C6不活性化因子

出典: meddic

C6 inactivator C6 INA
S蛋白質 S protein


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

補体系は血液中の多数の小タンパク質からなり、それらは通常不活性な酵素前駆体の 形で循環している。 ... さらに、C1~C9の補体タンパク質以外にB因子、D因子などを 含めた16種類のタンパク質、液性(血液中にある)の5つの調節因子(I因子、H因子、 C4Bp、C1抑制因子、properdin)、細胞膜上の4種類の調節 ... C1→C4→C2→C3b→ C5b』まで活性化され、あとはC5bにC6~が次々と結合、最終的にC5b6789にまでなる 。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事C」「C6」「活性化」「不活性」「活性

C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」

C6」

  [★]

補体成分

補体第六成分 sixth component of complement
補体

脊椎

第6頚椎、第6頚椎、
  • 気管支:C6椎体-T5椎体


活性化」

  [★]

activationactivateturn onactivated
賦活賦活化活性化型オンにする



不活性」

  [★]

inactivityinactiveinertnoble
非活動期

活性」

  [★]

activity
活性度活動性活量活動




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡