Fasciola hepatica

出典: meddic

Fasciola hepatica
肝蛭
蠕虫吸虫類肝蛭属
肝吸虫肝蛭属肥大吸虫属肝蛭科肝蛭類




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/03/29 11:38:08」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Prevalence of liver fluke infection in Irish horses and assessment of a serological test for diagnosis of equine fasciolosis.
  • Quigley A1, Sekiya M1, Egan S1, Wolfe A1, Negredo C1, Mulcahy G1.
  • Equine veterinary journal.Equine Vet J.2017 Mar;49(2):183-188. doi: 10.1111/evj.12577. Epub 2016 May 27.
  • BACKGROUND: There is little information on the prevalence of Fasciola hepatica infection in the horse population in Ireland or the potential impact of fluke infection on animal health.OBJECTIVES: To investigate F. hepatica infection in the Irish horse population and to assess the diagnostic potentia
  • PMID 27037816
  • Production of Monoclonal Antibody Against Excretory-Secretory Antigen of Fasciola hepatica and Evaluation of Its Efficacy in the Diagnosis of Fascioliasis.
  • Abdolahi Khabisi S1, Sarkari B1,2, Moshfe A3, Jalali S4.
  • Monoclonal antibodies in immunodiagnosis and immunotherapy.Monoclon Antib Immunodiagn Immunother.2017 Feb 10. doi: 10.1089/mab.2016.0034. [Epub ahead of print]
  • Parasitological methods are not helpful for the diagnosis of fascioliasis in acute and invasive periods of the disease. Detection of coproantigens seems to be a suitable alternative approach in the diagnosis of fascioliasis. The present study aimed to develop a reliable antigen detection system, usi
  • PMID 28186433
  • Recombinase Polymerase Amplification Compared to Real-Time Polymerase Chain Reaction Test for the Detection of Fasciola hepatica in Human Stool.
  • Cabada MM1,2,3, Malaga JL2,3, Castellanos-Gonzalez A4, Bagwell KA4, Naeger PA4, Rogers HK4, Maharsi S4, Mbaka M4, White AC Jr4.
  • The American journal of tropical medicine and hygiene.Am J Trop Med Hyg.2017 Feb 8;96(2):341-346. doi: 10.4269/ajtmh.16-0601. Epub 2016 Nov 7.
  • Fasciola hepatica is the most widely distributed trematode infection in the world. Control efforts may be hindered by the lack of diagnostic capacity especially in remote endemic areas. Polymerase chain reaction (PCR)-based methods offer high sensitivity and specificity but require expensive technol
  • PMID 27821691

和文文献

  • Molecular Analysis of Aspermic Fasciola Flukes from Korea on the Basis of the Nuclear ITS1 Region and Mitochondrial DNA Markers and Comparison with Japanese Aspermic Fasciola Flukes
  • ICHIKAWA Madoka,ITAGAKI Tadashi
  • Journal of Veterinary Medical Science 74(7), 899-904, 2012
  • … It has been speculated that populations of aspermic Fasciola flukes in Korea and Japan have a close phylogenetic relationship. … To evaluate this, we analyzed 33 Korean aspermic Fasciola flukes on the basis of nuclear ribosomal internal transcribed spacer 1 (ITS1) and mitochondrial NADH dehydrogenase subunit 1 (nad1) and cytochrome c oxidase 1 (cox1) sequences. … hepatica, F. …
  • NAID 130001879777
  • 奈良公園におけるニホンジカCervus nipponの肝蛭症および消化管内寄生虫相
  • 小林 朋子,鳥居 春己,川渕 貴子 [他],ツジ マサヨシ,タニヤマ ヒロユキ,エンドウ ダイジ,イタガキ タダシ,アサカワ ミツヒコ,小林 朋子,鳥居 春己,川渕 貴子,辻 正義,谷山 弘行,遠藤 大二,板垣 匡,浅川 満彦,KOBAYASHI Tomoko,TORII Harumi,KAWABUCHI Takako,TSUJI Masayoshi,TANIYAMA Hiroyuki,ENDOH Daiji,ITAGAKI Tadashi,ASAKAWA Mitsuhiko
  • 奈良教育大学自然環境教育センター紀要 (12), 1-8, 2011-03
  • … などが観察され,割面では胆管の拡張,壁の肥厚がみられた.得られた肝蛭のNADH脱水素酵素サブユニット遺伝子(ND1)およびチトクロームcオキシダーゼサブユニットⅠ遺伝子(COⅠ)の配列はFasciola hepaticaと97%(ND1)と99%(COⅠ)一致し,F.giganticaと95%(ND1)と100%(COⅠ)一致した.1976年の調査でも奈良公園の肝蛭による汚染が指摘されていたが,シカ個体数が約300頭増加した今日も大幅な寄生率の …
  • NAID 40018905864
  • Immune response of goats immunised with glutathione S-transferase and experimentally challenged with Fasciola hepatica
  • BUFFONI L.,ZAFRA R.,PEREZ-ECIJA A.,MARTINEZ-MORENO F. J.,MARTINEZ-GALISTEO E.,MORENO T.,PEREZ J.,MARTINEZ-MORENO A.
  • Parasitology international : official journal of the Japanese Society of Parasitology 59(2), 147-153, 2010-06-01
  • NAID 10029823732

関連リンク

肝蛭(Fasciola )属は主に反芻類の胆管に寄生する吸虫で、宿主の肝臓に著しい病害を 与えるため、畜産業における経済被害は甚大です。世界的には Fasciola hepatica とF. giganticaの2種が良く知られています。一方、日本をはじめとする ...
Fascioliasis agent morphology history epidemiology transmission reservoir symptoms diagnosis treatment public health Agent: Fasciola Hepatica (Sheep Liver Fluke) Phylum Platyhelminthe Class Trematoda Fasciola gigantica very rarely infects humans.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み蠕虫」「吸虫類
リンク元肝蛭属」「Fasciolopsis」「Fasciolidae」「liver fluke」「fasciolid
関連記事hepatica」「hepatic」「Fasciola

蠕虫」

  [★]

helminth, worms
helminthen
微生物学蠕虫症家畜伝染病予防法


蠕虫類

蠕虫類と感染症

蠕虫類 病原体名   病名 感染経路 寄生部位 症状 診断 治療
線虫類 Ancylostoma duodenale ズビニ鉤虫 鈎虫症/十二指腸虫症 F型幼虫経口感染、経皮 空腸上部 皮膚炎、若菜病、貧血 飽和食塩水浮遊法、遠心沈降法 pyrantel pamoate、鉄剤
Necator americanus アメリカ鉤虫
Strongyloides stercoralis 糞線虫 糞線虫症 F型幼虫経皮感染 小腸上部 Loffler症候群 糞便塗沫、普通寒天平板培養による
R型、F型幼虫の検出
thiabendazole, ivermectin
Enterobius vermicularis 蟯虫 蟯虫症 虫卵経口感染 盲腸~大腸 夜間の掻痒、不眠、情緒不安定 肛囲検査法「柿の種」 pyrantel pamoate
Ascaris lumbricoides 回虫 回虫症 虫卵経口感染 小腸孵化→門脈→
肺発育→食道嚥下→小腸
Loffler症候群。急性腹痛 糞便虫の虫卵の証明 pyrantel pamoate
Toxocara canis イヌ回虫 幼虫移行症 生後1-2ヶ月の感染犬の
糞から経口感染
なし 幼虫移行症→失明 免疫診断 治療法無し?
Wuchereria bancrofti バンクロフト糸状虫 フィラリア症/糸状虫症 アカイエカ リンパ系 急性期:リンパ肝炎、リンパ腺炎を伴う熱発作(filarial fever)
慢性期:乳糜尿、リンパ管瘤、陰嚢水腫、象皮病
急性期:夜間のmicrofilariaの検出
慢性期:特有の症状を考慮
diethylcarbamazine &
ivermectin
Brugia malayi マレー糸状虫
Dirofilaria immitis イヌ糸状虫   アカイエカ なし 幼虫移行症→肺血管閉塞→胸部X線画像銭形陰影    
Gnathostoma spinigerum 有棘顎口虫 顎口虫症 ドジョウ、雷魚、ヘビの生食   消化管壁貫通→皮下移動による腫瘤や線状皮膚炎 移動性腫瘤、皮膚爬行疹
雷魚やドジョウの生殖の問診
免疫血清診断
なし
Gnathostoma hispidum 剛棘顎口虫
Gnathostoma doloresi ドロレス顎口虫
Gnathostoma nipponicum 日本顎口虫
Anisakis simplex, larva アニキサス幼虫 アニサキス症
(1)胃アニサキス症、
(2)腸アニサキス症、
(3)異所性アニサキス症
経口感染
終宿主:クジラ、イルカ。
中間宿主:オキアミ。
待機宿主:サバ、ニシン、アジ、タラなど
胃や腸 (1)急激な上腹部痛"胃けいれん"
(2)腹痛、急性虫垂炎、イレウス様。劇症型と緩和型がある
(3)腹腔内の炎症性肉芽腫
胃内視鏡検査 内視鏡による虫体摘出
Pseudoterranova decipiens
Trichinella spiralis 旋毛虫 旋毛虫症 経口感染
豚肉、クマ肉の生食
  (1)成虫侵襲期:下痢、腹痛
(2)幼虫筋肉移行期:顔面浮腫、心筋障害など
(3)幼虫被嚢期:全身浮腫、衰弱
  急性期:ステロイド
殺虫:mebendazole
    鞭虫症   盲腸 慢性下痢、腹痛、異食症、貧血 セロファン重層塗沫法、
ホルマリンエーテル法
mebendazole
Spirurin nematode larva 旋尾線虫 旋尾線虫幼虫 ホタルイカの生食 なし 皮膚爬行疹、イレウス様症状 予防:-30℃24時間。
生食には-30℃4日間以上
摘出
吸虫類 Shistosoma japonicum 日本住血吸虫 日本住血吸虫症 糞便虫の虫卵→ミラシジウム
ミヤイリガイ体内でセルカリア
人畜の皮膚より浸入→循環系→
門脈に寄生
門脈 (1)潜伏期:侵入部の掻痒性皮膚炎。肺移行期:咳、発熱
(2)急性期:虫卵の門脈系寄生、産卵。住血吸虫性赤痢。
(3)慢性期:虫卵の肝、脳などの塞栓。肝硬変。脾腫、腹水
糞便虫の虫卵の検出。
直腸粘膜層掻爬法、
肝穿刺による組織内虫卵の検出。
補助診断として免疫血清学的検査。
praziquantel
Paragonimus westermani ウェステルマン肺吸虫 肺吸虫症/肺ジストマ症 経口感染
淡水産のカニ、イノシシ肉の生食
痰、咳、胸痛、時に喀血 痰や便の虫卵検査、
胸部写真、
断層写真で明らかな虫嚢。
免疫学血清検査
 
Paragonimus miyazakii 宮崎肺吸虫 気胸、胸水貯留、膿胸、好酸球増加   praziquantel
Clonorchis sinensis 肝吸虫 肝吸虫症/肝ジストマ症 経口感染
虫卵→(マメタニシ:セルカリア)→
セルカリア→(魚:メタセルカリア)→
摂取→(ヒト:成虫)→虫卵
胆管 胆汁流出障害による肝障害→肝硬変 糞便、胆汁(十二指腸ゾンデ法)。
肝吸虫卵の検出。CT像。エコー検査。
praziquantel
    横川吸虫症 淡水魚(アユ、フナ、ウグイ、シラウオ)の生食 小腸粘膜 下痢、腹痛 糞便虫の虫卵 praziquantel
条虫類 Taeniarhynchus saginatus 無鉤条虫 腸管条虫症 経口感染。中間宿主:ウシ 小腸 無症状。下痢。
広節裂頭条虫感染では悪性貧血。
糞便虫の虫卵と体節により診断 praziquantel
有鉤条虫の場合はガストログラフィン
有鉤条虫の駆虫の際、
虫体を破壊しない
→虫体の融解による嚢虫症
Taenia solium 有鉤条虫 経口感染。中間宿主:ブタ
Diphyllobothrium latum 広節裂頭条虫 経口感染。中間宿主:サケ、マス
  日本海裂頭条虫 経口感染。中間宿主:サケ
  腸管外条虫症  
    有鉤嚢虫症 有鉤条虫の虫卵の経口摂取 皮下、筋肉内
脳、脊髄、眼球
皮下、筋肉内:小指頭大の無症状腫瘤
脳、脊髄、眼球:Jacksonてんかん。痙性麻痺など
皮下の虫嚢 外科的摘出。
成虫寄生がなければ、praziquantel,
albendazole +
ステロイド
Echinococcus granulosus 単包虫 包虫症/
エキノコックス症
(単包虫症)
終宿主:イヌ、キツネなど。
中間宿主:ヒト、ブタ、野ネズミなど。
終宿主の糞便虫の虫卵を中間宿主が接種して発症
肝、肺、まれに脳、腎、筋肉 肝寄生:肝部疼痛、満腹、時に黄疸、下肢浮腫
肺寄生:胸部圧迫感、胸痛、咳、血痰、時に喀血
肝や肺の嚢胞形成から疑う。
早期に診断に皮内反応→
CT、エコー→
生検。免疫血清学的診断法
外科的切除。
albendazoleの長期投与
Echinococcus multilocularis 多包虫 包虫症/
エキノコックス症
(多包虫症)


吸虫類」

  [★]

fluke
Trematoda
二生類 Digenea、ジストマ distoma
吸虫吸虫綱


生活環 HIM.1330

  • 1. 感染能力のある吸虫の皮膚、経口摂取による体内への侵入
  • 2. 体内で有性生殖による虫卵(egg)を形成
  • 3. 虫卵は糞便もしくは痰と一緒に体外に排泄
  • 4. 虫卵は適切な環境で孵化し吸虫類仔虫(ミランジウム、mirandium)となる
  • 5. ミランジウムは特定のsnail(第1中間宿主)に感染する
  • 6. ミランジウムは第1中間宿主のなかでスポロシストに変態する
  • 7. スポロシストはその中に娘スポロシストやレジアを形成する(無性生殖)
  • 8. 娘スポロシストやレジアは第1中間宿主から出てセルカリアとなる
  • 9. セルカリアは種によって直接人に感染したり(10へ)、あるいはメタセルカリアとなる(10へ)
  • 10. セルカリアは特定の環境で被嚢したメタセルカリアとなり、その後10へ。
  • 1) 第2中間宿主(魚、小動物)に感染
  • 2) 水辺の草の表面に付着
  • 10. ヒトを始めとする終宿主に感染する


肝蛭属」

  [★]

かんてつぞく
Fasciola
Fasciola属ファスキオラ属ファスキオラファシオラ属
蠕虫吸虫類
肝吸虫肝蛭、[[]]、肥大吸虫属、[[]]、肝蛭科

肝蛭属

  • Fasciola hepatica
  • Fasciola gigantica


Fasciolopsis」

  [★]

肥大吸虫ファシオロプシス肥大吸虫属ファシオロプシス属Fasciolopsis属

FasciolaFasciola hepaticaFasciolidaeliver fluke

WordNet   license wordnet

「a genus of Fasciolidae」
genus Fasciolopsis


Fasciolidae」

  [★]

FasciolaFasciola hepaticafasciolidFasciolopsisliver fluke

WordNet   license wordnet

「a family of Trematoda」
family Fasciolidae

liver fluke」

  [★]

Clonorchis sinensisFasciolaFasciola hepaticaFasciolidaeFasciolopsisOpisthorchis


fasciolid」

  [★]

肝蛭肝蛭類

Fasciola hepaticaFasciolidae


hepatica」

  [★]

WordNet   license wordnet

「any of several plants of the genus Hepatica having three-lobed leaves and white or pinkish flowers in early spring; of moist and mossy subalpine woodland areas of north temperate regions」
liverleaf

WordNet   license wordnet

「a common liverwort」
Marchantia polymorpha

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ユキワリソウ(薄紫・白などの花を咲かせるキンポウゲ科の植物)」


hepatic」

  [★]

  • adj.
  • 肝臓の、肝性の、肝の
hepatohepatogenicliver

WordNet   license wordnet

「pertaining to or affecting the liver; "hepatic ducts"; "hepatic cirrhosis"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「肝臓の;肝臓にきく,肝臓のような色の」


Fasciola」

  [★]

ファスキオラ肝蛭属ファスキオラ属ファシオラ属Fasciola属

Fasciola hepaticaFasciolidaeFasciolopsisliver fluke

WordNet   license wordnet

「a genus of Fasciolidae」
genus Fasciola




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡