CD28

出典: meddic

Tp44
CTLA-4(CD152)

発現組織

  • T細胞サブセット、活性化B細胞

機能

  • naive T細胞の活性化(APC上のB7(CD80/CD88)に結合した副刺激のレセプター)

ファミリー

  • 免疫グロブリン



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/12/14 12:55:23」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Pitfalls in determining the cytokine profile of human T cells.
  • Olsen I, Sollid LM.SourceCentre for Immune Regulation and Department of Immunology, Oslo University Hospital-Rikshospitalet, 0027 Oslo, Norway; Section for Immunology, Norwegian Veterinary Institute, Oslo, Norway. Electronic address: ingrid.olsen@vetinst.no.
  • Journal of immunological methods.J Immunol Methods.2013 Apr 30;390(1-2):106-12. doi: 10.1016/j.jim.2013.01.015. Epub 2013 Feb 15.
  • Secretion of cytokines by T cells in vitro can be influenced by the methods chosen for T cell activation. However, the awareness of this fact appears insufficient. Two of the most widely applied methods for activation of T cells are phorbol 12-myristate 13-acetate (PMA) together with Ionomycin or an
  • PMID 23416458
  • Silymarin Inhibits Cell Cycle Progression and mTOR Activity in Activated Human T Cells: Therapeutic Implications for Autoimmune Diseases.
  • Gharagozloo M, Javid EN, Rezaei A, Mousavizadeh K.SourceDepartment of Immunology, School of Medicine, Isfahan University of Medical Sciences, Isfahan, Iran.
  • Basic & clinical pharmacology & toxicology.Basic Clin Pharmacol Toxicol.2013 Apr;112(4):251-6. doi: 10.1111/bcpt.12032. Epub 2012 Dec 24.
  • Silymarin, a complex flavonolignan from the 'milk thistle' (Silybum marianum) plant, exhibits anticarcinogenic, anti-inflammatory and cytoprotective effects. Several reports have demonstrated immunosuppressive activity of silymarin; however, the molecular mechanisms involved in immunomodulatory acti
  • PMID 23121838
  • Cytotoxic T lymphocyte antigen 4-immunoglobulin G is a potent adjuvant for experimental allergen immunotherapy.
  • Maazi H, Shirinbak S, den Boef LE, Fallarino F, Volpi C, Nawijn MC, van Oosterhout AJ.SourceLaboratory of Allergology and Pulmonary Diseases, Department of Pathology and Medical Biology, University Medical Center Groningen (UMCG), GRIAC Research Institute, University of Groningen, Groningen, the Netherlands.
  • Clinical and experimental immunology.Clin Exp Immunol.2013 Apr;172(1):113-20. doi: 10.1111/cei.12041.
  • Allergen-specific immunotherapy (SIT) is the only treatment for allergic diseases that targets allergen-specific T helper type 2 (Th2) cells, which are the cause of the disease. There is an unmet requirement for adjuvants that increase the clinical efficacy of SIT allowing application of lower doses
  • PMID 23480191

和文文献

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎におけるCD28陰性T細胞は病巣への遊走能を有する
  • 荒浪 利昌,岡本 智子,山村 隆
  • 末梢神経 = Peripheral nerve 22(2), 224-225, 2011-12-01
  • NAID 10030408389
  • T細胞活性化阻害薬
  • 上阪 等
  • 日本内科学会雑誌 100(10), 2979-2984, 2011-10-10
  • NAID 10030390310
  • Characterization of waves of leukocyte recruitment to the lung allograft and
  • Taguchi Tsunenori/ Inamura Yukio;/Honma Kiri/ Kimura Daisuke;
  • Acta medica Nagasakiensia 56(2), 27-34, 2011-08-00
  • MHC-mismatched lung allografts are rapidly rejected by the host immune response. We analyzed cells infiltrating thegrafted lung tissue using a collagenase-digestion method. The grafted lung was filled …
  • NAID 110008767588

関連リンク

アプリ ケーション クローン (アイソタイプ) 標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 データ シート A,B,C HLDA5 CD28.2 (IgG1 マウス) 精製 0.2mg 凍結乾燥 - (azide free) IM1376 ¥48,000 精製 100テスト 液状-FCM
CD28は、活性化を誘導する正のシグナルを伝達する。 CD86のようなインテグリンリガンドは、ヘルパーT細胞の補助受容体を刺激し、ヘルパーT細胞を活性化させる。 CD86は、抗原提示細胞(B細胞、樹状細胞、マクロファージ)の ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みCD152
リンク元T細胞」「表面抗原分類」「CTLA-4」「CD25
拡張検索CD8+ CD28- T cell
関連記事CD2」「CD

CD152」

  [★]

Cytotoxic T lymphocyte-associated protein-4


T細胞」

  [★]

T cell
Tリンパ球T lymphocyte
TCRB細胞MHC
  • 図:IMM.315(T細胞の成熟)
  • 胸腺で成熟したT細胞は血流によって移動し、リンパ節の傍皮質白脾髄のリンパ性動脈周囲鞘、パイエル板の傍濾胞域に集まる(人間の正常構造と機能 VIIA血管・免疫 p.28)

種類

  1. ヘルパーT細胞(Th細胞)
  2. キラーT細胞(Tc細胞)
  3. サプレッサーT細胞(Treg細胞)

T細胞の抗原認識 (SP.248)

  CD TCRが抗原と共に認識する分子 認識する細胞
Tc細胞 CD8 MHCクラスI 感染細胞
Th細胞 CD4 MHCクラスII 抗原提示細胞

CD4+ T細胞のサイトカイン放出とその原因

DCが認識する外来異物 DCが分泌する物質 DCに反応する細胞 この細胞が分泌する
サイトカイン
NK系の細胞が放出した
サイトカインに反応するTh細胞
Th細胞が分泌するサイトカイン
ウイルス、一部の細菌 IL-12 NK細胞(IL-12による) INF-γ Th1 IL-2, IFN-γ, TNF-β
原虫など   NKT細胞 IL-4 Th2 IL-4, IL-13, IL-5

Th細胞活性化と接着分子

  抗原提示細胞 Th細胞
主シグナル MHC classII TCR, CD3
CD4
副シグナル B7{B7-1(CD80)/B7-2(CD86)} CD28
VCAM-1(CD106) VLA-4
ICAM-1 LFA-1
LFA-3(CD58) CD2


表面抗原分類」

  [★]

cluster of differentiation, CD
  • 細胞の表面抗原を認識する抗体を整理した分類
Bリンパ球 CD10,CD19,CD20
Tリンパ球 CD2,CD3,CD5,CD7
幹細胞 CD34
顆粒球 CD13,CD33
単球 CD14:LPSをリガンドとし、Toll-like receptorと共役して細胞内シグナルを伝達する分子。
巨核球 CD41(GpIIb),CD42(GpIb)
NK細胞CD16(IgGのFc部に対する受容体)、CD56(NCAM-I)


CD1 CD21 CD41 CD61 CD81
CD2 CD22 CD42 CD62 CD82
CD3 CD23 CD43 CD63 CD83
CD4 CD24 CD44 CD64 CD84
CD5 CD25 CD45 CD65 CD85
CD6 CD26 CD46 CD66 CD86
CD7 CD27 CD47 CD67 CD87
CD8 CD28 CD48 CD68 CD88
CD9 CD29 CD49 CD69 CD89
CD10 CD30 CD50 CD70 CD90
CD11 CD31 CD51 CD71 CD91
CD12 CD32 CD52 CD72 CD92
CD13 CD33 CD53 CD73 CD93
CD14 CD34 CD54 CD74 CD94
CD15 CD35 CD55 CD75 CD95
CD16 CD36 CD56 CD76 CD96
CD17 CD37 CD57 CD77 CD97
CD18 CD38 CD58 CD78 CD98
CD19 CD39 CD59 CD79 CD99
CD20 CD40 CD60 CD80 CD100


CTLA-4」

  [★]

cytotoxic T lymphocyte antigen-4, CD152, CTLA4
CD28
  • CTLA-4はCD28と同じファミリーであり、配列レベルで似ている。
  • CTLA-4はCD28と同様にT細胞系列で発現する。
  • CTLA-4はCD28と同様にAPCに発現しているB7(CD80/CD88)に結合する。
  • CTLA-4はCD28に比べ20倍以上のavidityがある (IMM.346)
  • CTLA-4にB7が結合すると、T細胞の活性化を抑制するように働く。すなわちCD28の反対の作用を呈する。
  • naive T細胞がAPCから抗原を提示され、co-stumilatory signalを受けとると、増殖・分化、IL-2の産生をおこなう。しかし、いったん活性化すると、IL-2の過剰産生を避けるためにT細胞ではCTLA-4を産生し、過剰なT細胞の増殖を抑制する。



CD25」

  [★]

T-cell α-chemoattractant antigen, α-chain of IL-2 receptor
インターロイキン2受容体α鎖 interleukin-2 receptor α-chain、Tac抗原 Tac antigen
CD, interleukin-2 receptor

概念

  • 親和性の低いIL-2受容体はβ鎖とγ鎖からなりT細胞表面に発現している。MHC class IIと抗原複合体のTCRを介した主シグナルとB7CD28を介した副シグナルを受けるとT細胞が活性化する。するとT細胞はCD25(α鎖)を発現し、親和性の強いIL-2受容体を形成する。IL-2はT細胞を刺激して増殖や分化を促す。 (IMM.345)

発現細胞

  • 活性化したT細胞、B細胞、単球

機能

  • IL-2 receptor α chain




CD8+ CD28- T cell」

  [★]

CD8+ CD28- T cells
CD8+ CD28- T cells


CD2」

  [★]

Leucine-5, SRBC receptor, LFA-2
CD


発現細胞

分子量

  • 45-58

機能

  • 接着分子、CD58(LFA-3)に結合。細胞内部でLckに結合し、T細胞を活性化
  • リンパ球が抗原提示細胞と相互作用するのに重要 (IMM.343)

別名

ファミリー

  • immunoglobulin



CD」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「certificate of deposit / (また『C.D.』)Civil Defense民間防衛」


"http://meddic.jp/CD28" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡