CD56

出典: meddic

neural cell adhesion molecule
CD


概念

  • 細胞接着に関与するNCAMアイソフォーム

発現細胞

分子量

  • 135-220 kDa

機能

  • isoform of neural cell-adhesion molecule(NCAM), adhesion molecule

別名

  • NKH-1

ファミリー

  • immunoglobulin

臨床関連

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/03/26 15:11:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/09/16 08:07:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/09/24 14:32:48」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Human T Cell Priming Assay: Depletion of Peripheral Blood Lymphocytes in CD25(+) Cells Improves the In Vitro Detection of Weak Allergen-Specific T Cells.
  • Vocanson M, Achachi A, Mutez V, Cluzel-Tailhardat M, Varlet BL, Rozières A, Fournier P, Nicolas JF.SourceCIRI - International Center for Infectiology Research, Inserm, U1111, Université Lyon 1, 21 Avenue Tony Garnier, 69007, Lyon, France, marc.vocanson@inserm.fr.
  • EXS.EXS.2014;104:89-100. doi: 10.1007/978-3-0348-0726-5_7.
  • To develop an in vitro assay that recapitulates the key event of allergic contact dermatitis (ACD), that is the priming of effector T cells by hapten-presenting dendritic cells, and then allows for the sensitive detection of chemical allergens represents a major challenge. Classical human T cell pri
  • PMID 24214620
  • CLTC-ALK fusion as a primary event in congenital blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm.
  • Tokuda K, Eguchi-Ishimae M, Yagi C, Kawabe M, Moritani K, Niiya T, Tauchi H, Ishii E, Eguchi M.SourceDepartment of Pediatrics, Ehime University Graduate School of Medicine, Toon, Ehime, Japan.
  • Genes, chromosomes & cancer.Genes Chromosomes Cancer.2014 Jan;53(1):78-89. doi: 10.1002/gcc.22119. Epub 2013 Oct 21.
  • Blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm (BPDCN) is a subtype of acute myeloid leukemia, affecting mainly the elderly. It is thought to be derived from plasmacytoid dendritic cell precursors, which frequently present as cutaneous lesions. We have made a detailed analysis of an infant with BPDCN,
  • PMID 24142740
  • Predictive factors for rapid neutrophil and platelet engraftment after allogenic peripheral blood stem cell transplantation in patients with acute leukemia.
  • Lee HS, Park LC, Lee EM, Shin SH, Kim YS, Moon JH, Lee WS, Shin HJ, Kim MH, Ye BJ, Chung JS.SourceDepartment of Internal Medicine, Kosin University College of Medicine, Busan, South Korea.
  • Annals of hematology.Ann Hematol.2013 Dec;92(12):1685-93. doi: 10.1007/s00277-013-1847-5. Epub 2013 Jul 30.
  • The aim of this study was to investigate predictive factors for rapid engraftment after allogeneic peripheral blood stem cell transplantation (alloPBSCT) in patients with acute leukemia. Two hundred sixty-two patients receiving alloPBSCT were analyzed. Subset analyses of donor stem cells were conduc
  • PMID 23896629
  • Immunophenotype of myxopapillary ependymomas.
  • Lamzabi I, Arvanitis LD, Reddy VB, Bitterman P, Gattuso P.SourceDepartment of Pathology, Rush University Medical Center, Chicago, IL.
  • Applied immunohistochemistry & molecular morphology : AIMM / official publication of the Society for Applied Immunohistochemistry.Appl Immunohistochem Mol Morphol.2013 Dec;21(6):485-9. doi: 10.1097/PAI.0b013e318283980a.
  • Myxopapillary ependymoma (MPE) is a slow-growing tumor occurring almost exclusively in the region of conus medullaris, cauda equina, and filum terminale. On microscopic examination, some of these tumors show solid sheets of cells with an epithelioid morphology mimicking a metastatic carcinoma. Sever
  • PMID 23455181

和文文献

  • Adenoendocrine cell carcinoma of the extrahepatic bile duct: a case report and review of the literature
  • Masui Toshihiko,Doi Ryuichiro,Kawaguchi Yoshiya,Iwanaga Yasuhiro,Ito Tatsuo,Koizumi Masayuki,Uemoto Shinji
  • Clinical Journal of Gastroenterology 4(3), 174-178, 2011-06
  • … Immunohistochemical analysis showed positive staining for CD56, following the diagnosis of adenoendocrine cell carcinoma. …
  • NAID 120003307888
  • Blastic NK-cell lymphomaの一例
  • 新保 敬,屋代 いづみ,堀内 裕次 [他]
  • 臨床検査栃木 6(2), 34-38, 2011
  • NAID 40018845944
  • 症例報告 Blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasmの1例
  • 中川 倫代,藤野 裕美,赤坂 俊英 [他]
  • 臨床皮膚科 65(3), 240-244, 2011-03
  • NAID 40018730395

関連リンク

フローサイトメトリー入門 サイトメトリーとは FCMの歴史 FCMの原理入門講座 フローサイトメトリー用語辞典 フローサイトメトリー用蛍光色素 初心者のためのFCM入門(PPT) 初めてFCMを使う方のために 臨床検査のフローサイトメトリー
クローンAF12-7H3は、ヒトCD56抗原を認識します。CD56は、NCAM (神経細胞接着分子)としても知られている、免疫グロブリンスーパーファミリーに属する糖タンパク質で、血中のほぼ全ての休止期および活性化 NK細胞と CD3+ T細胞の ...
CD56 (N-CAM) 岡山大学病理病態学教室 吉野 正 メーカー MBL 動物種 マウス単クロナール抗体 クローン 1B6 希釈倍率 1:25 前処置 CB(pH6.0) MW 15 min 推奨陽性コントロール 扁桃、虫垂、反応性リンパ節など 染色パターン 細胞膜

関連画像

Pathology Outlines - CD56Histology Slides CD56 Quality Control derived CD56 positive cells (anti-CD56 Pancreas stained with CD56 antibody with FLEX Anti-CD56, Code IR628/IS628Histology Slides CD56 Quality Control Pathology Outlines - CD56Pancreas stained with CD56 72.52.130.238


★リンクテーブル★
リンク元多発性骨髄腫」「リンパ球」「ナチュラルキラー細胞」「表面抗原分類」「神経内分泌腫瘍
関連記事CD5」「CD

多発性骨髄腫」

  [★]

multiple myeloma, MM
形質細胞性骨髄腫plasma cell myelomaカーラー病 Kahler diseaseカーラー-ボゾーロ症候群 Kahler-Bozzolo syndrome
単クローン性免疫グロブリン血症
  • first aid step1 2006 p.219,296

概念

  • 免疫グロブリン産生細胞である形質細胞が腫瘍化し、骨髄を主体として増殖する疾患

病因

  • 腫瘍細胞の増殖と生存:形質細胞と骨髄間質細胞の産生するIL-6の作用による (APT.77)
  • 遺伝子、染色体:t(4;15), which jyxtaposes the IgH locus with fibroblast growth factor receptor 3(FGFR3) gene

疫学

  • 罹患率:10万人に対して約2人
  • 60歳以上の高齢者に多い。50-60歳でピーク

病変形成&病理

  • 骨融解:骨髄腫細胞がosteoclast-activating factor(OAF)を分泌することによる → punched out defect
  • 骨髄:異常形質細胞の増加

症候

  • 全身倦怠、貧血 ← 貧血による症状
  • 腰痛
  • (進行した例)
  • 病的骨折や骨融解(骨融解像)などの骨病変 →腰痛・背部痛、高カルシウム血症
  • 腎機能障害:蛋白尿
  • 易感染性

骨病変 (WCH.2561)

  • 骨病変は少なくとも70%の患者に見られ、精度の高い検査方法では殆どの患者で発病変が見いだされる。四肢が冒されるかもしれないが、もっとも頻度が高いのは脊柱である。動きや体重の加重により痛みが増悪するのが特徴である。
  • 椎体圧迫骨折や腫瘤により脊椎圧迫症状をきたしうる → 対麻痺、膀胱直腸症状

腰痛 (WCH.2561)

  • 5-10%の患者で背中痛を訴える。この痛みは動きと関連しており、咳、くしゃみ、体重の加重によって悪化する。患者は堅苦しく歩き、検査台やx線の台の乗り降りをするのが非常に困難である。

合併症

検査

血算

  • 赤血球:中程度の正球性赤血球貧血
  • ときに、白血球減少・血小板減少

血液生化学

  • 血清総蛋白量:増加
  • アルブミン:減少
  • γグロブリン(=免疫グロブリン)↑
  • 血清蛋白分画Mスパイク出現
  • 腫瘍化した形質細胞(骨髄腫細胞)がIgG、IgA、IgD、IgEを産生 (IgMを単クローン性に産生する場合は別の病名がつく。)
  • CRP:陰性

血液塗沫標本

  • 赤血球の連銭形成:M蛋白(γグロブリンは正に帯電。Mタンパクもおそらく正に帯電)
  • 骨髄腫細胞は稀 → 多数なら形質細胞性白血病

免疫グロブリン

骨髄検査

  • 細胞表面抗原
  • CD38(+), CD56(+), CD19(-)。(⇔正常な形質細胞:CD56(-), CD19(+)
  • 多発性骨髄腫においてCD56(+)は70%、CD56(-)は30%

骨髄穿刺

  • 異型性の形質細胞が有核細胞の10%以上認められ,細胞表面抗原検査にて単クローン性形質細胞と同定されることによりなされる。
  • 骨髄内で形質細胞が単クローン性に増加
→血清中に単クローン性免疫グロブリン↑(=M蛋白)
尿中に免疫グロブリンのL鎖(κ,λ鎖)出現
ベンス・ジョーンズタンパク質

血清蛋白電気泳動

  • ガンマグロブリン分画に急峻なピーク(M-peak)
[show details]

尿検査

単純X写真

  • 頭部:頭蓋骨の打ち抜き像 punched-out lesion
  • 腰部:脊椎の圧迫骨折
[show details]

骨シンチグラム

  • 陰性(骨形成反応がないため)

診断

診断基準(2003年)

  • Mタンパク + (高カルシウム血症 + 腎機能障害 + 貧血 + 骨病変) CRAB(calcium, renal insufficiency, anemia, bone lesion)

病期

参考3 YN.G-68
β2ミクログロブリン
(mg/L)
5.5 Stage III
  Stage II
3.5   Stage I
0
  0 3.5  
アルブミン(g/dL)
  • Stage I:アルブミン3.5g/dl以上、β2ミクログロブリン3.5mg/L未満
  • Stage II: Stage I ~ Stage III
  • Stage III: β2ミクログロブリン5.5以上
  • Stage別平均余命:I 62ヶ月、II 44ヶ月、III 29ヶ月

治療

(参考1)
  • 治療方針:初期治療、維持療法、再発・難反応期治療がある。
  • 初期治療:
  • 化学療法:MP療法と多剤併用療法があるが、後者は奏効率は高いが生存期間延長効果がないため、一般的にはMP療法を行う。化学療法のみで治癒は困難であり、プラトー(臓器障害を認めない状態が3ヶ月以上持続)に達した後に維持療法を行う。
  • 骨髄移植適応無し
  • 骨髄移植適応有り
  • 自己末梢血幹細胞移植
  • 維持療法:
  • インターフェロン:無事象生存期間、全生存期間の中央値はそれぞれ6ヶ月、7ヶ月の延長効果があったが、副作用を考慮し必ずしも推奨されない。
  • プレドニゾロン:50mg投与隔日投与でで有効性が認められたが、副作用の発現リスクが高くなるため日本ではあまり行われていない。
  • 再発・難反応例:
  • サリドマイド(認可??):単剤で30%、デキサメタゾンとの併用で40-50%、化学療法との併用では50-60%の奏効率が報告されている。
  • ボルテゾミブ(認可??):デキサメタゾンとの併用が推奨されている。副作用は末梢神経障害、血小板減少。
  • レナリドマイド(認可??):サリドマイド誘導体。サリドマイドに比べて効果は高く、末梢神経障害、消化器症状、神経症状、DVT等の副作用が軽い。
  • 支持療法
  • 骨病変:
  • 高カルシウム血症:
  • 口渇・意識障害など明らかな臨床症状:生理食塩水+ビスホスホネート点滴静注。ステロイドやカルシトニンを併用すると有効な場合もある。
  • 腎障害:M蛋白による尿細管の障害、高カルシウム血症、高尿酸血症、アミロイドーシス、尿路感染症、骨髄腫細胞浸潤などで腎障害をきたす。輸液、アシドーシス補正、電解質補正、血液透析。腎障害がある場合の化学療法には腎障害の少ないVAD療法()かデキサメタゾン大量療法が推奨される。
  • 過粘稠度症候群:
  • 血漿交換療法、ダブル濾過法、段階濾過法
  • アミロイドーシス:
  • 心臓、腎臓、消化管、舌等の臓器に沈着し、臓器障害をきたす。約30%の症例にみられるが、有償状は10%未満。予後を規定する心機能をモニターするため、心エコーでフォローする。アミロイドーシス自体に対する有効な治療はなく、原疾患の治療を早くすることが必要である。

参考

  • 1. 多発性骨髄腫の治療 - がん情報サービス
http://ganjoho.jp/public/cancer/data/myeloma_therapy.html
  • 2. [charged] 多発性骨髄腫の臨床的特徴、検査所見、および診断 - uptodate [1]
  • 3. [charged] 多発性骨髄腫における病期分類および予後研究 - uptodate [2]

国試



リンパ球」

  [★]

lymphocyte (Z)
リンパ細胞免疫細胞 immunocytes


  • 白血球の一種で、無顆粒球に分類される。
  • 末梢血に白血球が4000-9000 /μl存在するとすれば、リンパ球の存在比は26-46.6 %といわれているので、リンパ球は1040-4194 /μl存在。(IMD)

種類

細胞膜上に発現しているリガンド? (2007前期生理学授業プリント)

    αβTCR TCR Ig CD3 CD4 CD8 CD16 CD56
T細胞 ○             
 Tc細胞          
 Th細胞          
B細胞               
NK細胞            

成長とリンパ球・好中球数(PED.703)

  • リンパ球数は生後1ヶ月以降に増加して6ヶ月~1年でピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • これに対して好中球は生下時にピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • 生後一ヶ月までは好中球優位であり、1ヶ月~2-6歳まではリンパ球優位となり、以降好中球優位となる。



ナチュラルキラー細胞」

  [★]

natural killer cell, NK cell
NK細胞
単球自然免疫LAK細胞ナチュラルキラー細胞活性natural killer


概念

  • 自然免疫
  • リンパ球の5-10%を占めるらしい。
Large granular lymphocytes(LGLs) or NK cells account for 5-10% of periphral blood plymphocytes.(HAR.2024)
  • 大型のアズール好性顆粒を有する(SMB.41)
  • 単球と共に自然免疫に関与
  • ウイルス感染細胞やガン細胞を傷害する細胞で、T細胞に特異的なマーカをもたずに直接標的細胞を攻撃する (人間の正常構造と機能 VIIA血管・免疫 p.29)
  • 抗体依存性細胞毒性(ADCC)
II型アレルギーにかかわる

分子細胞学的な定義

機能

自然免疫

ADCC

  • IgGのFc部を結合し、顆粒を放出する(IMM.96)

分子マーカー

  • CD16:IgGのFc部に対するレセプター
  • CD56:NCAM-I
  • NK1.1(NKRP-1 = CD161)

~

  • CD8:IL-2に反応してNK細胞が増殖
  • CD57:多くの細胞表面で発現

ケモカイン

リガンド 作用 産生
IL-12 NK細胞活性化 INF-γ
IL-18 Th1分化促進
  • IL-12,IL-18により活性化され、IFN-γを産生
  • IL-2により活性化し、細胞障害能が高まる (SPU.65)

受容体

  • NIR
MHC class Iを認識して攻撃を抑制。MHC class Iが少ないと抑制が外れる(IMM.96)


表面抗原分類」

  [★]

cluster of differentiation, CD
  • 細胞の表面抗原を認識する抗体を整理した分類
Bリンパ球 CD10,CD19,CD20
Tリンパ球 CD2,CD3,CD5,CD7
幹細胞 CD34
顆粒球 CD13,CD33
単球 CD14:LPSをリガンドとし、Toll-like receptorと共役して細胞内シグナルを伝達する分子。
巨核球 CD41(GpIIb),CD42(GpIb)
NK細胞CD16(IgGのFc部に対する受容体)、CD56(NCAM-I)


CD1 CD21 CD41 CD61 CD81
CD2 CD22 CD42 CD62 CD82
CD3 CD23 CD43 CD63 CD83
CD4 CD24 CD44 CD64 CD84
CD5 CD25 CD45 CD65 CD85
CD6 CD26 CD46 CD66 CD86
CD7 CD27 CD47 CD67 CD87
CD8 CD28 CD48 CD68 CD88
CD9 CD29 CD49 CD69 CD89
CD10 CD30 CD50 CD70 CD90
CD11 CD31 CD51 CD71 CD91
CD12 CD32 CD52 CD72 CD92
CD13 CD33 CD53 CD73 CD93
CD14 CD34 CD54 CD74 CD94
CD15 CD35 CD55 CD75 CD95
CD16 CD36 CD56 CD76 CD96
CD17 CD37 CD57 CD77 CD97
CD18 CD38 CD58 CD78 CD98
CD19 CD39 CD59 CD79 CD99
CD20 CD40 CD60 CD80 CD100


神経内分泌腫瘍」

  [★]

neuroendocrine tumor NET
肺神経内分泌腫瘍


免疫組織化学

参考

  • 神経内分泌腫瘍 エルゼビア・ジャパン株式会社 2009年1月スタート
http://www.netlinks.jp


CD5」

  [★]

Leucine-1

発現細胞

  • 胸腺細胞T細胞B細胞のサブセット (IMM)
  • 胸腺細胞、T細胞、NK細胞、B1(B細胞のsubpopulation) (WCH.31)
  • 成熟T細胞、胸腺細胞、一部のB細胞(CD5陽性B細胞(B-1細胞)。脾臓等、異所由来(骨髄非依存性)のB細胞) (資料1)
  • B細胞性白血病・リンパ腫(資料1)

分子量

  • 67kDa

別名

  • T1, Ly1

機能

  • CD5に対するモノクローナル抗体を作用させると、細胞内のチロシンのリン酸化が起こり、T細胞が活性化する。ただし、抑制的に作用する経路にも作用するかもしれない(WCH.31)
  • T細胞はnaive CD4 T cellで発現しており、この細胞のマーカーとなる(IMM.315)
  • CD5+ B細胞は自己抗体を産生する(WCH.31)
  • CD72はCD5にたいするcounter-receptorである(WCH.31)

臨床関連

参考

  • 1. SRL
[display]http://www.srl.info/srlinfo/kensa_ref_CD/KENSA/SRL5039.htm
  • 2. beckman
[display]http://www.bc-cytometry.com/Data/db_search/CD005.htm
  • 3. wiki en
  • [display]http://en.wikipedia.org/wiki/CD5_%28protein%29


CD」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「certificate of deposit / (また『C.D.』)Civil Defense民間防衛」


"http://meddic.jp/CD56" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡