CM

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/08/08 17:07:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/11 20:26:03」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

英文文献

  • Terahertz sensing of chlorpyrifos-methyl using metamaterials.
  • Xu W1, Xie L2, Zhu J3, Wang W4, Ye Z5, Ma Y6, Tsai CY7, Chen S8, Ying Y9.
  • Food chemistry.Food Chem.2017 Mar 1;218:330-334. doi: 10.1016/j.foodchem.2016.09.032. Epub 2016 Sep 7.
  • By squeezing electromagnetic energy into small volumes near a metal-dielectric interface, plasmonics provide many routes to enhance and manipulate light-matter interactions, which presents new strategies for signal enhancing technologies. As an extension of the ideas of plasmonics to the terahertz (
  • PMID 27719917
  • Effective Lactobacillus plantarum and Bifidobacterium infantis encapsulation with chia seed (Salvia hispanica L.) and flaxseed (Linum usitatissimum L.) mucilage and soluble protein by spray drying.
  • Bustamante M1, Oomah BD2, Rubilar M3, Shene C4.
  • Food chemistry.Food Chem.2017 Feb 1;216:97-105. doi: 10.1016/j.foodchem.2016.08.019. Epub 2016 Aug 9.
  • Mucilage (M) and soluble protein (SP) extracted from chia seed and flaxseed were used as encapsulating material for two probiotic bacteria: Bifidobacterium infantis and Lactobacillus plantarum by spray drying. Probiotic survival and viability after spray drying and during storage were evaluated. B.
  • PMID 27596397
  • The microbiology of beef carcasses and primals during chilling and commercial storage.
  • Reid R1, Fanning S2, Whyte P2, Kerry J3, Lindqvist R4, Yu Z2, Bolton D5.
  • Food microbiology.Food Microbiol.2017 Feb;61:50-57. doi: 10.1016/j.fm.2016.08.003. Epub 2016 Aug 16.
  • The primary objective of this study was to characterise (microbiology and physical parameters) beef carcasses and primals during chilled storage. A minor aim was to compare observed growth of key spoilage bacteria on carcasses with that predicted by ComBase and the Food Safety Spoilage Predictor (FS
  • PMID 27697169

和文文献

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みカイロミクロン」「chylomicron」「cardiomyopathy」「centromedian nucleus
リンク元脂質異常症」「心筋症」「中心正中核」「蝸牛マイクロホン電位」「正中中心核
拡張検索CMF」「VCM
関連記事C」「cm

カイロミクロン」

  [★]

chylomicron
乳状脂粒キロミクロン


  • 食事性の脂質を輸送する血漿リポ蛋白質。
  • 大量のトリアシルグリセロールを含み(重量組成で85%)、比較的大きな(75~1000nm)球形リポ蛋白質粒子である。
組成:トリアシルグリセロール85%、遊離コレステロール1%、コレステロールエステル3%、リン脂質9%、アポタンパク質2%



chylomicron」

  [★] カイロミクロン

chylomicrons

WordNet   license wordnet

「a microscopic particle of triglycerides produced in the intestines during digestion; in the bloodstream they release their fatty acids into the blood」

cardiomyopathy」

  [★] 心筋症

WordNet   license wordnet

「a disorder (usually of unknown origin) of the heart muscle (myocardium)」
myocardiopathy

centromedian nucleus」

  [★]

正中中心核, CM


脂質異常症」

  [★]

dyslipidemia
高脂血症 hyperlipidemia脂質代謝異常 lipoprotein disorders
高脂血症治療薬リポ蛋白

定義

  • 血清:Total-CHO≧220 mg/dl。LDL-C≧140 mg/dl。TG≧150 mg/dl。HDL-C<40 mg/dl

病型

  • 原発性
  • 家族性
  • 特発性
  • 二次性

分類

原発性高脂血症のWHO分類

型分類   増加するリポ蛋白 血清脂質の変動 コレステロール
(mg/dl)
トリグリセリド
(mg/dl)
正常   - - <220 <150
I型高脂血症 高カイロミクロン血症 hyperchylomicronemia カイロミクロン 中性脂肪著明増加 <260 >1000
IIa型高脂血症 高コレステロール血症 hypercholesterolemia LDL コレステロール増加 >220 >150
IIb型高脂血症 複合型高脂血症 combined hyperlipidemia LDL, VLDL コレステロール中性脂肪増加 >220 150-300
III型高脂血症 異常βリポ蛋白血症 dysbetalipoproteinemia IDL 電気泳動でbroad β 350-500 350-500
IV型高脂血症 高トリグリセリド血症 hypertriglyceridemia VLDL 中性脂肪増加 <240 200-1000
V型高脂血症 複合型高トリグリセリド血症 mixed hypertriglyceridemia カイロミクロン, VLDL 中性脂肪著明増加 <300 >1000

原発性高脂血症の型分類 (臨床検査法提要第32版 p.533)

  I型 II型 III型 IV型 V型
IIa型 IIb型
高カイロミクロン血症 高コレステロール血症 複合型高脂血症 異常βリポ蛋白血症 高トリグリセリド血症 複合型高トリグリセリド血症
増加リポ蛋白 CM ++        
VLDL      
IDL          
LDL        
血漿脂質 TC +++ ++ ++ /+
TG +++   ++ ++ ++ +++
TC/TG <0.2 >1.6 不定 0.6-1.6 <0.6
病因 LPL欠損
アポCII欠損
(外因性高脂血症)
LDL受容体異常 不明 アポE異常
(E2/E2など)
不明
(内因性高脂血症)
LPL欠損へテロ(一部)
(外因性高脂血症
and
(内因性混合型高脂血症)
臨床所見 発症時期 小児期 小児期~成人 成人 成人 小児期~成人
肝脾肥大
+++ +++
脾のみ
+++
腹痛    
膵炎      
網膜脂血症      
肥満      
角膜輪      
冠動脈疾患 まれ 最も高率 高率 中程度 比較的まれ
黄色腫 発疹状 黄色板状
結節状
腱黄色腫
手掌線
結節状
発疹状
  発疹状
耐糖能 正常 正常 正常 異常多い 異常多い
高尿酸血症 なし なし 少ない 多い 多い
遺伝 劣性遺伝 優性遺伝 劣性遺伝 優性遺伝 不明
頻度 まれ 多い
500人中
1人(ヘテロ)
100万人中
1人(ホモ)
多い
200人中
1人
少ない
1万人中
2-3人
最も多い まれ
血清静置試験 上層:乳濁 透明 わずかに混濁 混濁、
時にミルク状
混濁 上層:乳濁
下層:透明 下層:混濁
特徴     small dense LDL
の存在
broad β    
  • 頻度:IIa > IIb > IV
  • 遺伝(AR)I, III (AD)その他
  • 症状
  • 動脈硬化:IIa,IIb,III
  • 膵炎:TG多い:I,IV,V
  • TC優位に多いのがIIa, TG優位に多いのがIV
  • リポ蛋白のパターンは、IIa + IV = IIb で IIIはその中間(IDL)。I + IV = V

原発性高脂血症

  血清TG 血清TC
内分泌代謝疾患 甲状腺機能低下症   +++
クッシング症候群 + ++
先端性肥大症 +  
糖尿病 +++ +~++
痛風 +  
神経性食思不振症   ++
ウェルナー症候群   ++
肝疾患 閉塞性肝・胆道疾患   +++
肝癌   ++
腎疾患 ネフローゼ症候群 ++ +++
慢性腎不全 +++  
免疫異常 全身性エリテマトーデス +++  
骨髄腫 ++ +
薬剤など サイアザイド + +
β遮断薬 +  
シクロスポリン   +
経口避妊薬 +++  

リスク別脂質管理目標値 (http://jas.umin.ac.jp/pdf/guideline_summary.pdf)

  治療方針の原則 カテゴリー 脂質管理目標値(mg/dL)
リスク群 LDL-C以外の主要危険因子 LDL-C HDL-C TG
一次予防 まず生活習慣の改善を 行った後、薬物治療の 適応を考慮する I 低リスク群 0 <160 ≧40 <150
II 中リスク群 1~2 <140
III 高リスク群 3以上 <120
二次予防 生活習慣の改善とともに 薬物治療を考慮する 冠動脈疾患の既往 <100
  • LDL-C値以外の主要危険因子
  • 加齢(男性≧45歳、女性≧55歳)、高血圧、糖尿病(耐糖能異常を含む)、喫煙、冠動脈疾患の家族歴、低HDL-C血症(<40mg/dL)
  • 糖尿病、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症の合併はカテゴリーIIIとする。




心筋症」

  [★]

cardiomyopathy CM

心筋症比較

HIM.1482
YN C-132 C-134 C-136
HIM 1481 1484 1485
  拡張型心筋症 肥大型心筋症 拘束型心筋症
DCM HCM RCM
胸部単純X線写真 中等度~重度心陰影拡大 中等度~重度心陰影拡大 軽度心陰影拡大
肺静脈拡張    
心電図 ST領域、T波の異常 ST領域、T波の異常 低電位
  左室肥大 伝導障害
  異常Q波  
心エコー 左心室拡張・機能不全 非対称性中隔肥大 左心室壁肥厚
  収縮期僧帽弁前方運動 収縮能:正常~軽度減少
核医学検査 左心室拡張・機能不全 収縮能亢進 収縮能:正常~軽度減少
  血液還流異常(201Tl/Tc-MIBI)  
心カテーテル検査 左心室拡張・機能不全 収縮能亢進 収縮能:正常~軽度減少
左室・(右室)充満圧上昇 左室・右室充満圧上昇 左室・右室充満圧上昇
心拍出量減少 左室流出路狭窄  




中心正中核」

  [★]

centromedian nucleus of thalamus CM
nucleus centromedianus thalami
視床中心内側核正中中心核 central nucleus


蝸牛マイクロホン電位」

  [★]

cochlear microphonics CM
ウィーヴァー・ブレイ現象 Wever-Bray phenomenon
マイクロホン電位


正中中心核」

  [★]

centromedian nucleus, CM, central nucleus
中心正中核視床


CMF」

  [★] 年齢調整死亡率指数 comparative mortality figure


VCM」

  [★] バンコマイシン


C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」

cm」

  [★] センチメートルセンチメータ

centimeter


"http://meddic.jp/CM" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡