BCG接種

出典: meddic

カルメット・ゲラン桿菌

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • BCG接種時の皮膚裂傷からEhlers-Danlos症候群と診断された超早産児の1例
  • 杉田 依里,平澤 恭子,花谷 あき,鷲尾 洋介,戸津 五月,増本 健一,中西 秀彦,内山 温,楠田 聡,楼井 裕之,大澤 眞木子,SUGITA Eri,HIRASAWA Kyoko,HANAYA Aki,WASHIO Yosuke,TOTSU Satsuki,MASUMOTO Kenichi,NAKANISHI Hidehiko,UCHIYAMA Atsushi,KUSUDA Satoshi,SAKURAI Hiroyuki,OSAWA Makiko
  • 東京女子医科大学雑誌 83(臨時増刊(大澤眞木子教授退任記念特別)), E317-E322, 2013-01-31
  • NAID 120005296632
  • 免疫グロブリン大量療法に不応の難治性川崎病に対するインフリキシマブ療法-4例の症例検討、血漿交換療法との比較-
  • 岸 崇之,坂内 優子,吉井 啓介,唐木 克二,西川 愛子,小田 絵里,林 典子,稲井 慶,大澤 真木子
  • 東京女子医科大学雑誌 83(E1), E160-E165, 2013-01-31
  • … また1歳未満乳児はBCG接種からの期間が短いなど安全性が確立されておらず、投与は推奨されない。 …
  • NAID 110009559391
  • BCG接種時の皮膚裂傷からEhlers-Danlos症候群と診断された超早産児の一例
  • 杉田 依里,平澤 恭子,花谷 あき,鷲尾 洋介,戸津 五月,増本 健一,中西 秀彦,内山 温,楠田 聡,櫻井 裕之,大澤 眞木子
  • 東京女子医科大学雑誌 83(E1), E317-E322, 2013-01-31
  • BCG接種時に皮膚裂傷を来たしたことを契機にEhlers-Danlos症候群(EDS)と診断された超早産児の臨床経過について報告する。 … 9ヶ月(修正6ヶ月)時、外来でBCG接種を施行した際に皮膚裂傷を生じた。 …
  • NAID 110009559382

関連リンク

BCG接種用の管針. 通常、ツベルクリン反応検査の注射を行い、陰性(場合によっては 疑陽性も)の場合に経皮接種が行われる。接種時期は以前は、幼児期、小学、中学の3 回であったが、2005年の法改正により、接種 ...
gooベビー「予防接種 BCG編」についてのページです。赤ちゃんの月齢別の情報、 子育て・育児の悩み、病気、予防接種、離乳食レシピ等を詳細にご紹介しています。 特集コラムや掲示板も充実しています。

関連画像

BCG 接種5日目BCG接種id:kiki623:20090615164105j:imageBCG接種-正しい接種技術と評価 BCG接種BCG接種


★リンクテーブル★
先読みカルメット・ゲラン桿菌
国試過去問096I027」「105D049」「105G029
関連記事B」「BC」「」「接種」「BCG

カルメット・ゲラン桿菌」

  [★]

Bacillus Calmette-Guerin BCG, Calmette-Guerin bacillus
マイコバクテリウム・ボビスCalmette-Guerin桿菌
結核ウシ型弱毒結核菌ワクチン


  • 抗酸菌の一種。結核菌と免疫的に交差反応を示すことからワクチンの産生に利用される。
  • CalmetteとGuerinがウシ型結核菌(Mycobacterium bovis)を培養してワクチンとして利用できる弱毒株を得た。


096I027」

  [★]

  • 7か月の乳児。健康診査で来院した。在胎38週、自然分娩で出生した。出生体重3,000g、身長49.0cm。母乳栄養。5か月時から離乳を開始した。離乳食は、舌でつぶせる固さにして1日2回与えている。寝返りするが、這い這いはしない。欲しいものに手を出してつかむ。名前を呼ぶと振り向き、お坐りができる。顔の上に布をかけると自由にとる。三種混合ワクチンの第1期とポリオワクチンの1回目とは接種済みである。来院時体重8,900g。大泉門は2×2cmである。心雑音はない。肝は弾性軟で右肋骨弓下に3cm触知する。Moro反射はない。この児で正しいのはどれか。
  • (1) 這い這いしないのは発達の遅れを示す。
  • (2) Moro反射がないのは脳障害を示す。
  • (3) 肝の触診所見は生理的範囲内である。
  • (4) BCG接種を指導する。
  • (5) 断乳するように指導する。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096I026]←[国試_096]→[096I028

105D049」

  [★]

  • 4か月の乳児。予防接種を受けた部位の変化を心配して来院した。 3日前に左上腕にBCG接種を受けた。昨日から接種部位の発赤を認め、接種痕が膿疱様になってきたという。体温36.8℃。身体診察所見に異常を認めない。哺乳力や機嫌に変化はない。接種部位の写真(別冊No.21)を別に示す。
  • 説明として適切なのはどれか。



  • a 「通常の反応であり、検査や処置は不要です」
  • b 「1週後にまた受診してください」
  • c 「黄色い膿を採取して顕微鏡で検査しましょう」
  • d 「黄色い膿を採取して培養検査をしましょう」
  • e 「ツベルクリン反応の検査をしましょう」


[正答]


※国試ナビ4※ 105D048]←[国試_105]→[105D050

105G029」

  [★]

  • 現在の我が国の結核対策について正しいのはどれか。 2つ選べ。
  • a BCG接種を生後6か月に達するまでに行う。
  • b 小学1年生の全員にツベルクリン反応検査を行う。
  • c 結核を診断した医師は7日以内に保健所長に届け出る。
  • d 接触者健康診断では初発患者の接触者全員に胸部エックス線撮影を行う。
  • e 結核患者の治癒率向上のためにDOTS(directly observed treatment, short-course)を行う。
[正答]


※国試ナビ4※ 105G028]←[国試_105]→[105G030

B」

  [★]

  • Mg2+存在下でC3, B, Dが反応してC3bBbとなり、これがC3転換酵素(C3bBb)あるいはC5転換酵素(C3bBb3b)を形成する。これらはP(properdin)と結合して活性化し、それぞれC3、C5を活性化する

WordNet   license wordnet

「the 2nd letter of the Roman alphabet」
b

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the B antigen」
type B, group B


BC」

  [★] バシトラシン bacitracin


WordNet   license wordnet

「before the Christian era; used following dates before the supposed year Christ was born; "in 200 BC"」
B.C., before Christ


種」

  [★]

(分類学)species、(植物種子)seedtrivial
化学種菌種種子種属播種自明平凡シーズ植物胚リンネ種



接種」

  [★]

接種材料種菌播種接種菌液シーディング


BCG」

  [★] カルメット・ゲラン桿菌




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3