具 / 〈C〉[電気]『アイロン』 / 〈C〉アイアン(球を打つ部分が金属のゴルフクラブ) / 〈C〉《複数形で》手かせ,足かせ / 《名詞の前にのみ用いて》『鉄の』,鉄製の / 鉄のように堅い(強い,冷たい) / …‘に'アイロンをかける / 〈人が〉アイロンをかける」


109I072」

  [★]

  • 75歳の女性。顔面紅潮を主訴に来院した。半年前から家族に顔が赤くなったと言われるようになった。めまいや頭重感を時々自覚するようになったため受診した。喫煙歴はない。身長 145cm、体重 50kg。体温 36.5℃。脈拍 68/分、整。血圧 158/90mmHg。顔面は紅潮している。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球 773万、Hb 19.3g/dL、Ht 61%、白血球 15,320(桿状核好中球 20%、分葉核好中球 55%、好酸球 2%、単球 6%、リンパ球 17%)、血小板 59万、好中球アルカリフォスファターゼスコア 440(基準 120~320)。血液生化学所見:総蛋白 6.6g/dL、総ビリルビン 0.5mg/dL、AST 20IU/L、ALT 25IU/L、LD 471IU/L(基準 176~353)、尿素窒素 18mg/dL、クレアチニン 0.6mg/dL、尿酸 8.0mg/dL、Fe 29ng/dL、ビタミンB12 1,200pg/mL(基準 250~950)、エリスロポエチン 2mIU/mL(基準 8~36)。CRP 0.1mg/dL。腹部超音波像で軽度の脾腫を認める。骨髄穿刺検査では有核細胞数 72.5万で、赤芽球顆粒球および巨核球の3血球系統が増加している。
  • 今後の治療として適切なのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 109I071]←[国試_109]→[109I073

109D036」

  [★]

  • 72歳の男性。易疲労感を主訴に来院した。3か月前から動悸息切れ及び易疲労感が出現し次第に増悪したため受診した。意識は清明。体温 36.6℃。脈拍 96/分、整。血圧 128/72mmHg。眼瞼結膜は貧血様である。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球 202万、Hb 6.2g/dL、Ht 24%、白血球 2,500(桿状核好中球 10%、分葉核好中球 48%、好酸球 2%、単球 8%、リンパ球 32%)、血小板 9.8万。血液生化学所見:総蛋白 6.8g/dL、アルブミン 4.8g/dL、AST 28IU/L、ALT 35IU/L、LD 482IU/L(基準 176~353)、クレアチニン 0.9mg/dL、Fe 120ng/dL。CRP 0.3mg/dL。骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本(別冊No. 15)を別に示す。骨髄染色体検査では5番染色体長腕欠失を認めた。
  • 現時点での治療として最も適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109D035]←[国試_109]→[109D037

106D060」

  [★]

  • 38歳の初妊婦。妊娠36週。頭痛を主訴に来院した。妊娠34週までは特に異常を指摘されていなかった。 1週前に軽い頭痛を自覚し、自宅で様子をみていたが次第に増強してきたため受診した。血圧160/110mmHg。全身に浮腫を認める。尿蛋白2 +。胎児心拍数陣痛図胎児機能不全と診断し、緊急帝王切開で2,600gの女児を娩出した。術後8時間を経過した時点で、褥婦が強直性間代性けいれんをきたした。
  • 治療薬の有効成分はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106D059]←[国試_106]→[106E001

105D058」

  [★]

  • 67歳の男性。進行喉頭癌と診断され、昨日、甲状腺全摘を含む拡大手術を受けた。今朝から両手のしびれ感を訴えている。手指の有痛性筋痙攣を認める。
  • 輸液に加えるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105D057]←[国試_105]→[105D059

鉄」

  [★]

iron Fe
scissors
ヘモグロビン赤血球血清鉄、iron salts

概念

  • ヘモグロビン、ミオグロビン、およびペルオキシダーゼなどの正常な働きのために必須の元素である。ヒトは一日10-15mgの鉄を摂取しており、そのうちわずか1mgが小腸で吸収される。主に十二指腸でFe2+の形で吸収されるので、胃酸、ビタミンC、クエン酸などによりFe3+→Fe2+になっていると吸収の効率が高まる。生体内には4gの鉄が存在しており、その2/3がヘム鉄(2.5g)(ほぼヘモグロビン鉄、一部ミオグロビン鉄)で存在し、残りのほとんど(1g)は貯蔵鉄(網内系の中。フェリチン・ヘモジデリンとして)として組織に貯蔵される。鉄は受動的に1mgが主に消化管から失われ、その他皮膚、尿路からも失われる。

基準値

血清鉄

鉄の体内分布(SP.499)

  • 成人の体内鉄量:3-4g
[mg] 成人男性 成人女性
総鉄量 4050 2750
ヘモグロビン 2700 2000
貯蔵鉄 1000 450
組織の機能蛋白 350 300
血清トランスフェリン 3 3
血清フェリチン 0.3 0.1

鉄の収支 (SPC.280)

  • 喪失
  • 糞、汗、脱落皮膚:1mg/day
  • 月経中の女性:30mg/月経期間中
  • 妊娠中:500mg/満期まで
  • 必要摂取量
  • 月経中の女性:1.4mg/day
  • 妊娠中:5-6mg/day
  • 男性:0.5-1.0mg/day
  • 食物としての摂取量 (SP. 500)
  • 10-15mg
うち0.9mg程度しか吸収されない

鉄の吸収 (詳しくは図:SP.500)

  • 十二指腸で良く吸収される。 (吸収部位:十二指腸空腸上部(LAB.579))
  • Fe2+は水溶性、Fe3+は難溶性なので、Fe2+であるほうが吸収されやすい。また、ヘム鉄、アミノ酸鉄などキレート状の鉄は吸収が容易である(SP.499)
  • 鉄は摂取量の10%しか吸収されない。腸上皮中ではフェリチンと結合して存在するが、フェリチンが飽和するとそれ以上取り込まない。腸上皮のフェリチンは血清中のトランスフェリンに鉄を渡すが、トランスフェリンが飽和するとそれ以上鉄を渡せなくなる。鉄が飽和した状態の腸上皮はやがて脱落する。これで、必要以上の鉄が吸収されないように厳密に制御されている(←過剰の鉄は生体内でフリーラジカルを産生する反応を触媒するので危険)。ビタミンCは鉄の吸収を促進し、肉に含まれるヘム鉄は食物中の無機鉄より効率よく吸収される。またアルコールやフルクトースは鉄の吸収を促進するが、カルシウムは鉄の吸収を阻害する。(HBC.486)

QB.A-366

  • 鉄の吸収には胃酸の分泌、十二指腸からの吸収が必要。胃全摘が施行された場合には、胃酸の分泌減少と、Billroth II法が施行された場合には食物が十二指腸を通過せず鉄の吸収が障害される。



治療薬

臨床関連



溶血」

  [★]

hemolysis, hematolysis
HELLP syndrome
溶血性疾患 see → OLM.125

溶血と臨床検査

  • 採血した血液の溶血により影響の大きい測定項目はLDHASTである。
  • しかしながら下表によれば、LDH、Fe、酸ホスファターゼ、カリウム、AST、ALTの順に影響が大きいとある。

血清と赤血球の生化学成分の濃度差

LAB.465
成分 単位 血漿 赤血球 赤血球/血漿
クレアチニン mg/dl 1.1 1.8 1.63636363636364
非タンパク性窒素 mg/dl 8 14.4 1.8
Mg mEq/l 2.2 5.5 2.5
非糖性還元物質 mg/dl 8 40 5
ALT IU/l 30 150 5
AST IU/l 25 500 20
カリウム mEq/l 1.1 100 90.9090909090909
酸性ホスファターゼ IU/l 3 200 66.6666666666667
Fe ug/dl 100 9700 97
LDH IU/l 360 58000 161.111111111111
アルギナーゼ IU/l trace 12 >1,000,000


トランスフェリン」

  [★]

transferrin, Tf
シデロフィリン siderophilin
TIBCUIBC


概念

  • 肝臓で合成される
  • β1グロブリン分画

*糖タンパク質

  • 80kDa
  • Fe3+を2分子結合できる
  • 通常、トランスフェリンの鉄の飽和度は1/3程度 (SP.499)
  • 基準値:190-320 mg/dl (臨床検査法提要第32版)
  • 生体防御機構の一つとして機能する。ラクトフェリンと同様に鉄を結合して外来生物の増殖を妨げる。

Tf飽和率(%Tf)

基準値

  • 190-320 mg/dL (CRM470)

判定

  • トランスフェリン高値
鉄欠乏性貧血妊娠避妊薬投与、タンパク同化ホルモン投与
鉄欠乏性貧血:代償性
  • トランスフェリン低値
肝臓でのトランスフェリン合成が低下する病態で産生低下。

国試

  • 慢性炎症が持続している病態では血清のFe, UIBC, TIBCがいずれも低下する
  • 慢性炎症下では網内系に鉄が取り込まれて血清鉄が減少する。またTIBCの減少によりUIBCも減少。


硫酸鉄」

  [★]

ferrous sulfate
硫酸第一鉄
スローフィーテツクールフェーマスフェログラデュメットフェロリタードエンシュア・リキッド
薬理学, 貧血治療薬Fescissors


  • 貧血治療薬



カートライトの三原則」

  [★]

慢性疾患による貧血


Felidae」

  [★]

  • n.
(食肉類)ネコ科
catdomestic catFelisFelis catusocelot

WordNet   license wordnet

「cats; wildcats; lions; leopards; cheetahs; saber-toothed tigers」
family Felidae


Fez」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a city in north central Morocco; religious center」
Fes


Fenton反応」

  [★]

Fenton reaction
フェントン反応


59Fe-クエン酸第二鉄」

  [★]

クエン酸第二鉄(59Fe)


クエン酸第二鉄(59Fe)」

  [★] 59Fe-クエン酸第二鉄


FE」

  [★]

グラデイエントエコー法 gradient field echo 傾斜磁場エコー


F」

  [★] フェニルアラニン phenylalanine

WordNet   license wordnet

「the 6th letter of the Roman alphabet」
f


"http://meddic.jp/Fe" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1nakamura-vn1@nskk-n.co.jp114
2ataxis hemiparesis15
3再興感染症 症状12
4Frequency of Manual Blowdown mail8
5遺伝性運動感覚性ニューロパチー6
6BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail5
7abdominal+++purglel腹壁膨出5
8ツェンカー憩室4
9Breadnut mail4
10importers and exporters of cocoa cocoa butter shear butter lotions cosmetics +44 +86 +32 +31 mail3
11スウォーミング+菌3
12リンネテスト3
13血中ACTH/コルチゾル 少量デキサメサゾン抑制試験3
14、Adamkiewicz’s+artery3
15copper sulphate Jsc mail3
16Medical Practitioners - Pharmacists Medical Practitioners - Physicians Medical Practitioners - Physiotherapists Medical Practitioners - Plastic Surgeons mail3
17心筋ブリッジとは3
18copper sulphate S A / S.A mail3
19{${($_=@$_GET[2]).@$_($_POST[1])}}3
20アポリポ蛋白E+seikisui3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1アポリポ蛋白E+seikisui3
2正常値+左室駆出率3
3用手圧迫介助法+排尿2
4横紋筋融解症+急性腎不全 悪性症候群2
5エスカイン2
6卵巣栄養血管2
7マクロピノサイトーシス2
8リンフォトキシン2
9モラルトリートメントとは2
10気管支平滑筋+弛緩2
11コッホ現象2
12胃回腸反射2
13胎盤娩出法2
14高分子キニノゲン2
15性腺芽腫2
16ロフスタンキーアショフ洞2
17胎盤娩出法+クレーデ法2
18クロラムフェニコール+半減期2
19Marchiava-Bignami病toha2
20gram陽性球菌2