BI

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/18 14:20:56」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Real-time PCR assays for detection and quantification of aflatoxin-producing molds in foods.
  • Rodríguez A, Rodríguez M, Luque MI, Martín A, Córdoba JJ.SourceHigiene y Seguridad Alimentaria, Facultad de Veterinaria, Universidad de Extremadura, Avda. de la Universidad s/n., 10071 Cáceres, Spain.
  • Food microbiology.Food Microbiol.2012 Aug;31(1):89-99. Epub 2012 Feb 23.
  • Aflatoxins are among the most toxic mycotoxins. Early detection and quantification of aflatoxin-producing species is crucial to improve food safety. In the present work, two protocols of real-time PCR (qPCR) based on SYBR Green and TaqMan were developed, and their sensitivity and specificity were ev
  • PMID 22475946
  • Nucleolin level in plant root meristematic cells under chilling stress and recovery.
  • Stępiński D.SourceDepartment of Cytophysiology, University of Łódź, Pomorska 141/143, 90-236 Łódź, Poland.
  • Micron (Oxford, England : 1993).Micron.2012 Aug;43(8):870-5. Epub 2012 Mar 23.
  • Nucleolin and its homologues are multifunctional proteins which reside mainly in nucleoli of yeast, animal and plant cells. Hence, they are generally implicated in many stages of ribosome biosynthesis. In this study nucleolin was identified in root meristematic cell nucleoli of soybean plants subjec
  • PMID 22483616

和文文献

  • Exports and Economic Growth in Indonesia : A Causality Approach based on Multi-Variate Error Correction Model <Article>
  • Rahmaddi Rudy,Ichihashi Masaru,イチハシ マサル,市橋 勝
  • 国際協力研究誌 : Journal of international development and cooperation 17(2), 53-73, 2011-03-31
  • … Based on finding of causality analysis conducted in VECM system, this paper concludes that exports and economic growth exhibits bi-directional causal structure, which is ELG in long-run and GLE in short-run. …
  • NAID 120002970943
  • 韓国民主主義の進路と経済発展 : 政治学的アプローチ (第1部開発と民主主義) (東アジアにおける民主化と開発)

関連リンク

BIとは、業務システムなどから蓄積される企業内の膨大なデータを、蓄積・分析・加工して、企業の意思決定に活用しようとする手法。ERPパッケージやCRMソフトなどからもたらされるデータの分析を専門家に依存せず、経営者や社員が ...
富士通の「BIソリューション」をご紹介します。 ... Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。

関連画像

BI | SiliconANGLEDe ska väck! Häck väck våt Bi-fläck!customer facing bi apps customer facing bi We take you on the lap around BI Platform BI SuitesJeg har lavet illustrationer til:


★リンクテーブル★
リンク元バーセル指数」「ブリンクマン指数
拡張検索OBI」「HBIG」「BINP
関連記事B

バーセル指数」

  [★]

Barthel index, BI
バーセルインデックスバーテル指数バーテルインデックスバーセル尺度Barthel scaleBS
日常生活動作 ADL
  • 日常生活動作における障害者や高齢者の機能的評価(ADL評価)を数値化(100点満点)したものである。
  • 10項目を2-4段階で評価する。自宅自立の目安は60点以上である。
  • 食事、ベットへの移動、整容、トイレ動作、入浴、歩行、階段昇降、着替え、排便、排尿について評価
  • 歩行とベットへの移動に重点が置かれている。
  • 認知機能の評価は評価項目に含まれない。


食事 10 自立、自助具などの装着可、標準的時間内に食べ終える
5 部分介助(たとえば、おかずを切って細かくしてもらう)
0 全介助
車椅子からベッドへの移動 15 自立、ブレーキ、フットレストの操作も含む
10 軽度の部分介助または監視を要する
5 座ることは可能であるがほぼ全介助
0 全介助または不可能
整容 5 自立(洗面、整髪、歯磨き、ひげ剃り)
0 部分介助または不可能
トイレ動作 10 自立(衣服の操作、後始末を含む、ポータブル便器などを使用している場合はその洗浄も含む)
5 部分介助、体を支える、衣服、後始末に介助を要する
0 全介助または不可能
入浴 5 自立
0 部分介助または不可能
歩行 15 45 m 以上の歩行、補装具(車椅子、歩行器は除く)の使用の有無は問わず
10 45 m 以上の介助歩行、歩行器の使用を含む
5 歩行不能の場合、車椅子にて45 m 以上の操作可能
0 上記以外
階段昇降 10 自立、手すりなどの使用の有無は問わない
5 介助または監視を要する
0 不能
着替え 10 自立、靴、ファスナー、装具の着脱を含む
5 部分介助、標準的な時間内、半分以上は自分で行える
0 上記以外
排便コントロール 10 失禁なし、浣腸、坐薬の取り扱いも可能
5 ときに失禁あり、浣腸、坐薬の取り扱いに介助を要する者も含む
0 上記以外
排尿コントロール 10 失禁なし、収尿器の取り扱いも可能
5 ときに失禁あり、収尿器の取り扱いに介助を要する者も含む
0 上記以外
  • 判定
100点 全自立
60点 部分自立
40点 大部分介助
0点 全介助

参考

  • 1. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%AB%E6%8C%87%E6%95%B0
[display]http://www.nmckk.jp/pdf.php?mode=puball&category=JJCD&vol=24&no=10&d1=9&d..
[display]http://www.crsu.org/chears/pdf/65situmonnsi.pdf



ブリンクマン指数」

  [★]

Brinkman index BI
pack year、タバコ喫煙


  • 1日のタバコの本数×喫煙年数
  • 400以上で肺癌のリスクが上昇する(YN.I-92)
  • 1000以上で喉頭癌のリスク上昇(SOTO.557)



OBI」

  [★]

  • 大阪バイオサイエンス研究所、大阪バイオサイエンス研
Osaka Bioscience Institute


HBIG」

  [★] HBsヒト免疫グロブリン

hepatitis B immunoglobulin
Hepatitis B immunoglob- ulin


BINP」

  [★] 脳損傷由来ニューロトロフィックペプチド


B」

  [★]

  • Mg2+存在下でC3, B, Dが反応してC3bBbとなり、これがC3転換酵素(C3bBb)あるいはC5転換酵素(C3bBb3b)を形成する。これらはP(properdin)と結合して活性化し、それぞれC3、C5を活性化する

WordNet   license wordnet

「the 2nd letter of the Roman alphabet」
b

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the B antigen」
type B, group B


"http://meddic.jp/BI" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡