FEV1.0

出典: meddic

1秒量

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Safety of carbon dioxide insufflation during gastric endoscopic submucosal dissection in patients with pulmonary dysfunction under conscious sedation.
  • Takada J1, Araki H, Onogi F, Nakanishi T, Kubota M, Ibuka T, Shimizu M, Moriwaki H.
  • Surgical endoscopy.Surg Endosc.2014 Oct 16. [Epub ahead of print]
  • BACKGROUND: Carbon dioxide (CO2) insufflation is effective for gastric endoscopic submucosal dissection (ESD). However, its safety is unknown in patients with pulmonary dysfunction. This study aimed to investigate the safety of CO2 insufflation during gastric ESD in patients with pulmonary dysfuncti
  • PMID 25318364
  • Efficacy of bronchoscopic lung volume reduction by endobronchial valves in patients with heterogeneous emphysema: report on the first asian cases.
  • Park TS1, Hong Y2, Lee JS1, Lee SM3, Seo JB3, Oh YM1, Lee SD1, Lee SW1.
  • Journal of Korean medical science.J Korean Med Sci.2014 Oct;29(10):1404-10. doi: 10.3346/jkms.2014.29.10.1404. Epub 2014 Oct 8.
  • Although many patients with severe emphysema have benefited from bronchoscopic lung volume reduction (BLVR) worldwide, experience of BLVR in Asian emphysema patients is scarce. Between July 2012 and March 2013, seven patients with advanced heterogeneous emphysema underwent BLVR in the Asan Medical C
  • PMID 25368495
  • Repeated dyspnea score and percent FEV1 are modest predictors of hospitalization/relapse in patients with acute asthma exacerbation.
  • Schneider JE1, Lewis LM2, Ferguson I3, House SL3, Liu J4, Matsuda K5, Johnson K5.
  • Respiratory medicine.Respir Med.2014 Sep;108(9):1284-91. doi: 10.1016/j.rmed.2014.06.006. Epub 2014 Jul 8.
  • OBJECTIVES: (1) Compare ideal cut-off points for DS and %FEV1 at 1 and 3 h to predict hospitalization/relapse in subjects with moderate to severe asthma exacerbation (2) Develop a multivariate regression model using DS, %FEV1, demographic, and clinical variables to predict hospitalization/relapse.
  • PMID 25087835

和文文献

  • 健診者にわかりやすい呼吸機能データの指標の検討
  • 佐々木 弥生,白崎 温久
  • 新田塚医療福祉センター雑誌 8, 21-26, 2012-03-31
  • … 喫煙群ではゲンスラー1秒率(FEV1.0%-G)は40歳代から、%1秒量(%FEV1.0)は50歳代から、%肺活量(%FVC)は60歳代から低下がみられ、Vドット50/Vドット25は40歳代から増加した。 …
  • NAID 120004186862
  • 慢性閉塞性肺疾患患者の肥満が身体機能, 身体能力に及ぼす影響に関する検証
  • 堀江 淳,林 真一郎,田中 将英,阿波 邦彦,堀川 悦夫
  • 体力科學 61(1), 125-130, 2012-02-01
  • … Fourteen patients from each group matched for %FEV1.0, sex, and age were evaluated. … As a result of comparing the three groups, the %MIP was significantly higher in the obesity compared to thin group (p=0.04). …
  • NAID 10030140124

関連リンク

一秒量(FEV1.0)・一秒率(FEV1.0%) 一秒量は、息を吸えるだけ深く吸...
1. ゆっくり吐いたり吸ったりするスパイロ・グラム検査, (主に肺活量) ...

関連画像

Het FEV1 is het volume dat in de eerste frontEspirometro Eletronico (FEV1)See Also:Heatmap763FEV1Decline.png


★リンクテーブル★
リンク元高齢者」「1秒量」「1秒率」「閉塞性換気障害
関連記事FE」「FEV

高齢者」

  [★]

elderlyaged
老化加齢初老老齢年輩高齢老人老齢者老年者高年齢

定義

  • 国連の世界保健機関による定義:高齢者とは65歳以上。前期高齢者とは65歳以上74歳未満。後期高齢者とは75歳以上。末期高齢者とは85歳以上。

特徴

  • 精神:人格変化(柔軟性の低下、自発性の低下、感情の制御困難(涙もろい、怒りっぽい)、社会的引きこもり)。若い頃の性格が先鋭化。
  • 神経:反射低下
  • 呼吸:残気量増加、肺活量低下、分時換気量低下、最大酸素摂取量低下  ← 呼吸数は不変
[show details]
  • 心臓:一回心拍出量減少
  • 血管
  • 収縮期血圧上昇
  • 消化器:吸収機能低下、食欲低下、便秘
  • 肝臓:肝機能低下
  • 薬物代謝のI相(加水分解、酸化、還元)の機能低下
  • 腎臓:糸球体濾過量減少
  • 骨:骨塩量減少
  • 筋肉:筋力低下
  • 関節:可動域低下(拘縮)、変形
  • 水分量:細胞外液細胞内液減少 → 脱水になりやすい
  • 血液
  • 脂質増加
  • BUN増加 ← 腎機能低下を反映
  • 血清Cr増加 ← 腎機能低下を反映
  • 内分泌

高齢者と医療

SUB12.
  • 年齢階級別国民医療費(H20)「国民医療費」:65歳以上が54.6%と半数以上を占める。
  • 年齢階級別一人あたり国民医療費(H20)「国民医療費」:65歳以上67万円、75歳以上83万円 ⇔ それ以外の年齢階級はは10-25万円
  • 傷病別・年齢階級別一般診療医療費の割合(H20)「国民医療費」:65歳以上では循環器疾患(27.1%)が最も多く、新生物(13.1%)がこれに次ぐ。
  • 疾病別外来・入院受診率「患者調査」:(外来)循環器系疾患(高血圧性疾患)。(入院)循環器疾患(脳血管疾患)
  • 年齢階級別死因順位(H21)「人口動態統計」:(65~89歳)①悪性新生物、②心疾患。(89~99歳)①心疾患、②肺炎
  • 医療保険制度:後期高齢者医療制度:65-74歳で一定の障害がある者と75歳以上を対象とする。各都道府県の全市町村が加入する広域連合が保険者。財源は公費(5割)、支援(4割)、保険料(1割)
  • 介護保険制度:65歳以上(第1号被保険者)と40-64歳(第2号被保険者)が対象となる。市町村が保険者。財源は公費(5割。国20%、調節交付金5%、都道府県12.5%、市町村12.5%)、保険料(第1号被保険者20%、第2号被保険者30%)





1秒量」

  [★]

forced expiratory volume in 1 sec, forced expiratory volume after 1.0 second, forced expiratory volume in one second, forced expiratory volume per second, FEV1.0, FEV1
FEV1.0% 一秒率(一秒量FEV1.0/努力換気量 FVC)

概念

  • 最大吸気位より最大限の努力で呼出した時の開始から1秒間に呼出した気量。

特徴

  • ピークフロー値FEV1.0はよく相関する (SPU.131)
  • COPDの重症度を表す指標として用いられる(LAB.1633)

LAB.1633

  • 1秒量の単位は(L)であろうが、実際に評価する場合には、予測値に対する百分率%「%FEV1」で評価する!!
  • %FEV1はCOPDの重症度を表す指標として有用である。
  • %FEV1 80%以上を軽症、50-80%を中等症、30-50%を重症、30%以下を最重症と分類することにしている。



1秒率」

  [★]

forced expiratory volume in one second percent, one second forced expiratory volume percent of forced expiratory volume, one second forced expiratory volume rate, FEV1.0%
一秒率
一秒量 FEV1.0フローボリューム曲線


概念

  • 最大吸気位から、努力呼出の開始後1秒間に呼出される量の努力肺活量に対する百分比

定義

解釈

  • 1秒率が70%未満の場合、閉塞性障害(気流制限)があるという

臨床関連

  • COPD:1秒率が70%未満の場合に診断される。


-一秒率


閉塞性換気障害」

  [★]

obstructive ventilatory impairment
閉塞性障害

概念

鑑別




FE」

  [★]

グラデイエントエコー法 gradient field echo 傾斜磁場エコー


FEV」

  [★] 強制呼気量 forced expiratory volume


"http://meddic.jp/FEV1.0" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡