DA

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/08 10:24:09」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Crossing safety barriers: Influence of children's morphological and functional variables.
  • Cordovil R, Vieira F, Barreiros J.SourceFaculty of Human Kinetics - Technical University of Lisbon, Department of Health and Sport Sciences, Estrada da Costa, 1495-688 Cruz Quebrada, Portugal.
  • Applied ergonomics.Appl Ergon.2012 May;43(3):515-20. Epub 2011 Aug 25.
  • Thirty-three children between 3 and 6 years of age were asked to climb four different types of safety barriers. Morphological and functional variables of the children, which were expected to influence climbing or passing through skills, were collected. The influence of those variables on children's
  • PMID 21871604
  • Characterization of functional, safety, and probiotic properties of Enterococcus faecalis UGRA10, a new AS-48-producer strain.
  • Cebrián R, Baños A, Valdivia E, Pérez-Pulido R, Martínez-Bueno M, Maqueda M.SourceDepartamento de Microbiología, Facultad de Ciencias, Universidad de Granada Fuente Nueva s/n, 19071-Granada, Spain.
  • Food microbiology.Food Microbiol.2012 May;30(1):59-67. Epub 2011 Dec 13.
  • Enterococcus faecalis UGRA10, a new AS-48-producer strain, has been isolated from a Spanish sheep's cheese. The inhibitory substance produced by E. faecalis UGRA10 was purified and characterized using matrix-assisted laser desorption ionization-time of flight mass spectrometry, confirming its ident
  • PMID 22265284
  • Direct electrochemistry of dopamine on gold-Agaricus bisporus laccase enzyme electrode: Characterization and quantitative detection.
  • Shervedani RK, Amini A.AbstractDirect electrochemistry of a new laccase enzyme immobilized on gold and its application as a biosensor for dopamine (DA) are investigated by voltammetry and electrochemical impedance spectroscopy. The sensor demonstrated a redox adsorption behavior with E(0')=+180mV vs. Ag/AgCl for immobilized Agaricus bisporus laccase (LacAB) enzyme. The MPA platform was assembled on Au with and without utilization of ultrasounds. Excellent results were obtained by using the enzyme electrode fabricated based on MPA assembled with sonication. The LacAB immobilized in this condition showed a large electrocatalytic activity for oxidation of DA. Accordingly, a third-generation (mediator free) biosensor was constructed for DA. The DA concentration could be measured in the linear range of 0.5 to 13.0 and 47.0 to 430.0μmolL(-1) with correlation coefficients of 0.999 and 0.989, respectively, and a detection limit of 29.0nmolL(-1). The biosensor was successfully tested for determination of DA in human blood plasma and pharmaceutical samples.
  • Bioelectrochemistry (Amsterdam, Netherlands).Bioelectrochemistry.2012 Apr;84:25-31. Epub 2011 Nov 9.
  • Direct electrochemistry of a new laccase enzyme immobilized on gold and its application as a biosensor for dopamine (DA) are investigated by voltammetry and electrochemical impedance spectroscopy. The sensor demonstrated a redox adsorption behavior with E(0')=+180mV vs. Ag/AgCl for immobilized Agari
  • PMID 22137204

和文文献

  • Influence of Microstructure on Fatigue Fracture Characteristics of Al2O3
  • Kido Mitsuo,Katayama Gonojo,Inoda Nana,Tsuchibushi Yasuyuki
  • 広島工業大学研究紀要 33, 67-74, 36192-00-00
  • … The crack propagation rates da/dN of Material SC was accelerated in water. …
  • NAID 120005403235
  • The sediment properties of glacial diamicts from the Jutulsessen area of Gjelsvikfjella, East Antarctica: A reflection of source materials and regional climate
  • Shrivastava Prakash K.,Dharwadkar Amit,Asthana Rajesh,Roy Sandip K.,Swain Ashit K.,Beg M. Javed
  • Polar science 8(3), 264-282, 2014-09
  • The glacial diamicts deposited in the Jutulsessen area of Gjelsvikfjella, Dronning Maud Land, East Antarctica show the effects of localized meltwater channels and wind processes, as well as of the dom …
  • NAID 110009821841
  • Embryogenesis of Heliconius erato (Lepidoptera, Nymphalidae) : A contribution to the anatomical development of an evo-devo model organism
  • Aymone Ana Carolina Bahi,Lothhammer Nivia,Valente Vera Lucia da Silva [他]
  • Development, growth & differentiation 56(6), 448-459, 2014-08
  • NAID 40020174662

関連リンク

Art - community of artists and those devoted to art. Digital art, skin art, themes, wallpaper art, traditional art, photography, poetry / prose. Art prints.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元ドパミン」「解離性大動脈瘤」「dopamine」「dissecting aneurysm of aorta」「デジタル血管撮影
拡張検索DAD」「ADAM33」「VDAC2」「NMDA」「PDAY研究
関連記事D」「dA

ドパミン」

  [★]

dopamine DA DOA 3,4-dihydroxyphenethylamine
ドーパミン
塩酸ドパミン, dopamine hydrochloride, ドパミン塩酸塩
イノバンイブタントカコージンDカコージンカタボンガバンスクリトパンツルドパミドパラルミンドミニントロンジンプレドパマートバーンヤエリスタ
ドパミン受容体カテコラミン強心剤


概念

生合成

視床下部-下垂体系

  • 視床下部弓状核や脳室周辺の隆起漏斗系ドパミンニューロンで産生される。
  • 下垂体のD2受容体を介してホルモン分泌の調節を受けている。 → e.g. プロラクチン放出抑制ホルモン(PIF)

ドパミン受容体

低用量での血管拡張はこの受容体を介して起こる (GOO.249)
中枢神経系に存在

神経伝達物質の薬理 (GOO.324)

神経伝達物質 トランスポーター阻害薬 受容体のサブタイプ 選択的作動薬 選択的阻害薬 受容体と共役する分子
ドパミン cocaine
mazindol
nomifensine
D1     Gs
D2 bromocriptine sulpiride
domperidone
Gi
D3 7-OH-DPAT  
D4    
D5     Gs

薬理学

  • 低濃度
D1受容体に作用して血管拡張→腎血流量↑→GFP↑→Na排出↑→利尿
  • やや高濃度
β1受容体に作用→心拍出量↑・心収縮力↑(頻脈はない)・収縮期圧↑・拡張期圧不変
アドレナリン低用量投与と同じ?
  • 高濃度
α1受容体に作用→血管平滑筋収縮(→収縮期圧↑、拡張期圧↑???)
アドレナリン高用量投与と同じ?

ran]]

(PT.218)

  • 中脳に細胞体を持つものが多く、黒質から線条体に至る黒質線条体系と黒質や腹側被蓋野から報酬系の神経核、辺縁系、前頭葉に至る中脳皮質系がある。視床下部やその周辺にもドーパミン作動性線維の細胞体とその終末があり、隆起漏斗系、隆起下垂体系、不確帯視床下部系、脳室周囲系を形成する。黒質線条体系の変性はパーキンソン病をもたらす。ドーパミン誘導体には幻覚剤となるものがある。ドーパミンの分泌増大や脳のD2受容体の増加は精神分裂病(統合失調症)の発病に関与している可能性がある。モルヒネはドーパミンの分泌を促進する。コカインは輸送体によるドーパミンの取り込みを阻害し作用の持続時間を延長する。一部の覚醒剤中毒はドーパミン輸送体の抑制による。

ホルモンの調節

  • プロラクチンは視床下部でドパミンの産生を促進 ← プロラクチン抑制因子として作用
  • ドパミンは視床下部でGnRHの分泌を抑制 → 卵巣機能の抑制
  • ドパミンは下垂体前葉?でD受容体に作用してプロラクチンを抑制 ← 抗精神病薬(D2受容体をブロックする)を使うと高プロラクチン血症となる。

循環不全治療薬として

イノバン
  • 下記のような急性循環不全(心原性ショック、出血性ショック)
  • (1) 無尿、乏尿や利尿剤で利尿が得られない状態   ←  低濃度で用いれば、腎血流を増加させ尿量の増加が期待できる → ドパミン#薬理学
  • (2) 脈拍数の増加した状態  ←  高濃度でなければ、頻脈を起こさず心拍出量を増やす。 → ドパミン#薬理学
  • (3) 他の強心・昇圧剤により副作用が認められたり、好ましい反応が得られない状態



解離性大動脈瘤」

  [★]

dissecting aortic aneurysm DAA, dissecting aneurysm of the aorta DA
剥離性大動脈瘤大動脈解離
急性大動脈解離, 解離性動脈瘤

分類

  • DeBakey
  • Stanford

病因

  • 1. 動脈硬化性
  • 2. 嚢胞性中膜壊死:特に若年者で、かつ Marfan(マルファン)症候群を合併していることが多い。

症状

PHD.354 HIM.1565
  • 突発性、激烈な前胸部痛(Stanford A型)・背部痛(Stanford B型)。移動性。
  • 血管の閉塞症状(頚動脈:意識障害、麻痺、上腸間膜動脈:悪心・嘔吐、上腹部痛、下血、腎動脈:乏尿、血尿、腸骨動脈:下肢痛、チアノーゼなど)
  • 循環器症状:血圧↑ ← 狭窄部より近位の血圧が増大する(IMD.474)
  • 消化器症状:悪心・嘔吐(痛みから交感神経刺激)
  • 腎臓:乏尿(腎血流減少、交感神経興奮)、血尿
  • 全身症状:疼痛と共にショックを起こす、発汗(交感神経刺激)
  • ARをきたした場合:(急性ARによる)呼吸困難、血痰、動悸
  • DeBakey I型・DeBakeyI II型(Stanford A型):大動脈弁閉鎖不全、脳卒中発作、鎖骨下動脈閉塞による上肢の疼痛(身体所見として左右上肢の血圧差)
  • DeBakey III型(Stanford B型):III型では肝・腎不全、消化器症状、(大動脈分岐部)背部痛、下肢の阻血(下肢の疼痛)

検査

血液検査

  • 貧血
  • 白血球数:増加
  • CRP:上昇
  • 心筋逸脱酵素

画像検査

胸部単純X線写真 + 胸部造影CT/胸部CT
  • 心電図
  • 胸部単純X線写真:縦隔陰影の拡大や胸腔内血液貯留。縦隔の拡大、カルシウムサインを認める。カルシウムサイン(血管内腔のカルシウム沈着部位)と外膜の関係から内腔の大きさを推定できる。
  • 胸部CT/胸部造影CT:解離の部位・広がり・大きさ
[show details] [show details]
  • 超音波検査
  • 経胸壁:上行大動脈瘤については解離の有無、内膜亀裂の位置、解離腔に血流があるかどうか、ARの有無や心嚢液貯留の有無(IMD)
  • 経食道心エコー検査:下行大動脈における解離腔の広がりや血流の状態(IMD)
  • 大動脈造影:大動脈弁閉鎖不全症や解離の範囲を評価できる。

治療

  • Stanford A:緊急手術
  • Stanford B:降圧療法

国試


dopamine」

  [★] ドパミン DA

WordNet   license wordnet

「a monoamine neurotransmitter found in the brain and essential for the normal functioning of the central nervous system; as a drug (trade names Dopastat and Intropin) it is used to treat shock and hypotension」
Dopastat, Intropin


dissecting aneurysm of aorta」

  [★]

解離性大動脈瘤, DA

デジタル血管撮影」

  [★]

digital angiography, DA


DAD」

  [★]

ADAM33」

  [★]

[[]]
[[]]



VDAC2」

  [★]

voltage-dependent anion channel 2


NMDA」

  [★] N-メチル-D-アスパラギン酸


PDAY研究」

  [★]

PDAY study PDAY research


D」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 4th letter of the Roman alphabet」
d

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「deuteriumの化学記号」


dA」

  [★]

deoxyadenosine


"http://meddic.jp/DA" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡