CPL分類

出典: meddic

CPL classification
CPL
悪性上皮性腫瘍


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 子宮頚癌の予後因子としてのDNA ploidyの検討
  • 渡部 洋,池田 正典
  • 日本産科婦人科學會雜誌 44(9), 1127-1134, 1992-09-01
  • … 子宮頚癌における予後因子としてのDNA ploidyの意義を検討するため, 当科において広汎子宮全摘術を施行した子宮頚癌Ib期症例43例・IIb期症例93例の計136例について手術摘出標本のパラフィン包埋ブロックを用いてflow cytometry (FCM)によるDNA ploiodyの測定を行い, 組織型・進行期(傍結合織浸潤)・リンパ節転移・CPL分類におけるL型(lymphatic vessel peamiation form)の有無および予後との関連性について検討した. …
  • NAID 110002106648
  • 41 子宮頸癌のCPL分類及びTD浸潤様式に関する比較検討
  • 野口 浩,横西 清次,森 篤,塚原 嘉治,小口 治,塩沢 丹里
  • 日本産科婦人科學會雜誌 43(Supplement), "S-135", 1991-02-10
  • NAID 110002144189
  • 骨シンチグラフィーを用いた子宮頚癌の骨転移に関する研究
  • 岡村 信介,岡本 吉明,前田 隆義,佐野 孝,植木 実,杉本 修,坂田 恒彦,山崎 紘一,赤木 弘昭
  • 日本産科婦人科學會雜誌 37(4), 603-610, 1985-04-01
  • … non-keratinizingtypeに骨転移頻度が高かった(p<0.05).5)手術を施行した172例のリンパ節転移の有無と骨転移をみると,リンパ節転移有りは20.8%(11/53例)で,リンパ節転移無しの4.2%(5/119例)より骨転移頻度が高かった.6)CPL分類では,L型(18.8%)がC型(0.0%)やP型(6.6%)に比較して骨転移頻度が高かった.7)著者らのrisk群別分類を行なった168例の骨転移頻度をみると,risk?群(74例)には骨転移がみられず,risk?群6.7%(1/17例),risk?群19.0%(15/79例)であ …
  • NAID 110002190771

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み悪性上皮性腫瘍
関連記事C」「CP」「分類

悪性上皮性腫瘍」

  [★]

malignant epithelial tumormalignant epithelial neoplasm
悪性上皮性新生物 malignant epithelial neoplasm癌腫 carcinoma
がん癌腫症上皮腫未分化がん


C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」

CP」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「=Communist Party」

分類」

  [★]

taxonomy, classification





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡