Cr

出典: meddic


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「chromiumの化学記号」

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Geographical origin identification of Romanian wines by ICP-MS elemental analysis.
  • Geana I, Iordache A, Ionete R, Marinescu A, Ranca A, Culea M.SourceNational R&D Institute for Cryogenics and Isotopic Technologies' - ICIT Rm. Valcea, 4 Uzinei St, 240050 Rm. Valcea, Romania. Electronic address: irina.geana@icsi.ro.
  • Food chemistry.Food Chem.2013 Jun 1;138(2-3):1125-34. doi: 10.1016/j.foodchem.2012.11.104. Epub 2012 Dec 5.
  • Trace elemental analysis, besides its ability to determine stable isotopes ratios, represents a possible complementary tool useful to differentiate wines based on their regional origins. Wines and their provenance soils from two major wine producing areas in Southeast Romania ('Valea Calugareasca' a
  • PMID 23411223
  • Comparison of extraction induced by emulsion breaking, ultrasonic extraction and wet digestion procedures for determination of metals in edible oil samples in Turkey using ICP-OES.
  • Bakircioglu D, Kurtulus YB, Yurtsever S.SourceTrakya University, Faculty of Science, Department of Chemistry, 22030 Edirne, Turkey. Electronic address: dbakircioglu@trakya.edu.tr.
  • Food chemistry.Food Chem.2013 Jun 1;138(2-3):770-5. doi: 10.1016/j.foodchem.2012.10.089. Epub 2012 Nov 10.
  • The content of elements (Cd, Cr, Cu, Fe, Mn, Ni, Pb and Zn) in edible oils (sunflower, hazelnut, canola, corn and olive oils) from Turkey was determined using inductively coupled plasma optical emission spectrometry (ICP-OES) after ultrasonic extraction, wet digestion, and extraction induced by emul
  • PMID 23411174
  • Regulation of human Cripto-1 expression by nuclear receptors and DNA promoter methylation in human embryonal and breast cancer cells.
  • Bianco C, Castro NP, Baraty C, Rollman K, Held N, Rangel MC, Karasawa H, Gonzales M, Strizzi L, Salomon DS.SourceLaboratory of Cancer Prevention, Frederick National Laboratory for Cancer Research, Frederick, Maryland. biancoc@mail.nih.gov.
  • Journal of cellular physiology.J Cell Physiol.2013 Jun;228(6):1174-88. doi: 10.1002/jcp.24271.
  • Human Cripto-1 (CR-1) plays an important role in regulating embryonic development while also regulating various stages of tumor progression. However, mechanisms that regulate CR-1 expression during embryogenesis and tumorigenesis are still not well defined. In the present study, we investigated the
  • PMID 23129342

和文文献

  • Preparation and characterization of chitosan–caboxymethyl-β-cyclodextrin entrapped nanozero-valent iron composite for Cu (II) and Cr (IV) removal from wastewater
  • Sikder Md. Tajuddin,Mihara Yoshihiro,Islam Md. Shariful,Saito Takeshi,Tanaka Shunitz,Kurasaki Masaaki
  • Chemical Engineering Journal 236, 378-387, 2014-01-15
  • … The complete disappearance of Cr (VI) and Cu (II) may involve both physical adsorption and reduction of Cr (VI) to Cr (III) and Cu (II) to Cu (0) while oxidizing Fe0 to Fe (III). … The rate constants increased with increasing iron loading and initial concentration at pH 6, while the adsorption of Cr (VI) and Cu (II) was found to be endothermic and exothermic, respectively. …
  • NAID 120005346990
  • High-Temperature Regeneration of Perpendicular Exchange Bias in a Pt/Co/Pt/\alpha-Cr
  • Shiratsuchi Yu,Takechi Yuichiro,Toyoki Kentaro,Nakano Yuuta,Onoue Satoshi,Mitsumata Chiharu,Nakatani Ryoichi
  • Applied Physics Express 6(12), 123004-123004-4, 2013-12-25
  • … We found the regeneration of perpendicular exchange bias at high temperature in the Pt-capping/Co/Pt-spacer/\alpha-Cr<inf>2</inf>O<inf>3</inf>/Pt-buffer thin film with an ultrathin (0.2 nm) Pt-spacer layer after the disappearance at low temperature. … The exchange bias did not regenerate when the Pt spacer layer was grown at a slow growth rate, suggesting that the growth mode of Pt on the \alpha-Cr<inf>2</inf>O<inf>3</inf>layer affects the regeneration feature. …
  • NAID 150000107813
  • 玉川酸性水中和処理におけるシュベルトマナイト様化合物の形成によるヒ素及びクロムの取り込み
  • 佐々木 純恵,成田 修司,菊池 由紀恵 [他]
  • 水環境学会誌 36(12), 137-141, 2013-12
  • NAID 40019904595

関連リンク

「CR」とは - Carriage Returnの略。制御コードの一つ。ASCII 0x0D。 MS-DOS系(Windowsも含めて)の改行コードは、CR+LF MacOS(OS-Xは除く)の改行コードはCRのみ UNIX系の改行コードはLFのみ といったような改行コー...
こちらはHonda CR-Zの公式情報ページです。最新のWEBカタログで、CR-Zの様々な魅力をチェックいただけます。セルフ見積り、販売会社検索、試乗車検索、カタログ請求など購入検討に便利なツールもご用意しております。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み血清クレアチニン」「chromium
リンク元熱中症」「chrome」「クレアチニン」「chromic」「クロム
拡張検索Cruciferae」「Crimea」「Congo-Crimean hemorrhagic fever virus」「Crede胎盤圧出法
関連記事C」「CR

血清クレアチニン」

  [★]

serum creatinine
クレアチニン

基準値

  • ♂:0.8-1.3mg/dl(流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.12)。0.6-1.0mg/dl(臨床検査法提要第32版 p.1793)。0.5-0.9mg/dl(HIM A.)。
  • ♀:0.6-1.1mg/dl(流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.12)。0.4-0.8mg/dl(臨床検査法提要第32版 p.1793)。0.6-1.2mg/dl(HIM A.)。

単位の変換

  • 1 mg/dL = 10 x 10^3 ug/L = 10 ^ 4 / 113.12 μmol/L = 88.4 μmol/L
  • M.W. = 113.12 g/mol

臨床関連

  • 血清クレアチニン3mg/dl以上ではACE阻害薬の使用により腎機能が悪化しうる。
→禁忌とはされていないが添付文書の「用法・用量に関連する使用上の注意」に注意事項の記載がある。
重篤な腎機能障害のある患者[本剤の活性代謝物の血中濃度が上昇し、過度の血圧低下、腎機能の悪化が起きるおそれがあるので、クレアチニンクリアランスが30mL/分以下、又は血清クレアチニンが3mg/dL以上の場合には、投与量を減らすか、もしくは投与間隔をのばすなど慎重に投与すること](エナラプリル)
  • 急性腎不全の透析導入:血清クレアチニン 7mg/dl以上で透析導入を考慮。



chromium」

  [★] クロム

WordNet   license wordnet

「a hard brittle multivalent metallic element; resistant to corrosion and tarnishing」
Cr, atomic number 24

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「クロム,クロミウム(金属元素;化学記号は『Cr』)」

熱中症」

  [★]

heat illness, heat stroke( → 熱射病という意味で使う(YN.K-38))

重症度による分類

熱疲労熱射病の違いは中枢神経障害の有無(beyond resident 2-156)
WMM.707
ICU.607
YN.K-38改変
beyond resident 2-154
研修医直御法度第5版 155
研修医直御法度症例帳 143
マイナーエマージェンシー 6
  熱痙攣 熱疲労 熱射病
heat cramp heat exhaustion heat stroke
    古典的熱射病 努力性熱射病
疫学     幼小児、老人
基礎疾患(脳血管障害、虚血性心疾患、アルコール依存症)
薬剤性(フェノチアジン系(抗精神病薬)、抗コリン薬、利尿薬)
死亡率:40%
小児~成人
死亡率:10%
横紋筋融解症DICMOF合併多い
原因 電解質喪失 脱水 温熱中枢障害 熱産生>>熱放射
病態生理   細胞外液の減少(≒循環血漿量の減少)→頻脈、 高温により熱中枢が障害される
あるいは、心拍出量、発汗能力、血管調節能力の低下により体温調節能が失われる

汗が出ないことがある。
 
意識     意識障害あり
体温 ↑~↑↑ ↑~↑↑↑ ↑↑↑
血圧   低血圧 低血圧
発汗 ++ +++ -~+++ +++
筋肉 有痛性筋収縮   筋肉崩壊
その他症状   悪心・嘔吐、頭痛、めまい    
治療 ストレッチ、マッサージ
経口補液(飲めねば静注)
冷却(外部冷却)。⇔冷却は必要なし(ICU.607) 冷却(外部冷却・内部冷却)

熱中症の新分類

内科救急診療指針1st
従来の分類 新分類 症状
熱痙攣
熱失神
I度 めまい、大量発汗、失神筋肉痛、筋肉の硬直(こむら返り)
熱疲労 II度 頭痛嘔吐倦怠感、虚脱感、集中力や判断力の低下、血圧低下頻拍
熱射病 III度 下記3症状のうちいずれか1つ以上
①中枢神経症状:意識障害小脳症状けいれん発作
②肝・腎機能障害:AST/ALTUNCr上昇
血液凝固異常:急性期DIC診断基準(日本救急医学会)にてDICと診断

身体所見

  • まず、バイタル!ショックを評価。心不全はあるかどうか?

検査

  • 血液検査(生化学(浸透圧も評価)、血算、凝固(熱射病疑いとして))
  • 尿検査(尿ミオグロビンを捕まえる → 赤血球(-)かつ潜血(+) )

治療

  • (心不全症状なければ)輸液 ← 末梢静脈ラインを確保すると同時に採血
YN.K-39
  • (血漿浸透圧330mOsm未満)生理食塩水   尿あれば乳酸リンゲルでok
  • (血漿浸透圧330mOsm以上)生理食塩水+5%ブドウ糖

死因

救急外来stragegy

  • 1. バイタルチェック(体温、血圧、脈拍)  →  熱中症に合致しそうか? ちなみに直腸温はかれないときはどうする?
  • 2. 現病歴  →  ひととおりさらっと聴く
  • 3. 現症
  • 発汗の有無、皮膚の乾燥・湿潤、
  • 筋痙攣  →  熱痙攣を疑いたくなる
  • 悪心、嘔吐、頭痛、倦怠感  →  熱疲労~熱射病を疑いたくなる
  • 筋肉痛、筋攣縮、中枢神経機能異常(譫妄、運動失調、昏睡、痙攣)、DIC、MOF  →  熱射病を疑いたくなる
  • 感染症による発熱を疑いたくなったら、頚部リンパ節、咽頭所見、感冒症状、関節痛、呼吸音、尿回数・量、CVA叩打痛、項部硬直、Jolt accentuationをチェック
  • 4. 既往歴
  • 古典的熱射病で心不全を有している場合、輸液不可より昇圧剤を使えと(beyond resident 2-154)
  • 5. 末梢静脈ルート確保して採血(生化学、血算、凝固)し、まずは生理食塩水を落とす。血漿浸透圧高値が明らかになれば1/2生理食塩水に切り替え。
  • 6. 尿検査提出
  • 7. 適切なクーリングをしつつ、結果を待つ。

参考

  • 1. 今後の暑さ指数|環境省熱中症予防情報サイト
[display]http://www.nies.go.jp/health/HeatStroke
  • 2. 熱中症環境保健マニュアル(2011年5月改訂版) - 環境省
[display]http://www.env.go.jp/chemi/heat_stroke/manual.html
  • 3. 熱中症を防ごう / スポーツ医・科学 - 日体協
[display]http://www.japan-sports.or.jp/medicine/guidebook1.html
  • 4. 熱中症、熱射病、日射病のホームページ
[display]http://www.heat.gr.jp
  • 5. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E4%B8%AD%E7%97%87



chrome」

  [★]

chromicchromiumCr

WordNet   license wordnet

「treat with a chromium compound」

WordNet   license wordnet

「another word for chromium when it is used in dyes or pigments」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「=chromium / クロムまたはクロム合金をめっきした材料,クロム染料など」

WordNet   license wordnet

「plate with chromium; "chrome bathroom fixtures"」
chromium-plate

クレアチニン」

  [★]

creatinine, Cr, Cre, CRE
メチルグリコシアミジン methylglycocyamidine
クレアチン


物性

  • 分子量:113.12 g/mol (wikipedia en)

臨床検査



chromic」

  [★]

  • adj.
  • クロムの
chromechromiumCr

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「クロムの,クロム(特に3価のクロム)を含む」


クロム」

  [★]

chromiumchromeCr
クロム中毒



Cruciferae」

  [★]

アブラナ科

BrassicaBrassica rapaBrassicaceaebroccolicabbagecauliflowercresscruciferouskalerapeseed

WordNet   license wordnet

「a large family of plants with four-petaled flowers; includes mustards, cabbages, broccoli, turnips, cresses, and their many relatives」
family Cruciferae, Brassicaceae, family Brassicaceae, mustard family


Crimea」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a Ukrainian peninsula between the Black Sea and the Sea of Azov」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「クリミア半島(旧ソ連ウクライナ共和国の一地方)」

Congo-Crimean hemorrhagic fever virus」

  [★] クリミア・コンゴ出血熱ウイルス


Crede胎盤圧出法」

  [★] クレデ胎盤圧出法


C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」

CR」

  [★]


"http://meddic.jp/Cr" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡