FcεRI

出典: meddic

Fcε receptor I
FcεRII


  • I型アレルキーに関与

構造

  • 3量体4分子からなる
  • αx1:
  • βx1:4回膜貫通
  • γx2:シグナル伝達に関わる。TCRのシグナル伝達サブユニットであるζに似ており、Fc受容体のαサブユニットと非共役的に結合している。

発現細胞

(免疫学 080526)

FcεRI 肥満細胞 I型アレルギーに関与
好酸球
FcεRII T細胞 花粉のシーズンのアトピーにおいて1%のT細胞でFcεRII(+)となる
B細胞 花粉のシーズンのアトピーにおいて30%のB細胞でFcεRII(+)となる
単球 ある20%のアレルギー性疾患で2%の単球でFcεRII(+)となる
肺胞マクロファージ IgEを介した酵素放出
好酸球 寄生虫に対するIgEを介したエフェクター細胞
血小板

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • イヌ肥満細胞腫を活性化するイヌ高親和性IgE受容体α鎖に対する抗体の確立
  • 村上 統,後飯塚 僚,丸尾 幸嗣 [他]
  • 順天堂医学 57(2), 125-132, 2011
  • NAID 40018837048
  • A Novel Imidazo[1,5-b]isoquinolinone Derivative, U63A05, Inhibits Syk Activation in Mast Cells to Suppress IgE-Mediated Anaphylaxis in Mice
  • Kim Do Kyun,Lee Jun Ho,Kim Jie Wan,Kim Hyuk Soon,Kim A-Ram,Kim Bo Kyung,Yi Kyu Yang,Park Hye-Jin,Park Dong Ki,Choi Wahn Soo
  • Journal of Pharmacological Sciences 115(4), 500-508, 2011
  • … Development of specific inhibitors against FcεRI-associated proximal signaling molecules in mast cells may represent a promising therapeutic strategy for allergic diseases. …
  • NAID 130000663515
  • Rab5a Regulates Surface Expression of FcεRI and Functional Activation in Mast Cells
  • Kageyama-Yahara Natsuko,Suehiro Yoko,Yamamoto Takeshi,Kadowaki Makoto
  • Biological & Pharmaceutical Bulletin 34(5), 760-763, 2011
  • … Surface expression levels of high-affinity immunoglobulin E (IgE) receptors (FcεRI) on mast cells are regulated by constitutive internalization from the plasma membrane, which is thought to be an important determinant of FcεRI-mediated signaling potential. … However, molecular mechanism of FcεRI trafficking has remained poorly understood. …
  • NAID 130000657792

関連リンク

The high-affinity IgE receptor, also known as FcεRI, or Fc epsilon RI, is the high-affinity receptor for the Fc region of immunoglobulin E (IgE), an antibody isotype involved in the allergy disorder and parasites immunity. FcεRI is a tetrameric ...
マスト細胞とFcεRI FcεRIはα鎖、β鎖、およびSS結合により二量体を形成するγ鎖からなる 四量体構造 をとっている。 α鎖はその細胞外領域でIgEのFc領域と結合する。β鎖とγ鎖は細胞内へのシグナル伝達を 担う サブユニットであり、とも ...
アレルギーとIgE-FcεRI- マスト細胞パラダイム IGE-FCεRI-MAST CELL PARADIGM IN ALLERGY 羅 智靖 Ra Chisei 日本大学大学院医学研究科先端医学総合研究センター分子細胞免疫・アレルギー学 Division of Mollecular Cell ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元IgE」「好塩基球」「Fc受容体」「IgE受容体」「Fcε受容体
拡張検索FcεRII
関連記事R」「RI」「F」「Fc

IgE」

  [★]

免疫グロブリンE immunoglobulin E IgE、γE、gamma E
免疫グロブリンI型アレルギー高IgE血症低IgE血症
IgMIgDIgGIgA
レアギン皮膚感作抗体同種細胞親和性抗体


IgE産生の調節

IgEの性質

  IgE IgG1
H鎖のIgドメイン数 5 4
分子量(kDa) 188 146
炭化水素の比率(%) 12 2-3
血液(血清)中の半減期(days) 2.5 21
  • IgEは組織移行性が高い。FcεRIの結合部位はN末端から2,3番目のC領域である。

IgEが異常値を呈する病態 OLM.390 LAB.853

  • 肺塞栓、心筋梗塞、脳梗塞(CBT QB vol3 p.320)

高値


好塩基球」

  [★]

basophil (Z), basophils
好塩基性顆粒球 basophilic granulocyte
顆粒球白血球


組織学

顆粒

  • アズール顆粒
  • 水解酵素
  • 特殊顆粒

基準値

  • 好酸球比(対白血球):0-1%

機能

  • 肥満細胞と同じような機能を果たす。
  • 肥満細胞と共にI型アレルギーの開始に関与する
  • 好塩基球は血液中に存在。肥満細胞は肥満細胞は結合組織や粘膜に存在。
  • 由来は異なる
  • FcεRIに結合したIgEを介してアレルゲンを結合し、ケミカルメディエーターを放出
  • 好塩基球はI型アレルギーの際に増加しない (⇔好酸球)


臨床関連


Fc受容体」

  [★]

Fc receptor
FcレセプターFcR免疫グロブリン受容体


IgE受容体」

  [★]

IgE receptor
IgEレセプター免疫グロブリンE受容体免疫グロブリンEレセプターFcεRIFcεRII


Fcε受容体」

  [★]

Fcε receptor FcεR


FcεRII」

  [★]

CD23
FcεRIFc受容体
  • IgEのレセプター
  • C-type lectin
  • 解離定数は10^-6 >> 10^-10 (IgE to FcεRI)
  • 結合する割合が低い


R」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 18th letter of the Roman alphabet」
r

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「resistance / 17歳以下父兄同伴映画の表示 / rook」


RI」

  [★]


F」

  [★] フェニルアラニン phenylalanine

WordNet   license wordnet

「the 6th letter of the Roman alphabet」
f


Fc」

  [★]

Fc fragmentimmunoglobulin Fc fragment




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡