Fasciola hepatica

出典: meddic

Fasciola hepatica
肝蛭
蠕虫吸虫類肝蛭属
肝吸虫肝蛭属肥大吸虫属肝蛭科肝蛭類




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/03/29 11:38:08」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

和文文献

  • Molecular Analysis of Aspermic Fasciola Flukes from Korea on the Basis of the Nuclear ITS1 Region and Mitochondrial DNA Markers and Comparison with Japanese Aspermic Fasciola Flukes
  • ICHIKAWA Madoka,ITAGAKI Tadashi
  • Journal of Veterinary Medical Science 74(7), 899-904, 2012
  • … It has been speculated that populations of aspermic Fasciola flukes in Korea and Japan have a close phylogenetic relationship. … To evaluate this, we analyzed 33 Korean aspermic Fasciola flukes on the basis of nuclear ribosomal internal transcribed spacer 1 (ITS1) and mitochondrial NADH dehydrogenase subunit 1 (nad1) and cytochrome c oxidase 1 (cox1) sequences. … hepatica, F. …
  • NAID 130001879777
  • 奈良公園におけるニホンジカCervus nipponの肝蛭症および消化管内寄生虫相
  • 小林 朋子,鳥居 春己,川渕 貴子 [他],ツジ マサヨシ,タニヤマ ヒロユキ,エンドウ ダイジ,イタガキ タダシ,アサカワ ミツヒコ,小林 朋子,鳥居 春己,川渕 貴子,辻 正義,谷山 弘行,遠藤 大二,板垣 匡,浅川 満彦,KOBAYASHI Tomoko,TORII Harumi,KAWABUCHI Takako,TSUJI Masayoshi,TANIYAMA Hiroyuki,ENDOH Daiji,ITAGAKI Tadashi,ASAKAWA Mitsuhiko
  • 奈良教育大学自然環境教育センター紀要 (12), 1-8, 2011-03
  • … などが観察され,割面では胆管の拡張,壁の肥厚がみられた.得られた肝蛭のNADH脱水素酵素サブユニット遺伝子(ND1)およびチトクロームcオキシダーゼサブユニットⅠ遺伝子(COⅠ)の配列はFasciola hepaticaと97%(ND1)と99%(COⅠ)一致し,F.giganticaと95%(ND1)と100%(COⅠ)一致した.1976年の調査でも奈良公園の肝蛭による汚染が指摘されていたが,シカ個体数が約300頭増加した今日も大幅な寄生率の …
  • NAID 40018905864
  • Immune response of goats immunised with glutathione S-transferase and experimentally challenged with Fasciola hepatica
  • BUFFONI L.,ZAFRA R.,PEREZ-ECIJA A.,MARTINEZ-MORENO F. J.,MARTINEZ-GALISTEO E.,MORENO T.,PEREZ J.,MARTINEZ-MORENO A.
  • Parasitology international : official journal of the Japanese Society of Parasitology 59(2), 147-153, 2010-06-01
  • NAID 10029823732

関連リンク

肝蛭(Fasciola )属は主に反芻類の胆管に寄生する吸虫で、宿主の肝臓に著しい病害を 与えるため、畜産業における経済被害は甚大です。世界的には Fasciola hepatica とF. giganticaの2種が良く知られています。一方、日本をはじめとする ...
Fascioliasis agent morphology history epidemiology transmission reservoir symptoms diagnosis treatment public health Agent: Fasciola Hepatica (Sheep Liver Fluke) Phylum Platyhelminthe Class Trematoda Fasciola gigantica very rarely infects humans.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み蠕虫」「吸虫類
リンク元肝蛭属」「Fasciolopsis」「Fasciolidae」「liver fluke」「fasciolid
関連記事hepatica」「hepatic」「Fasciola

蠕虫」

  [★]

helminth, worms
helminthen
微生物学蠕虫症家畜伝染病予防法


蠕虫類

蠕虫類と感染症

蠕虫類 病原体名   病名 感染経路 寄生部位 症状 診断 治療
線虫類 Ancylostoma duodenale ズビニ鉤虫 鈎虫症/十二指腸虫症 F型幼虫経口感染、経皮 空腸上部 皮膚炎、若菜病、貧血 飽和食塩水浮遊法、遠心沈降法 pyrantel pamoate、鉄剤
Necator americanus アメリカ鉤虫
Strongyloides stercoralis 糞線虫 糞線虫症 F型幼虫経皮感染 小腸上部 Loffler症候群 糞便塗沫、普通寒天平板培養による
R型、F型幼虫の検出
thiabendazole, ivermectin
Enterobius vermicularis 蟯虫 蟯虫症 虫卵経口感染 盲腸~大腸 夜間の掻痒、不眠、情緒不安定 肛囲検査法「柿の種」 pyrantel pamoate
Ascaris lumbricoides 回虫 回虫症 虫卵経口感染 小腸孵化→門脈→
肺発育→食道嚥下→小腸
Loffler症候群。急性腹痛 糞便虫の虫卵の証明 pyrantel pamoate
Toxocara canis イヌ回虫 幼虫移行症 生後1-2ヶ月の感染犬の
糞から経口感染
なし 幼虫移行症→失明 免疫診断 治療法無し?
Wuchereria bancrofti バンクロフト糸状虫 フィラリア症/糸状虫症 アカイエカ リンパ系 急性期:リンパ肝炎、リンパ腺炎を伴う熱発作(filarial fever)
慢性期:乳糜尿、リンパ管瘤、陰嚢水腫、象皮病
急性期:夜間のmicrofilariaの検出
慢性期:特有の症状を考慮
diethylcarbamazine &
ivermectin
Brugia malayi マレー糸状虫
Dirofilaria immitis イヌ糸状虫   アカイエカ なし 幼虫移行症→肺血管閉塞→胸部X線画像銭形陰影    
Gnathostoma spinigerum 有棘顎口虫 顎口虫症 ドジョウ、雷魚、ヘビの生食   消化管壁貫通→皮下移動による腫瘤や線状皮膚炎 移動性腫瘤、皮膚爬行疹
雷魚やドジョウの生殖の問診
免疫血清診断
なし
Gnathostoma hispidum 剛棘顎口虫
Gnathostoma doloresi ドロレス顎口虫
Gnathostoma nipponicum 日本顎口虫
Anisakis simplex, larva アニキサス幼虫 アニサキス症
(1)胃アニサキス症、
(2)腸アニサキス症、
(3)異所性アニサキス症
経口感染
終宿主:クジラ、イルカ。
中間宿主:オキアミ。
待機宿主:サバ、ニシン、アジ、タラなど
胃や腸 (1)急激な上腹部痛"胃けいれん"
(2)腹痛、急性虫垂炎、イレウス様。劇症型と緩和型がある
(3)腹腔内の炎症性肉芽腫
胃内視鏡検査 内視鏡による虫体摘出
Pseudoterranova decipiens
Trichinella spiralis 旋毛虫 旋毛虫症 経口感染
豚肉、クマ肉の生食
  (1)成虫侵襲期:下痢、腹痛
(2)幼虫筋肉移行期:顔面浮腫、心筋障害など
(3)幼虫被嚢期:全身浮腫、衰弱
  急性期:ステロイド
殺虫:mebendazole
    鞭虫症   盲腸 慢性下痢、腹痛、異食症、貧血 セロファン重層塗沫法、
ホルマリンエーテル法
mebendazole
Spirurin nematode larva 旋尾線虫 旋尾線虫幼虫 ホタルイカの生食 なし 皮膚爬行疹、イレウス様症状 予防:-30℃24時間。
生食には-30℃4日間以上
摘出
吸虫類 Shistosoma japonicum 日本住血吸虫 日本住血吸虫症 糞便虫の虫卵→ミラシジウム
ミヤイリガイ体内でセルカリア
人畜の皮膚より浸入→循環系→
門脈に寄生
門脈 (1)潜伏期:侵入部の掻痒性皮膚炎。肺移行期:咳、発熱
(2)急性期:虫卵の門脈系寄生、産卵。住血吸虫性赤痢。
(3)慢性期:虫卵の肝、脳などの塞栓。肝硬変。脾腫、腹水
糞便虫の虫卵の検出。
直腸粘膜層掻爬法、
肝穿刺による組織内虫卵の検出。
補助診断として免疫血清学的検査。
praziquantel
Paragonimus westermani ウェステルマン肺吸虫 肺吸虫症/肺ジストマ症 経口感染
淡水産のカニ、イノシシ肉の生食
痰、咳、胸痛、時に喀血 痰や便の虫卵検査、
胸部写真、
断層写真で明らかな虫嚢。
免疫学血清検査
 
Paragonimus miyazakii 宮崎肺吸虫 気胸、胸水貯留、膿胸、好酸球増加   praziquantel
Clonorchis sinensis 肝吸虫 肝吸虫症/肝ジストマ症 経口感染
虫卵→(マメタニシ:セルカリア)→
セルカリア→(魚:メタセルカリア)→
摂取→(ヒト:成虫)→虫卵
胆管 胆汁流出障害による肝障害→肝硬変 糞便、胆汁(十二指腸ゾンデ法)。
肝吸虫卵の検出。CT像。エコー検査。
praziquantel
    横川吸虫症 淡水魚(アユ、フナ、ウグイ、シラウオ)の生食 小腸粘膜 下痢、腹痛 糞便虫の虫卵 praziquantel
条虫類 Taeniarhynchus saginatus 無鉤条虫 腸管条虫症 経口感染。中間宿主:ウシ 小腸 無症状。下痢。
広節裂頭条虫感染では悪性貧血。
糞便虫の虫卵と体節により診断 praziquantel
有鉤条虫の場合はガストログラフィン
有鉤条虫の駆虫の際、
虫体を破壊しない
→虫体の融解による嚢虫症
Taenia solium 有鉤条虫 経口感染。中間宿主:ブタ
Diphyllobothrium latum 広節裂頭条虫 経口感染。中間宿主:サケ、マス
  日本海裂頭条虫 経口感染。中間宿主:サケ
  腸管外条虫症  
    有鉤嚢虫症 有鉤条虫の虫卵の経口摂取 皮下、筋肉内
脳、脊髄、眼球
皮下、筋肉内:小指頭大の無症状腫瘤
脳、脊髄、眼球:Jacksonてんかん。痙性麻痺など
皮下の虫嚢 外科的摘出。
成虫寄生がなければ、praziquantel,
albendazole +
ステロイド
Echinococcus granulosus 単包虫 包虫症/
エキノコックス症
(単包虫症)
終宿主:イヌ、キツネなど。
中間宿主:ヒト、ブタ、野ネズミなど。
終宿主の糞便虫の虫卵を中間宿主が接種して発症
肝、肺、まれに脳、腎、筋肉 肝寄生:肝部疼痛、満腹、時に黄疸、下肢浮腫
肺寄生:胸部圧迫感、胸痛、咳、血痰、時に喀血
肝や肺の嚢胞形成から疑う。
早期に診断に皮内反応→
CT、エコー→
生検。免疫血清学的診断法
外科的切除。
albendazoleの長期投与
Echinococcus multilocularis 多包虫 包虫症/
エキノコックス症
(多包虫症)

吸虫類」

  [★]

fluke
Trematoda
二生類 Digenea、ジストマ distoma
吸虫吸虫綱


生活環 HIM.1330

  • 1. 感染能力のある吸虫の皮膚、経口摂取による体内への侵入
  • 2. 体内で有性生殖による虫卵(egg)を形成
  • 3. 虫卵は糞便もしくは痰と一緒に体外に排泄
  • 4. 虫卵は適切な環境で孵化し吸虫類仔虫(ミランジウム、mirandium)となる
  • 5. ミランジウムは特定のsnail(第1中間宿主)に感染する
  • 6. ミランジウムは第1中間宿主のなかでスポロシストに変態する
  • 7. スポロシストはその中に娘スポロシストやレジアを形成する(無性生殖)
  • 8. 娘スポロシストやレジアは第1中間宿主から出てセルカリアとなる
  • 9. セルカリアは種によって直接人に感染したり(10へ)、あるいはメタセルカリアとなる(10へ)
  • 10. セルカリアは特定の環境で被嚢したメタセルカリアとなり、その後10へ。
  • 1) 第2中間宿主(魚、小動物)に感染
  • 2) 水辺の草の表面に付着
  • 10. ヒトを始めとする終宿主に感染する


肝蛭属」

  [★]

かんてつぞく
Fasciola
Fasciola属ファスキオラ属ファスキオラファシオラ属
蠕虫吸虫類
肝吸虫肝蛭、[[]]、肥大吸虫属、[[]]、肝蛭科

肝蛭属

  • Fasciola hepatica
  • Fasciola gigantica

Fasciolopsis」

  [★]

肥大吸虫ファシオロプシス肥大吸虫属ファシオロプシス属Fasciolopsis属

FasciolaFasciola hepaticaFasciolidaeliver fluke

WordNet   license wordnet

「a genus of Fasciolidae」
genus Fasciolopsis


Fasciolidae」

  [★]

FasciolaFasciola hepaticafasciolidFasciolopsisliver fluke

WordNet   license wordnet

「a family of Trematoda」
family Fasciolidae

liver fluke」

  [★]

Clonorchis sinensisFasciolaFasciola hepaticaFasciolidaeFasciolopsisOpisthorchis

fasciolid」

  [★]

肝蛭肝蛭類

Fasciola hepaticaFasciolidae

hepatica」

  [★]

WordNet   license wordnet

「any of several plants of the genus Hepatica having three-lobed leaves and white or pinkish flowers in early spring; of moist and mossy subalpine woodland areas of north temperate regions」
liverleaf

WordNet   license wordnet

「a common liverwort」
Marchantia polymorpha

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ユキワリソウ(薄紫・白などの花を咲かせるキンポウゲ科の植物)」


hepatic」

  [★]

  • adj.
  • 肝臓の、肝性の、肝の
hepatohepatogenicliver

WordNet   license wordnet

「pertaining to or affecting the liver; "hepatic ducts"; "hepatic cirrhosis"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「肝臓の;肝臓にきく,肝臓のような色の」

Fasciola」

  [★]

ファスキオラ肝蛭属ファスキオラ属ファシオラ属Fasciola属

Fasciola hepaticaFasciolidaeFasciolopsisliver fluke

WordNet   license wordnet

「a genus of Fasciolidae」
genus Fasciola




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡