FcγRI

出典: meddic

  • 主にマクロファージに分布 (SMB.43)]
  • Fcに対して高親和性を示す (SMB.43)]
FcγRI > FcγRII, FcγRIII
[[]]
CD64


CD64

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Characterization of N-glycan structures and biofunction of anti-colorectal cancer monoclonal antibody CO17-1A produced in baculovirus-insect cell expression system(GENETICS, MOLECULAR BIOLOGY, AND GENE ENGINEERING)
  • Song Mira,Park Da-Young,Kim Youngkwan,Lee Kyung-Jin,Lu Zhe,Ko Kinarm,Choo Young Kug,Han Yeon Soo,Ahn Mi-Hyun,Oh Doo-Byoung,Ko Kisung
  • Journal of bioscience and bioengineering 110(2), 135-140, 2010-08
  • … Fluorescence-activated cell sorting analysis showed that, although mAb^1 had insect specific glycan structures that differed from their mammalian counterparts, mAb^1 similarly interacted with CD64 (FcγRI) and Fc of IgG, compared to the interactions of mammalian-derived mAb. …
  • NAID 110007700559
  • 抗CD20抗体がB細胞を除去する分子機構について
  • 濱口 儒人
  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 32(1), 29-34, 2009-02-28
  •   CD20はB細胞に特異的に発現している膜表面分子であり,抗ヒトCD20ヒト・マウスキメラ抗体(リツキシマブ)はB細胞由来悪性リンパ腫に有効性が示されている.また,近年B細胞の自己免疫疾患,炎症性疾患への関与を示唆する報告が相次ぎ,B細胞が治療ターゲットとして注目を集めていることから,CD20抗体療法はこれらの疾患へも応用が試みられている.しかしながら,抗CD20抗体が生体内 …
  • NAID 10024961842

関連リンク

It is more commonly known as Fc-gamma receptor 1 (FcγRI). After binding IgG, CD64 interacts with an accessory chain known as the common γ chain (γ chain), which possesses an ITAM motif that is necessary for triggering cellular activation.
1 Mar 2011 ... Functional characteristics of the high affinity IgG receptor, FcγRI. van der Poel CE , Spaapen RM, van de Winkel JG, Leusen JH. Immunotherapy Laboratory, Department of Immunology, University Medical Center, 3584 EA ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元食細胞」「Fc受容体」「免疫グロブリンG受容体」「IgGレセプター」「FcγRII
拡張検索FcγRIII
関連記事R」「RI」「F」「Fc

食細胞」

  [★]

phagocyte
貪食細胞
[show details]


食細胞表面レセプター (SMB.38)

リガンド種 受容体 CD リガンド 発現
抗体 FcγRI CD64 IgG3, IgG1, IgG4 マクロファージ
FcγRII CD32 IgG3, IgG1, IgG2 多核白血球
FcγRIII CD16 IgG1, IgG3  
補体 CR1 CD35 C3b  
CR3 CD11b/CD18 iC3b  
CR4 CD11c/CD18 iC3b  


Fc受容体」

  [★]

Fc receptor
FcレセプターFcR免疫グロブリン受容体

免疫グロブリンG受容体」

  [★]

immunoglobulin G receptorIgG receptor
IgGレセプターIgG受容体Fcγ受容体FcγRIFcγRIIFcγRIII免疫グロブリンGレセプター

IgGレセプター」

  [★]

IgG receptor
IgG受容体Fcγ受容体FcγRIFcγRIIFcγRIII免疫グロブリンG受容体免疫グロブリンGレセプター

FcγRII」

  [★]

  • 主に多核白血球に分布 (SMB.43)]
  • Fcに対してやや低い親和性を示す (SMB.43)]
FcγRI > FcγRII, FcγRIII

FcγRIII」

  [★]

CD16
  • 主に多核白血球に分布 (SMB.43)]
  • Fcに対してやや低い親和性を示す (SMB.43)
FcγRI > FcγRII, FcγRIII

R」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 18th letter of the Roman alphabet」
r

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「resistance / 17歳以下父兄同伴映画の表示 / rook」


RI」

  [★]


F」

  [★] フェニルアラニン phenylalanine

WordNet   license wordnet

「the 6th letter of the Roman alphabet」
f

Fc」

  [★]

Fc fragmentimmunoglobulin Fc fragment




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡