Borrelia burgdorferi

出典: meddic

ボレリア・ブルグドルフェリ
Borrelia burgdorferi
ライム病ボレリア Lyme Borrelia
ライム病 Lyme diseaseLyme borreliosisライム病菌細菌




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/07/01 22:41:41」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Study on ticks and tick-borne zoonoses in public parks in Italy.
  • Corrain R, Drigo M, Fenati M, Menandro ML, Mondin A, Pasotto D, Martini M.SourceDipartimento di Sanità Pubblica, Patologia Comparata e Igiene Veterinaria, Università di Padova, Padova, Italy  Istituto Superiore per la Protezione e la Ricerca Ambientale, Bologna, Italy.
  • Zoonoses and public health.Zoonoses Public Health.2012 Nov;59(7):468-76. doi: 10.1111/j.1863-2378.2012.01490.x. Epub 2012 May 2.
  • A survey on tick density and on tick-borne zoonoses was carried out in four public parks in the outskirts of Imola (northern Italy) from June to October 2006. All stages of Ixodes ricinus and only larvae of Riphicephalus sanguineus were recovered by dragging, performed on 100-m transects. Almost all
  • PMID 22551055
  • The unique paradigm of spirochete motility and chemotaxis.
  • Charon NW, Cockburn A, Li C, Liu J, Miller KA, Miller MR, Motaleb MA, Wolgemuth CW.SourceDepartment of Microbiology, Immunology, and Cell Biology.
  • Annual review of microbiology.Annu Rev Microbiol.2012 Oct 13;66:349-70.
  • Spirochete motility is enigmatic: It differs from the motility of most other bacteria in that the entire bacterium is involved in translocation in the absence of external appendages. Using the Lyme disease spirochete Borrelia burgdorferi (Bb) as a model system, we explore the current research on spi
  • PMID 22994496

和文文献

  • 富山県におけるマダニ人体刺症の40例
  • 山内 健生,福井 米正,渡辺 護,中川 彦人,上村 清
  • 衞生動物 61(2), 133-143, 2010-06-15
  • … ダニ(6例),ヤマトマダニ(11例),シュルツェマダニ(6例),マダニ科の未同定種(2例)であった.10例(ヤマトマダニ3例,タネガタマダニ1例,シュルツェマダニ3例,ヒトツトゲマダニ2例,マダニ科の未同定種1例)についてB.burgdorferiの抗体検査を実施したが,結果はすべて陰性であった.マダニ刺症の病理組織学的検査を実施した6例中の4例(ヤマトマダニ2例,タネガタマダニ1例,マダニ科の未同定種1例)にセメント物質とムチン沈着が確認さ …
  • NAID 110007642123
  • 非ウイルス性感染症 ライム病(ボレリアブルドルフェリ) (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・3)その数値をどう読むか) -- (免疫学的検査 感染症関連検査(抗原および抗体を含む))

関連リンク

What is Borrelia Burgdorferi. Treatment and Symptoms ... What is Borrelia Burgdorferi?
Borrelia burg·dor·fe·ri (b rg-dôr f-r) n. A spirochete causing Lyme disease in humans. Borrelia burgdorferi [burg′dôrfer′ī] the causative agent in Lyme disease. The organism is transmitted to humans by tick vectors, primarily Ixodes ...
Todar's Online Textbook of Bacteriology chapter on this disease and the spirochete Borrelia burgdorferi that causes it.

関連画像

Borrelia Burgdorferi : (Causative agent of Borrelia burgdorferi NEU2011Borrelia burgdorferi electron microscopy  of the Spirochete Borrelia burgdorferiBorrelia burgdorferi , the agent of Lyme Description Borrelia burgdorferi-cropped


★リンクテーブル★
国試過去問104I020
リンク元細菌」「急性散在性脳脊髄炎」「スピロヘータ」「ボレリア属」「ボレリア症
拡張検索Borrelia burgdorferi infection
関連記事borrelia」「burgdorferi

104I020」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 104I019]←[国試_104]→[104I021

細菌」

  [★]

bacterium,(pl.) bacteria
バクテリア
特殊な細菌 細菌の鑑別細菌の同定?、細菌の分類

細菌の命名

  • ラテン語であり、イタリックで表す。
  • 「属名 + 種名」で表現される。

グラム染色性と形状による分類と疾患

形状 グラム陽性菌 グラム陰性菌
球菌   スタフィロコッカス属 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus 多様     ナイセリア属 淋菌 Neisseria gonorrhoeae 淋病  
ストレプトコッカス属 化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes 多様 莢膜 髄膜炎菌 Neisseria meningitidis 多様  
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae     ベイヨネラ属   Veillonella    
エンテロコッカス属 (総称)腸球菌 Enterococcus faecalis     モラクセラ属/
ブランハメラ亜属
  Moraxella catarrhalis 肺炎  
Enterococcus faecium      
桿菌   バシラス属 炭疽菌 Bacillus anthracis 炭疽 好気性菌、有芽胞菌、莢膜 腸内細菌科 エンテロバクター属     肺炎、尿路感染  
  セレウス菌 Bacillus cereus 細菌性食中毒 好気性菌、有芽胞菌 エシェリキア属 大腸菌 Escherichia coli パラチフス 通性嫌気性
  クロストリジウム属 破傷風菌 Clostridium tetani 破傷風 嫌気性菌、有芽胞菌 クレブシエラ属     下痢、肺炎、尿路感染  
  ボツリヌス菌 Clostridium botulinum ボツリヌス中毒 プロテウス属     尿路感染  
  ウェルシュ菌 Clostridium perfringens 多様 サルモネラ属 パラチフス菌 Sallmonella serovar Paratyphi 腸チフス 通性嫌気性
  ディフィシル菌 Clostridium difficile 多様 チフス菌 Sallmonella serovar Typhi   通性嫌気性
    ガス壊疸菌群       セラチア属   Serratia 日和見感染 通性嫌気性
マイコバクテリウム科 マイコバクテリウム属 結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 無芽胞菌 シゲラ属 赤痢菌 Shigella 赤痢 通性嫌気性
ライ菌 Mycobacterium leprae ライ病 エルシニア属 ペスト菌 Yersinia pestis ペスト 通性嫌気性
コリネバクテリウム科 コリネバクテリウム属 ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア   Yersinia enterocolitica 多様 通性嫌気性
ノカルジア科 ノカルジア属 ノカルジア     ビブリオ科 ビブリオ属 コレラ菌 Vibrio cholerae コレラ 通性嫌気性
アクチノマイセス科 アクチノマイセス属(放線菌属) (総称)放線菌 Actinomyces   腸炎ビブリオ Vibrio parahaemolyticus 腸炎ビブリオ感染症 通性嫌気性
  リステリア属   Listeria monocytogenes リステリア症 嫌気性菌、無芽胞菌、人獣共通感染症、通性細胞内寄生菌 パスツレラ科 ヘモフィルス属 インフルエンザ菌 Haemophilis influenzae 多様  
  パスツレラ属 パスツレラ属菌 Pasteurella multocida 人獣共通感染症  
ストレプトバシラス属 ストレプトバシラス属菌 Streptobacillus moniliformis 鼠咬症  
  シュードモナス属 緑膿菌 Psudomonas aeruginosa 緑膿菌感染症 好気性、院内感染症
ボルデテラ属 百日咳菌 Bordetela pertussis 百日咳 好気性、短桿菌
ブルセラ属 ブルセラ Brucella ブルセラ症 好気性、細胞内増殖菌、短桿菌
フランシセラ属 野兎病菌 Francisella tularensis 野兎病 好気性、球桿菌
レジオネラ属   Legionella pneumophila ポンティアック熱/レジオネラ肺炎 好気性
バクテロイデス属   Bacteroides fragilis 嫌気性感染症 偏性嫌気性菌
らせん菌   スピロヘータ科 トレポネーマ属 梅毒トレポネーマ Treponema pallidum subspecies pallidum 梅毒  
ボレリア属 回帰熱ボレリア Borrelia recurrentis 回帰熱
ライム病ボレリア Borrelia burgdorferi ライム病
レプトスピラ科 レプトスピラ属 黄疸出血性レプトスピラ Leptospira interrogans serovar icterohaemorrhagiae 黄疸出血性レプトスピラ症(レプトスピラ症ワイル病、黄疸性ワイル病)
スピリルム 鼠咬症スピリルム   鼠咬症
カンピロバクター属 カンピロバクター属菌   カンピロバクター腸炎
ヘリコバクター属   Helicobacter pylori  



急性散在性脳脊髄炎」

  [★]

acute disseminated encephalomyelitis ADEM
アデム
急性血管周囲性髄鞘崩壊ワクチン接種後脳脊髄炎

概念

  • 炎症性脱髄疾患

疫学

  • 発症率:0.4/10万人/年 in California、0.2/10万人/年 in Canada
  • 人種差無し。
  • 若干男性の方が多いかも。

病因

参考1
  • 1. 感染後:ウイルス性/細菌性の上気道炎が先行することが多い。
  • ウイルス:コロナウイルス、コクサッキーウイルス、サイトメガロウイルス、EBウイルス、単純ヘルペスウイルス、A型肝炎ウイルス、HIV、インフルエンザウイルス、風疹ウイルス、麻疹ウイルス、水痘ウイルス、ウエストナイルウイルス。
  • Borrelia burgdorferi、クラミジア、レプトスピラ、肺炎マイコプラズマ、リケッチア、β溶連菌
  • 2. 予防接種後:ADEM患者の5%以下の例で、予防接種後に発症している。
  • 予防接種:狂犬病、B型肝炎、インフルエンザ、Japanese B encephalitis、DPT、麻疹、流行性耳下腺炎、風疹、肺炎球菌、ポリオ、smallpox、水痘
  • 現在の所、麻疹、流行性耳下腺炎、風疹の予防接種が予防接種後ADEMと関連している。しかし、麻疹の既往歴ありは1/1000の確率でADEMと関連するが、麻疹ワクチン接種歴は100万分の1-2の確率でしかADEMと関連しない。まれなADEMにもかかわらず、先進国で麻疹の接種率が低下している。

病理

  • 小静脈周囲に脱髄。脳~脊髄。MSと違って白質だけでなく灰白質も冒す。

病態

  • IV型アレルギーに基づく炎症反応

検査

  • 血算
  • 脳脊髄液
  • 脳波
  • MRI

症状

YN.J-114 出典不明
臨床的には白質と灰白質の両方が障害されたような症状を呈する。
  • 意識障害や痙攣の出現に先行してしばしば頭痛、悪心、嘔吐、意識障害、背部痛、発熱が見られる。一般に、大脳(片麻痺、半盲、失語)、脳幹(眼振、眼球運動障害)、小脳(運動失調、構音障害)、脊髄(四肢麻痺、膀胱直腸障害)の障害を示唆する症状が出現する。

治療

  • 糖質コルチコイド
  • 血漿交換療法
  • 免疫抑制薬

参考

  • 1. [charged] Acute disseminated encephalomyelitis in children: Pathogenesis, clinical features, and diagnosis - uptodate [1]
  • 2. [charged] Acute disseminated encephalomyelitis in children: Prognosis and treatment - uptodate [2]


スピロヘータ」

  [★]

spirochete
Spirochaetales, Spirochaeta
スピロヘータ科スピロヘータ目スピロヘータ属Spirochaeta属
  • らせん状の形態を呈する一群。スピロヘータ目に含まれるものを指すと思われるが、医学の教科書ではスピリルム属もスピロヘータとして扱っている。


分類 病原体 感染症 感染経路
スピロヘータ目 スピロヘータ科 トレポネーマ属 梅毒トレポネーマ Treponema pallidum subspecies pallidum 梅毒 性行為、経胎盤
ボレリア属 回帰熱ボレリア Borrelia recurrentis 回帰熱 ダニ、シラミ
ライム病ボレリア Borrelia burgdorferi ライム病 マダニ
レプトスピラ科 レプトスピラ属 黄疸出血性レプトスピラ Leptospira interrogans serovar icterohaemorrhagiae 黄疸出血性レプトスピラ症
(レプトスピラ症ワイル病、黄疸性ワイル病)
ネズミの尿
  スピリルム属 鼠咬症スピリルム Spirillum minus 鼠咬症 ネズミの咬傷



ボレリア属」

  [★]

Borrelia
ボレリア属Borrelia属ボレリア



ボレリア属


ボレリア症」

  [★]

borreliosis
ライム病



Borrelia burgdorferi infection」

  [★] ボレリア・ブルグドルフェリ感染

borrelia」

  [★]

WordNet   license wordnet

「cause of e.g. European and African relapsing fever」

burgdorferi」

  [★]


  • Borrelia burgdorferi




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡