C細胞過形成

出典: meddic

C-cell hyperplasia
甲状腺髄様癌

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 細胞診で多発を推定しえた甲状腺髄様癌
  • 加藤 哲子,殿岡 幸一,遠藤 泰志,本山 悌一
  • 日本臨床細胞学会雑誌 39(1), 46-51, 2000-01-22
  • NAID 110001226129
  • ジラムの F344 ラットおよびビーグル犬における慢性毒性に関する研究
  • 真板 敬三,榎本 秋子,中島 信明 [他],吉田 敏則,杉本 加代子,桑原 真紀,原田 孝則
  • 日本農薬学会誌 22(3), 193-207, 1997-08-20
  • … 前胃角化亢進, 甲状腺の濾胞上皮過形成, 坐骨神経および下腿筋の変性・萎縮および脛骨骨端板の閉鎖不全が観察された.また, 組織病変の減少が雌雄の心臓, 肝臓および腎臓の加齢性病変, 雄の甲状腺C細胞過形成, および雌では乳腺腫瘍と過形成に認められ, さらに, 下垂体腫瘍の減少が雄の全投与群で観察された.イヌでは5.0mg/kg/日群で持続性の下痢・軟便とALP, GOTおよび総コレステロールの増加がみられた.以上の結 …
  • NAID 110001712999

関連リンク

甲状腺は2つの異なる細胞で構成されています。ろ胞細胞とカルシトニン産生細胞(C細胞)です。ろ胞細胞は甲状腺の大部分を占め、甲状腺ホルモンを産生します。甲状腺ホルモンは全身の代謝、成長、精神機能の調節に重要な役割を ...
... 甲状腺ニハ図(多発性内分泌腺腫瘍症2-3 b)ノヨウニC細胞ノ数ガ増エテイル状態(C細胞過形成ト呼ビマス)ヤ、サラニ進展シテ 図(多発性内分泌腺腫瘍症2-3 c)ノヨウニ甲状腺髄様癌トナッタ所見ガミラレマス。 マウスノ副腎被膜 ...
高津整体院ホーム > 人体各部位の名称・用語集 > 用語集 > 過形成(増殖) 過形成(増殖) 過形成(増殖)とは、細胞分裂により細胞数が増えたり、線維が増えたりして、組織の構成成分の数が増え ...

関連画像

過形成の画像 - 原寸画像検索過形成性ポリープ2次性副甲状腺過形成ミクロ像 4)基底細胞過形成 Basal cell 濾胞辺縁帯の過形成性病変との 過形成』の画像を検索


★リンクテーブル★
先読み甲状腺髄様癌
リンク元甲状腺
関連記事C」「形成」「過形成」「Cs」「Cd

甲状腺髄様癌」

  [★]

medullary thyroid carcinoma MTCmedullary carcinoma of thyroid, thyroid medullary carcinoma
甲状腺C細胞癌、thyroid C-cell carcinoma
アミロイドーシス甲状腺腫瘍甲状腺癌


概念

疫学

  • 甲状腺悪性腫瘍の5~10%? 甲状腺癌の1-2%(YN.D-41)
  • 男女比はほぼ1:1  男女比=1:2(YN.D-41) 
  • 発症年齢は30歳代と50歳代がピーク

病型

  • 家族性
  • 散発性

病因

  • RET遺伝子の点突然変異
  • 常染色体優性遺伝疾患の多発性内分泌腫瘍症2A型,同2B型とおなじ

病理

  • 腫瘍細胞の多様な像
  • 類円形から多角形のさまざまな形態をとる腫瘍細胞が、シート状、胞巣状、島状あるいは管状、濾胞状、乳頭状の構造を呈する
  • 間質のアミロイド沈着

病態

進展様式

  • リンパ行性が多く、血行性もある。

症状

  • 甲状腺腫脹

検査

  • 血液生化学
  • シンチグラム
  • 131I-MIBGによるシンチ:腫瘍に集積

合併症

予後

  • 10年生存率:60%

参考

  • 1. [charged] Clinical manifestations and staging of medullary thyroid cancer - uptodate [1]
  • 2. [charged] Treatment of medullary thyroid cancer - uptodate [2]
  • 3. [charged] Chemotherapy and immunotherapy for medullary thyroid cancer - uptodate [3]


甲状腺」

  [★]

thyroid gland
glandula thyroidea
甲状腺ホルモン副甲状腺(上皮小体)
喉頭
  • 図:N.24(全面の筋),25(全面の筋),70(血管),71(血管)

解剖学

部位

性状

  • 成人の正常重量15-25g、女性の方が少し重い。妊娠中や性周期で重量が変化する。分泌期初期(early secretary phase排卵後2-5日目)には50%も重量が増加する。

大きさ

よくわかる甲状腺疾患のすべて 永井書店 (2004/01) ISBN 481591673X
単位はmm?
  n 峡部 横断厚 横径 縦経(右) 縦経(左)
男性 34 1.8±0.6 18±3.0 48±4.8 49±3.7 49±3.8
女性 16 1.3±0.8 16±2.2 46±3.6 45±6.0 46±3.0

血管

動脈

静脈

神経

声帯を支配する神経が甲状腺の裏側を通過 N.71

画像

  • 超音波検査
  • (高エコー)筋肉>甲状腺>気道(低エコー)  ← 要確認

組織学

濾胞上皮細胞 follicular cell

  • 甲状腺ホルモンを産生、分泌。

C細胞 C cell

  • 成人甲状腺全体の0.1%を占める
  • カルシトニン産生細胞、HEでは判別困難。
  • 銀染色(Glimerius)、免疫組織化学(chromogranin A、synaprophysin, carcitoninなど)により明らかとなる。
  • 電顕では、electron dense な顆粒を有する(神経内分泌顆粒)。

機能

発生

神経支配

  • 上頚部交感神経節、中頚部交感神経節。交感神経神経線維は濾胞近傍に終末し、分泌に影響を及ぼす。

臨床関連

非腫瘍性疾患

  • 1. 遺伝疾患、発達傷害
  • mynocyclineによるblack thyroid:消耗性色素リポフスチンと他の物質(lipid-drug complexによりlysosomeに色素が沈着する)。
  • 4. 感染
  • 5. 自己免疫性甲状腺疾患

腫瘍性疾患 (甲状腺腫瘍)

  • 1. 良性腫瘍
  • a) 濾胞腺腫 follicular adenoma
  • 2. 悪性腫瘍 悪性腫瘍中の頻度)
  • a) 乳頭癌 papillary carcinoma 88%
  • b) 濾胞癌 follicular carcinoma 4.2% 甲状腺濾胞癌 thyroid follicular carcinoma
  • c) 低分化癌 poorly differentiated carcinoma
  • d) 未分化癌 undifferentiated carcinoma 1.5%
  • e) 髄様癌(C細胞癌) medullary carcinoma, C-cell carcinoma 1.4%
  • f) 悪性リンパ腫 malignant lymphoma 3.5%


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

分類






C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」


形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


過形成」

  [★]

hyperplasia
増殖 production
肥大、増殖症、増生ハイパーモルフ hypermorph



Cs」

  [★] セシウム, caesium, cesium

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「cesiumの化学記号」


Cd」

  [★] カドミウム

cadmium

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「cadmiumの化学記号」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡