ERG

出典: meddic

electroretinogram

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/04/02 15:26:38」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Toxic optic neuropathy following ingestion of homeopathic medication Arnica-30.
  • Venkatramani DV, Goel S, Ratra V, Gandhi RA.SourceSankara Nethralaya, A Unit of Medical Research Foundation , Chennai , India.
  • Cutaneous and ocular toxicology.Cutan Ocul Toxicol.2013 Mar;32(1):95-7. doi: 10.3109/15569527.2012.708910. Epub 2012 Aug 10.
  • We report a case of acute, bilateral and severe vision loss after inadvertent consumption of a large quantity of the homoeopathic medication Arnica-30. Severe vomiting which required hospitalization preceded visual symptoms. In the acute stage, pupillary responses to light were absent and fundus exa
  • PMID 22877081
  • Magnetostriction in epitaxial SrTi(1-x)Fe(x)O(3-δ) perovskite films with x = 0.13 and 0.35.
  • Kim DH, Aimon NM, Bi L, Florez JM, Dionne GF, Ross CA.SourceDepartment of Materials Science and Engineering, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, MA, USA.
  • Journal of physics. Condensed matter : an Institute of Physics journal.J Phys Condens Matter.2013 Jan 16;25(2):026002. doi: 10.1088/0953-8984/25/2/026002. Epub 2012 Nov 26.
  • The crystal structure, magnetic anisotropy and magnetoelasticity of epitaxial SrTi(0.87)Fe(0.13)O(3-δ) (STF13) and SrTi(0.65)Fe(0.35)O(3-δ) (STF35) films grown on (001), (011), and (111) oriented SrTiO(3) substrates were investigated. The films grew with compressive in-plane strain and underwent t
  • PMID 23178936

和文文献

  • Solar Flares: Magnetohydrodynamic Processes
  • Shibata Kazunari,Magara Tetsuya
  • Living Reviews in Solar Physics 8, 2011-12-15
  • … Observations show that flares are one of the most explosive phenomena in the atmosphere of the Sun, releasing a huge amount of energy up to about 10^32 erg on the timescale of hours. …
  • NAID 120003824940
  • 日本人前立腺癌におけるERG発現の検討 (第128回成医会総会一般演題)

関連リンク

エルグ オータムキャンペーン実施中! さらに抽選で霧島温泉宿泊券や布団クリーナーが当たるWチャンス! キャンペーン期間 2015年10月15日(木)~ 11月29日(日) 期間中 クラブ&スクール入会金100%OFF ご入会はこちら
店内は優しくて女性的に、かわいらしく、洗練されたスタイルに ELEGANT・ROMANTIC・MODERNをリミックス。 オリジナルブランドをセポを中心にアメリカンカジュアル スタイルをベースにしながらも、ナチュラルで透明感のある

関連画像

Tour from Marrakech to Erg Chegaga, luxury http://upload.wikimedia.org/wikipedia Erg Chebbi, Morocco - photosErg Chebbi Dunes. Sahara, Morocco Erg Chigaga à M'Hamid: 17 expériences et Erg Landforms Have 2 Main Characteristics:


★リンクテーブル★
国試過去問104E060」「101H039」「095C015」「099H028」「107G049」「108E029」「095B014」「103E006」「106I013」「107F007
リンク元ユーイング肉腫」「網膜電図」「electroretinogram
拡張検索ERGOMAR」「FERGON
関連記事erg」「ER」「E

104E060」

  [★]

  • 75歳の女性。視力低下を主訴に来院した。数年前から両眼の視力低下を自覚していたが、数日前から右眼がほとんど見えなくなった。視力は、右手動弁(矯正不能)、左O.1(矯正不能)。眼圧は、右8mmHg、左12mmHg。細隙灯顕微鏡検査で両眼水晶体の混濁を認める。散瞳下で眼底検査を行ったが両眼とも詳細な観察が困難である。
  • まず行う検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104E059]←[国試_104]→[104E061

101H039」

  [★]

  • 27歳の男性。夕方歩いていると人にぶつかることが多いことを主訴に来院した。中学生のころから夕方になるとクラブ活動でやっていた野球のボールが見にくいことに気付いていた。両眼とも矯正視力1.0である。前眼部検査では眼瞼、角膜および結膜に異常所見はみられないが、眼底に異常を認める。
  • 診断の確定に必要な検査はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101H038]←[国試_101]→[101H040

095C015」

  [★]

  • 38歳の男性。両眼の視力障害と視野異常とを訴えて来院した。視力は右0.3(矯正不能)、左0.8(矯正不能)。眼圧は右12mmHg、左13mmHg。眼底検査で両眼の視神経乳頭の蒼白化がみられる。視野を以下に示す。
  • 診断に有用な検査はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 095C014]←[国試_095]→[095C016

099H028」

  [★]

  • 56歳の女性。昨夜から右眼にゴミのようなものが動いて見えるので来院した。5年前からロ渇があったが、健康診査は受けていなかった。視力は右0.3(矯正不能)、左1.0(矯正不能)。右眼底写真を以下に示す。診断に有用でないのはどれか。2つ選べ。


[正答]
※国試ナビ4※ 099H027]←[国試_099]→[099H029

107G049」

  [★]

  • 42歳の男性。物が二重に見えることを主訴に来院した。1か月前に交通事故に遭い、その後、複視が出現した。前眼部、中間透光体および眼底に異常を認めない。視力は右1.0(矯正不能)、左1.0(矯正不能)。
  • 診断に有用な検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G048]←[国試_107]→[107G050

108E029」

  [★]

  • 夜になると物が見えにくいと訴える患者の両眼の眼底写真 (別冊 No.5A、B)を別に示す。
  • 必要な検査はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108E028]←[国試_108]→[108E030

095B014」

  [★]

  • 疾患と検査の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095B013]←[国試_095]→[095B015

103E006」

  [★]

  • 暗室で行う眼科検査の写真を以下に示す。この検査で得られる情報はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 103E005]←[国試_103]→[103E007

106I013」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106I012]←[国試_106]→[106I014

107F007」

  [★]

  • 眼底を立体的に観察することが可能なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107F006]←[国試_107]→[107F008

ユーイング肉腫」

  [★]

Ewing's sarcoma, Ewing sarcoma
Ewing肉腫primitive neuroectodermal tumor PNETユーイング腫瘍 Ewing腫瘍 Ewing's tumor内皮性骨髄腫 endothelial myeloma
sarcoma Ewingi
骨腫瘍骨肉腫

概念

  • 1921年ユーイングによって報告された未分化の高悪性度小円形細胞肉腫。
  • 発生母細胞は神経外胚葉。原始神経外胚葉性腫瘍(PNET)ととの関連が議論されているが、ユーイング肉腫の方がより未分化であると考えられている。

疫学

  • 骨肉腫骨髄腫軟骨肉腫に次いで多い。
  • 10-30歳で見られるが、10代から10代未満に好発し、80%が20歳以下である。骨肉腫より若年者に好発する。
  • 男女比 = 2:1

好発部位

  • 大腿骨、脛骨、上腕骨に好発するが、長幹骨の骨幹部(SOR.326)~骨幹端部に発生することも多い。
  • 骨盤、大腿骨、上腕骨、脛骨の順に好発する(SOR.326)。

病理

  • 小型円形細胞が密に増殖。細胞質にグリコーゲンを有する。壊死巣が著明である。腫瘍細胞間に好銀線維を認めないことで悪性リンパ腫や神経芽細胞腫の骨転移と鑑別される。(SOR.326)
  • 免疫組織学的所見:NSE, HBA71陽性
  • 染色体異常:t(11;22)(q24;q12) EWS/FLI-1、t(21;22)(q22;q12) EWS/ERG

症状

  • 初発症状:疼痛、腫脹、全身症状(白血球増多、発熱)  ← 骨肉腫は炎症に基づく全身症状がない。

検査

  • 血液検査
  • 白血球増多、CRP上昇、赤沈亢進 ← 炎症反応を反映
  • ALP3上昇しない???
  • 単純X線写真
  • 特徴:骨皮質を破壊しつくす前にフォルクマン管を介して軟部組織に浸潤し骨外に浸潤する。このために骨膜を持ち上げ骨膜反応を呈する。(SOR.326)
  • 骨膜反応:たまねぎの皮様(onion skin appearance)
  • 斑点状、蚕喰状の骨吸収破壊像

治療

  • 化学療法:術前・術後化学療法(VCR、ACTD、CYC、ADR:VAC療法+ADR)
  • 放射線療法
  • 手術療法:基本的には広範囲切除術による患肢温存手術。患肢切断・離断術。

予後

  • 予後不良
  • 日本での5年累積生存率は45%

参考

  • 1. onion peal - 単純X線写真
[display]http://www.daviddarling.info/images/Ewings_sarcoma.jpg
  • 2. 病理
[display]http://www.mda-sy.com/pathology/JPEG3/BONE059.JPG
  • 3. ユーイング肉腫ファミリー腫瘍の治療(PDQ®)
[display]http://cancerinfo.tri-kobe.org/pdq/summary/japanese-s.jsp?Pdq_ID=CDR0000062841
  • 4. ユーイング肉腫 - 発行冊子・資料 « がんの子供を守る会
患者向けの冊子、分かりやすい
[display]http://www.ccaj-found.or.jp/wp-content/uploads/pdf/leaflet11.pdf
  • 5. 小児がんのガイドライン、近々公開予定らしいが、いつ?
http://www.jsco-cpg.jp/item/07/index.html
  • 6. [free PDF]ユーイング肉腫ファミリー腫瘍(ESFT)
2005年にかかれた治療ガイドライン。総論としてもまとまっている
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003969566

骨肉腫とユーイング肉腫

  骨肉腫 ユーイング肉腫
概念 類骨を形成する悪性骨腫瘍
骨組織に原発し、腫瘍細胞が直接類骨あるいは骨組織を形成する。
分化の高悪性度小円形細胞肉腫。発生母細胞は神経外胚葉
疫学 15歳ピーク
10歳代:60%
20歳代:15%
男性にやや多い
10-30歳で見られるが、10代から10代未満に好発し、80%が20歳以下である。骨肉腫より若年者に好発する。
男女比 = 2:1
原発性悪性骨腫様のなかで最多 骨肉腫、骨髄腫、軟骨肉腫に次いで多い。
好発部位
大腿骨遠位
脛骨近位
合わせて75%
次いで上腕骨近位
長幹骨の骨幹部
骨盤、大腿骨、上腕骨、脛骨の順に好発する
症状 腫脹、疼痛、腫瘍の増大で発赤、局所熱感、静脈怒張 疼痛、腫脹、全身症状(白血球増多、発熱) 
血液検査 血清アルカリフォスファターゼ、乳酸脱水素酵素
白血球増多、CRP上昇、赤沈亢進
単純X線写真 骨硬化を伴わない骨破壊、種々の程度の腫瘍性骨新生(境界不明瞭の淡い綿花様、綿球様の骨硬化)
外骨膜反応(コットマン三角、スピクラ形成)
骨皮質を破壊しつくす前にフォルクマン管を介して軟部組織に浸潤し骨外に浸潤する。このために骨膜を持ち上げ骨膜反応(たまねぎの皮様(onion skin appearance))を呈する。
斑点状、蚕喰状の骨吸収破壊像
転移 血行性、肺転移  
予後 5年生存率50-70% 予後不良
日本での5年累積生存率は45%


網膜電図」

  [★]

electroretinogram ,ERG
網膜常存電位
  • 概念:光刺激により網膜から発生する網膜活動電流を記録することで網膜機能を評価する検査。
  • 方法:角膜上にコンタクトレンズ電極(関電極)、前額部に不関電極、耳朶に接地電極をつけ、計測された電流を増幅して記録する。順応条件、光刺激の条件、色波長、持続時間、背景光を一定にし、閃光刺激により電位を記録する。(SOP.21)
  • 臨床的意義:
  • 網膜全体としての機能の評価  →  × 網膜のみで視神経は評価できない。網膜の局所的な病変は評価できない。
  • 網脈絡膜変性疾患、網膜虚血性病変の機能評価・病態把握  例えば、網膜色素変性症、糖尿病網膜症など
  • 中間透光体(眼底が観察できない場合)に問題があってもある程度は網膜機能を評価できる
  • また、眼底の透見不能な白内障や硝子体出血において、網膜の状態をこの検査法によってある程度知ることが可能である。
  • 網膜活動電流の起源:
  • ミュラー細胞はK+チャネルを多く持ち、K+濃度調節などの細胞外環境維持に働いていると考えられる。また、網膜電図の起源に関係していると考えられる(SP.276)
  • 網膜常存電位に重なって種々の電位変化が重なり網膜電図が記録される。


国試


electroretinogram」

  [★] 網膜電図

ERG

WordNet   license wordnet

「a graphical recording of the electrical activity of the retina that results when light is flashed into the eye」


ERGOMAR」

  [★]

ergotamine tartrate


FERGON」

  [★]

ferrous gluconate


erg」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a cgs unit of work or energy; the work done by a force of one dyne acting over a distance of one centimeter」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「エルグ(エネルギーの単位)」

ER」

  [★]


E」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 5th letter of the Roman alphabet」
e


"http://meddic.jp/ERG" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡