BP230

出典: meddic

BPAG1
[[]]

臨床関連

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/12/16 19:16:21」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Four cases of mucous membrane pemphigoid with clinical features of oral lichen planus.
  • Fukuda A1, Himejima A1, Tsuruta D2,3,4, Koga H3,4, Ohyama B3,4, Morita S1, Hashimoto T3,4.
  • International journal of dermatology.Int J Dermatol.2015 Sep 4. doi: 10.1111/ijd.12884. [Epub ahead of print]
  • BACKGROUND: Mucous membrane pemphigoid (MMP) and oral lichen planus (OLP) show similar clinical features on the oral mucosa. As clinical manifestations of oral mucosal lesions, MMP shows blisters and erosions, whereas OLP shows lace-like whitish lesions in an annular arrangement with erythema and er
  • PMID 26341508
  • The molecular architecture of hemidesmosomes as revealed by super-resolution microscopy.
  • Nahidiazar L1, Kreft M1, van den Broek B1, Secades P1, Manders EM2, Sonnenberg A3, Jalink K3.
  • Journal of cell science.J Cell Sci.2015 Sep 1. pii: jcs.171892. [Epub ahead of print]
  • Hemidesmosomes have been extensively studied by immunofluorescence microscopy, but due to its limited resolution, their precise organization remained poorly understood. We studied hemidesmosome organization in cultured keratinocytes by 2- and 3-color super-resolution microscopy. We observed that in
  • PMID 26330528
  • Complement Fixation Test: An Update of an Old Method for Diagnosis of Bullous Pemphigoid.
  • Jankásková J1, Horváth ON, Varga R, Ruzicka T, Sárdy M.
  • Acta dermato-venereologica.Acta Derm Venereol.2015 Aug 25. doi: 10.2340/00015555-2223. [Epub ahead of print]
  • The complement fixation test (CFT) is a method traditionally used for diagnosis of gestational pemphigoid. Its performance in diagnosis of bullous pemphigoid (BP) has not been investigated in a large patient cohort. The aim of this single-centre, retrospective, serological case-control study of 300
  • PMID 26302764

和文文献

  • P8-006 発症時に自己免疫性水疱症が疑われた水疱性ループスエリテマトーデスの1例
  • ステロイドと DDS の併用療法を経て,最終的には DDS のみでコントロールできた後天性表皮水疱症の1例
  • 水疱性類天疱瘡と鑑別困難であった抗BP180型粘膜類天疱瘡の1例

関連リンク

抗BP230抗体のみ陽性の類天疱瘡 2221 図2 症例2 臨床写真 体幹・四肢に浮腫性紅斑,緊満性水疱,血疱がみられ,一 部痂皮が付着している. 図3 症例3 臨床写真 躯幹や四肢に紅斑が多数見られ,これらの一部に小水疱が
コード 7613 包装 48ウェル 測定方法 ELISA法 保存温度 2-8 構成品 BP230抗原感作マイクロカップ、標準血清1、標準血清2、酵素標識抗体、反応用緩衝液、洗浄用緩衝液(10 倍濃縮品)、酵素基質液、反応停止液 関連製品

関連画像

LG BP230 Imagem e Som > Imagem > Leitores > BP230bol.com | LG BP230 - Blu-ray speler BP230LG BP230Platz 10: LG BP230


★リンクテーブル★
リンク元類天疱瘡」「天疱瘡」「水疱性類天疱瘡」「基底膜」「ヘミデスモソーム

類天疱瘡」

  [★]

pemphigoid
水疱症


  • 自己抗体
  • 表皮下水疱 → 緊満性水疱

表皮下水疱症(類天疱瘡群) (NDE.218)

  • 自己免疫性水疱症(後天性水疱症) autoimmuno blistering disease
  • 表皮下水疱症(類天疱瘡群)


代表的な天疱瘡と類天疱瘡の比較

  尋常性天疱瘡 落葉性天疱瘡 水疱性類天疱瘡
年齢 中年~老年 中年 老年(若年もあり)
好発部位 口腔粘膜全身 全身 全身
臨床像 皮膚所見 水疱びらん びらん、葉状落屑、 緊満性水疱浮腫性紅斑掻痒
粘膜浸潤 ++ 痂皮
Nikolsky現象  
病理組織像 所見 表皮内水疱
(棘融解)
表皮下水疱
好酸球浸潤
Tzanck試験  
棘融解部位 表皮下層(基底細胞直上) 表皮上層(顆粒層)  
抗原 Dsg3 のみ、
Dsg3 と1 の共存
Dsg1 のみ BP180BP230
ELISA Dsg1(+または-)、Dsg3(+) Dsg1(+)、Dsg3(-)  
蛍光抗体法所見 直接法(病変部皮膚) 表皮細胞間に
IgGC3 陽性
病変部基底膜部に
IgGC3 の線状沈着
間接法(血清中) 抗表皮細胞間物質抗体(IgG)陽性 抗基底膜抗体検出
治療 ステロイド免疫抑制薬血漿交換療法、γ グロブリン療法 ステロイド内服免疫抑制薬DDSなど



天疱瘡」

  [★]

pemphigus
水疱症

概念

  • 表皮細胞間物質に対する自己抗体によって棘融解が生じる自己免疫疾患(NDE.211)であり、皮膚・粘膜における著明な水疱形成を特徴とする。

病因

  • 表皮細胞間物質に対する自己抗体による。

疫学

  • 多くは中高年に好発するが、新生児に特異的、腫瘍に随伴、薬物に誘発、あるいは地域特性がある天疱瘡がある。

病理

代表的な天疱瘡と類天疱瘡の比較

  尋常性天疱瘡 落葉性天疱瘡 水疱性類天疱瘡
年齢 中年~老年 中年 老年(若年もあり)
好発部位 口腔粘膜、全身 全身 全身
臨床像 皮膚所見 水疱、びらん びらん、葉状落屑、 緊満性水疱、浮腫性紅斑、掻痒
粘膜浸潤 ++ 痂皮
Nikolsky 現象  
病理組織像 所見 表皮内水疱
(棘融解)
表皮下水疱
好酸球の浸潤
Tzanck 試験  
棘融解部位 表皮下層(基底細胞直上) 表皮上層(顆粒層)  
抗原 Dsg3 のみ、
Dsg3 と1 の共存
Dsg1 のみ BP180BP230
ELISA Dsg1(+または-)、Dsg3(+) Dsg1(+)、Dsg3(-)  
蛍光抗体法所見 直接法(病変部皮膚) 表皮細胞間に
IgG、C3 陽性
病変部基底膜部に
IgG とC3 の線状沈着
間接法(血清中) 抗表皮細胞間物質抗体(IgG)陽性 抗基底膜抗体の検出
治療 ステロイド、免疫抑制薬、血漿交換療法、γ グロブリン療法 ステロイド内服、免疫抑制薬、DDSなど

参考

  • 1. [charged] Pemphigus - uptodate [1]




水疱性類天疱瘡」

  [★]

bullous pemphigoid BP
類天疱瘡


概念

病因

病理

  • 表皮下水疱

蛍光抗体法

  • 基底膜に一致した免疫グロブリンの沈着

参考

  • 1. [charged] Bullous pemphigoid and other pemphigoid disorders - uptodate [2]


基底膜」

  [★]

basilar membrane (Z), basement membrane, BM
membrana basalis
基底板× basal lamina×




  • 図:NDE.6(シェーマ)


  • 表皮直下に存在。光学顕微鏡下でPAS染色に赤色に染まり、ジアスターゼ抵抗性を示す。電顕的には複雑な構造を示す。(NDE.6)

基底膜近傍の構造



ヘミデスモソーム」

  [★]

hemidesmosome
半接着斑
[show details]


基底膜近傍の構造



"http://meddic.jp/BP230" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡