CRF

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/07/14 13:23:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Critical evaluation of the anatomical location of the Barrington nucleus: Relevance for deep brain stimulation surgery of pedunculopontine tegmental nucleus.
  • Blanco L, Yuste JE, Carrillo-de Sauvage MA, Gómez A, Fernández-Villalba E, Avilés-Olmos I, Limousin P, Zrinzo L, Herrero MT.SourceClinical and Experimental Neuroscience, Centro de Investigación Biomédica en Red sobre Enfermedades Neurodegenerativas (CIBERNED), School of Medicine, University of Murcia, Campus de Espinardo, 30071 Murcia, Spain; International Center of Neurological Restoration, Department of Experimental Neurophysiology, Avenue 25 #15805, 11300 Havana, Cuba.
  • Neuroscience.Neuroscience.2013 Sep 5;247:351-63. doi: 10.1016/j.neuroscience.2013.05.047. Epub 2013 Jun 1.
  • Deep brain stimulation (DBS) has become the standard surgical procedure for advanced Parkinson's disease (PD). Recently, the pedunculopontine tegmental nucleus (PPN) has emerged as a potential target for DBS in patients whose quality of life is compromised by freezing of gait and falls. To date, onl
  • PMID 23732233
  • The changing brain - Insights into the mechanisms of neural and behavioral adaptation to the environment.
  • Bergersen LH, Bramham CR, Hugdahl K, Sander M, Storm-Mathisen J.SourceUniversity of Oslo, Norway; University of Copenhagen, Denmark.
  • Neuroscience.Neuroscience.2013 Sep 5;247:412-22. doi: 10.1016/j.neuroscience.2013.04.012. Epub 2013 Apr 18.
  • The Kavli Prize in Neuroscience was awarded for the third time in September 2012, by the Norwegian Academy of Science and Letters in Oslo. The accompanying Kavli Prize Symposium on Neuroscience, held in Bergen and Trondheim, was a showcase of excellence in neuroscience research. The common theme of
  • PMID 23602885
  • Forced swim-induced musculoskeletal hyperalgesia is mediated by CRF2 receptors but not by TRPV1 receptors.
  • Abdelhamid RE, Kovacs KJ, Pasley JD, Nunez MG, Larson AA.SourceDepartment of Veterinary and Biomedical Sciences, University of Minnesota, 1988 Fitch Avenue Room 295, St. Paul, MN 55108, USA.
  • Neuropharmacology.Neuropharmacology.2013 Sep;72:29-37. doi: 10.1016/j.neuropharm.2013.04.016. Epub 2013 Apr 25.
  • The exacerbation of musculoskeletal pain by stress in humans is modeled by the musculoskeletal hyperalgesia in rodents following a forced swim. We hypothesized that stress-sensitive corticotropin releasing factor (CRF) receptors and transient receptor vanilloid 1 (TRPV1) receptors are responsible fo
  • PMID 23624287

和文文献

  • 1階のデータ項を用いた多臓器同時セグメンテーション
  • 森田皆人 ,岡川明日翔 ,小滝将太 ,望月義彦 ,小山田雄仁 ,石川博
  • 情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア] 2014-CVIM-192(16), 1-7, 2014-05-08
  • … 多臓器の同時セグメンテーションを CRF を用いて行う手法を提案する.従来手法では,隣接画素間の影響を与える項は事前確率のみに基づいていたが,提案手法では,入力画像に依存する条件付確率に基づいた 1 階のデータ項を用いる.真値を伴うデータセットから学習した 1 階のデータ項を用いたセグメンテーション実験の結果を報告する. …
  • NAID 110009766952
  • Reference Values for Cardiorespiratory Fitness and Incidence of Type 2 Diabetes
  • Kawakami Ryoko,Sawada Susumu S.,Matsushita Munehiro,Okamoto Takashi,Tsukamoto Koji,Higuchi Mitsuru,Miyachi Motohiko
  • Journal of Epidemiology, 2014
  • … Background: In "Physical Activity Reference for Health Promotion 2013" the Japan Ministry of Health, Labour and Welfare publication gives reference values for cardiorespiratory fitness (CRF) required for good health. … We examined the associations between the CRF reference values and incidence of type 2 diabetes.<BR>Methods: This prospective cohort study enrolled 4633 nondiabetic Japanese men aged 20 to 39 years at baseline. …
  • NAID 130003383377
  • 高齢者(80歳以上)に対する冠動脈バイパス術における早期抜管と早期離床の試み
  • 飯井 克明,洞井 和彦,岡田 泰司,河野 智
  • Journal of the Japanese Coronary Association 20(1), 7-11, 2014
  • ハイリスク症例である高齢者に対して心拍動下冠動脈バイパス術(OPCAB)を施行し,術後早期抜管(手術室抜管),早期離床の試みを行った.2006年1月から2010年12月までに当施設で行われた単独OPCAB 107例のうち,80歳以上の高齢者(28例,82.5±0.4歳)と80歳未満の非高齢者(79例,69.3±0.8歳)を比較した.術前因子では中等度以上の僧帽弁閉鎖不全症(MR)(46.4% vs …
  • NAID 130003379684

関連リンク

公式アカウント一覧
Honda,ホンダ,CRF250L,競技用車両,モトクロス,レース,モータースポーツ,PGM-FI ... 広報発表(2013.4.12) 「CRF250M」発売。 2012年グッドデザイン賞 受賞(2012.10.01) CRF250Lが、日本デザイン振興会主催のグッドデザイン賞を受賞 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みコルチコトロピン放出因子
リンク元慢性腎不全」「副腎皮質刺激ホルモン放出因子」「慢性呼吸不全」「corticotropin-releasing factor」「連続強化
拡張検索CRF受容体」「CRF receptor」「CRFレセプター」「CRF試験
関連記事C」「CR

コルチコトロピン放出因子」

  [★] 副腎皮質刺激ホルモン放出因子


慢性腎不全」

  [★]

chronic renal failure, CRF
腎不全急性腎不全

概念

  • 数ヶ月から数十年に及ぶ緩徐な経過で腎機能障害が進行し、末期腎不全に至る不可逆的疾患。
  • 濾過される原尿の量が減少するので、血液中の不要物を排泄したり、電解質・水分の調節能が低下する。

定義 (日本人腎臓学会 CKD診断ガイド)

  • 1.-2.のいずれか、または両方が3ヶ月以上持続する。
  • 1. 尿異常、画像診断、血液、病理で腎障害の存在が明らか。特に尿蛋白が存在
  • 2. GFR < 60 ml/min/1.73m3

病態

  • カリウム↑:GFR低下によりカリウム分泌が不十分となる。
  • リン↑:近位尿細管での排泄障害(YN.E-25)?、酸分泌障害?
  • カルシウム↓:尿細管機能低下???により、PTHの作用を受けて遠位尿細管で再吸収されるべきカルシウムが排泄される。
  • 細胞性免疫能の低下 → 結核のリスク(FSRFでは正常人比10倍)
  • 出血傾向 → 尿毒症により凝固系機能低下
  • 低カルシウム血症
  • 尿細管での再吸収不全、1,25-dihydroxy-vitamin D3不足により腸管からのCa吸収低下、無機リン増加によりカルシウムの減少([Ca][P]積が一定になるように保たれているらしい)、骨のPTHに対する感受性低下???(なぜ?)

慢性腎不全におけるカルシウムリン代謝

PRE.355
上記の病態と矛盾する点があり。
  • 慢性腎不全においては、上記の通りカルシウムの吸収が低下するため、二次性の副甲状腺機能亢進症となっている。このため、慢性に骨よりカルシウムとリン酸が動員される。このため嚢胞性線維性骨炎 osteitis fibrosa cysticaを呈する。
  • 転移性石灰化 metastatic calcification(=異所性石灰化症)も生じる。リン酸カルシウムの結晶が血管外に形成され、血管壁、軟部組織、内臓に蓄積する。この病態は血清のカルシウムリン積が60-70を越える時に起こりやすい。
  • 慢性腎不全における過剰のPTHは次の状態を引き起こす:(1)比較的高値な血清カルシウム(高リン酸血症と活性ビタミンD3欠乏があるにもかかわらず!)、(2)高リン酸血症(骨からのリン酸の動員にもかかわらず、腎で排泄しきれないため)。

症状

  • 脳 :不眠、意識障害、麻痺
  • 眼 :眼底出血、視力低下
  • 口 :アンモニア臭
  • 心臓:心膜炎心筋症心タンポナーデ
  • 肺 :呼吸困難、咳、血痰
  • 胃腸:嘔気、食欲低下、潰瘍
  • 腎臓:尿量減少? 尿濃縮能障害、等張尿(多尿夜間尿) 
  • 血管:高血圧、動脈硬化
  • 血液:貧血、高カリウム血症
  • 末梢神経:感覚異常
  • 皮膚:掻痒感
  • 骨:腎性骨異形成症

検査

血液検査

治療

  • 糸球体高血圧
  • 腎性貧血
  • エリスロポエチン
  • 高窒素血症
  • 経口吸着用炭素製剤。腸肝循環中で窒素化合物を吸着
  • 炭酸カルシウム製剤などのリン吸着薬。消化管の中で不溶性の塩を形成

国試




副腎皮質刺激ホルモン放出因子」

  [★]

corticotropin-releasing factor, corticotropin releasing factor CRF
コルチコトロピン放出因子
連続強化副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン corticotropin-releasing hormone CRH
[show details]



慢性呼吸不全」

  [★]

chronic respiratory failure CRF
急性呼吸不全呼吸不全

概念



corticotropin-releasing factor」

  [★]

corticotropin-releasing hormoneCRF


連続強化」

  [★]

continuous reinforcementCRF
コルチコトロピン放出因子


CRF受容体」

  [★]

CRF receptor
副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン受容体副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンレセプターCRFレセプター副腎皮質刺激ホルモン放出因子受容体副腎皮質刺激ホルモン放出因子レセプター


CRF receptor」

  [★]

corticotropin-releasing factor receptorcorticotropin-releasing hormone receptorCRH receptor


CRFレセプター」

  [★]

CRF receptor
CRF受容体副腎皮質刺激ホルモン放出因子受容体副腎皮質刺激ホルモン放出因子レセプター

CRF試験」

  [★] コルチコトロピン放出ホルモン試験


C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」


CR」

  [★]


"http://meddic.jp/CRF" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡