ESWL

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/13 17:08:13」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • A novel case of laparoscopic ureterolithotomy in a partial duplex ureteric collecting system: can open procedures still be justified in the minimally invasive era?
  • O'Kelly F, Nicholson P, Brennan J, Carroll A, Skehan S, Mulvin DW.SourceDepartment of Urological Surgery, St. Vincent's University Hospital, Dublin 4, Republic of Ireland, fok101@gmail.com.
  • Irish journal of medical science.Ir J Med Sci.2013 Sep;182(3):519-22. doi: 10.1007/s11845-013-0912-3. Epub 2013 Jan 30.
  • BACKGROUND: Impacted ureteric stones can pose a treatment challenge due to the high level of failure of ESWL and endourological approaches. Laparoscopic ureterolithotomy can provide a safe and successful alternative to these and open, invasive procedures.METHODS: Interval laparoscopic ureterolithtom
  • PMID 23361633
  • Percutaneous nephrolithotomy in adult patients with spina bifida, severe spinal deformity and large renal stones.
  • Alsinnawi M, Torreggiani WC, Flynn R, McDermott TE, Grainger R, Thornhill JA.SourceDepartment of Urology, The Adelaide and Meath Hospital Dublin, Incorporating The National Children's Hospital, Tallaght, Dublin 24, Ireland, alsinnawi@hotmail.com.
  • Irish journal of medical science.Ir J Med Sci.2013 Sep;182(3):357-61. doi: 10.1007/s11845-012-0888-4. Epub 2012 Dec 10.
  • AIMS: To present our experience in patients with spina bifida with severe spinal abnormality undergoing percutaneous nephrolithotomy (PCNL) for large stone burden.PATIENTS AND METHODS: A retrospective review identified five spina bifida patients with abnormal spinal curvature who had a PCNL for larg
  • PMID 23224858
  • Actinobaculum schaalii, a commensal of the urogenital area.
  • Olsen AB, Andersen PK, Bank S, Søby KM, Lund L, Prag J.SourceDepartment of Urology, Viborg Hospital, Viborg, Denmark.
  • BJU international.BJU Int.2013 Aug;112(3):394-7. doi: 10.1111/j.1464-410X.2012.11739.x. Epub 2013 Jan 25.
  • WHAT'S KNOWN ON THE SUBJECT AND WHAT DOES THE STUDY ADD : Actinobaculum schaalii is considered to be a part of the normai flora in the genital and urinary tract area. It has been associated to urinary tract infection (UTI), sepsis, osteomyelitis, endocarditis and Foumier's gangrene. So far it has m
  • PMID 23350855

和文文献

  • 当院における小児尿路結石症の臨床的検討
  • 武信 康弘,大日方 大亮,五十嵐 智博 [他]
  • Japanese journal of endourology 25(1), 165-172, 2012-04
  • NAID 40019294967
  • 鳥取市立病院における上部尿路結石に対するtransurethral lithotripsy(TUL)とextracorporeal shock wave lithotripsy(ESWL)との治療成績の比較
  • 西山 康弘,市川 孝治,山根 享 [他]
  • Japanese journal of endourology 25(1), 159-164, 2012-04
  • NAID 40019294958

関連リンク

臨床適応・目的 腎盂、腎杯、尿管、胆道系の結石が適応となり、衝撃波を使用し結石を破砕する治療方法です。主に泌尿器科分野の検査治療です。
体外衝撃波結石破砕術(ESWL)で結石の治療を受けられる患者さんへ ESWLとは 体外衝撃波腎結石破砕装置は体外で衝撃波を発生させ体内の結石のみに衝撃波を収束させ 破砕するものです。多くの結石はこのESWL単独で身体に ...

関連画像

Shockwave lithotripsy (ESWL)ESWLeswlLithotripter (HK. ESWL-VM)HD.ESWL-Multi Plus extracorporeal shock ESWL - Extracorporeal shock wave


★リンクテーブル★
先読みextracorporeal shock wave lithotriptor」「extracorporeal shock wave lithotripsy」「体外衝撃波結石破砕法
国試過去問104D029」「103A055」「101H050
リンク元尿路結石症」「体外衝撃波結石破砕術」「珊瑚状結石」「尿管結石」「体外衝撃波結石破砕装置
関連記事ES

extracorporeal shock wave lithotriptor」

  [★] 体外衝撃波結石破砕装置

extracorporeal shock wave lithotripsy」

  [★] 体外衝撃波結石破砕法

体外衝撃波結石破砕法」

  [★] 体外衝撃波結石破砕術

104D029」

  [★]

  • 59歳の女性。夕食後から出現した強い腹痛を主訴に来院した。数年前から健康診断で胆嚢結石を指摘されていたが放置していた。体温38.4℃。右季肋部に強い圧痛を認める。血液所見:赤血球 460万、Hb 12.3g/dl、Ht 34%、白血球 13,000、血小板 34万。血液生化学所見:総ビリルビン 1.0mg/dl、AST 24IU/l、ALT 13IU/l。CRP 5.0mg/dl。腹部造影CT(別冊No.9)を別に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 104D028]←[国試_104]→[104D030

103A055」

  [★]

  • 33歳の初妊婦。妊娠34週。右側腹部の疝痛と肉眼的血尿とを主訴に来院した。意識は清明。身長163 cm、体重66 kg。脈拍96/分、整。血圧130/70 mmHg。尿潜血3+。血液所見:赤血球377万、Hb 10.2 g/dl、Ht 33%、白血球10,200、血小板23万。血液生化学所見:尿素窒素32 mg/dl、クレアチニン1.2 mg/dl、尿酸4.5 mg/dl。腹部超音波検査で右水腎症を認め、腹部単純CTで右尿管下部に3 mmの結石を疑う石灰化像を認める。
  • 対応として適切なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103A054]←[国試_103]→[103A056

101H050」

  [★]

  • 32歳の男性。左側腹部痛、微熱および肉眼的血尿を主訴に来院した。前日、直径2cmの左腎結石に対して、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を行った。
  • 最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101H049]←[国試_101]→[    ]

尿路結石症」

  [★]

urolithiasis, urinary calculus, urinary tract stone disease
尿石症
結石尿路結石

疫学

  • 40-50歳代

病因

  • 尿の酸性度の変動、尿中成分の溶解度の低下
  • 尿路の炎症、尿流のうっ滞

部位による区分

症状

  • 尿管の狭窄部
  • 結石疼痛

検査

  • 血尿(肉眼的~顕微鏡的)

鑑別診断

  • 腹部大動脈瘤(腹部腫瘤触知, 腹部CT(単純~造影))、腎梗塞(塞栓を来す基礎疾患の有無(IE,Af,弁膜症), 側腹部痛, 血尿, 血圧↑, LDH・ALP・AST↑, 腹部CT(確定は造影するしかない))

治療

  • 経過観察:6-7割は自然に排石される。腹部単純XPで1.0×0.6cm以下 / 短径5mm以下なら自然排石期待。
  • 対症療法:疝痛に対しインドメタシン座薬、ボルタレン座薬、ソセゴン+アタラックスP
  • 排石促進:尿管蠕動運動促進、利尿
  • 内視鏡的療法
  • 経皮的腎切石術 PNL
  • 珊瑚状結石やUPJ狭窄合併例で実施。経皮的に腎ろうを作成し、内視鏡を挿入する
  • 経尿道的尿管結石摘出術 TUL
  • 中下部尿管結石症例に対して尿管鏡を使用し、超音波、レーザー等で砕石。全尿路の結石に対応可能
  • ESWL
  • 骨盤骨部以外の尿路結石ではfirst choice。体外からの衝撃により破砕された石がstone streetを作る。合併症として血尿、腎皮膜下出血、発熱、疼痛。妊婦、下大動脈瘤患者などでは禁忌。
  • 外科的療法
  • 腎盂切石術、腎切石術、腎摘出術、尿管切石



体外衝撃波結石破砕術」

  [★]

extracorporeal shock wave lithotripsyESWL
体外衝撃波結石破砕法体外衝撃波砕石術体外衝撃波破砕療法
経皮的腎尿管切石術
[show details]

概念

  • 体外的に超音波を結石に収束させ結石を砂状に破壊する。

施行上の注意

  • stone streetの形成が予想されるような大きい結石では、尿管ステントや腎瘻造設を行っておく。
  • 小児は発泡メチロールにより肺を保護
  • 長径2cm以下の結石は砕石1年以内に70-80%排泄されるが、2cm以上の場合半数に残石を認めるので、大きい結石をESWLにて砕石する場合にはPNL、TULを併用する。

禁忌と慎重

  • 禁忌:妊娠女性、尿管閉塞
  • 慎重:出血傾向、小児、腹部大動脈瘤、動脈の石灰化

合併症

  • 腎皮膜下血腫、消化管出血、肺胞出血、皮下出血、不整脈、徐脈、自律神経反射、尿路閉塞(破砕結石の嵌頓)、敗血症など
  • 症状としては血尿、微熱、側腹部痛

国試


珊瑚状結石」

  [★]

coral calculus
樹枝状結石 branched calculus、鹿角状結石 staghorn calculus
尿路結石症


概念

  • 複数の腎杯にひろがり腎盂を占拠している結石

治療

参考1 参考2

参考

  • 1. 尿路結石症 | Minds医療情報サービス | ガイドライン | 珊瑚状結石の積極的治療
http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0022/1/0022_G0000058_0040.html
  • 2. 要約 尿路結石症 | Minds医療情報サービス | ガイドライン | 珊瑚状結石の積極的治療
http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0022/1/0022_G0000058_0010.html


尿管結石」

  [★]

ureteric calculus (M), ureteral calculus, ureter stone
(尿管結石により引き起こされる病態)尿管結石症
尿路結石症


治療


体外衝撃波結石破砕装置」

  [★]

extracorporeal shock wave lithotriptor ESWL
体外衝撃波結石破砕術


ES」

  [★]



"http://meddic.jp/ESWL" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡