C4

出典: meddic

complement 4, complement component 4
補体第四成分 fourth component of complement
補体


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/14 19:34:16」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Quantification of pediatric and adult cervical vertebra-anatomical characteristics by age and gender for automotive application.
  • Parenteau CS1, Wang NC, Zhang P, Caird MS, Wang SC.
  • Traffic injury prevention.Traffic Inj Prev.2014 Aug 18;15(6):572-82. doi: 10.1080/15389588.2013.843774.
  • Objective: The cervical anatomy has been shown to affect injury patterns in vehicle crashes. Characterizing the spine anatomy and changes associated with growth and gender is important when assessing occupant protection. In this study, selected cervical characteristics were quantified. Methods: Comp
  • PMID 24625249
  • Carbon isotope ratio (13C/12C) of pine honey and detection of HFCS adulteration.
  • Çinar SB1, Ekşi A2, Coşkun İ3.
  • Food chemistry.Food Chem.2014 Aug 15;157:10-3. doi: 10.1016/j.foodchem.2014.02.006. Epub 2014 Feb 13.
  • Carbon isotope ratio ((13)C/(12)C=δ(13)C) of 100 pine honey samples collected from 9 different localities by Mugla region (Turkey) in years 2006, 2007 and 2008 were investigated. The δ(13)Cprotein value of honey samples ranged between -23.7 and -26.6‰, while the δ(13)Choney value varied between
  • PMID 24679745
  • On the origins of the absorption spectroscopy of pterin and Re(CO)3(pterin)(H2O) aqueous solutions. A combined theoretical and experimental study.
  • Wolcan E.
  • Spectrochimica acta. Part A, Molecular and biomolecular spectroscopy.Spectrochim Acta A Mol Biomol Spectrosc.2014 Aug 14;129:173-83. doi: 10.1016/j.saa.2014.03.022. Epub 2014 Mar 24.
  • The origins of the absorption spectroscopy of pterin and Re(CO)3(pterin)(H2O) complex as a function of pH is studied using the hybrid functional B3LYP and PBE0 in combination with 6-311++G(d,p) and LanL2TZ(f) basis sets. A natural bond analysis was performed to the principal molecular orbitals invol
  • PMID 24727177

和文文献

  • 気管支肺胞洗浄で新型インフルエンザH1N1を認めた迅速検査陰性の重症肺炎の1例
  • 宗雪 年孝,松本 建志,島田 裕司,樋口 敬和,加計 正文,井野 隆史,石田 岳史
  • 自治医科大学紀要 33, 155-160, 2011-03-01
  • 症例は71歳女性。2009年11月上旬, 38.5℃の発熱を生じ,近医を受診。鼻腔拭い液によるインフルエンザ迅速診断キットで陰性にて抗菌薬を処方され帰宅。しかし,翌日より呼吸困難が出現し,4日後重症肺炎のため当センター紹介入院。インフルエンザ迅速診断キットで再検したが再度陰性であった。気管支鏡検査を施行し,気管支肺胞洗浄液のリアルタイムPCR法(realtime-reverse transcrip …
  • NAID 110008507495
  • Thrombin Activates Ca2+-permeating Nonselective Cation Channels through Protein Kinase C in Human Umbilical Vein Endothelial Cells
  • Natsuko TSUJINO,Tsutomu NAKADA,Kiyotaka TSUBOUCHI,Masaaki KOBAYASHI,Yoshiko KAWAI,Shiharu YANO,Tamihide MATSUNAGA,Masamichi HIROSE,Shigeru OHMORI,Toshio OHHASHI,Mitsuhiko YAMADA
  • 信州医学雑誌 59(1), 13-26, 2011-02-10
  • We analyzed Ca-permeating nonselective cation channels (NSCs)mediating thrombin-induced contraction of human umbilical vein endothelial cells (HUVECs). A Ca chelater, BAPTA-AM (10μM), significantly in …
  • NAID 120002771794

関連リンク

シトロエン各モデルのラインナップ、全国のディーラーなどシトロエン関連情報をご紹介します。
独創性を受け継ぎ、さらに進化したNEW CITROEN C4。躍動感あふれるスタイル。磨き抜かれたパフォーマンス。時代のニーズに応えた低燃費など、あふれだすポジティブパワーがかつてない感動とドライビングプレジャーを実現します。
「Crazy Monsters」~七夕祭り 2014~ 出 演 ・Crack6 ・THE MICRO HEAD 4N'S ・ALvino ・C4 ・Dacco 公演名:「Crazy Monsters」~七夕祭り 2014~ 公演日:2014年7月5日(土) 会 場:新宿BLAZE 開 場:16:00 開 演:16:30

関連画像

Citroën C4 se suma a la política de For better or for worse, the new C4's nového Citroënu C4 vyzařuje Citroen C4 Car SpecificationsFirst look at the 2011 Citroën C4 del Citroën C4 2011 Airdream Exclusive


★リンクテーブル★
先読み補体第四成分
国試過去問096D036
リンク元100Cases 34」「補体」「蛋白分画」「βグロブリン」「C4結合蛋白質
拡張検索補体C4」「complement C4」「complement C4b-binding protein
関連記事C

補体第四成分」

  [★]

complement C4C4 complementcomplement 4
補体C4


096D036」

  [★]

  • 16歳の男子。眼瞼浮腫全身倦怠感とを主訴に来院した。
  • これまで健康診断で異常を指摘されたことはない。2週前に上気道炎に罹患し、4日前から急に眼瞼の浮腫と全身倦怠感とが出現した。血圧148/92mmHg。眼瞼と下腿とに浮腫を認めるほかに身体所見に異常はない。尿所見:蛋白3+、糖(-)、潜血3+、沈渣に赤血球多数/1視野、赤血球円柱20~30/1視野を認める。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.8g/dl、クレアチニン1.5mg/dl。免疫学所見:ASO 640単位(基準250以下)、抗核抗体陰性、C3 12mg/dl(基準55~112)、C4 5mg/dl(基準16~51)。腎生検組織のH-E染色標本と蛍光抗体法抗C3染色標本とを以下に示す。
  • 考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096D035]←[国試_096]→[096D037

100Cases 34」

  [★]

☆case34 てんかん発作
症例
23歳 アフリカ-カリブ系 女性 銀行の店員
主訴てんかん発作
現病歴強直間代発作を2回起こしたところを母親が目撃していた。娘の行動次第におかしくなり、また娘は自分のことを話している声が聞こえていた(幻聴)。最近頭痛を訴えていた。体重が減少し、脱毛があった。盗汗と主に足と手の小関節に及ぶflitting 関節痛を訴えていた。服用薬なし。タバコ1日5-10本、アルコール10 unit/week(缶ビール(350ml)6本弱)
既往歴:特記なし(medical or psychiatric history)
家族歴
生活歴:
・身体診断
意識:眠そうだが痛みに反応頚部硬直:なし。頭髪:薄く斑状体温38.5℃。リンパ節:たくさんの部位で触知。
心拍:104/分、整。血圧:164/102 mmHg心血管系呼吸器系腹部:異常なし。
神経所見focal anormalityなし(局所性異常)。乳頭浮腫:認めず。
検査
(血液生化学)
上昇erythrocyte sedimentation rateureacreatinine
低下:hemoglobinwhite cell countplatelet
正常mean corpuscular volumesodiumpotassiumglucose
(腰椎穿刺)
上昇leukocytesCSF protein
正常CSF glucose
(尿検査)
蛋白:+++。血尿:+++。赤血球:++。赤血球円柱:あり。
(その他)
胸部X線:異常なし。ECG洞性頻脈頭部CT正常CSFグラム染色陰性(光顕レベル細菌なし)
glossary
fall out (毛髪などが)抜ける
night sweat 盗汗、寝汗
tonic-clonic generalized seizure 全般性強直間代発作
flit vi (鳥・蝶など)すいすい/ひらひら飛ぶ、飛び回る、飛翔する。(人が)軽やかに通る、行き交う。(時が)(飛ぶように)すぎる。(幻想など)去来する、よぎる、(表情が)かすめる
drowsy adj. 眠い。眠そうな。眠気を誘う。ものうい。眠ったような
stiffness n. 堅いこと、堅ぐるしさ、がんこさ
delirium tremens 振戦譫妄
hypertensive encephalopathy血圧性脳症
alopecia 脱毛
African-Caribbean アフリカ-カリブ系
fit n. (病気の)発作。引きつけ、痙攣。(感情の)激発、一時的興奮、気まぐれ
chorea n. 舞踏病
recreational drug 耽溺性があり乱用される脱法薬物
urgent adj. (物・事が)急を要する、緊急の、背拍質(pressing)。(~を)緊急に必要とする(in)。(S is ~ (with O1) for [in] O2)(人が)(O1(人)に)O2(物・事)をしつこく求める。(人に/~するように)催促する(for/to do)。(要求などが)執拗な。
てんかん発作
・新規発生したてんかん発作原因(ICU.805-806)
薬物中毒(テオフィリンなど)
薬物からの離脱(アルコールなど)
感染症(髄膜炎膿瘍など)
頭部外傷
虚血障害(虚血あるいはびまん性)
・占拠性病変(腫瘍あるいは血腫)
代謝性障害(肝性脳症尿毒症性脳症敗血症低血糖、低ナトリウム血症、低カルシウム血症など)
合併症(ICU.805-806)
全身性てんかん発作場合:高血圧乳酸アシドーシス、高体温呼吸障害誤嚥肺水腫横紋筋融解自傷不可逆性神経学的障害(30分間以上てんかん発作持続した場合)
可能性の高い診断
 全身性エリテマトーデス systemic lupus erythematosus(SLE)
■鑑別診断ポイント
 自己免疫疾患多彩症状を示す。そのため、個々の症状着目して鑑別診断をあげるのではなく、症状検査値の異常を総合的に見て判断する必要がある。
解答
 (第1パラグラフ)SLE病態
精神症状:(SLEは脳で血管炎を呈することで生じる)うつ(depression)、統合失調症様の精神病痙攣(fits)、舞踏病(chorea)、脳梗塞/脊髄梗塞
脳脊髄液:白血球増多(leukopenia)、蛋白増加
血液:自己免疫性溶血貧血(Coombs'-positive hemolytic anemia)がありうる。白血球減少血小板減少症普通にみられる。
症状ループス腎炎普通に見られ、顕微鏡的血尿タンパク尿、ネフローゼ、あるいは腎不全が現れるかもしれない。
関節症状変形を伴わない関節痛(PIP関節(近位指節間関節)、MP関節(中手指節関節)、手関節)
 (第2パラグラフ)SLEの確定診断のための検査治療
 ・すぐにすべきことは降圧薬、抗痙攣薬の投与
 ・確定診断のために次の検査を行っていく(もっとも症例提示された所見で(日本の?)SLE診断基準を満たすけど)
  ・検疫血清検査:抗DNA抗体C3C4
  ・腎生検ループス腎炎程度把握
 ・治療活動性感染がないことを確認 ← 薬物療法ではステロイド免疫抑制薬を使うため
  ・ステロイド静脈内投与、あるいはシクロホスファミドなどの細胞毒性薬(cytotoxic agents)の投与
  ・重症治療抵抗性だったら血漿交換を行う。
■鑑別診断 頭痛/精神病的様態(psychiatric features)/痙攣
髄膜炎脳炎
レクリエーショナルドラッグ中毒(例えばコカイン)
・脳腫瘍
急性アルコール禁断症状振戦譫妄
・高血圧脳症
■KEYPOINT
SLEは特に若いアフリカ系-カリブ系に普通一般的
SLEでは主に神経症状と精神症状をを伴って現れることがある
・白血球低下と血小板の低下はしばしばSLE示唆する
tonic-clonic seizure 強直間代発作
 意識消失とともに全身随意筋強直痙攣が生じ(強直痙攣tonic convulsion)、次いで全身の筋の強直弛緩とが律動的に繰り返される時期(間代痙攣clonic convulsion)を経て、発作後もうろう状態を呈する一連発作
□350ml アルコール5%
350x0.05/10=1.75 unit
細胞毒性薬
 免疫抑制薬や抗腫瘍薬として用いられる。
antimetabolites
アザチオプリン azathioprine
メトトレキセート methotrexate
ミコフェノール酸 mycophenolic acid, ミコフェノール酸モフェチル mycophenolate mofetil
レフルノミド leflunomide
alkylating agents
シクロホスファミド cyclophosphamide


補体」

  [★]

complement
アレキシン alexin
補体活性化経路補体価


  • 図:IMM.63
pathway start first step
classical pathway antigen-antibody complex C1q, C1r, C1s, C4, C2
lectin pathway mannose-binding lectin or ficolin binds carbohydrate on pathogen surface MBL/ficolin, MASP-2, C4, C2
alternative pathway pathogen surface C3, B, D

補体の相互作用 IMM.62

  • C1qがカスケードの最初となる。3つの方法で補体カスケードがはじまる。
  • (1)多価陰イオン表面(例えば、グラム陰性細菌のリポテイコ酸)
  • (2)バクテリアの多糖のホスホコリンに結合(例えば肺炎球菌のC蛋白質)
  • (3)抗原抗体複合体に結合して自然免疫と獲得免疫のエフェクター機構を結びつける。
  • 炭化水素鎖を認識するレクチンがカスケードの最初となる。
  • C3からはじまる。血漿中のC3が病原体の表面で自発的に活性化されることで補体反応がはじまる。
3つの経路は共通してC3 convertaseを生成。C3 convertaseはC3→C3a+C3b
C3a: C3a is a peptide mediator of local inflammation
C3b: C3b binds covalently to the bacterial cell membrane and opsonizes the bacteria
C5 convertaseはC3bにC3 convertaseが結合してできる
C5 converaseはC5→C5a+C5b
C5a: powerful peptide mediator of inflammation
C5b: C5b,C6,C7,C8,C9: membrane-attack complex

C3aとC5a。C4a

炎症部位に血管外に抗体、補体、食細胞を集め、組織液を増やすことで抗原提示細胞がリンパ節に移動するのを促進する(IMM.75)
  • C5a,C3a,C4a: smooth muscle contraction.(IMM.75)
  • C5a,C3a: act on the endo thelial cells lining blood vessels to induce adhesion molecules.(IMM.75)
  • C5a>C3a>C4a: increase in blood flow, increase vascular permeability, increase binding of phagocytes to exdothielial cells.(IMM.76)
  • C5a: activates mast cells to release mediators, such as histamine and TNF-α. that contribute the inflammatory response(IMM.76).
  • C5a: acts directly on neutrophils and monocytes and attracting neutrophils and monocytes(IMM.75)
  • C3a: contributes to the pypotension and edema seen in endotoxic shock
  • C5a: activated by endotoxin, funcions in neutrophil chemotaxis

C5a

臨床関連

  • 増加:



蛋白分画」

  [★]

protein fractionation, PR-F
血清蛋白分画 血清タンパク分画 serum protein fractionation serum protein fraction
  • 表:(血漿蛋白)LAB.473 「蛋白分画.xls」


概念

  • 血清蛋白は電気泳動法により分画すると、易動度の大きい順にアルブミン、α1、α2、β, γグロブリンの5分画に分かれる。これらの分画が蛋白分画と呼ばれる?

Alb

α1分画

α2分画

β分画

β-γ分画

血漿蛋白分画では出現する。

γ分画

  • IgG(150kDa)

血漿蛋白分画

LAB.474
分画 蛋白質 分子量
プレアルブミン トランスサイレチン 55 kDa
アルブミン アルブミン 66.5 kDa
α1 α1-酸性糖タンパク 40 kDa
α1-アンチトリプシン 54 kDa
α1-リポ蛋白 13-36x10^4 kDa
Gc-グロブリン 54 kDa
α1-α2 セルロプラスミン 132 kDa
α2 α2-マクログロブリン 725 kDa
ハプトグロビン 100-400kDa
pre βリポ蛋白(VLDL) 19.6x10^6 kDa
β βリポ蛋白(LDL) 2-3x10^6 kDa
トランスフェリン 79.6 kDa
ヘモペキシン 57 kDa
C3 180 kDa
C4 210 kDa
β~γ フィブリノゲン 334 kDa
γ IgG 160 kDa
IgA 160 kDa
SIgA(2IgA+SC+J) 385 kDa
IgM 971 kDa
CRP ~120kDa


基準値

泳動の方向 分画 出典不明 2007年後期血液 覚えやすく
アルブミン 60.5-73.2% 4.9- 5.1 g/dL 60-70% 65%
α1グロブリン 1.7-2.9% 0.11-0.23 g/dL 2-3% 2.5%
α2グロブリン 5.3-8.8% 0.38-0.73 g/dL 5-10% 7.5%
βグロブリン 6.4-10.4% 0.58-0.62 g/dL 7-12% 10%
γグロブリン 11-21.1% 1.15-1.25 g/dL 10-20% 15%

疾患と蛋白分画の変化



βグロブリン」

  [★]

β-globulin, β globulin beta-globulin beta globulin
β globulinum
β分画 beta fraction
  • 血中で小腸から吸収したビタミンB12と結合し、組織に運ぶ (SPC. 280)



C4結合蛋白質」

  [★]

C4-binding protein, C4-bp, C4BP
C4補体



補体C4」

  [★]

complement C4C4 complementcomplement 4
補体第四成分


complement C4」

  [★]

補体C4補体第四成分

C4 complementcomplement 4


complement C4b-binding protein」

  [★]

補体C4b結合タンパク質

C4bp


C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」


"http://meddic.jp/C4" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡