Brucella

出典: meddic

ブルセラ属

WordNet   license wordnet

「an aerobic Gram-negative coccobacillus that causes brucellosis; can be used as a bioweapon」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/06/26 22:24:47」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Neglected tropical diseases of Namibia: Unsolved mysteries.
  • Noden BH, van der Colf BE.SourceDepartment of Biomedical Science, School of Health and Applied Science, Polytechnic of Namibia, Windhoek, Private Bag 13388, 13 Storch Street, Windhoek, Namibia. Electronic address: bnoden@polytechnic.edu.na.
  • Acta tropica.Acta Trop.2013 Jan;125(1):1-17. doi: 10.1016/j.actatropica.2012.09.007. Epub 2012 Sep 21.
  • Neglected tropical diseases (NTDs) are diseases most commonly found in settings of poverty and are responsible for the morbidity and/or mortality of millions each year. As an upper-middle income country, Namibia is not normally considered to have many NTDs but published reports indicate the possible
  • PMID 23006744
  • Effect of exogenous erythritol on growth and survival of Brucella.
  • Jain N, Boyle SM, Sriranganathan N.SourceDepartment of Biomedical Sciences and Pathobiology, Virginia-Maryland College of Veterinary Medicine, Virginia Tech, Blacksburg, VA, 24061, USA.
  • Veterinary microbiology.Vet Microbiol.2012 Dec 7;160(3-4):513-6. doi: 10.1016/j.vetmic.2012.06.014. Epub 2012 Jun 20.
  • Erythritol has been considered as an important factor for the pathogenesis of Brucella abortus 2308 and its ability to cause abortion in ruminants. There is a lack of laboratory models to study the Brucella-erythritol relationship, as commonly used murine models do not have erythritol. We tested the
  • PMID 22784921

和文文献

  • 犬の Brucella canis 感染に関する全国的疫学調査
  • 橘 理人,小林 菜苗,猪熊 壽,鈴木 宏志,度会 雅久
  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 64(7), 559-561, 2011-07-20
  • NAID 10029384292
  • Epidemiological Survey for Brucella in Wildlife and Stray Dogs, a Cat and Rodents Captured on Farms
  • TRUONG Lam Quang,KIM Jung Taek,YOON Byeong Il,HER Moon,JUNG Suk Chan,HAHN Tae-Wook
  • Journal of Veterinary Medical Science advpub(0), 1108020592, 2011
  • Brucella infections in wildlife originate either from contact with infected livestock or from a natural sustainable reservoir in wildlife populations. … As South Korea has set a goal of brucellosis eradication by 2013, it is necessary to determine the prevalence of Brucella in wildlife and wild rodents. …
  • NAID 130001032788

関連リンク

「Brucella」とは - 病原性細菌の一種の分類名で、属名。 →ブルセラ →ブルセラ症 ... 関連リンク・検索・共有 Brucellaの関連リンク・検索・共有 「Brucella」をYahoo!オークションで探す 「Brucella」を楽天市場で探す
Brucella Presentation Transcript Genus Brucella Genus Brucella has 6 species namely: B. abortus, B. canis, B. melitensis, B. ovis, B. suis except B. neotome (important pathogens of domestic animals and man) Brucellosis ...
Brucella is a Gram-negative pathogen that is distinguished from most other pathogens because it does not have "obvious virulence factors" like "capsules, fimbriae, flagella, exotoxins, exproteases, or other exoenzymes, cytolysins ...

関連画像

Brucella melitensis / Brucella suis LISTERIA, FRANCISELLA, BRUCELLA, BACILLUS  Biorealm page on the genus BrucellaBrucellaDescription Brucella melitensis.jpgDescription Brucella spp.JPG


★リンクテーブル★
リンク元細菌」「細菌の鑑別」「急性尿細管間質性腎炎」「Bursera」「ブルセラ属
拡張検索Brucella melitensis」「Brucella canis」「Brucella suis」「Brucella ovis」「Brucellaceae

細菌」

  [★]

bacterium,(pl.) bacteria
バクテリア
特殊な細菌 細菌の鑑別細菌の同定?、細菌の分類

細菌の命名

  • ラテン語であり、イタリックで表す。
  • 「属名 + 種名」で表現される。

グラム染色性と形状による分類と疾患

形状 グラム陽性菌 グラム陰性菌
球菌   スタフィロコッカス属 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus 多様     ナイセリア属 淋菌 Neisseria gonorrhoeae 淋病  
ストレプトコッカス属 化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes 多様 莢膜 髄膜炎菌 Neisseria meningitidis 多様  
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae     ベイヨネラ属   Veillonella    
エンテロコッカス属 (総称)腸球菌 Enterococcus faecalis     モラクセラ属/
ブランハメラ亜属
  Moraxella catarrhalis 肺炎  
Enterococcus faecium      
桿菌   バシラス属 炭疽菌 Bacillus anthracis 炭疽 好気性菌、有芽胞菌、莢膜 腸内細菌科 エンテロバクター属     肺炎、尿路感染  
  セレウス菌 Bacillus cereus 細菌性食中毒 好気性菌、有芽胞菌 エシェリキア属 大腸菌 Escherichia coli パラチフス 通性嫌気性
  クロストリジウム属 破傷風菌 Clostridium tetani 破傷風 嫌気性菌、有芽胞菌 クレブシエラ属     下痢、肺炎、尿路感染  
  ボツリヌス菌 Clostridium botulinum ボツリヌス中毒 プロテウス属     尿路感染  
  ウェルシュ菌 Clostridium perfringens 多様 サルモネラ属 パラチフス菌 Sallmonella serovar Paratyphi 腸チフス 通性嫌気性
  ディフィシル菌 Clostridium difficile 多様 チフス菌 Sallmonella serovar Typhi   通性嫌気性
    ガス壊疸菌群       セラチア属   Serratia 日和見感染 通性嫌気性
マイコバクテリウム科 マイコバクテリウム属 結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 無芽胞菌 シゲラ属 赤痢菌 Shigella 赤痢 通性嫌気性
ライ菌 Mycobacterium leprae ライ病 エルシニア属 ペスト菌 Yersinia pestis ペスト 通性嫌気性
コリネバクテリウム科 コリネバクテリウム属 ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア   Yersinia enterocolitica 多様 通性嫌気性
ノカルジア科 ノカルジア属 ノカルジア     ビブリオ科 ビブリオ属 コレラ菌 Vibrio cholerae コレラ 通性嫌気性
アクチノマイセス科 アクチノマイセス属(放線菌属) (総称)放線菌 Actinomyces   腸炎ビブリオ Vibrio parahaemolyticus 腸炎ビブリオ感染症 通性嫌気性
  リステリア属   Listeria monocytogenes リステリア症 嫌気性菌、無芽胞菌、人獣共通感染症、通性細胞内寄生菌 パスツレラ科 ヘモフィルス属 インフルエンザ菌 Haemophilis influenzae 多様  
  パスツレラ属 パスツレラ属菌 Pasteurella multocida 人獣共通感染症  
ストレプトバシラス属 ストレプトバシラス属菌 Streptobacillus moniliformis 鼠咬症  
  シュードモナス属 緑膿菌 Psudomonas aeruginosa 緑膿菌感染症 好気性、院内感染症
ボルデテラ属 百日咳菌 Bordetela pertussis 百日咳 好気性、短桿菌
ブルセラ属 ブルセラ Brucella ブルセラ症 好気性、細胞内増殖菌、短桿菌
フランシセラ属 野兎病菌 Francisella tularensis 野兎病 好気性、球桿菌
レジオネラ属   Legionella pneumophila ポンティアック熱/レジオネラ肺炎 好気性
バクテロイデス属   Bacteroides fragilis 嫌気性感染症 偏性嫌気性菌
らせん菌   スピロヘータ科 トレポネーマ属 梅毒トレポネーマ Treponema pallidum subspecies pallidum 梅毒  
ボレリア属 回帰熱ボレリア Borrelia recurrentis 回帰熱
ライム病ボレリア Borrelia burgdorferi ライム病
レプトスピラ科 レプトスピラ属 黄疸出血性レプトスピラ Leptospira interrogans serovar icterohaemorrhagiae 黄疸出血性レプトスピラ症(レプトスピラ症ワイル病、黄疸性ワイル病)
スピリルム 鼠咬症スピリルム   鼠咬症
カンピロバクター属 カンピロバクター属菌   カンピロバクター腸炎
ヘリコバクター属   Helicobacter pylori  



細菌の鑑別」

  [★]

細菌

グラム陽性菌の鑑別 LAB.994

菌種 形態 抗酸性 芽胞 運動性 空気中での発育 嫌気条件下での発育 カタラーゼ オキシダーゼ ブドウ糖分解 OF試験
Micrococcus C D O/-
Staphylococcus C F
Aerococcus C W W/- F
Streptococcus C +/- F
Pediococcus C. F
Gemella
嫌気性球菌*1 C +/- F/-
Kurthia R
Corynebacterium R +/- F/-
Listeria R F
Erysipelothnx R       F
Lactobacillus                    
Arachnia*2                    
Rothia R F
Propiombacterium R . F
Achnomyces R F
Bifidobacterium                    
Eubacterium R . +/- F/-
Clostridium R <+> D D F/-
Bacillus R <+> D D d D F/O/-
Nocardia R W O
Mycobacterium R . O/NT
*1:Peptococcus, Peptostreptococus(あるいは Leuconostoc) *2:あるいはActinomyces odontolyticus D:その属の菌種によって反応が異なる。 d: 菌種によって反応が異なる。 F:発酵 O:酸化 W:弱反応 ・:不明 NT:テストできない <+>:芽胞非形成筋もある C:球菌 R:桿菌

グラム陰性菌の鑑別 LAB.995

(再編集の時に-*に注意)
菌種 形態 運動性 空気中での発育 嫌気条件下での発育 カタラーゼ オキシダーゼ ブドウ糖(酸) OF試験
Bacteroides R d D F/-
Veillonella C D
Neissena C O
Branhamella C
Acinetobacter C/R O
Moraxella R    
Brucella
Bordetella
Chromobacterium lividum R O
Alcahsenes R
Flavobacterium R O
Pseudomonas R O
Actinobacillus R F
Pasteurella
Necromonas
Cardiobacterium R F
Chromobacterium violaceum                
Beneckea R F
Vibrio
Plesiomonas
Aeromonas
腸内細菌 R D F
Haemophilus R D D NT
Eikenella R -*
Campylobacter R -+1 D
Streptobacillus+2 R F
マイコプラズマ
*1:Peptococcus, Peptostreptococus(あるいは Leuconostoc) *2:あるいはActinomyces odontolyticus D:その属の菌種によって反応が異なる。 d: 菌種によって反応が異なる。 F:発酵 O:酸化 W:弱反応 ・:不明 NT:テストできない <+>:芽胞非形成筋もある C:球菌 R:桿菌 ・: 不明 *: 空気中では発育せず。空気CO2で発育。+1: 好気的または嫌気的には発育せず。5-6%O2中で発育。+2: あるいはShigella dysenteriae 1

急性尿細管間質性腎炎」

  [★]

acute tubulointerstitial nephritis
急性間質性腎炎 acute interstitial nephritis, AIN
尿細管間質性腎炎

原因

  • 薬剤性
  • 感染症
  • 特発性




Bursera」

  [★]

ブルセラ属Bursera属

BrucellaBrucellaceae

WordNet   license wordnet

「type genus of Burseraceae; tropical and subtropical American shrubs and trees some yielding timber and gum elemi」
genus Bursera


ブルセラ属」

  [★]

Brucella
ブルセラ属菌?、ブルセラ
ブルセラ症細菌
  • とくにグラム陰性短桿菌と言われる
  • 細胞内増殖菌

感染症




Brucella melitensis」

  [★]

ブルセラ・メリテンシス
Brucella melitensis, B. melitensis
マルタ熱菌ヤギ流産菌ブルセラ属


Brucella canis」

  [★]

ブルセラ・カニス
Brucella canis
イヌ流産菌ブルセラ属



Brucella suis」

  [★]

ブルセラ・スイス
Brucella suis
ブタ流産菌



Brucella ovis」

  [★]

ヒツジ流産菌ブルセラ・オビス


Brucellaceae」

  [★] ブルセラ科

BrucellaBursera




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡