CD10

出典: meddic

common acute lymphoid leukemia antigen, nephrilysin

発現細胞

  • B細胞T細胞前駆体。骨髄間質細胞(bone marrow stromal cell)

分子量

  • 100kDa

機能

  • Zinc metalloproteinase, marker for pre-B acute lymphatic leukemia (ALL)

別名

  • Neutral endopeptidase, common acute lymphocytic leukemia antigen(CALLA)



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/04/24 10:03:34」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/10/04 09:34:10」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/05/11 12:08:07」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • IFR4/MUM1-positive lymphoma in Waldeyer ring with co-expression of CD5 and CD10.
  • Chen L1, Al-Kzayer LF2, Liu T3, Kobayashi N2, Nakazawa Y2, Koike K2.
  • Pediatric blood & cancer.Pediatr Blood Cancer.2017 Feb;64(2):311-314. doi: 10.1002/pbc.26236. Epub 2016 Sep 12.
  • IRF4/MUM1-positive lymphoma is a new subgroup of germinal center-derived B-cell lymphoma, predominantly involving the Waldeyer ring (WR) in children. CD5 expression is rare in these lymphomas. We report a 7-year-old Chinese male with B-cell lymphoma. Evaluation of his specimen by morphology, immunoh
  • PMID 27616053
  • Subsets of telocytes: Myocardial telocytes.
  • Rusu MC1, Hostiuc S2, Vrapciu AD3, Mogoantă L4, Mănoiu VS5, Grigoriu F3.
  • Annals of anatomy = Anatomischer Anzeiger : official organ of the Anatomische Gesellschaft.Ann Anat.2017 Jan;209:37-44. doi: 10.1016/j.aanat.2016.09.006. Epub 2016 Oct 21.
  • Telocytes (TCs) are morphologically defined as small-sized cells with long, thin, moniliform processes called telopodes (Tps). Numerous papers imply that TCs are a distinctive cell type, and that transmission electron microscopy (TEM) is the gold standard tool for their identification. We aimed to r
  • PMID 27777113
  • Reprofiling Metastatic Samples for Chromosome 9p and 14q Aberrations as a Strategy to Overcome Tumor Heterogeneity in Clear-cell Renal Cell Carcinoma.
  • Massari F1, Ciccarese C, Bria E, Porta C, La Russa F, Knuutila S, Artibani W, Porcaro AB, Bimbatti D, Modena A, Sava T, Tortora G, Cheng L, Eccher A, Cima L, Pedron S, Ghimenton C, Martignoni G, Brunelli M.
  • Applied immunohistochemistry & molecular morphology : AIMM.Appl Immunohistochem Mol Morphol.2017 Jan;25(1):39-43.
  • Losses of chromosomes 9p and 14q are associated with worse outcomes in patients affected by clear-cell renal cell carcinoma (RCC) and are helpful for prognostic risk stratification. Both chromosomal loci harbor several hot-spot molecular pathways suitable for targeted therapeutic interventions. Intr
  • PMID 26509904
  • Overexpression of KIF11 in Gastric Cancer with Intestinal Mucin Phenotype.
  • Imai T1, Oue N, Nishioka M, Mukai S, Oshima T, Sakamoto N, Sentani K, Matsusaki K, Yoshida K, Yasui W.
  • Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology.Pathobiology.2017;84(1):16-24. doi: 10.1159/000447303. Epub 2016 Jul 27.
  • OBJECTIVE: Gastric cancer (GC) is one of the most common human cancers. A useful method of gastric cancer stem cell (CSC) characterization is spheroid colony formation. Previously, we reported that KIF11 expression is >2-fold in spheroid-body-forming GC cells compared with parental cells. Here, w
  • PMID 27459100

和文文献

  • Duodenal Carcinoma from a Duodenal Diverticulum Mimicking Pancreatic Carcinoma
  • Furukawa Masashi,Izumi Sadanobu,Tsukuda Kazunori,Tokumo Masaki,Sakurai Jun,Mano Shohey
  • Acta Medica Okayama 66(5), 423-427, 2012-10
  • … Immunohistochemistry results were as follows:CK7 negative, CK20 positive, CD10 negative, CDX2 positive, MUC1 negative, MUC2 positive, MUC5AC negative, and MUC6 negative. …
  • NAID 120004873439
  • 末梢血に出現した濾胞性リンパ腫細胞の表面抗原形質の解析
  • 林田 雅彦,大野 仁嗣,北田 佳代,竹岡 加陽,奥村 敦子,津田 勝代,岸森 千幸,山本 智恵美,本庄 原,岩谷 良則,小橋 陽一郎
  • Cytometry research : 日本サイトメトリー学会機関誌 22(2), 33-39, 2012-09-25
  • NAID 10031026156
  • シクロデキストリン共存下におけるジアリールエテン誘導体の2光子イオン化
  • 原 道寛,Hara Michihiro,三輪 誠,Miwa Makoto
  • 福井工業大学研究紀要, 441-446, 2012-08-02
  • The transient absorption of the diarylethene 1,2-bis [ 2-methylbenzo [b] thiophen - 3 - yl ] - 3, 3, 4, 4, 5, 5 -hexafluoro - 1 - cyclopentene:(DEph) was measured by using 266 nm laser flash photolysi …
  • NAID 120004421801

関連リンク

CD10(J5, CALLA, VIL-A1, 56C6) クローン: 56C6 monoclonal (Ventana) 抗原賦活 化法:圧力鍋 Ventana amplification併用 (上記は北大病理部での条件。抗体は 必ずしも全てのメーカーを比較して選択しているわけではありませんので、必ずしも"推奨 ...
CD10. 【CALLA】. CD10抗原はcommon acute lymphoblastic leukemia antigen ( cALLA)として知られる、分子量100kDaのⅡ型膜タンパクで、ヒトの膜結合型中性 エンドペプチターゼ(EC3.4.24.11)として同定されています。CD10抗原は分化前の リンパ球 ...

関連画像

Description Kidney cd10 ihc.jpgPhilips CD10 portable cdplayer › Accessoires › Moccamaster CD10CD10 cd10 metronome technologie cd10 prix tarifCambridge Audio Topaz CD10ONIX CD10 CD playerCD10


★リンクテーブル★
リンク元慢性リンパ性白血病」「悪性リンパ腫」「慢性骨髄性白血病」「MALTリンパ腫」「マントル細胞リンパ腫
関連記事CD1」「CD

慢性リンパ性白血病」

  [★]

chronic lymphocytic leukemia, chronic lymphoid leukemia, CLL
白血病
  • first aid step1 2006 p.300,302,303,304,309,310,427,430

概念

  • the accumulation of nonproliferating mature-appearing lymphocytes in the blood, marrow, lymph nodes, and spleen.
  • monoclonal B lymphocytes.
  • CD5+ and CD23+CD5, CD23
  • derived from memory B cell.

細胞表面マーカー WCH.2438

condition smIg CD5 CD10 CD11c CD19 CD20 CD22 CD23 CD25 CD43 CD79b CD103 FMC7
chronic lymphocytic leukemia Dim ++ -/+ ++ Dim -/+ ++ +/- -/+
Waldenstrom macroglobulinemia ++ -/+ ++ ++ -/+ +/-
prolymphocytic leukemia +++ -/+ -/+ -/+ ++ +++ ++ ++ -/+ ++
hairy cell leukemia +++ ++ +++ +++ +++ +++ +++ +++
hairy cell leukemia variant +++ ++ +++ +++ +++ +++ +++
splenic lymphoma with villous lymphocytes ++ -/+ -/+ +/- ++ ++ ++ +/- -/+ ++ -/+ ++
marginal zone B-cell lymphoma ++ +/- ++ ++ +/- +/- -/+ ++
mantle cell lymphoma ++ ++ -/+ ++ ++ ++ ++ ++
follicular lymphoma ++ -/+ ++ ++ ++ ++ -/+ ++ ++

臨床像

HIM.693
  年齢 子供における頻度 男性(%) ステージI,II vs III,IV(%) B症状(%) 骨髄浸潤(%) 消化管浸潤(%) 5年生存率(%)
B細胞CLL/小リンパ球性リンパ腫 65 まれ 53 9 vs 91 33 72 3 51

疫学

YN.G-49
  • 全白血病の2-3%
  • 60歳以上に多い。
  • 男女比=2:1

病態

YN.G-49
  • 正常な免疫グロブリンの産生が抑制されるばかりでなく、異常な自己抗体を産生 → 続発性免疫不全症、自己免疫性溶血性貧血


USMLE

  • Q book p.246 42

参考

  • 1. [charged] Epidemiology and clinical manifestations of chronic lymphocytic leukemia - uptodate [1]
  • 2. [charged] Pathologic features, diagnosis, and differential diagnosis of chronic lymphocytic leukemia - uptodate [2]
  • 3. [charged] Pathophysiology and cytogenetics of chronic lymphocytic leukemia - uptodate [3]



[show details]


悪性リンパ腫」

  [★]

malignant lymphoma
lymphoma malignum

悪性リンパ腫とマーカー

悪性リンパ腫.xls
  sIg CD5 CD10 CD19 CD20 CD23 CD43 bcl cyclin TdT その他 転座
小リンパ性リンパ腫 small lymphocytic lymphoma
慢性リンパ性白血病 chronic lymphocytic leukemia
       
濾胞性リンパ腫 FL
 
      bcl2 +      
MALTリンパ腫
 
                 
マントル細胞リンパ腫 MCL
 
             
びまん性大細胞性B細胞リンパ腫 DLBL
 
+/-     bcl6 +        
前駆Bリンパ芽球性リンパ腫
急性Bリンパ球性白血病 LBL/ALL
                 
バーキットリンパ腫 BL
 
          Myc, Ki-67 t(8,14)Myc;IgH ~80%
t(2,8)κ;Myc ~15%
ホジキンリンパ腫
 
                    CD15, CD30, CD45 - t(8,22)Myc;λ ~10%
成人T細胞白血病 ATL
 
                    CD2, CD3, CD4, CD25, HLA-DR, CD8 -  

病期

参考

  • 1.
http://www.rinpashu.com/inspection/

国試




慢性骨髄性白血病」

  [★]

chronic myeloid leukemia chronic myelogenous leukemia chronic myelocytic leukemia CML
白血病染色体異常
  • 血液・造血器 081030I
  • first aid step1 2006 p.294,303,304,309,310,

概念

  • 造血幹細胞に遺伝子的な変異が生じ、正常な分化能を保持したまま腫瘍性に増殖し、特に顆粒球系の血球の増殖をきたす。
  • 白血球は著増、血小板は増加するが、赤血球は正常もしくは減少する。
  • 慢性に経過するが、急性転化(blastic crisis)により急性白血病と同様の病態をとりうる。

検査

  • 赤血球:→or↓
  • 白血球:↑↑↑
  • 血小板:↑   → 急性転化例では↓
  • 好中球アルカリホスファターゼ:低値
  • NAPスコア:低下    → 急性転化例では↑
  • 血清ビタミンB12、LDH、尿酸、リゾチーム:高値 → 白血球の破壊による
  • 白血病裂孔:なし → 分化能は保たれているため
  • 染色体:Ph染色体の出現
→ 急性転化例では複数のPh染色体、環状Ph1、形態異常をきたしたPh染色体の出現がみられる(QB.G247)。頻度:複数のPh染色体の出現>トリソミー>17番同腕染色体>19トリソミー?(+19) (WCH.2243)。染色体の変化は血液学的な変化に数ヶ月先だって起こるが、必ずしもblast crisisに繋がるわけではない(WCH.2243)。急性転化例の2/3では骨髄性、1/3でリンパ性にtransformationする。後者の場合、MPO染色陰性、PAS染色陽性、B細胞表面抗原の発現(多くの場合CD10,CD19を発現し,sIgは欠く)、TdT発現(抗体の遺伝子再構成における多様性付与に関与)。(WCH.2243)

治療

イマチニブが第一選択となる。適応があれば同種幹細胞移植。

治療に用いる薬物・治療法

  • イマチニブ
  • 自己幹細胞移植:?
  • 同種幹細胞移植
  • 白血球除去(leukapheresis)・脾摘
  • インターフェロンα:イマチニブが登場する前は、同種幹細胞移植ができない症例において治療の選択肢の一つであった。
  • ヒドロキシウレア:。インターフェロンと併用して使われる。代謝拮抗薬。DNA合成を阻害する。骨髄抑制、二次発癌は稀。
  • シタラビン:Ara-CTPとなり、DNA合成過程のシチジン二リン酸(CDP)還元酵素やDNAポリメラーゼを阻害

慢性期

参考2

移行期

参考2

急性期

参考2
  • 1. myeloid crisisに対してはAML、lymphoid crisisに対してはALLに対する寛解導入療法に準じた化学療法を行う。
  • 2. 同種幹細胞移植

国試

参考

  • 1. 慢性骨髄性白血病 - がんプロ.com
[display]http://www.gan-pro.com/professional/cancer/child-leukemia/chronic-myelogenous-leukemia.html


MALTリンパ腫」

  [★]

mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma MALToma
粘膜関連リンパ組織リンパ腫
胃MALTリンパ腫悪性リンパ腫

概念

  • 比較的緩徐な経過をたどる低悪性度リンパ腫
リンパ濾胞(リンパ小節)の胚中心:{被膜側}頂部明調域(生存を許された分化したB細胞がとどまる。記憶細胞か形質細胞になってリンパ小節を去る)~基底側明調域(sIgを発現しクラススイッチを起こして中心細胞となる。中心細胞は濾胞樹状細胞から抗原提示をうける。)~暗調域(sIgを持たないB細胞(中心芽細胞)が密集。増殖盛ん)~帽状域{中心側})
  • リンパ濾胞外側領域(おそらく胚中心の頂部明調領域であろう)のB細胞層にある記憶B細胞に由来する。
  • 形態は小型胚中心細胞に似ており、広く明調な細胞質と切れ込みを認める。

原因

  • 胃MALTリンパ腫

病理

  • 胃MALTリンパ腫の場合、胃癌0-IIc型(表面感凹型)に似ている。
  • 胃炎型の粘膜は萎縮性胃炎像、多発びらん、顆粒状、敷石状粘膜

細胞表面マーカー

特徴 YN.A-46

  • 胚中心細胞に類似したcentrocyte-like cellの浸潤
  • 粘膜上皮の破壊像
  • 単クローン性免疫グロブリンを有する形質細胞の浸潤
  • リンパ濾胞の残存

検査

染色体

  • t(11;18)(q21;q21)
API2(11q21)、MALT1(18q21)

診断

  • 胃生検

治療

ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌により消失することがある
  • 薬物療法:
  • 抗菌薬:ヘリコバクターの除菌 → 第一選択とすることが推奨されている(参考1)
  • 除菌治療の有効性予測因子: H. pylori感染の有無、臨床病期、深達度、API2-MALT1 染色体転座 (参考1)
  • 抗悪性腫瘍薬:(病変が広範囲に及んでいる場合 more extensive disease)chlorambucil単剤。rituximabを加えて使用するレジメンもある。(HIM.694)
  • 放射線療法
  • リツキシマブ
  • 手術療法:
  • (病変が限局している場合)有効

up2date

Management of gastrointestinal lymphomas (This topic last updated: 6月 2, 2010)
  • (Lugano I/II)
  • H. pylori陽性:H.pylori除菌を行う
  • H. pylori陰性 or t(11;18)転座:局所放射線療法
  • (Lugano IV)
  • H. pylori陽性:H.pylori除菌を行う。免疫療法や化学療法が必要になるまで症状が進むまで経過観察。
  • 消化管の切除は消化管穿孔や消化管閉塞を合併するまでreserveされる。


予後

  • リンパ節転移は少なく、臨床的進行は遅い。
  • 中間~良好 (LAB.1219)

参考

  • 1. Helicobacter pylori 感染の診断と治療のガイドライン2009改訂版 - 日本ヘリコバクター学会
http://www.jshr.jp/pdf/journal/guideline2009-2.pdf
  • 2. 写真
[display]http://pathol.ncc.go.jp/matsuno/images/matsuno-43.htm
  • 3. 写真
[display]http://user.shikoku.ne.jp/hirata/geca/sub48.html




マントル細胞リンパ腫」

  [★]

mantle-cell lymphoma, mantle cell lymphoma
暗殻細胞リンパ腫中間型リンパ球性リンパ腫 intermediate lymphocytic lymphoma外套層状リンパ腫 mantle zone lymphoma
悪性リンパ腫

概念

  • 成熟B細胞腫瘍の一種
  • 染色体転座t(11;14)(q13;q32)が認められる。
  • CD5を発現する。CyclinD1遺伝子の過剰発現は高頻度
  • 別名:MCL has been previously referred to as intermediate lymphocytic lymphoma, mantle zone lymphoma, centrocytic lymphoma, and lymphocytic lymphoma of intermediate differentiation

発生母地

  • Most MCL cases are postulated to derive from naïve pre-germinal center B cells of the mantle zone, while a subset of MCL may originate from marginal zone or peripheral blood memory B cells.

講義ノート

  • 中リンパ球
  • 核クロマチンは均一に濃縮し、核小体は不明瞭。核は軽度の不整とくびれ有り(convoluted cell)
  • マントル細胞リンパ腫は慢性リンパ性白血病と同様にCD5(+)のB細胞であるが、予後は大きく異なり、化学療法のCHOPが奏効しにくく、寛解率は10-40%。

細胞表面マーカー

sIg 細胞表面のIg
CD5 胸腺細胞、T細胞、B細胞のサブセット
CD10 B細胞やT細胞前駆体。骨髄間質細胞(bone marrow stromal cell) 。Zinc metalloproteinase, marker for pre-B acute lymphatic leukemia (ALL)
CD19 B-cell co-receptor: CD19+CD21+CD81
cyclin サイクリン依存性キナーゼ(CDK)の活性化サブユニット
*Bリンパ球のマーカーとされているもの CD10,CD19,CD20


発生母地

  • The malignant cell in mantle cell lymphoma is postulated to derive from a naive B-cell of follicle mantle or germinal center origin. This cell is distinct from both the recirculating B-cell of B-CLL/SLL and the later centrocyte of follicular lymphoma



-mantle-cell lymphoma


CD1」

  [★]

leucine-6, CD1A through E

種類

  • CD1a, CD1b, CD1c, CD1d

発現組織

  • 胸腺皮質、ランゲルハンス細胞、樹状細胞、B細胞(CD1c)、腸上皮、平滑筋、血管上皮(CD1d)

分子量

  • 43-49

機能

  • MHC class I-like molecule, associated with β2-microgloulin. Has specialized role in presentation of lipid antigens


CD」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「certificate of deposit / (また『C.D.』)Civil Defense民間防衛」


"http://meddic.jp/CD10" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡