BPH

出典: meddic

benign prostatic hupertrophy, 良性前立腺肥大症
redirect 前立腺肥大症
前立腺肥大症
benign prostatic hypertrophy

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/27 20:44:11」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Recent progress on the genetics and molecular breeding of brown planthopper resistance in rice.
  • Hu J1,2, Xiao C2, He Y3.
  • Rice (New York, N.Y.).Rice (N Y).2016 Dec;9(1):30. doi: 10.1186/s12284-016-0099-0. Epub 2016 Jun 14.
  • Brown planthopper (BPH) is the most devastating pest of rice. Host-plant resistance is the most desirable and economic strategy in the management of BPH. To date, 29 major BPH resistance genes have been identified from indica cultivars and wild rice species, and more than ten genes have been fine ma
  • PMID 27300326
  • Marker assisted pyramiding of two brown planthopper resistance genes, Bph3 and Bph27 (t), into elite rice Cultivars.
  • Liu Y1, Chen L1, Liu Y1, Dai H1, He J1, Kang H1, Pan G1, Huang J1, Qiu Z1, Wang Q1, Hu J1, Liu L1, Chen Y1, Cheng X1, Jiang L1, Wan J2,3.
  • Rice (New York, N.Y.).Rice (N Y).2016 Dec;9(1):27. doi: 10.1186/s12284-016-0096-3. Epub 2016 May 31.
  • BACKGROUND: Brown planthopper (BPH) is the most destructive insect in rice production. Breeding of resistant cultivars is the most cost-effective and environment-friendly strategy for BPH management; however, resistant cultivars are currently hampered by the rapid breakdown of BPH resistance. Thus,
  • PMID 27246014
  • SFRP1 repression in prostate cancer is triggered by two different epigenetic mechanisms.
  • García-Tobilla P1, Solórzano SR1, Salido-Guadarrama I1, González-Covarrubias V2, Morales-Montor G3, Díaz-Otañez CE4, Rodríguez-Dorantes M5.
  • Gene.Gene.2016 Nov 30;593(2):292-301. doi: 10.1016/j.gene.2016.08.030. Epub 2016 Aug 26.
  • Worldwide, prostate cancer (PCa) is the second cause of death from malignant tumors among men. Establishment of aberrant epigenetic modifications, such as histone post-translational modifications (PTMs) and DNA methylation (DNAme) produce alterations of gene expression that are common in PCa. Genes
  • PMID 27570179

和文文献

  • 前立腺推定体積80ml以上の前立腺肥大症に対するHoLEPの臨床的検討
  • 梅田 俊,宮本 圭輔,杉浦 皓太 [他]
  • Japanese journal of endourology 26(2), 314-318, 2013-09
  • NAID 40019819642
  • Development and validation of a PCR-based functional marker system for the brown planthopper resistance gene Bph14 in rice
  • Zhou Lei,Chen Zhijun,Lang Xuyong [他]
  • Breeding science 63(3), 347-352, 2013-09
  • NAID 40019789801
  • 2P-022 ビフェニル資化株が有する接合型トランスポゾンbphsalエレメントとその周辺領域の解析(遺伝子工学,一般講演)
  • 藤原 秀彦,山副 敦司,廣瀬 遵,末永 光,木村 信忠,古川 謙介
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 65, 109, 2013-08-25
  • NAID 110009737688

関連リンク

前立腺肥大症(BPH)というのはなかなかむつかしい病気です. というのも 前立腺の大きさが必ずしも症状と一致しないからです. 大きくても症状の無いひとや,小さくても症状のきつい人がいます. つまり,症状のない人に前立腺が肥大して ...
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。 BPH

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元前立腺肥大症」「腎後性腎不全」「良性前立腺肥大症」「benign prostatic hyperplasia」「benign prostatic hypertrophy
関連記事B」「BP

前立腺肥大症」

  [★]

benign prostatic hyperplasia BPH, benign prostatic hypertrophy, prostatic hyperplasia
前立腺肥大
前立腺

定義

  • 加齢に従い、前立腺の内腺が腫大し、尿路を圧迫して排尿障害を呈する疾患。

疫学

  • 前立腺の肥大(内腺)は30-40歳代から始まり、50歳代には顕著となり、70歳代以降ではほぼ全例に認められるが、臨床症状を呈するのはこの一部である(10-20%)。

病因

前立腺肥大症 前立腺の内腺
前立腺癌 前立腺の外腺

病態

  • 肥大した前立腺により尿路を刺激し、さらには閉塞して、ついには完全尿閉に至る。

重症分類

  • 前立腺体積が20ml以下では軽症、前立腺体積が20-50ml以下では中等症、前立腺体積が50ml以上では重症

症状

YN.E-86 SURO.258
病期は3つに分けられる:(1)第1病期 刺激期、(2)第2病期 残尿発生期、(3)第3病期 慢性尿閉期
病期 病態 症状
第1病期 刺激期 腫大した前立腺による後部尿道(膀胱頚部、前立腺尿道)の刺激 軽度の排尿困難、夜間頻尿、排尿時不快感
第2病期 残尿発生期 残尿(50-150ml)の発生 排尿困難(いきみながらの排尿)。残尿。急性尿閉(飲酒、抗コリン薬、長時間の乗り物の乗車)
第3病期 慢性尿閉期 さらなる残尿(300ml以上)、膀胱の過伸展(排尿筋だけでは排尿できない) 奇異性尿失禁、腎機能低下による尿毒症症状

検査

  • 腹部超音波検査
[show details]

診断

参考1
  • 病歴、理学的検査、尿検査、血清クレアチニン測定、PSA測定、尿流測定、残尿測定、排尿時における排尿筋圧、尿流率同時測定法、内視鏡検査、画像診断(超音波検査法、静脈性腎盂造影法、排尿時膀胱尿道造影法、逆行性尿道造影法など)などにより行う。
診断のステップ
  • 1. 病歴、理学的検査(直腸診)、尿検査、血清クレアチニン測定、PSA測定 → 排尿障害の症状が前立腺肥大症によるものと考えられるか判断
  • 2. 国際前立腺症状スコアの評価:(≦7点)経過観察。(≧8点)尿流測定、残尿測定、PFSを施行 → 尿道閉塞の程度を把握し治療
  • 3. (治療する場合)QOLスコアを考慮して治療方法を選択。
  • 4. (追加検査)内視鏡検査、画像診断法:ルーチン検査法ではない。外科的治療の準備や合併疾患の疑診例に対して実施する。

治療

SURO.258 参考1 参考3
  • 治療のmodality
  • 薬物療法
  • α1ブロッカー:プラゾシン(副:起立性低血圧)、タムスロシン(副:血圧を下げないが、射精障害がある)  ←  肥大した前立腺の圧迫の他に膀胱頚部、尿道、前立腺の平滑筋(α1受容体)の過剰収縮によっても排尿困難が起きているため、尿道内圧を下げ症状緩和しうる。
  • 抗アンドロゲン薬:クロルマジノンアリルエストレノール。前立腺の縮小作用。(副:性器脳障害、肝機能障害)
  • 5α還元酵素阻害薬:前立腺の縮小作用。
  • その他:漢方製剤(猪苓湯、八味地黄丸)、花粉製剤、アミノ酸製剤  ←  自覚症状の改善にとどまる
  • 加熱療法:ハイパーサーミア(前立腺内加熱温度45℃以下)と高温度療法(前立腺内加熱温度45℃以上)がある。熱源はマイクロ波、RF波、レーザー波などがある。レーザー療法、温熱療法の長期成績は未確立。
  • 手術療法
出典不明
  • 第1期:薬物療法:α遮断薬、抗アンドロゲン薬、漢方薬
  • 第2期:手術療法:経尿道的前立腺切除術、前立腺被膜下摘出術

参考

  • 1. 2001年 前立腺肥大症 ガイドライン
  • 2. 日本Endourology・ESWL学会によるBPHガイドライン
[display]http://jsee.umin.ac.jp/images/guideline.pdf
  • 3. [信頼度不明]前立腺肥大症の漢方治療【百花園漢方薬局】
[display]http://www.est.hi-ho.ne.jp/abes/hyakkaen21/tokusiyu26.htm

国試




腎後性腎不全」

  [★]

postrenal failure
腎不全急性腎不全尿閉

病因

機械的閉塞

  • 尿管(急性腎不全を生じるには両側の閉塞でなければならない)
  • 結石
  • 腫瘍
  • 血腫
  • 後腹膜リンパ節腫脹または線維化
  • 膀胱頚部
  • 狭窄
  • 腫瘍
  • 留置カテーテル閉塞

神経因性膀胱

良性前立腺肥大症」

  [★]

benign prostatic hupertrophy, BPH
[[]]
[[]]


benign prostatic hyperplasia」

  [★] 前立腺肥大症 BPH


benign prostatic hypertrophy」

  [★] 前立腺肥大症 BPH


B」

  [★]

  • Mg2+存在下でC3, B, Dが反応してC3bBbとなり、これがC3転換酵素(C3bBb)あるいはC5転換酵素(C3bBb3b)を形成する。これらはP(properdin)と結合して活性化し、それぞれC3、C5を活性化する

WordNet   license wordnet

「the 2nd letter of the Roman alphabet」
b

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the B antigen」
type B, group B

BP」

  [★]


"http://meddic.jp/BPH" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡