CCK

出典: meddic

コレシストキニン cholecystokinin

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/11 10:23:08」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Reversal effects of pantoprazole on multidrug resistance in human gastric adenocarcinoma cells by down-regulating the V-ATPases/mTOR/HIF-1α/P-gp and MRP1 signaling pathway in vitro and in vivo.
  • Chen M, Huang SL, Zhang XQ, Zhang B, Zhu H, Yang VW, Zou XP.SourceDepartment of Gastroenterology, the Affiliated Drum Tower Hospital of Nanjing University, Medical School, Nanjing 210008, P.R. China.
  • Journal of cellular biochemistry.J Cell Biochem.2012 Jul;113(7):2474-87. doi: 10.1002/jcb.24122.
  • To investigate reversal effects of pantoprazole (PPZ) on multidrug resistance (MDR) in human gastric adenocarcinoma cells in vivo and in vitro. Human gastric adenocarcinoma cell SGC7901 was cultured in RPMI-1640 medium supplemented with 10% fetal bovine serum and antibiotics in a humidified 5% CO(2)
  • PMID 22396185
  • TLR3 dsRNA agonist inhibits growth and invasion of HepG2.2.15 HCC cells.
  • Chen L, Xu YY, Zhou JM, Wu YY, E Q, Zhu YY.SourceDepartment of Pathology, Nantong Tumor Hospital, Nantong, P.R. China.
  • Oncology reports.Oncol Rep.2012 Jul;28(1):200-6. doi: 10.3892/or.2012.1791. Epub 2012 Apr 30.
  • Toll-like receptor 3 (TLR3) is a pattern-recognizing receptor that is involved in immune signaling and plays a crucial role in survival by being able to recognize various viral components including double-stranded RNA (dsRNA). TLR3 expression and function in cance
  • PMID 22552584

和文文献

  • 長鎖脂肪酸はG蛋白共役性受容体GPR40を直接刺激してコレシストキニン(CCK)分泌を促進する
  • 千葉 勉,Liou Alice P.,Lu Xinping [他]
  • Review of gastroenterology & clinical gastroenterology and hepatology 6(2), 3-7, 2011-08
  • NAID 40018948591
  • CCKと関連疾患 (特集 内分泌器官としての消化管とその疾病--消化管ペプチドの意義と応用)
  • 宮坂 京子,舩越 顕博
  • 医薬ジャ-ナル 47(8), 93-98, 2011-08
  • NAID 40018939722

関連画像

Cck+cleaverCCK 90RO water pipe (CCK) CCK antibody) at dilution of 1:100 (under spelrum är CCK – cholecystokininCCK


★リンクテーブル★
リンク元神経伝達物質」「コレシストキニン」「cholecystokinin
拡張検索CCK-B receptor」「CCK-A受容体」「CCK-PZ
関連記事C」「CC

神経伝達物質」

  [★]

neurotransmitter (SP)
ニューロトランスミッター化学的伝達物質 化学伝達物質 chemical transmitter伝達物質 transmitter


概念

作用の方向で分類

  • 興奮性
アセチルコリン
グルタミン酸
  • 抑制性
GABA
グリシン

部位で分類

中枢神経 末梢神経
遠心性 求心性
グルタミン酸 アセチルコリン サブスタンスP
GABA ノルエピネフリン CGRP
グリシン (エピネフリン)
ドーパミン
エピネフリン
セロトニン
アセチルコリン
ヒスタミン
エンドルフィン
ノシセプチン

物質群別

アミノ酸 (SPC.76-78)

ペプチド (SPC.79)



コレシストキニン」

  [★]

cholecystokinin, CCK
コレシストキニン・パンクレオザイミン cholecystokinin pancreozymin CCK-PZ
パンクレオザイミン pancreozymin
消化管ホルモン胆嚢収縮物質
[show details]



まとめ

  • 小腸内タンパク質分解産物、酸、脂肪酸、アルコールが刺激となって、小腸のI細胞から分泌され、消化酵素に富む膵液を分泌させる。またオッディ括約筋を弛緩させ、胆嚢を収縮させて胆汁の分泌を促す。

分泌部位と細胞

作用

  • ↓:胃排出(First Aid step 1 p.269)
  • ↑:胃酸分泌(CBT QB vol2 p.295)

胆嚢

  • ↑:胆嚢を収縮 (SP.706)
  • ↑:胆嚢外分泌腺増加

胆膵管

  • ↑:膵液分泌(First Aid step 1 p.269)
  • ↑:外分泌腺増加

調節 (First Aid step 1 p.269)

  • 脂肪酸、アミノ酸

臨床関連

  • 胆石症
  • 脂肪摂取→CCK↑→胆汁↑→いたいっ



cholecystokinin」

  [★] コレシストキニン CCK

WordNet   license wordnet

「a gastrointestinal hormone that stimulates the secretion of pancreatic enzymes and the contraction and emptying of the gall bladder; its release is stimulated by the presence of fatty acids and amino acids in the small intestine」

CCK-B receptor」

  [★]

cholecystokinin B receptor

CCK-A受容体」

  [★]

CCK-A receptor
コレシストキニンA受容体コレシストキニンAレセプターCCK-Aレセプター


CCK-PZ」

  [★] コレシストキニンコレシストキニン・パンクレオザイミン


C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」

CC」

  [★]



"http://meddic.jp/CCK" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡