CD80

出典: meddic

B7 molecules, CD80/CD86
B7-1

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/11/19 20:16:12」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Characterization of surface phenotypic molecules of teleost dendritic cells.
  • Shao T1, Zhu LY2, Nie L1, Shi W1, Dong WR1, Xiang LX3, Shao JZ4.
  • Developmental and comparative immunology.Dev Comp Immunol.2015 Mar;49(1):38-43. doi: 10.1016/j.dci.2014.11.010. Epub 2014 Nov 13.
  • Dendritic cells (DCs) are among the most important professional antigen-presenting cells (APCs) that participate in various biological activities in mammals. However, evidence of the existence of DCs in teleost fish and other lower vertebrates remains limited. In this study, phenotypic and functiona
  • PMID 25445909
  • Innate stimulatory capacity of high molecular weight transition metals Au (gold) and Hg (mercury).
  • Rachmawati D1, Alsalem IW2, Bontkes HJ2, Verstege MI3, Gibbs S4, von Blomberg BM2, Scheper RJ2, van Hoogstraten IM2.
  • Toxicology in vitro : an international journal published in association with BIBRA.Toxicol In Vitro.2015 Mar;29(2):363-9. doi: 10.1016/j.tiv.2014.10.010. Epub 2014 Oct 30.
  • Nickel, cobalt and palladium ions can induce an innate immune response by triggering Toll-like receptor (TLR)-4 which is present on dendritic cells (DC). Here we studied mechanisms of action for DC immunotoxicity to gold and mercury. Next to gold (Na3Au (S2O3)2⋅2H2O) and mercury (HgCl2), nickel (N
  • PMID 25458486
  • Effector cell signature in peripheral blood following nasal allergen challenge in grass pollen allergic individuals.
  • Shamji MH1, Bellido V, Scadding GW, Layhadi JA, Cheung DK, Calderon MA, Asare A, Gao Z, Turka LA, Tchao N, Togias A, Phippard D, Durham SR.
  • Allergy.Allergy.2015 Feb;70(2):171-9. doi: 10.1111/all.12543.
  • BACKGROUND: Several studies have demonstrated the time course of inflammatory mediators in nasal fluids following nasal allergen challenge (NAC), whereas the effects of NAC on cells in the periphery are unknown. We examined the time course of effector cell markers (for basophils, dendritic cells and
  • PMID 25377909

和文文献

  • 関節リウマチ治療薬アバタセプト(オレンシア®点滴静注用250 mg)の薬理学的特性および臨床効果
  • 安岡 由佳,後藤 新,芹生 卓
  • 日本薬理学雑誌 137(2), 87-94, 2011
  • … であることが報告されている.関節リウマチを適応としている既存の生物学的製剤がTNFやIL-6等の炎症性サイトカインを標的としているのに対して,アバタセプトは炎症発生の上流で作用し,抗原提示細胞上のCD80/86と結合することによりT細胞への共刺激経路を阻害し,T細胞の活性化を抑制する.その結果,下流における炎症性サイトカインやメディエーターの産生が抑制される.アバタセプトは非臨床試験では,in …
  • NAID 130000410230
  • Anti-allergic effects of a mixture of Saccharomyces cerevisiae and its specific goat's milk immunoglobulin G rich fraction on ovalbumin sensitized BALB/c mice
  • Sekekimura Yumi,Shimosato Takeshi,Otani Hajime
  • MILCHWISSENSCHAFT-MILK SCIENCE INTERNATIONAL 66(1), 7-10, 2011
  • … The number of spleen CD80(+)CD11b(+) cells was significantly lower in the mixture and yeast groups than the control group. …
  • NAID 120003088128

関連リンク

CD80抗原(B7/BB1)は、糖鎖に富む分子量60kDaの単鎖タンパクで、2つのIg様ドメインで構成される細胞外領域を持っています。この分子は、CD86分子とともに、T細胞に発現する構造的によく似た2つの分子、CD28とCD152(CTLA-4)の ...
... された抗原提示細胞はナイーブなTリンパ球の第1回目の活性化に必要な副刺激分子、CD80/CD86を細胞表面に発現するようになります。CD80/CD86はTリンパ球表面のCD28分子に結合します。 TCRを介するシグナルとCD28を介する 副 ...
表1 T細胞と抗原提示細胞の相互作用 T細胞 抗原提示細胞 TCR・CD3・CD4(CD8) MHC+抗原ペプチド CD2(LFA-2) CD58(マウスではCD48) CD28 CD80(B7-1)、CD86(B7-2) CD152(CTLA-4)

関連画像

Back to article | Back to figures and Philips CD80Marantz CD80 with CDM1 mkII and TDA1541A marantz cd80cd80 sold only in the us it s the twin 제품사진과 설명 :: marantz cd80,.


★リンクテーブル★
先読みB7 molecules
リンク元T細胞」「表面抗原分類」「CTLA-4」「CD28」「CD86
関連記事CD」「CD8

B7 molecules」

  [★]

CD80/CD86
CD80/CD86


T細胞」

  [★]

T cell
Tリンパ球T lymphocyte
TCRB細胞MHC
  • 図:IMM.315(T細胞の成熟)
  • 胸腺で成熟したT細胞は血流によって移動し、リンパ節の傍皮質白脾髄のリンパ性動脈周囲鞘、パイエル板の傍濾胞域に集まる(人間の正常構造と機能 VIIA血管・免疫 p.28)

種類

  1. ヘルパーT細胞(Th細胞)
  2. キラーT細胞(Tc細胞)
  3. サプレッサーT細胞(Treg細胞)

T細胞の抗原認識 (SP.248)

  CD TCRが抗原と共に認識する分子 認識する細胞
Tc細胞 CD8 MHCクラスI 感染細胞
Th細胞 CD4 MHCクラスII 抗原提示細胞

CD4+ T細胞のサイトカイン放出とその原因

DCが認識する外来異物 DCが分泌する物質 DCに反応する細胞 この細胞が分泌する
サイトカイン
NK系の細胞が放出した
サイトカインに反応するTh細胞
Th細胞が分泌するサイトカイン
ウイルス、一部の細菌 IL-12 NK細胞(IL-12による) INF-γ Th1 IL-2, IFN-γ, TNF-β
原虫など   NKT細胞 IL-4 Th2 IL-4, IL-13, IL-5

Th細胞活性化と接着分子

  抗原提示細胞 Th細胞
主シグナル MHC classII TCR, CD3
CD4
副シグナル B7{B7-1(CD80)/B7-2(CD86)} CD28
VCAM-1(CD106) VLA-4
ICAM-1 LFA-1
LFA-3(CD58) CD2


表面抗原分類」

  [★]

cluster of differentiation, CD
  • 細胞の表面抗原を認識する抗体を整理した分類
Bリンパ球 CD10,CD19,CD20
Tリンパ球 CD2,CD3,CD5,CD7
幹細胞 CD34
顆粒球 CD13,CD33
単球 CD14:LPSをリガンドとし、Toll-like receptorと共役して細胞内シグナルを伝達する分子。
巨核球 CD41(GpIIb),CD42(GpIb)
NK細胞CD16(IgGのFc部に対する受容体)、CD56(NCAM-I)


CD1 CD21 CD41 CD61 CD81
CD2 CD22 CD42 CD62 CD82
CD3 CD23 CD43 CD63 CD83
CD4 CD24 CD44 CD64 CD84
CD5 CD25 CD45 CD65 CD85
CD6 CD26 CD46 CD66 CD86
CD7 CD27 CD47 CD67 CD87
CD8 CD28 CD48 CD68 CD88
CD9 CD29 CD49 CD69 CD89
CD10 CD30 CD50 CD70 CD90
CD11 CD31 CD51 CD71 CD91
CD12 CD32 CD52 CD72 CD92
CD13 CD33 CD53 CD73 CD93
CD14 CD34 CD54 CD74 CD94
CD15 CD35 CD55 CD75 CD95
CD16 CD36 CD56 CD76 CD96
CD17 CD37 CD57 CD77 CD97
CD18 CD38 CD58 CD78 CD98
CD19 CD39 CD59 CD79 CD99
CD20 CD40 CD60 CD80 CD100


CTLA-4」

  [★]

cytotoxic T lymphocyte antigen-4, CD152, CTLA4
CD28
  • CTLA-4はCD28と同じファミリーであり、配列レベルで似ている。
  • CTLA-4はCD28と同様にT細胞系列で発現する。
  • CTLA-4はCD28と同様にAPCに発現しているB7(CD80/CD88)に結合する。
  • CTLA-4はCD28に比べ20倍以上のavidityがある (IMM.346)
  • CTLA-4にB7が結合すると、T細胞の活性化を抑制するように働く。すなわちCD28の反対の作用を呈する。
  • naive T細胞がAPCから抗原を提示され、co-stumilatory signalを受けとると、増殖・分化、IL-2の産生をおこなう。しかし、いったん活性化すると、IL-2の過剰産生を避けるためにT細胞ではCTLA-4を産生し、過剰なT細胞の増殖を抑制する。



CD28」

  [★]

Tp44
CTLA-4(CD152)

発現組織

  • T細胞サブセット、活性化B細胞

機能

  • naive T細胞の活性化(APC上のB7(CD80/CD88)に結合した副刺激のレセプター)

ファミリー

  • 免疫グロブリン



CD86」

  [★]

B7 molecules, CD80/CD86
B7-2, B70
B7 molecules, CD80/CD86


CD」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「certificate of deposit / (また『C.D.』)Civil Defense民間防衛」


CD8」

  [★]

T8, Leucine-2



"http://meddic.jp/CD80" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡