CAT

出典: meddic


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「clear air turbulence晴天乱流」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/22 01:31:53」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Antioxidant and immunomodulatory activity of selenium exopolysaccharide produced by Lactococcus lactis subsp. lactis.
  • Guo Y, Pan D, Li H, Sun Y, Zeng X, Yan B.SourceDepartment of Food Science and Technology, Jinling College, Nanjing Normal University, Nanjing 210097, China.
  • Food chemistry.Food Chem.2013 May 1;138(1):84-9. doi: 10.1016/j.foodchem.2012.10.029. Epub 2012 Nov 2.
  • Exopolysaccharide (EPS) was isolated and purified from Lactococcus lactis subsp. Lactis culture broth. Selenium chloride oxide (SeCl(2)O) was added to the EPS to synthesize selenium-exopolysaccharide (Se-EPS). The in vitro and in vivo antioxidant and in vivo immunomodulatory activity of EPS and Se-E
  • PMID 23265459
  • Protective effects of oligomeric and polymeric procyanidin fractions from defatted grape seeds on tert-butyl hydroperoxide-induced oxidative damage in HepG2 cells.
  • Kim Y, Choi Y, Ham H, Jeong HS, Lee J.SourceDepartment of Food Science and Technology, Chungbuk National University, Cheong-ju, Chungbuk 361-763, Republic of Korea.
  • Food chemistry.Food Chem.2013 Apr 15;137(1-4):136-41. doi: 10.1016/j.foodchem.2012.10.006. Epub 2012 Oct 17.
  • Oligomeric and polymeric procyanidins have been reported to possess different antioxidant capacities. However, the intracellular antioxidant mechanisms of oligomeric and polymeric procyanidins are still poorly understood. In this study, we evaluated the cytoprotective effects of the oligomeric procy
  • PMID 23200001
  • The effect of ursodeoxycholic acid on oxidative stress level and DNase activity in rat liver after bile duct ligation.
  • Sokolovic D, Nikolic J, Kocic G, Jevtovic-Stoimenov T, Veljkovic A, Stojanovic M, Stanojkovic Z, Sokolovic DM, Jelic M.SourceDepartment of Biochemistry, the University of Nis Medical School , Nis , Serbia.
  • Drug and chemical toxicology.Drug Chem Toxicol.2013 Apr;39(2):141-8. doi: 10.3109/01480545.2012.658919. Epub 2012 Mar 2.
  • Accumulation of hydrophobic bile acids (BAs) during cholestasis plays an important role in apoptosis initiation as well as oxidative stress increase in liver cells. Ursodeoxycholic acid (UDCA) acts as a protector in BA-induced cell injury.The aim of the study was to evaluate the effect of UDCA on ox
  • PMID 22385135
  • Abnormality of maternal-to-embryonic transition contributes to MEHP-induced mouse 2-cell block.
  • Chu DP, Tian S, Qi L, Hao CJ, Xia HF, Ma X.SourceReproductive and Genetic Center of National Research Institute for Family Planning, Beijing, China; Graduate School, Peking Union Medical College, Beijing, China.
  • Journal of cellular physiology.J Cell Physiol.2013 Apr;228(4):753-63. doi: 10.1002/jcp.24222.
  • Mono (2-ethylhexyl) phthalate (MEHP), an environmental contaminant, is known to cause many serious diseases, especially in reproductive system. However, little is known about the effect of MEHP on preimplantation embryo development. In this study, we found that the development of mouse 2-cell embryo
  • PMID 22949295

和文文献

  • UK VET翻訳 猫の跛行(6)炎症性関節炎
  • Perry Karen L,德永 暁 [訳]
  • J-vet : jounral for veterinary practitioner 28(8), 64-73, 2015-08
  • NAID 40020560787
  • 同じ猫からの感染と考えたCat Scratch Diseaseの確定診断例と疑い例 (特集 細菌感染症)
  • 仲 優,常深 祐一郎,川島 眞
  • 皮膚科の臨床 57(9), 1407-1410, 2015-08
  • NAID 40020554826
  • 低炭素型社会を実現する革新的な油圧技術 : ハイブリッド油圧ショベルCat 336EH/336ELH (特集 油空水圧を利用したハイブリッド技術)
  • ≪Research Note≫ An Analysis of Effectiveness of TOEIC Practice with Computer Adaptive Testing (u-CAT) as a Web-Based CALL System
  • Sato Yasuko
  • 新潟国際情報大学国際学部紀要 0(創刊準備号), 91-96, 2015-07-01
  • … This paper investigates the effects of TOEIC practice with a Web-Based CALL System, which is called u-CAT (you, university, and ubiquitous Computer Adaptive Testing) as the way to enhance a student's motivation and to improve his/her scores. … This author will define u-CAT as it is used in the Business English I to VI courses at Niigata University of International and Information Studies. … This paper examines the pros and cons of u-CAT in the International Business English courses. …
  • NAID 120005625099

関連リンク

300を超える機械からなる製品ラインを揃えたCaterpillarでは、常に変化するお客様のニーズに対応するため、製品ラインを定期的に更新し、製品の改良を続けています。
NEWS 2016年9月26日 Press 「日本キャタピラー合同会社」2017年上期発足 2016年9月20日 イベント 「第48回管工機材・設備総合展」に出展 2016年9月15日 新製品 Cat テクノロジ搭載の油圧ショベル Fシリーズを新発売 2016年9月15日 新製品 ...
CAT USED TELESCOPES : - 中古 天体望遠鏡,中古 双眼鏡,中古 天体用カメラ,中古 書籍類/ソフト,中古 カメラ,中古 天文以外の商品,新品 天体望遠鏡,新品 双眼鏡,新品 その他,ecommerce, open source, shop, online ...

関連画像

CatFile:Turkish Van Cat.jpgCat wallpapersCat Wallpaper 2Facebook Twitter Google Buzz StumbleUpon Cat wallpapers0Cat Sad Annoyed Wallpapers Pictures Photos


★リンクテーブル★
先読みchloramphenicol acetyltransferase」「congenital amegakaryocytic thrombocytopenia
リンク元慢性閉塞性肺疾患」「コンピュータ断層撮影」「細胞異型」「先天性無巨核球性血小板減少症」「クロラムフェニコールアセチル基転移酵素
拡張検索ACAT」「LCAT」「CATアッセイ」「CATCH 22 syndrome」「SCAT
関連記事cat」「C」「CA

chloramphenicol acetyltransferase」

  [★] クロラムフェニコールアセチルトランスフェラーゼ

congenital amegakaryocytic thrombocytopenia」

  [★] 先天性無巨核球性血小板減少症

慢性閉塞性肺疾患」

  [★]

chronic obstructive pulmonary disease, COPD
chronic obstructive lung disease COLD
慢性気道閉塞
  • 日本語訳としての「慢性閉塞性肺疾患」より「COPD」を使用することが勧められている

概念

  • 1.
  • 「COPD とは有毒な粒子やガスの吸入によって生じた肺の炎症反応に基づく進行性の気流制限を呈する疾患である.この気流制限には様々な程度の可逆性を認め、発症と経過が緩徐であり、労作性呼吸困難を生じる」疾患
  • 完全に可逆性ではない気流制限が特徴 ← 気管支喘息ではβ2受容体作動薬により気流制限の改善をみる。
  • 2. ICU.387
  • 慢性気管支炎や肺気腫により常に気道閉塞(一秒率:一秒量FEV1/努力肺活量FVC<70%)に陥っている病態で、気管支拡張薬に対する反応は乏しく、症状(呼吸困難)が恒常的・慢性的である。

疫学

  • 患者の9割が喫煙者

病因

参考1

臨床上のリスク因子

  • 喫煙
  • 気道の過敏性
  • 環境からの暴露
  • アトピー体質
  • 抗酸化物質の欠乏
  • 気管支肺低形成
  • 結核

遺伝形式

症状

身体所見

  • 視診
  • 打診上、鼓音
  • 聴診上、呼吸音減弱、呼気延長

検査

  • 血液ガス検査
  • PaO2:低下
  • PaCO2:上昇
  • A-aDO2:上昇
  • 呼吸機能検査
  • %VC:軽度の肺気腫においては時に正常より増えていることがあるが、進行した肺気腫においては低下する。(093E019)
  • %DLCO:肺胞領域の破壊により拡散能低下
  • 胸部単純X線写真:
  • 肺肝境界の下降、肺の過膨張、
  • 気管短縮(輪状軟骨上縁から胸骨上炎までが4-5cm未満に短縮していることがある、らしい)(出典不明、機序不明)
  • 胸部CT


診断

  • スパイロメータの結果による
呼吸器学会ガイドライン
  • 1. 気管支拡張薬投与後のスパイロ検査で、FEV1/FVC<70%
  • 2. 他の気流制限を来しうる疾患を除外する

鑑別診断

評価法

  • mMRC(the Modified British Medical Research Council):日常生活に対する呼吸困難(息切れ)の影響を測定
  • CAT(COPD assessment test):COPDの症状やQOLに関する8項目を0〜40点で評価
  • IPAG(International Primary Care Airways Group):COPD 関連症状と危険因子を測定
  • BODE指数:予後評価
  • ADO指数:予後評価

治療

病期分類

ガイドライン1
  • 0期:リスク群:慢性症状(咳嗽・喀痰):(a) 禁煙、インフルエンザワクチン接種(肺炎球菌ワクチンはガイドライン上では推奨されていないが(COPD増悪予防に対する効果が証明されなかった?)、接種した方がよいとする意見がある)
  • I期:軽症:80%≦%FEV1:(a)。(b) 必要に応じ短時間作用型の気管支拡張薬を使用。
  • II期:中等症:50%≦%FEV1<80%:(a)。(b)。(c) 呼吸リハビリテーション、長時間作用型気管支拡張薬の定期的使用
  • III期:重症:30%≦%FEV1<50%:(a)。(b)。(c)。(d) 吸入ステロイド薬の考慮(増悪を繰り返す)
  • IV期:最重症:%FEV1<30%または%FEV1<50%かつ慢性呼吸不全あるいは右心不全合併:(a)。(b)。(c)。(d)。(e) 長期酸素療法、外科的治療の考慮

安定期の治療

治療のmodality:薬物療法、包括的呼吸リハビリテーション、患者教育、栄養管理、酸素療法、換気補助療法、肺容量減量手術、肺移植、在宅管理

急性増悪

  • COPDの急性増悪や重症度の分類には定説はない (ガイドライン1)
  • COPDの急性増悪とは「病態が日内変動を超えて悪化し、日常施行していた治療内容を変更せざるを得ない状態」(呼吸器疾患最新の治療2004-2006 p.267)
  • 原因:気道感染と大気汚染が最多。1/3は原因不明。

COPDの急性増悪

定義

  • COPDの自然の進行の中で起きる現象で、呼吸困難、咳嗽、喀痰といった症状が日常の変動を超えて増悪したもの

入院適応

  • 突然の安静時呼吸器困難の出現など、症状の顕著な増悪
  • 基盤にあるCOPDが重症(III度,IV度)
  • 新たな身体所見の発言
  • 増悪に対する初期治療に反応しない
  • 重大な合併症の存在
  • 頻回の増悪
  • 新たに発生した不整脈
  • 診断が不確実な例
  • 高齢者
  • 不十分な住宅サポート


modality (ガイドライン1)
  • 気管支拡張薬吸入の容量/回数の増加(例えば、短期間作用型β2刺激薬が用いられる)
  • ステロイドの全身投与(経口/静脈注射):増悪からの回復、肺機能の回復までの時間を短縮する
  • (喀痰から感染症が疑われる場合)抗菌薬の投与
  • 外来 :経口ペニシリン系薬、ニューキノロン系薬
  • 入院例:注射用β-ラクタム系薬/β-ラクタマーゼ阻害薬、第3,4世代セフェム系薬、カルバペネム系薬、ニューキノロン系薬

病原体

予後

参考

  • 1. [charged] Chronic obstructive pulmonary disease: Risk factors and risk reduction - uptodate [1]

ガイドライン

  • 1. COPD診断と治療のためのガイドライン第2版
http://www.jrs.or.jp/quicklink/glsm/guideline/nopass_pdf/copd_summary.pdf

国試




コンピュータ断層撮影」

  [★]

computed tomography CT, computerized tomography
CTスキャン CT scanコンピューター断層撮影コンピュータ断層撮影法
コンピュータ体軸断層撮影 computed axillar tomography computerized axial tomography CAT、axial computed tomography、computerized trans axial tomography、
X線CT X-ray computed tomography X-CT、CT-scanner

CT値

  • 水:0、空気:-1000とした。脂肪は-100程度。
  • 血腫:40-95 > 灰白質:36-46 > 白質(脂質richだから?):2-32

脳のCT, MRIの比較

  CT MRI
T1 T2
灰白質 high low high
白質 low high low
CSF low low high
血液 high void void

脳出血とCT/MRI




細胞異型」

  [★]

cellular atypia CAT
異型性構造異型組織異型異型
  • 細胞や核の大きさ、形、染色性などの正常からの偏りを表す異型性 (EPT.76)
  • 核腫大
  • クロマチン増量
  • クロマチン不均衡
  • 大型核小体
  • 核形不整
  • 核溝
  • 核膜肥厚
  • 核内封入体
  • 核明胞化
  • N/Cの上昇
  • 多核化
  • 異常角化
  • 核の大小不同(多形性)


先天性無巨核球性血小板減少症」

  [★]

congenital amegakaryocytic thrombocytopenia, CAT, CAMT
血小板減少症

参考

  • 1. AMEGAKARYOCYTIC THROMBOCYTOPENIA, CONGENITAL - OMIM
Gene map locus 1p34
[display]http://omim.org/entry/604498
  • 2. wiki en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Congenital_amegakaryocytic_thrombocytopenia


クロラムフェニコールアセチル基転移酵素」

  [★]

chloramphenicol acetyltransferaseCAT
クロラムフェニコールアセチルトランスフェラーゼ


ACAT」

  [★]

acyl-CoA:cholesterol acyltransferase
Cholesterol acyltransferase
acy卜CoA, xholestero1


LCAT」

  [★] レシチン・コレステロールアシルトランスフェラーゼ lecithin cholesterol acyltransferase

CATアッセイ」

  [★] クロラムフェニコールアセチルトランスフェラーゼ


CATCH 22 syndrome」

  [★] 22q11.2欠失症候群CATCH22症候群


SCAT」

  [★]

Sport Concussion Assessment Tool


cat」

  [★]

  • n.
domestic catFelidaefelineFelisFelis catusocelot

linux

  • 1. ファイル内容表示(windows -> type)
  • 2. splitで分割したファイルの結合
cat sophos1.* > newfile.png
cats, toxoplasmosis

WordNet   license wordnet

「beat with a cat-o''-nine-tails」

WordNet   license wordnet

「feline mammal usually having thick soft fur and no ability to roar: domestic cats; wildcats」
true cat

WordNet   license wordnet

「a spiteful woman gossip; "what a cat she is!"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『猫』;(ライオン,トラ,ヒョウなどの)ネコ科の動物」

C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」

CA」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「California」


"http://meddic.jp/CAT" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡