CRL

出典: meddic

頭殿長 crown-rump length

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/10/23 21:17:06」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Principles of cranial base ossification in humans and rats.
  • Santaolalla-Montoya F, Martinez-Ibargüen A, Sánchez-Fernández JM, Sánchez-Del-Rey A.SourceOtorhinolaryngology Department, School of Medicine , University of the Basque Country , Spain.
  • Acta oto-laryngologica.Acta Otolaryngol.2012 Apr;132(4):349-54. Epub 2011 Dec 27.
  • Abstract Conclusions: 1. The principle of bilateral symmetry depends on the chordal cartilage that is the keystone in cranial base ossification in rats and humans, due to its anatomical situation and for the production of the chordin protein that regulates the bone morphogenetic protein BMP-7. 2.
  • PMID 22201370
  • Many jobs for one good cop - the COP9 signalosome guards development and defense.
  • Stratmann JW, Gusmaroli G.SourceUniversity of South Carolina, Department of Biological Sciences, Columbia, SC 29208, USA. johstrat@biol.sc.edu
  • Plant science : an international journal of experimental plant biology.Plant Sci.2012 Apr;185-186:50-64. Epub 2011 Oct 14.
  • The COP9 signalosome (CSN) is a multiprotein complex that regulates the activity of CULLIN-RING E3 ubiquitin ligases (CRLs). CRLs ubiquitinate substrate proteins and thus target them for proteasomal degradation. This post-translational modification of proteins is arguably as important as reversible
  • PMID 22325866

和文文献

  • サリドマイド・IMiDsの作用とユビキチンリガーゼ (AYUMI ユビキチン修飾系の分子機構と疾患)
  • 伊藤 拓水,半田 宏
  • 医学のあゆみ 243(6), 503-507, 2012-11-10
  • NAID 40019469120
  • Stimulation of macrophages by immunobiotic Lactobacillus strains : influence beyond the intestinal tract
  • Marranzino Gabriela,Villena Julio,Salva Susana
  • Microbiology and immunology 56(11), 771-781, 2012-11
  • NAID 40019472043

関連リンク

CRLとは:失効したデジタル証明書のリスト。認証局(CA)や検証局(VA)が管理する。誤 発行などの理由で有効期間内に失効させられたデジタル証明書の一覧で、デジタル 証明書の受取人は証明書とCRLを照合することにより、証明書が現在も有効であるか ...
Cognitive Research Labs,Inc. トップページ. インフォメーション · プロダクツ · サービス 一覧 · 特許 · 会社概要. コグニティブリサーチラボのWebサイトへようこそ。 Copyright 2011 Cognitive Research Labs,Inc. All Rights Reserved.

関連画像

CRL (@CRL_Global) | Twitter Centre CRL Licensed Suppliers Links ShopCRL Glass – Oceanside Glass & Window CRL Europe (@CRL_Europe) | Twitteravailable on Perinatology.com . If the CRL This ultrasound above demonstrates a CRL


★リンクテーブル★
国試過去問104B052」「104B050」「104B051」「100I014」「097B008」「099D090」「090A071
リンク元妊娠期別検査」「児頭大横径」「頭殿長
関連記事C」「CR

104B052」

  [★]

  • 次の文を読み、50-52の問いに答えよ。
  • 34歳の1回経産婦。妊娠31週5日に周産期管理目的で紹介され来院した。
  • 現病歴:   半年前に無月経を主訴として自宅近くの診療所を受診し、妊娠7週と診断された。診療所で健診を受けていたが、妊娠10週時に胎児頭殿長 CRLから分娩予定日が補正された。補正後の妊娠16週ころから[[[尿糖]]陽性が時々認められていたが、27週時から尿糖強陽性(定性試験で3+)が出現したため29週時に75g経口ブドウ糖負荷試験 OGTTが施行された。負荷前値: 110mg/dl、1時間値: 204mg/dl、2時間値 168mg/dlであった。
  • 既往歴:   特記すべきことはない。耐糖能低下を指摘されたことはない。
  • 月経歴:   初経11歳。月経周期28日、整。持続5-6日。月経障害なし。
  • 妊娠・分娩歴:  25歳時に正常経腟分娩(妊娠39週、3,790g)。
  • 家族歴:   母が糖尿病。
  • 現 症:   意識は清明。身長156cm、体重76kg(妊娠前体重62.5kg、BMI 25.7)。体温37℃。脈拍88/分、整。血圧136/86mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。下腿浮腫を認めない。内診で胎児先進部は児頭で子宮口は閉鎖。超音波検査で子宮頚管長は4.2cmで胎児推定体重は2,200g(+1.8SD)、明らかな奇形は認めない。Biophysical profile scoreは10点である。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖2+、ケトン体(-)。血液所見:赤血球 305万、Hb 10.2 g/dl、Ht 31%、白血球 6,900、血小板 11万。血液生化学所見:血糖 148mg/dl、HbA1c 6.8%、総蛋白 7.0g/dl、アルブミン 4.2g/dl、尿素窒素 16mg/dl、クレアチニン 0.6mg/dl、尿酸 7.8mg/dl、総コレステロール 240mg/dl、トリグリセリド 130mg/dl、総ビリルビン 0.8mg/dl、直接ビリルビン 0.5 mg/dl、AST 40IU/l、ALT 48IU/l、LD 320IU/l(基準176-353)、ALP 270IU/l(基準115-359)。
  • その後の経過   入院後1週間加療を行った時点で治療継続を拒否し、退院した。退院後は受診していなかったが、妊娠35週4日に少量の性器出血と右季肋部痛とを主訴に来院した。再入院時の脈拍104/分、整。血圧160/104mmHg。尿蛋白100mg/dl。血液所見:赤血球 270万、Hb 9.0g/dl、Ht 28 %、白血球 9,200、血小板 9.0万。血液生化学所見: AST 480IU/l、ALT 460IU/l、LD 700IU/l(基準176-353)。緊急帝王切開を行うこととした。
  • 注意すべき母児の合併症はどれか。3つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 104B051]←[国試_104]→[104B053

104B050」

  [★]

  • 次の文を読み、50-52の問いに答えよ。
  • 34歳の1回経産婦。妊娠31週5日に周産期管理目的で紹介され来院した。
  • 現病歴:   半年前に無月経を主訴として自宅近くの診療所を受診し、妊娠7週と診断された。診療所で健診を受けていたが、妊娠10週時に胎児頭殿長 CRLから分娩予定日が補正された。補正後の妊娠16週ころから尿糖陽性が時々認められていたが、27週時から尿糖強陽性(定性試験で3+)が出現したため29週時に75g経口ブドウ糖負荷試験 OGTTが施行された。負荷前値: 110mg/dl、1時間値: 204mg/dl、2時間値 168mg/dlであった。
  • 既往歴:   特記すべきことはない。耐糖能低下を指摘されたことはない。
  • 月経歴:   初経11歳。月経周期28日、整。持続5-6日。月経障害なし。
  • 妊娠・分娩歴:  25歳時に正常経腟分娩(妊娠39週、3,790g)。
  • 家族歴:   母が糖尿病。
  • 現 症:   意識は清明。身長156cm、体重76kg(妊娠前体重62.5kg、BMI 25.7)。体温37℃。脈拍88/分、整。血圧136/86mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。下腿浮腫を認めない。内診で胎児先進部は児頭で子宮口は閉鎖。超音波検査で子宮頚管長は4.2cmで胎児推定体重は2,200g(+1.8SD)、明らかな奇形は認めない。Biophysical profile scoreは10点である。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖2+、ケトン体(-)。血液所見:赤血球 305万、Hb 10.2 g/dl、Ht 31%、白血球 6,900、血小板 11万。血液生化学所見:血糖 148mg/dl、HbA1c 6.8%、総蛋白 7.0g/dl、アルブミン 4.2g/dl、尿素窒素 16mg/dl、クレアチニン 0.6mg/dl、尿酸 7.8mg/dl、総コレステロール 240mg/dl、トリグリセリド 130mg/dl、総ビリルビン 0.8mg/dl、直接ビリルビン 0.5 mg/dl、AST 40IU/l、ALT 48IU/l、LD 320IU/l(基準176-353)、ALP 270IU/l(基準115-359)。
  • この患者で正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104B049]←[国試_104]→[104B051

104B051」

  [★]

  • 次の文を読み、50-52の問いに答えよ。
  • 34歳の1回経産婦。妊娠31週5日に周産期管理目的で紹介され来院した。
  • 現病歴:   半年前に無月経を主訴として自宅近くの診療所を受診し、妊娠7週と診断された。診療所で健診を受けていたが、妊娠10週時に胎児頭殿長 CRLから分娩予定日が補正された。補正後の妊娠16週ころから尿糖陽性が時々認められていたが、27週時から尿糖強陽性(定性試験で3+)が出現したため29週時に75g経口ブドウ糖負荷試験 OGTTが施行された。負荷前値: 110mg/dl、1時間値: 204mg/dl、2時間値 168mg/dlであった。
  • 既往歴:   特記すべきことはない。耐糖能低下を指摘されたことはない。
  • 月経歴:   初経11歳。月経周期28日、整。持続5-6日。月経障害なし。
  • 妊娠・分娩歴:  25歳時に正常経腟分娩(妊娠39週、3,790g)。
  • 家族歴:   母が糖尿病。
  • 現 症:   意識は清明。身長156cm、体重76kg(妊娠前体重62.5kg、BMI 25.7)。体温37℃。脈拍88/分、整。血圧136/86mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。下腿浮腫を認めない。内診で胎児先進部は児頭で子宮口は閉鎖。超音波検査で子宮頚管長は4.2cmで胎児推定体重は2,200g(+1.8SD)、明らかな奇形は認めない。Biophysical profile scoreは10点である。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖2+、ケトン体(-)。血液所見:赤血球 305万、Hb 10.2 g/dl、Ht 31%、白血球 6,900、血小板 11万。血液生化学所見:血糖 148mg/dl、HbA1c 6.8%、総蛋白 7.0g/dl、アルブミン 4.2g/dl、尿素窒素 16mg/dl、クレアチニン 0.6mg/dl、尿酸 7.8mg/dl、総コレステロール 240mg/dl、トリグリセリド 130mg/dl、総ビリルビン 0.8mg/dl、直接ビリルビン 0.5 mg/dl、AST 40IU/l、ALT 48IU/l、LD 320IU/l(基準176-353)、ALP 270IU/l(基準115-359)。
  • 入院後の検査項目として重要でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104B050]←[国試_104]→[104B052

100I014」

  [★]

  • 28歳の初妊婦。市販の妊娠診断薬で陽性反応を示したが、仕事が忙しく最終月経開始日から12週を経過して受診した。月経周期は28日、整。内診で子宮は手拳大、軟。超音波検査では頭殿長(CRL)28mmの胎児を認めるが、心拍動は観察されない。
  • 対応として正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100I013]←[国試_100]→[100I015

097B008」

  [★]

  • 正常妊娠の週数と所見の組合せで正しいのはどれか。
  • (1) 5週 - 尿中hCG100,000IU/l
  • (2) 9週 - 頭殿長(CRL)50mm
  • (3) 20週 - 子宮底臍高レベル
  • (4) 30週 - 児体重1,500g
  • (5) 39週 - 児頭大横径(BPD)7.2cm
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097B007]←[国試_097]→[097B009

099D090」

  [★]

  • 妊娠28週の胎児体重推定に用いるのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099D089]←[国試_099]→[099D091

090A071」

  [★]

  • 胎児について正しいのはどれか?
  • a. 胎動の増減は胎児のwell-beingの評価に有用である
  • b. 胎児の心雑音は電子スキャンにより検出できる
  • c. 胎児の心拍数は妊娠期間を通じてほぼ一定である
  • d. 妊娠後期の頭殿長 CRL子宮内発育遅延の評価に有用である
  • e. 妊娠期間を通じて児頭大横径 BPDは直線的に増大する

妊娠期別検査」

  [★]

妊娠
QB.Q-4, G10M.46
  • 妊娠初期
  • 尿中hCG定量:妊娠4週から。予定月経を数日経過してから
超音波検査法:胞状奇胎子宮外妊娠、流産の識別、黄体嚢胞の有無、妊娠週数の推定(GS, CRL)
  • 妊娠中期
  • 妊娠後期
  • 超音波検査法:胎児発育(BPD,FL)、胎盤の位置、羊水の測定(AFI)
  • ノンストレステスト:胎児well-being判定
  • 胎児胎盤機能検査:尿中E3測定、血中CAPhPL測定
  • シェイクテスト:胎児肺成熟度、L/S比

児頭大横径」

  [★]

biparietal diameter, BPD
大横径、胎児児頭大横径
妊娠週数、妊娠期別検査
GS->CRL->BPD
  • NGY.113(発育速度), 336(定義)
  • 第12-15週で妊娠週数の評価に用いられる。
児頭大横径 = 妊娠週数 / 4 (cm)
  • 妊娠末期には9cmとなる。



頭殿長」

  [★]

crown, rump
crown-rump length, CRL
胎児頭殿長
妊娠週数
GS->CRL->BPD
  • 8-11週で分娩日の推定に用いられる。
  • 胎児は丸まっているので、この状態で頭の先から尻の先までを測定する。


C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」


CR」

  [★]


"http://meddic.jp/CRL" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡