CD132

出典: meddic


Cellular expression

M.W.(kDa)

  • 64

Functions

Family

  • Cytokine receptor


common γ-chain

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Isolation and characterization of renal cancer stem cells from patient-derived xenografts.
  • Hasmim M1,2, Bruno S3, Azzi S2, Gallerne C2, Michel JG2, Chiabotto G4, Lecoz V2, Romei C5, Spaggiari GM5, Pezzolo A6, Pistoia V6, Angevin E1,7, Gad S1,8, Ferlicot S1,9, Messai Y1, Kieda C10, Clay D11, Sabatini F12, Escudier B1,7, Camussi G4, Eid P2, Azzarone B5, Chouaib S1.
  • Oncotarget.Oncotarget.2015 Nov 2. doi: 10.18632/oncotarget.6266. [Epub ahead of print]
  • As rapidly developing patient-derived xenografts (PDX) could represent potential sources of cancer stem cells (CSC), we selected and characterized non-cultured PDX cell suspensions from four different renal carcinomas (RCC). Only the cell suspensions from the serial xenografts (PDX-1 and PDX-2) of a
  • PMID 26551931
  • Thymic emigration patterns in patients with type 2 diabetes treated with metformin.
  • Dworacki G1, Urazayev O2, Bekmukhambetov Y2, Iskakova S3, Frycz BA4, Jagodziński PP4, Dworacka M5.
  • Immunology.Immunology.2015 Nov;146(3):456-69. doi: 10.1111/imm.12522. Epub 2015 Oct 5.
  • Recent data suggest that thymic output, which provides the naive T cells necessary for the normal functioning of T-cell-dependent immunosurveillance cellular immunity including anti-cancer protection, can be disturbed in the course of type 2 diabetes. Metformin, an anti-diabetic drug commonly confir
  • PMID 26271466
  • Immune dysregulation in Alagille syndrome: A new feature of the evolving phenotype.
  • Tilib Shamoun S1, Le Friec G2, Spinner N3, Kemper C2, Baker AJ4.
  • Clinics and research in hepatology and gastroenterology.Clin Res Hepatol Gastroenterol.2015 Oct;39(5):566-9. doi: 10.1016/j.clinre.2015.02.003. Epub 2015 May 27.
  • Alagille syndrome (ALGS) is a rare autosomal dominant, multi-system disease caused by mutations in one of two NOTCH signaling pathway genes. Mutations in JAG1 are found in more than 94% of patients, with associated Jagged1 defects. We previously showed that CD46, which is a complement and immune reg
  • PMID 26026399

和文文献

  • Increased plasma interleukin-7 level correlates with decreased CD127 and increased CD132 extracellular expression on T cell subsets in patients with HIV-1 infection
  • X-SCID遺伝子治療における白血病発症とその対策 (特集 遺伝子治療--新たな戦略)

関連リンク

Access to COPE is free only for academic institutions and non-profit organizations. OTHER USERS: must contact COPE and pay a site licence fee.
CD122 【IL-2Rβ】 CD122抗原は、ヒトIL-2レセプタのβ鎖(p75)です。CD122分子は、CD25及びCD132(IL-2Rγ)と会合して高親和性のIL-2レセプタを形成するとともに、IL-15レセプタの構成成分にもなっています。CD122分子は、IL-2に ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み好中球」「T細胞」「B細胞」「肥満細胞」「NK細胞
リンク元IL-2」「IL-4
関連記事CD13」「CD1

好中球」

  [★]

neutrophil (Z),neutrophile ,neutrophils
血液血球白血球

特徴

  • マクロファージより貪食能が高い
  • 非特異的感染防御に関与
  • 寿命:1週間。(他の資料:1週間以内。血中で6-7時間,活性化時1-2日。)
  • 好中球比率(対白血球):50-60%。文献によっては50-70%
  • ケモカインによって走化能を示し、異物を貪食する
貪食食胞形成→proteolysis (lysosome: 約30種類)

分化・成熟

骨髄芽球:顆粒なし
  ↓
前骨髄球アズール顆粒出現
  ↓
骨髄球:好中球に特異な顆粒(ALPリゾチーム)が出現
  ↓
後骨髄球:核が分葉。細胞分裂(-)
  ↓
桿状核球:末梢血中に現れる�  ↓
  ↓
分葉核球:成熟細胞

顆粒

  • 特殊顆粒 (HIS.194)

成長とリンパ球・好中球数

PED.703
  • リンパ球数は生後1ヶ月以降に増加して6ヶ月~1年でピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • これに対して好中球は生下時にピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • 生後一ヶ月までは好中球優位であり、1ヶ月~2-6歳まではリンパ球優位となり、以降好中球優位となる。

臨床関連

末梢血好中球数1500/μl以下 、特に500/μl以下 (定義:[1])
末梢血好中球数7500/μ以上
  • 慢性肉芽腫症:NADPH酸化酵素の異常による好中球の活性酸素産生障害をきたす疾患。常染色体劣性遺伝。
  • チェディアック・東症候群:細胞内輸送蛋白(CHS1)の調節の異常により巨大顆粒の形成、殺菌性蛋白・溶菌性酵素の食胞内放出が障害され、また好中球の遊走能が低下する疾患。常染色体劣性遺伝。







T細胞」

  [★]

T cell
Tリンパ球T lymphocyte
TCRB細胞MHC
  • 図:IMM.315(T細胞の成熟)
  • 胸腺で成熟したT細胞は血流によって移動し、リンパ節の傍皮質白脾髄のリンパ性動脈周囲鞘、パイエル板の傍濾胞域に集まる(人間の正常構造と機能 VIIA血管・免疫 p.28)

種類

  1. ヘルパーT細胞(Th細胞)
  2. キラーT細胞(Tc細胞)
  3. サプレッサーT細胞(Treg細胞)

T細胞の抗原認識 (SP.248)

  CD TCRが抗原と共に認識する分子 認識する細胞
Tc細胞 CD8 MHCクラスI 感染細胞
Th細胞 CD4 MHCクラスII 抗原提示細胞

CD4+ T細胞のサイトカイン放出とその原因

DCが認識する外来異物 DCが分泌する物質 DCに反応する細胞 この細胞が分泌する
サイトカイン
NK系の細胞が放出した
サイトカインに反応するTh細胞
Th細胞が分泌するサイトカイン
ウイルス、一部の細菌 IL-12 NK細胞(IL-12による) INF-γ Th1 IL-2, IFN-γ, TNF-β
原虫など   NKT細胞 IL-4 Th2 IL-4, IL-13, IL-5

Th細胞活性化と接着分子

  抗原提示細胞 Th細胞
主シグナル MHC classII TCR, CD3
CD4
副シグナル B7{B7-1(CD80)/B7-2(CD86)} CD28
VCAM-1(CD106) VLA-4
ICAM-1 LFA-1
LFA-3(CD58) CD2



B細胞」

  [★]

B cell
Bリンパ球 B lymphocyte骨髄由来細胞 bone marrow derived cell
T細胞免疫グロブリン
  • 図:IMM.314(B細胞の成熟)

概念

  • 抗体をつくるリンパ球。

クラススイッチ class switch

T細胞依存性B細胞分化

このヘルパーT細胞は抗原とMHC class IIを認識できる固有のヘルパーT細胞である。
  • 6. ヘルパーT細胞はTCRを介して抗原とMHC class IIの複合体を認識する
  • 7. naive B cellを刺激して形質細胞への分化を誘導する

T細胞非依存性B細胞分化

  • IMM.381-
  • B-cell response to bacterial antigen with intrinsic ability to activate B cell do not require T-cell help (IMM.396)
  • B-cell response to bacterial polysaccharides do not require peptide specific T-cell help (IMM.397)

マーカー




肥満細胞」

  [★]

mast cell, mastocyte
マスト細胞
ヒスタミン好塩基球

形状

  • 20-30μm (HIS.101)
  • 細胞質に0.3-0.8μmの顆粒を含む

特徴

  • 顆粒は様々な生理活性物質を含む
ヘパリン(or コンドロイチン硫酸)、
ヒスタミン
中性プロテアーゼ(トリプターゼキマーゼカルボキシペプチダーゼ)
アリルスルファターゼ
その他
β-グルクロニダーゼ
キニノゲナーゼ
ペルオキシダーゼ
スーパーオキシドジスムターゼ
好酸球走化因子
好中球走化因子

由来

  • 骨髄の前駆細胞

染色像


臨床関連

  • 炎症(I型アレルギー)の引き金を引く細胞。喘息患者の気道平滑筋層に存在(健常人では存在しない(HIM. 1598)



NK細胞」

  [★] ナチュラルキラー細胞


IL-2」

  [★]

interleukin-2, interleukin 2
インターロイキン2T細胞増殖因子 T-cell growth factor TCGF
インターロイキン


産生細胞

機能

文献によりまちまち

受容体


参考

  • 1.
[display]http://www.i-l-fitness-jp.com/comment/img/killer-t-cell-7.JPG
  • 2.
[display]http://www.medicalfood.org/disease-management/listerv.html
  • 3.
[display]http://www.j-tajiri.or.jp/source/translation/b/03/01.html



IL-4」

  [★]

interleukin-4, interleukin 4
インターロイキン4インターロイキン-4
サイトカインインターロイキン

概念

  • B細胞のIgのクラススイッチを促進(SP.251) ← IgEへのクラススイッチ

産生細胞

機能

  • B細胞活性化、IgEスイッチ、Th2細胞への分化誘導

受容体



CD13」

  [★]

MY7, Aminopeptidase N

概念

WCH.33
  • 2型の膜タンパクでメタロプロテアーゼファミリー(CD10,CD26,CD73等)に属する。
  • ホモ2量体
  • 遺伝子:15q25
  • 分子量:150 kDa
  • 発現:骨髄球系・単球系の細胞系統に発現。多くの急性骨髄性白血病と少数のリンパ芽球性白血病(5-10%)でみられる。骨髄細胞による細胞間接着による発現制御を受けており、in vitroではCD13は発現しない。その他の組織でも発現している(略)。
  • 機能:RNAコロナウイルスの受容体。内皮の形態形成と細胞の移動性を制御しており、血管新生と腫瘍進展のいずれにおいても重要な役割を果たしている。


CD1」

  [★]

leucine-6, CD1A through E

種類

  • CD1a, CD1b, CD1c, CD1d

発現組織

  • 胸腺皮質、ランゲルハンス細胞、樹状細胞、B細胞(CD1c)、腸上皮、平滑筋、血管上皮(CD1d)

分子量

  • 43-49

機能

  • MHC class I-like molecule, associated with β2-microgloulin. Has specialized role in presentation of lipid antigens



"http://meddic.jp/CD132" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡