BFP

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/26 10:54:18」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

英文文献

  • The Versatility in the Use of Buccal Fat Pad in the Closure of Oro-antral Fistulas.
  • Manuel S1, Kumar S1, Nair PR1.
  • Journal of maxillofacial and oral surgery.J Maxillofac Oral Surg.2015 Jun;14(2):374-7. doi: 10.1007/s12663-014-0669-x. Epub 2014 Aug 12.
  • INTRODUCTION: Oroantral communications (OAC) are probable surgical complications of dentoalveolar procedures. OACs 2 mm in diameter or smaller are likely to close spontaneously without the need for any surgical intervention. However, OACs 3 mm in diameter or larger, or OACs associated with maxilla
  • PMID 26028861
  • The late-luteal leptin level, caloric intake and eating behaviors among women with premenstrual dysphoric disorder.
  • Ko CH1, Yen CF2, Long CY3, Kuo YT4, Chen CS2, Yen JY5.
  • Psychoneuroendocrinology.Psychoneuroendocrinology.2015 Jun;56:52-61. doi: 10.1016/j.psyneuen.2015.03.002. Epub 2015 Mar 9.
  • OBJECTIVES: A marked increased in food intake in the late-luteal phase is a characteristic symptom of premenstrual dysphoric disorder (PMDD). The aim of the study was to evaluate the leptin level, caloric intake, and eating behaviors of women with PMDD across the menstrual cycle among normal-weight
  • PMID 25800149
  • Which method to use for a fast assessment of body fat percentage?
  • Kotnik KZ1, Robič T, Golja P.
  • Physiological measurement.Physiol Meas.2015 May 28;36(7):1453-1468. [Epub ahead of print]
  • Body position affects body water distribution and in turn the accuracy of bioelectrical impedance analysis (BIA), which may consequently distort conclusions about an individual's body composition.We compared body fat percentage (BFP) obtained with leg-to-leg-BIA (LL) and hand-to-leg-BIA (HL) with th
  • PMID 26020697

和文文献

  • Ultrasonographic Fetal Sex Identification in Pregnant Sheep Derived from Natural Mating and Embryo Transfer
  • DE FREITAS NETO Leopoldo Mayer,DOS SANTOS Maico Henrique Barbosa,DE AGUIAR FILHO Cristiano Rocha,DE ALMEIDA IRMAO Jose Monteiro,CALDAS Eduardo Luiz Cavalcanti,NEVES Jairo Pereira,LIMA Paulo Fernandes,DE OLIVEIRA Marcos Antonio Lemos
  • The Journal of reproduction and development 56(3), 347-350, 2010-06-01
  • The objective of this study was to identify the migration period of the genital tubercle and the period of visualization of external genital structures in fetuses of the Dorper breed of sheep derived …
  • NAID 10026434341
  • Family 17 and 28 Carbohydrate-Binding Modules Discriminated Different Cell-Wall Sites in Sweet Potato Roots
  • ARAKI Yuko,KARITA Shuichi,TSUCHIYA Tohru,KONDO Makoto,GOTO Masakazu
  • Bioscience, biotechnology, and biochemistry 74(4), 802-805, 2010-04-23
  • … When they were microscopically observed, CjCBM28-fused cyan fluorescent protein (CFP) differentially bound to the root cap, but CjCBM17-fused blue fluorescent protein (BFP) did not. … CjCBM17-BFP bound to the central part or the root apical meristem. …
  • NAID 10027553953

関連リンク

ベースメントファクトリーグループは「ものづくり」において、それが最新のテクノロジーを駆使して作られるデジタルなものであったとしても、創り手が感覚的な部分を大切にしながら、情熱を持って望むことが重要であり ...
BFPは、ユダヤ人の心を癒やす平和の架け橋として活動しています ホーム BFPとは? お知らせ イスラエルを 知る・学ぶ イスラエルに 行く・働く イスラエルの為に 祈る イスラエルを 支援する お問合わせ アクセス サイトマップ ...

関連画像

This crazy lady tested at 4dpt (BFP warning)BFP?????Positive! BFP BFP BFP!!!10/23/2012 – Beta #1 (11dp5dt) – 315!! Stronger BFP on HPTfirst VERY light BFP on 10DPO.My VERY faint BFP!!!!


★リンクテーブル★
先読みbasic fetoprotein
リンク元卵巣癌」「腫瘍マーカー」「塩基性フェトプロテイン」「生物学的偽陽性」「広域腫瘍マーカー
関連記事B

basic fetoprotein」

  [★] 塩基性フェトプロテイン

卵巣癌」

  [★]

ovarian cancer, ovarian carcinoma, cancer of the ovary, ovary cancer
carcinoma ovarii
卵巣がん
産婦人科学卵巣腫瘍、卵巣腫瘍の腫瘍マーカー
  • G9M.164(進行期分類) NGY.237(進行期分類)

組織型

漿液性嚢胞腺癌

  • CA125
  • 症候:腹水あり(漿液性嚢胞腺癌のみ)
  • 手術+化学療法(タキサン製剤とプラチナム製剤)
  • 病理:卵管上皮を模倣するとされる。多房性~充実性。乳頭状増殖。砂粒小体
  • 予後:悪い。進行早く、腹腔内播種しやすい。

粘液性嚢胞腺癌

  • CEA, CA19-9
  • 治療:手術。化学療法無効
  • 病理:子宮頚管腺を模倣するとされる。単房性~多房性。胞体中に紫色の粘液貯留。
  • 予後:良い。進行遅く転移しにくい。

明細胞腺癌

  • リスク:卵巣チョコレート嚢胞
  • 治療:手術。化学療法無効
  • 病理:妊娠時の子宮内膜を模倣するとされる。充実部と伴う多房性、もしくは単純性嚢胞腫粒。グリコーゲンに富み、染色されず、胞体が透明になる。管状構造、充実構造、乳頭状増殖。ホブネイル細胞が存在。
[show details]

・予後:治療しなければ予後不良。増殖速度は中等度でリンパ節転移しやすい。

類内膜腺癌

  • リスク:卵巣チョコレート嚢胞
  • 治療:手術+化学療法(プラチナム併用化学療法)
  • 病理:非妊時の子宮内膜を模倣するとされる。充実性。back to back(間質が消失), cribriform(さらに間質が消失)

・予後:容易。進行遅く、転移も少ない。

転移

  • 腹膜播種、リンパ行性転移。(G9M.165)
  • 血行性転移は稀。(G9M.165)

転移性卵巣癌

  • リンパ行性が多い
  • 胃癌、結腸癌、乳癌、子宮体癌。(G9M.158)

治療

  • 手術療法:(基本術式)両側付属器摘出術、子宮摘出術、大網摘出術。staingのために腹腔細胞診、腹腔内組織の生検、後腹膜リンパ節郭清もしくは生検を施行。


卵巣癌の種類

NGY.232
名称 卵巣癌の中の頻度 疫学 病理 類似性 予後 卵巣チョコレート嚢胞
との関連
漿液性腺癌[漿液性嚢胞腺癌] 50% 平均55歳 小型で細胞質に乏しい。樹枝状に分枝。乳頭状腺癌 卵巣表皮上皮、卵管上皮細胞 比較的良好  
粘液性腺癌[粘液性嚢胞腺癌] 10-15% 平均44歳 豊富な粘液をもつ多房構造や15cmを超える巨大腫瘤 子宮頸部粘膜上皮
腸上皮に類似
抗癌剤感受性低く、進行癌は予後不良  
類内膜腺癌 10-15%     非妊時子宮内膜に類似  
明細胞腺癌 15-20% 子宮内膜症合併 胞体は明るくグリコーゲンに富む。 妊娠子宮内膜に類似
嚢胞乳頭状構造
プラチナ感受性悪く予後不良

卵巣癌などの腫瘍マーカー

名称 AFP CA125 CA72-4 BFP CEA
漿液性腺癌[漿液性嚢胞腺癌]      
粘液性腺癌[粘液性嚢胞腺癌]        
類内膜腺癌        
明細胞腺癌          
卵黄嚢腫瘍        
転移性卵巣癌      

G9M.162

CA125 漿液性嚢胞腺癌 類内膜腺癌 移行上皮癌
CEA CA19-9 粘液性嚢胞腺癌  
エストロゲン 顆粒膜細胞腫 莢膜細胞腫  
アンドロゲン セルトリ・間質細胞腫 ライディッヒ細胞種  
CA19-9 SCC 奇形腫  
AFP 卵黄嚢腫瘍 胎芽性癌  
hCG 絨毛癌 胎芽性癌 未分化胚細胞腫
LDH 未分化胚細胞腫  
CEA クルケンベルグ腫瘍

参考

  • 1. 卵巣がん治療ガイドライン2007年版(改訂版)
[display]http://www.jsgo.gr.jp/guideline/ransou.html



腫瘍マーカー」

  [★]

tumor marker
生物学的腫瘍マーカー biological tumor marker癌マーカー cancer marker、悪性腫瘍特異物質 tumor-specific antigen




肺癌の腫瘍マーカー

  陽性率(疾患があるときに陽性となる確率, 感度)  
肺癌         備考
扁平上皮癌 腺癌 小細胞癌 その他の疾患  
CYFRA21-1 57.5%* 70-80%/73.1%* 30-40% 30-40% 良性疾患:10-15%  
SCC       子宮頸癌、食道癌、皮膚癌  
CEA 40-50%   50-60%      
SLX 70%*   0.4   肝硬変  
NSE 10-30%     70-90%    
proGRP       70-90%/65.1%*   NSEより上昇率が高く、特異性に優れる
KL-6       肺腺癌、膵癌、乳癌で40-50%。間質性肺炎の補助診断  
             
無印:標準呼吸器病学 第1版 p.327。* 臨床検査学第32版 p.634

臨床応用されている腫瘍マーカー (LAB.630)

肝癌関連 AFP, AFP-L3%, PIVKA-II
膵癌ならびにその他の消化器癌 CEA, CA19-9, Dupan-2, CA50, Span-1
肺癌 CEA, sialyl Lex-i (SLX), SCC, SYFRA21-1, NSE, ProGRP
婦人科悪性腫痩
 子宮癌:SCC, CA125
 卵巣癌:CA125, AFP, CEA, CA19-9, GAT
 乳癌 :CA15-3, BCA225, CEA, NCC-ST-439
尿器科悪性腫壕
 前立腺痛:PSA(γ-Sm), PAP
 膀胱癌 :BTA, NMP22
 神経内分泌腫療 NSE
 広範な腫瘍に反応するマーカー
  TPA, BFP, IAP

主な腫瘍マーカー CBT QB vol2 p.297

AFP 肝細胞癌肝芽腫、卵黄脳腫瘍
CEA 消化器系の癌、肺癌乳癌(腺癌の頻度が高く、臓器特異性は低い)
CA19-9 胆道系の癌、膵癌
CA125 卵巣癌
CA15-3 乳癌、卵巣癌
PIVKA-II 肝細胞癌
PSA 前立腺癌

組織型別に有用な腫瘍マーカー(NEWエッセンシャル産科学・婦人科学 第3版 p.236)

上皮性腫瘍
 漿液性腺癌: CA125 *1
 粘液性腺癌: CA19-9 *2, CA72-4, CEA
胚細胞腫瘍
 卵黄嚢腫瘍: AFP *3
 絨毛癌: hCG
 未分化胚細胞腫: LDH *4
 悪性転化を伴う成熟嚢胞性奇形腫(扁平上皮癌) : SCC
性索間質性腫瘍(ホルモン)
 顆粒膜細胞腫,莢膜細胞腫:工ストロゲン
 Sertoli-間質性腫瘍, Leydig細胞腫(門細胞腫) :テストステロン
*1 上皮性腫瘍中で最も有用.類内膜腺癌,明細胞腺癌でも陽性を示す.子宮内膜症,炎症,妊娠初期も軽度-中等度上昇
*2 成熟嚢胞性奇形腫で陽性を示すことがある
*3 胎芽性癌,混合性腔細胞腫療でも陽性を示す
*4 非特異的
also see →「生殖系チュートリアル症例2_プレゼン.ppt」

産婦人科において重要視される腫瘍マーカー

  • 子宮頚部扁平上皮癌から精製された蛋白質
  • 早期癌でも比較的高い陽性率を示し、経過観察にも有用である。
  • 一般に扁平上皮の存在する部位に広範な重症疾患存在すれば血中のSCCは上昇しうる
  • 皮膚表面、唾液中に大量に存在し、採血時に複数回穿刺する事などによるコンタミネーションの可能性があります。

腫瘍マーカー 臓器別

OLM.372改変

(略)


塩基性フェトプロテイン」

  [★]

basic fetoprotein BFP
塩基性胎児性蛋白質
広域腫瘍マーカー
[show details]



生物学的偽陽性」

  [★]

biological false positive biological false positive reaction BFP
生物学的偽陽性反応 biological false positive reaction
梅毒血清反応
  • STS検査における擬陽性
  • 原因:感染症、自己免疫性疾患、妊婦


広域腫瘍マーカー」

  [★]

  • 様々な臓器癌に広く陽性となるマーカー (OLM.376)

B」

  [★]

  • Mg2+存在下でC3, B, Dが反応してC3bBbとなり、これがC3転換酵素(C3bBb)あるいはC5転換酵素(C3bBb3b)を形成する。これらはP(properdin)と結合して活性化し、それぞれC3、C5を活性化する

WordNet   license wordnet

「the 2nd letter of the Roman alphabet」
b

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the B antigen」
type B, group B

"http://meddic.jp/BFP" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡