B細胞リンパ腫

出典: meddic

B-cell lymphoma
B細胞性悪性リンパ腫



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 右部に生じた原発性皮膚びまん性大細胞型B細胞リンパ腫,下肢型の1例
  • 日景 聡子,土井 裕美子,佐藤 有紀 [他]
  • 皮膚科の臨床 53(12), 1835-1837, 2011-11
  • NAID 40019058810
  • 節外性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の診療のポイント

関連リンク

びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫が代表的な疾患です。臨床病期IおよびIIのときには化学療法単独か、化学療法と放射線療法の併用が行われます。臨床病期IIIおよびIVでは化学療法が主体となります。代表的な化学療法はCHOP ...
(2)小腸や大腸に発生するリンパ腫 外科切除でとりきれたと考えられる場合でも、CHOP療法6〜8コースなどの化学療法 の追加が勧められます。 (3)皮膚に発生する菌状息肉症 一般的には慢性的な経過を示す病気で、紫外線療法 ...

関連画像

悪性リンパ腫びまん性大細胞型B細胞性  改訂版 vol 3 b 細胞 性 リンパ 腫 性大細胞型B細胞性リンパ腫 性大細胞型B細胞性リンパ腫 びまん性大型B細胞性リンパ腫b


★リンクテーブル★
リンク元EBウイルス」「リツキシマブ
関連記事B細胞」「リン」「B」「」「リンパ

EBウイルス」

  [★]

Epstein-Barr virus, EB virus, EBV
エプスタイン-バーウイルス エプスタイン-バー・ウイルスエプスタイン・バーウイルス
EBウイルス感染症ウイルス

ウイルス学

EBV関連抗原

  • EA, early antigen
  • VCA, virus capsid antigen
  • EBNA, EB virus determined nuclear antigen
  • LMA, late membrane antigen
  • LYDMA, lymphocyte-detected membrane antigen

EBV特異抗体

感染症

感染経路

  • 唾液感染

疫学

  • 日本では3歳までに80%が感染する (SMB.530)

検査

  • 急性期・回復期に、VCA-IGM, VCA-IgG, EA(早期抗原, early antigen)の高値、EBNA(核内抗原)の陰性を証明
EBNAは感染後3ヶ月以上経たないと立ち上がらない。




リツキシマブ」

  [★]

rituximab
anti-CD20
リツキサン
GOO.1375t,

分類

  • 抗悪性腫瘍薬
  • その他
  • 抗体

概念

  • CD20に対するモノクローナル抗体
  • 放射性同位体をラベルしたものも使われている
  • 131I-tositumomab
  • 90Y-ibritumomab tiuxetan

標的

作用機序

薬理作用

適応

注意

禁忌

B細胞」

  [★]

B cell
Bリンパ球 B lymphocyte骨髄由来細胞 bone marrow derived cell
T細胞免疫グロブリン
  • 図:IMM.314(B細胞の成熟)

概念

  • 抗体をつくるリンパ球。

クラススイッチ class switch

T細胞依存性B細胞分化

このヘルパーT細胞は抗原とMHC class IIを認識できる固有のヘルパーT細胞である。
  • 6. ヘルパーT細胞はTCRを介して抗原とMHC class IIの複合体を認識する
  • 7. naive B cellを刺激して形質細胞への分化を誘導する

T細胞非依存性B細胞分化

  • IMM.381-
  • B-cell response to bacterial antigen with intrinsic ability to activate B cell do not require T-cell help (IMM.396)
  • B-cell response to bacterial polysaccharides do not require peptide specific T-cell help (IMM.397)

マーカー




リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





B」

  [★]

  • Mg2+存在下でC3, B, Dが反応してC3bBbとなり、これがC3転換酵素(C3bBb)あるいはC5転換酵素(C3bBb3b)を形成する。これらはP(properdin)と結合して活性化し、それぞれC3、C5を活性化する

WordNet   license wordnet

「the 2nd letter of the Roman alphabet」
b

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the B antigen」
type B, group B

腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡