E型肝炎ウイルス

出典: meddic

hepatitis E virus, HEV
ウイルスE型肝炎



ウイルス学

  • 人獣共通感染症
  • ヘペウイルス科?ヘペウイルス属? caliciviruses?(Q book p.207)
  • プラス鎖RNAウイルス
  • 日本土着のウイルスがあり、ブタからのウイルスの分離→接触や生肉の摂取によりウイルスに感染しうる

感染症


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/18 17:57:53」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 12年前から宮崎県に存続している遺伝子型3型E型肝炎ウイルスによるE型急性肝炎の2症例―1例での急性末梢性顔面神経麻痺の合併―
  • 中村 仁彦,楠元 寿典,落合 俊雅,川越 富夫,田井 博,松岡 均,中野 達徳,永田 賢治,下田 和哉,岡本 宏明
  • 日本消化機病學會雜誌. 乙 112(8), 1533-1541, 2015
  • … 宮崎県内で同時期に2例のE型急性肝炎症例を経験した.2例に交友関係,共通の生活歴はなかった.両症例のE型肝炎ウイルス(HEV)株は,遺伝子配列の解析から近縁ではあるが同一株ではなく,感染源は異なると考えられた.2例のHEV株はともに12年前に同県内の飼育ブタから検出された遺伝子型3型株の子孫と考えられ,このウイルスが宮崎県内で存続していることが証明された.1例は急性末梢性顔面神経麻痺を合併した …
  • NAID 130005091876
  • E型肝炎ウイルスについて : 食の安全・安心の観点から(談話室)
  • 三重県で発症した野生動物肉摂食歴のない4型E型肝炎ウイルス愛知静岡株による急性E型肝炎の1例
  • 藤本 信乃,石田 聡,中野 達徳 [他]
  • 肝臓 55(7), 405-408, 2014-07
  • NAID 40020132917

関連リンク

農研機構は食料・農業・農村に関する研究開発を行う機関です。 ... E型肝炎ウイルスの概要 豚とE型肝炎ウイルス 食用家畜であるブタのE型肝炎における役割について、抗体調査成績をもとに考えてみました。
ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料 2003年8月 > 食肉を介するE型肝炎ウイルス感染事例について > E型肝炎ウイルスの感染事例・E型肝炎Q&A E型肝炎ウイルスの感染事例・E型肝炎Q&A
感染しても、症状が出ることはほとんどありません。 一部の方は、感染してから平均6週間経つと、だるさ、黄だん(皮膚や粘膜が黄色くなる)、発熱などの症状が出ます。 症状が出ても大半の方はなおりますが、まれに重症になって死ぬ方 ...

関連画像

型肝炎の感染経路は?一体 型肝炎ウイルス/札幌市中央 IDWR:感染症の話 E型肝炎型肝炎ウイルス - JapaneseClass.jp型 肝炎ウイルス に 感染 して 型肝炎ウイルス - JapaneseClass.jp


★リンクテーブル★
先読みhepatitis E virus
国試過去問105A001
リンク元肝炎ウイルス」「ウイルス性肝炎」「糞口感染」「高内皮小静脈」「HEV
関連記事肝炎」「ウイルス」「E型肝炎」「Es」「E

hepatitis E virus」

  [★]

HEV
HEV


105A001」

  [★]

  • E型肝炎ウイルスについて正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ [ ]←[国試_105]→[105A002

肝炎ウイルス」

  [★]

hepatitis virus
ウイルスウイルス性肝炎肝炎

典型的なウイルス

肝炎ウイルスによる肝炎

  A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎 D型肝炎 E型肝炎
ウイルス科 ピコルナウイルス科 ヘパドナウイルス科 フラビウイルス科   ヘペウイルス科
ウイルス属 ヘパトウイルス属 オルソヘパドナウイルス属 ヘパシウイルス属 デルタウイルス属 ヘペウイルス属
エンベロープ
ゲノム RNA1本鎖(+) DNA RNA1本鎖(+) RNA1本鎖(-) RNA1本鎖(+)
潜伏期 15-40日 50-180日 21-90日 1-5月 2-9週
発症型 急性 潜伏性 潜伏性 急性 急性
感染経路 糞口感染、
飲料水
母子感染、
性感染、
周産期感染
母子感染、
性感染
母子感染、
性感染
飲料水、
人獣共通感染症
(イノシシ、豚の肝臓)
保因者 しない する する する しない
慢性肝炎 なし 約10% 50-70% あり なし
死亡率 0.1%-0.2% 0.5%-2.0% 1%-2% 2%-20% 1%-2%(20%:妊婦)
特徴       Ribozyme活性を持つ  



ウイルス性肝炎」

  [★]

viral hepatitis
肝炎肝炎ウイルス

ウイルス

スクリーニング検査

  • HAV:HAV-IgM 陽性で急性A型肝炎
  • HBV:HBsAg, HBc-IgMAb 陽性で急性B型肝炎
  • HCV:HCVAb
  • HDV
  • HEV
  • EBV:EBVCA-IgG, EBVCA-IgM, EBNA
  • HIV:HIV抗体
  • CMV:CMV-IgG, CMV-IgM, CMVアンチゲネミア
  • HSV:HSV-IgG, HSV-IgM



糞口感染」

  [★]

infection by fecal-oral route, fecal-oral infection
A型肝炎A型肝炎ウイルスE型肝炎E型肝炎ウイルス


高内皮小静脈」

  [★]

high endothelial venuleHEV
高内皮性細静脈E型肝炎ウイルス高内皮細静脈


HEV」

  [★]


肝炎」

  [★]

hepatitis
肝炎ウイルス肝臓の病理

概念

  • 肝臓に炎症を生じた状態

疫学

  • B型肝炎:感染者数は約110~140万人、患者数は約7万人(慢性肝炎:約5万人、肝硬変・肝がん:約2万人) (参考1)
  • C型肝炎:感染者数は約190~230万人、患者数は約37万人(慢性肝炎:28万人、肝硬変・肝がん:約9万人) (参考1)  →  肝細胞癌の80%がC型肝炎ウイルスによる

病因

  • 薬物性
  • アルコール性
  • 細菌性
  • ウイルス性
  • 自己免疫性

病理

細菌

ウイルス

  • 形態・増殖などピコルナウイルス参考
  • 他のピコルナウイルスと異なり細胞培養では、 CPEを起こさない。
  • 感染経路:主に経口、糞便にウイルスを排世
  • 発熱を伴う。慢性化しない。
  • 予防:A型肝炎ワクチン(不活化ワクチン)
  • 逆転等酵素を有するDNAウイルス。エンベロープあり。
  • 抗HBs抗体一中和抗体・感染防止抗体  B型肝炎ワクチンによる予防  3TC
  • 感染経路:血液、体液、垂直感染 慢性化 約10%
  • Gianotti病(extrahepatic)
  • 感染経路:血液体液、
  • 慢性化:50-70%
  • インターフェロン療法HCV I FN昔効例全体で約30%
  • 日-t V型 f FN曹効例 2a60%、 2b45%、日本で多い1b15%)
  • HBVと同時に感染する。
  • Rib ozyme活性(RNAがRNAを切断)
  • 慢性化
  • E型肝炎:E型肝炎ウイルス:7.6K bRNA +戟
  • E nterically-transmitted、 E ndemic
  • RNAウイルス
  • 妊婦での死亡率高い(10-20%)他   (HAV 約0-1%)
  • 人畜共通感染症(豚、イノシシ、鹿)
  • G型肝炎 肝炎との関連は当初考えられたほど高くない
  • TTV   1本鎖(-)DNA9歳以下8%、 10-20代50%、30代以降70%以上感染者
  • サイトメガロウイルス、アデノウイルス、EBウイルス、水痘・帯状疱疹ウイルス、単純ヘルペスウイルス、B19ウイルス など

肝炎ウイルスまとめ

肝炎ウイルス.xls

感染症 A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎 D型肝炎 E型肝炎
ウイルス HAV HBV HCV HDV HEV
ピコルナウイルス科 ヘパドナウイルス科 フラビウイルス科 未分類 ヘペウイルス科
ヘパトウイルス属 オルソヘパドナ属 ヘパシウイルス属 デルタウイルス属 ヘペウイルス属
ゲノム ssRNA+ dsDNA ssRNA+ ssRNA- ssRNA+
エンベロープ - + + + -
逆転写酵素 - + - - -
潜伏期 文献1 15-40days 50-180days 1-5months 21-90days 2-9weeks
文献2 約4週 1-6ヶ月 平均6-8週 平均7週 平均5-6週
           
type of onset 急性 潜行性 潜行性 急性 急性
前駆症状   関節炎、皮疹 関節炎、皮疹    
感染経路 経口・糞光
非腸管
その他 食物、水 性的接触、周産期感染。血液、体液、垂直感染 性的接触(稀)。血液、体液 性的接触(稀)
後遺症 キャリアー × ○(約10%) ○(約50-70%) ○(重複感染:2-20%) ×
慢性肝炎 × ×
肝硬変→肝細胞癌 × 2.5-3 %/年 5-7 %/年   ×
劇症肝炎 0.1% 0.2 % 0.2 %   0.3-5.0%
死亡率 0.1-0.2% 0.5-2.0%(健常者) 1-2%(健常者) 2-20% 2%(一般)。20%(妊婦)
発熱 ? ? ? ?
予防 A型肝炎ワクチン(不活化) B型肝炎ワクチン(成分, HBs抗原)、HBIG なし B型肝炎ワクチン(成分, HBs抗原) ワクチン
治療 なし IFN
ラミブジン
アデフォビル
エンテカビル
テルビブジン
INF+リバビリン

IFN(著効率:30%。2a 60%, 2b 45%, 1b 15%)
IFN? なし
その他 CPEなし Gianotti病   HBVと同時感染、Ribozyme活性 風土病。人獣共通感染症(豚、イノシシ、鹿)

参考

  • 1. 肝炎対策の経緯と今後 ―B 型肝炎訴訟・C 型肝炎訴訟を中心に― 国立国会図書館 ISSUE BRIEF NUMBER 702(2011. 2.22.)
2011年以前までの状況がサマリーしてあってよい
[display]http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/pdf/0702.pdf
  • 2. 肝炎総合対策の推進 - 健康局疾病対策課肝炎対策推進室
[display]http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou09/index.html





ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。





E型肝炎」

  [★]

hepatitis E
E型肝炎ウイルス

病原体

  • E型肝炎ウイルス

潜伏期

  • 1-2ヶ月 (SMB.553)

感染経路

  • 経口感染
汚染食物、飲料水を介する

疫学

症状

  • 全身倦怠感、発熱、嘔吐、黄疸など慢性肝炎 (SMB.553)
  • 1ヶ月で治癒
  • 劇症肝炎に移行しうる
通常、1-2%, 妊婦の死亡率10-20%

合併症

経過

治療

検査

予防

Es」

  [★] アインスタイニウム

einsteinium

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「einsteiniumの化学記号」


E」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 5th letter of the Roman alphabet」
e




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡