Chlamydia trachomatis

出典: meddic

クラミジア・トラコマティストラコーマクラミジア
特殊な細菌クラミジアクラミジア感染症クラミジアトラコマティス症

特徴

  • 扁性細胞寄生菌 ← 細胞内への移行性・ペプチドグリカン無く、βラクタム無効、アミノグリコシド無効
  • 細胞壁有り
  • ペプチドグリカン無し

感染症

眼科

SOP.176

産婦人科

G9M.67,68,74
  • 潜伏期間2-3週間で、多くは無症状で経過。帯下は軽度増量し、水様透明の漿液性

泌尿器科

  • 尿道炎
  • 精巣上体炎

一般的な治療

国試





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/07 22:32:48」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Chlamydia trachomatis infection increases the expression of inflammatory tumorigenic cytokines and chemokines as well as components of the Toll-like receptor and NF-κB pathways in human prostate epithelial cells.
  • Sellami H1, Said-Sadier N2, Znazen A3, Gdoura R4, Ojcius DM5, Hammami A6.
  • Molecular and cellular probes.Mol Cell Probes.2014 Aug;28(4):147-54. doi: 10.1016/j.mcp.2014.01.006. Epub 2014 Mar 12.
  • Inflammation has been reported to play a major role in prostate carcinogenesis. Several bacterial infections can lead to prostate inflammation; however, until now, the precise molecular and cellular mechanisms linking inflammation to carcinogenesis have remained unclear. We therefore investigated th
  • PMID 24613856
  • Smoking as a major risk factor for cervical cancer and pre-cancer: results from the EPIC cohort.
  • Roura E1, Castellsagué X, Pawlita M, Travier N, Waterboer T, Margall N, Bosch FX, de Sanjosé S, Dillner J, Gram IT, Tjønneland A, Munk C, Pala V, Palli D, Khaw KT, Barnabas RV, Overvad K, Clavel-Chapelon F, Boutron-Ruault MC, Fagherazzi G, Kaaks R, Lukanova A, Steffen A, Trichopoulou A, Trichopoulos D, Klinaki E, Tumino R, Sacerdote C, Panico S, Bueno-de-Mesquita HB, Peeters PH, Lund E, Weiderpass E, Redondo ML, Sánchez MJ, Tormo MJ, Barricarte A, Larrañaga N, Ekström J, Hortlund M, Lindquist D, Wareham N, Travis RC, Rinaldi S, Tommasino M, Franceschi S, Riboli E.
  • International journal of cancer. Journal international du cancer.Int J Cancer.2014 Jul 15;135(2):453-66. doi: 10.1002/ijc.28666. Epub 2014 Jan 6.
  • A total of 308,036 women were selected from the European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition (EPIC) study to evaluate the association between tobacco smoking and the risk of cervical intraepithelial neoplasia of grade 3 (CIN3)/carcinoma in situ (CIS) and invasive cervical cancer (ICC
  • PMID 24338632
  • Prospective seroepidemiologic study on the role of Human Papillomavirus and other infections in cervical carcinogenesis: evidence from the EPIC cohort.
  • Castellsagué X1, Pawlita M, Roura E, Margall N, Waterboer T, Bosch FX, de Sanjosé S, Gonzalez CA, Dillner J, Gram IT, Tjønneland A, Munk C, Pala V, Palli D, Khaw KT, Barnabas RV, Overvad K, Clavel-Chapelon F, Boutron-Ruault MC, Fagherazzi G, Kaaks R, Lukanova A, Steffen A, Trichopoulou A, Trichopoulos D, Klinaki E, Tumino R, Sacerdote C, Mattiello A, Bueno-de-Mesquita HB, Peeters PH, Lund E, Weiderpass E, Quirós JR, Sánchez MJ, Navarro C, Barricarte A, Larrañaga N, Ekström J, Hortlund M, Lindquist D, Wareham N, Travis RC, Rinaldi S, Tommasino M, Franceschi S, Riboli E.
  • International journal of cancer. Journal international du cancer.Int J Cancer.2014 Jul 15;135(2):440-52. doi: 10.1002/ijc.28665. Epub 2014 Jan 6.
  • To evaluate prospectively the association between serological markers of selected infections, including HPV, and risk of developing cervical cancer (CC) and precancer, we performed a nested case-control study within the European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition (EPIC) study that i
  • PMID 24338606
  • Randomized, Double-Blind, Multicenter Safety and Efficacy Study of Rifalazil Compared with Azithromycin for Treatment of Uncomplicated Genital Chlamydia trachomatis Infection in Women.
  • Geisler WM1, Pascual ML2, Mathew J2, Koltun WD3, Morgan F4, Batteiger BE5, Mayes A6, Tao S7, Hurwitz SJ7, Sayada C8, Schinazi RF9.
  • Antimicrobial agents and chemotherapy.Antimicrob Agents Chemother.2014 Jul;58(7):4014-4019. Epub 2014 May 5.
  • A randomized, double-blind study comparing single-dose chlamydia therapies of oral rifalazil (25 mg) and azithromycin (1 g) was conducted in 82 women with uncomplicated genital Chlamydia trachomatis infection. The microbiologic cure rate of C. trachomatis with rifalazil (n = 33) was 84.8% at the vis
  • PMID 24798277

和文文献

  • Difference in Distribution of Chlamydia trachomatis Genotypes among Different Provinces : a Pilot Study from Four Provinces in China
  • Han Yan,Yin Yue-ping,Shi Mei-qin [他]
  • Japanese Journal of Infectious Diseases 66(1), 69-71, 2013-01-00
  • NAID 40019557110
  • Detection of Chlamydia trachomatis by Immunological and Genetic Methods in Female Sex Workers and the Local Female Population of Reproductive Age in Mymensingh, Bangladesh
  • Hoque Syada Monira,Hossain Md Akram,Paul Shyamal Kumar,Mahmud Md Chand,Ahmed Salma,Mahmud Nasir Uddin,Khan Emily Rahman,Sakib Md Annaz Mus,Ghosh Souvik,Kobayashi Nobumichi
  • Japanese Journal of Infectious Diseases 66(3), 256-259, 2013
  • … To investigate the accurate prevalence of genital Chlamydia trachomatis infection in Mymensingh, a local area in central-northern Bangladesh, 40 female sex workers (FSW) and 110 sexually active women (SAW, non-FSW) of reproductive age from a local community with clinical symptoms were examined by an immunochromatography test (ICT) and plasmid-based polymerase chain reaction (PCR) during a 1-year period from July 2011 to June 2012 using the endocervical swab as a specimen. …
  • NAID 130003381684
  • Difference in Distribution of Chlamydia trachomatis Genotypes among Different Provinces: a Pilot Study from Four Provinces in China
  • Han Yan,Yin Yue-ping,Shi Mei-qin,Zhong Ming-ying,Chen Shao-chun,Xang Zhi,Jiang Ning,Chen Xiang-sheng
  • Japanese Journal of Infectious Diseases 66(1), 69-71, 2013
  • … The objective of this study was to assess the distribution of Chlamydia trachomatis genovars in male sexually transmitted disease (STD) clinic patients from 1 province in eastern China (Jiangsu) and 3 provinces in southern China (Guangdong, Guangxi, and Hainan). … trachomatis by polymerase chain reaction were genotyped for the infecting C. …
  • NAID 130003381646
  • リアルタイムPCR法を用いたクラミジア トラコマチス・淋菌同時検出試薬 : 「アキュジーンm-CT/NG」の性能 (特集 小児の感染症診断Update : 迅速診断法を中心に) -- (新規保険収載検査法について)

関連リンク

ブランド バッグ今年の2014雑誌で紹介されたブランド 新品が通販して、いろいろなデザインがありま す送料無料でお届けします!レザー 財布 ブランド店舗日本未入荷・今人気の女性 ブランド 財布を多 数販売中!大人気!
Chlamydia Fact Sheet from CDC. What is chlamydia? How common is chlamydia? How do people get chlamydia? And more... ... I'm pregnant. How does chlamydia affect my baby? If you are pregnant and have ...
Chlamydia trachomatis is a bacterial (a group of micro organisms), which cause disease in man and birds. Some bird chlamydia infections can be transmitted to man. The chlamydia disease's history can be traced back to 15 B.C in ...

関連画像

Chlamydia trachomatisChlamydia trachomatis jest najczęstszą Chlamydia TrachomatisChlamydia Trachomatis photosChlamydia TrachomatisChlamydia Trachomatis relacionadas con Chlamydia trachomatisChlamydia trachomatis


★リンクテーブル★
先読みクラミジア」「クラミジア感染症
国試過去問106D030」「096A056」「097H071」「089A051
リンク元特殊な細菌」「骨盤内炎症性疾患」「頚管炎」「付属器炎」「Chlamydophila psittaci
拡張検索Chlamydia trachomatis肺炎」「Chlamydia trachomatis pneumonia
関連記事chlamydia」「trachomatis

クラミジア」

  [★]

chlamydia
ベドソニア Bedsonia
リケッチアマイコプラズマ特殊な細菌

ヒトに感染性のクラミジア

  • 広義には、クラミジア目(Chamydiales)に属する細菌の総称と思われる。
  • 狭義には、4つの科(Family I, Family II, Family III, Family IV)のうちのFamily I(Chlamydiaceae)を指すと思われる。

クラミジア科

クラミジアの特徴

宿主細胞の中で増殖し、封入体を形成する


クラミジア感染症」

  [★]

Chlamydia infection
クラミジア属


106D030」

  [★]

  • 29歳の男性。排尿時痛を主訴に来院した。 14日前に性行為感染の機会があった。2日前から排尿時痛と漿液性尿道分泌物とを自覚するようになったため受診した。外尿道口周囲に発赤を認めない。触診で陰嚢部に異常を認めない。直腸指診前立腺に異常を認めない。尿所見:蛋白1+、糖(-)、潜血(-)、沈渣に赤血球1-5/1視野、白血球10-20/1視野。尿道分泌物のGram染色で細菌を認めない。
  • この疾患の原因として考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106D029]←[国試_106]→[106D031

096A056」

  [★]

  • 30歳の男性。下着に小さなシミが付くため来院した。2日前から軽い排尿痛と透明な尿道分泌物とがあった。10日前に性行為があったという。外尿道口に軽度の発赤を認めるほかは、陰茎、精巣および精巣上体に異常を認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、沈渣に赤血球(-)、白血球5~10/1視野。
  • 考えられる起因病原体はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096A055]←[国試_096]→[096A057

097H071」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 097H070]←[国試_097]→[097H072

089A051」

  [★]

  • 母子感染について誤っている組み合わせはどれか

特殊な細菌」

  [★]

細菌

マイコプラズマリケッチアクラミジア

寄生性 大きさ グラム染色性 細胞壁 LPS ペプチド
グリカン
封入体 免疫原性 感染経路 無効抗菌薬
マイコプラズマ科   直径0.3μm   なし なし なし なし   飛沫感染 βラクタム薬
リケッチア科 偏性細胞寄生性 (0.3-0.5)x(0.8-2.0)μm 陰性 あり あり あり なし   媒介動物 βラクタム薬
クラミジア科 偏性細胞寄生性   陰性 あり あり なし あり なし 飛沫感染/接触感染/性行為 βラクタム薬、アミノ配糖体系

マイコプラズマリケッチアクラミジアと疾患

病原体名 疾患名 潜伏期 感染経路 診断 症状 治療
マイコプラズマ科 マイコプラズマ属 Mycoplasma pneumoniae 肺炎マイコプラズマ マイコプラズマ肺炎   飛沫感染     マクロライド系・テトラサイクリン系
リケッチア科 オリエンチア属 Orientia tsutsugamushi   ツツガムシ病 4-18日 ツツガムシ Weil-Felix反応/蛍光抗体法/免疫ペルオキシダーゼ法/ペア血清   テトラサイクリン系
ニューロキノロン系
リケッチア科 リケッチア属 Rickettsia japonica   日本紅斑熱 2-8日 マダニ Weil-Felix反応  
リケッチア科 エールリキア属 Ehrlichia sennetsu   腺熱 10-17日 不明    
リケッチア科 コクシエラ属 Coxiella burnetii   Q熱 14-26日 経気道的、経口的、経皮的。人獣共通感染症     テトラサイクリン系・ニューキノロン系・リファンピシン併用
リケッチア科 バルトネラ属 Bartonella henselae   Bartonella henselae感染症
(ネコひっかき病/細菌性血管腫症)
        マクロライド系・テトラサイクリン系
クラミジア科 クラミジア属 Chlamydia psittaci オウム病クラミジア   7-10日       テトラサイクリン系、マクロライド系。
βラクタム、アミノ配糖体無効。
基本小体に作用しない
クラミジア科 クラミジア属 Chlamydia trachomatis トラコーマクラミジア   1-5週 性行為    
クラミジア科 クラミドフィラ属 Chlamydophila pneumoniae 肺炎クラミジア   3-4週    

骨盤内炎症性疾患」

  [★]

pelvic inflammatory disease, PID
子宮付属器炎淋疾骨盤内感染症

定義

  • 外性器から上行性に感染が波及して、骨盤内に炎症を起こすこと。(NGY.178)

病因

  • 細菌感染:クラミジア・トラコマティス Chlamydia trachomatis淋菌

症状

  • 下腹部痛、あるいは無症状
  • 症状がない無症候性骨盤内感染症を発症し、子宮付属器周辺の癒着などを起こす。不妊の原因となる

検査

  • 子宮頚管分泌物の細菌培養、クラミジア抗原検査、淋菌培養

超音波検査

  • 骨盤内腫瘤

診断

  • 内診痛、性交痛、下腹部痛、発熱、白血球増加

鑑別疾患

  • 虫垂炎、腸炎、憩室炎などの消化器疾患
  • 卵巣腫瘍の茎捻転、子宮外妊娠

上行性感染



頚管炎」

  [★]

cervicitis
cervicitis uteri
子宮頚管炎 uterine cervicitis子宮頸管炎子宮頸炎子宮頸部炎、子宮頚炎、子宮頚部炎頸管炎
淋疾
[show details]

定義

  • 子宮頚部に病原体の感染が起こり発症する

病原体

  • 細菌
  • 淋菌
  • Chlamydia trachomatis:細菌多くなってきている。
  • ウイルス
  • 原虫
  • 真菌

症状

  • 帯下の増加

診断

  • 子宮頚管分泌物の培養検査、免疫学的検査(蛍光抗体法)、核酸増幅法(クラミジア)

治療

  • 病原体に特異的な治療を行う。



付属器炎」

  [★]

adnexitis
子宮付属器炎
卵巣炎卵管炎骨盤内炎症性疾患
[show details]

概念

  • 子宮の付属器(卵管、卵巣、およびその周囲組織)の炎症

病因

  • 病原体の感染

病原体

  • 淋菌
  • Chlamydia trachomatis

症状

合併症


Chlamydophila psittaci」

  [★]

オウム病クラミジアクラミドフィラ・シタッシC. psittaciChlamydia psittaci
クラミジア科 クラミドフィラ属クラミジア属



  • first aid step1 2006 p.144

特徴

感染症

  • 家禽によって媒介される。Chlamydia psittaciChlamydia trachomatisは非定型肺炎を起こす。

Chlamydia trachomatis肺炎」

  [★] クラミジア・トラコーマ肺炎

Chlamydia trachomatis pneumonia」

  [★] クラミジア・トラコーマ肺炎

chlamydia」

  [★] クラミジア属

WordNet   license wordnet

「a sexually transmitted infection caused by bacteria of the genus Chlamydia」

WordNet   license wordnet

「coccoid rickettsia infesting birds and mammals; cause infections of eyes and lungs and genitourinary tract」

trachomatis」

  [★]

トラコーマ症

  • Chlamydia trachomatis




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡