B

出典: meddic

  • Mg2+存在下でC3, B, Dが反応してC3bBbとなり、これがC3転換酵素(C3bBb)あるいはC5転換酵素(C3bBb3b)を形成する。これらはP(properdin)と結合して活性化し、それぞれC3、C5を活性化する


WordNet   license wordnet

「the 2nd letter of the Roman alphabet」
b

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the B antigen」
type B, group B

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/10/01 16:53:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Simultaneous detection of celiac disease-specific IgA antibodies and total IgA.
  • Grossmann K1, Röber N2, Hiemann R3, Rödiger S3, Schierack P3, Reinhold D4, Laass MW5, Conrad K2, Roggenbuck D6,7.
  • Auto- immunity highlights.Auto Immun Highlights.2016 Dec;7(1):2. doi: 10.1007/s13317-016-0073-2. Epub 2016 Jan 30.
  • PURPOSE: Celiac disease (CD) serology requires analysis of tissue transglutaminase type-2 (TG2autoAbs), deamidated gliadin (DGAbs), and as reference endomysial autoantibodies (EmA). Total IgA assessment helps to determine IgA-deficient CD patients. The novel multiplex indirect immunofluorescence (II
  • PMID 26831868
  • Genomics, microRNA, epigenetics, and proteomics for future diagnosis, treatment and monitoring response in upper GI cancers.
  • Brücher BL1,2,3,4,5,6, Li Y7, Schnabel P8, Daumer M9,10,11,12,13, Wallace TJ14, Kube R15, Zilberstein B16, Steele S17,18, Voskuil JL19, Jamall IS9,10,11,12,20.
  • Clinical and translational medicine.Clin Transl Med.2016 Dec;5(1):13. doi: 10.1186/s40169-016-0093-6. Epub 2016 Apr 6.
  • One major objective for our evolving understanding in the treatment of cancers will be to address how a combination of diagnosis and treatment strategies can be used to integrate patient and tumor variables with an outcome-oriented approach. Such an approach, in a multimodal therapy setting, could i
  • PMID 27053248
  • Recent developments in time-of-flight PET.
  • Vandenberghe S1, Mikhaylova E2, D'Hoe E2, Mollet P2, Karp JS3.
  • EJNMMI physics.EJNMMI Phys.2016 Dec;3(1):3. doi: 10.1186/s40658-016-0138-3. Epub 2016 Feb 16.
  • While the first time-of-flight (TOF)-positron emission tomography (PET) systems were already built in the early 1980s, limited clinical studies were acquired on these scanners. PET was still a research tool, and the available TOF-PET systems were experimental. Due to a combination of low stopping po
  • PMID 26879863
  • Impact of clinically tested NEP/ACE inhibitors on tumor uptake of [(111)In-DOTA]MG11-first estimates for clinical translation.
  • Kaloudi A1, Nock BA2, Lymperis E3, Valkema R4, Krenning EP5, de Jong M6,7, Maina T8.
  • EJNMMI research.EJNMMI Res.2016 Dec;6(1):15. doi: 10.1186/s13550-015-0158-3. Epub 2016 Feb 16.
  • BACKGROUND: We have recently shown that treatment of mice with the neutral endopeptidase (NEP) inhibitor phosphoramidon (PA) improves the bioavailability and tumor uptake of biodegradable radiopeptides. For the truncated gastrin radiotracer [(111)In-DOTA]MG11 ([(DOTA)DGlu(10)]gastrin(10-17)), this m
  • PMID 26882895

関連リンク

Bは、ラテン文字(アルファベット)の2番目の文字。 ... 大文字が同じ形なのはキリル文字 のВであるが、この字の発音は/v/であり、発音上Bに相当するキリル文字はБである。 ... スペイン語の音素 /b/ は、語頭以外では [β](有声両唇摩擦音)で発音される。
公式サイト。ニュース、ディスコグラフィー、ファンクラブの案内。
bモバイルのオフィシャルウェブサイトです。製品、サービス、サポート情報などをご紹介 しています。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元食道」「補体」「D因子」「B因子
拡張検索Diamond-Blackfan貧血」「131I-MIBG

食道」

  [★]

esophagus (Z)
消化器系



解剖

  • 正中面付近を下行してくるが、横隔膜近傍で左側に寄り、背面で胸大動脈と交叉する。
  • L10椎体の高さで、食道裂孔を食道神経叢と共に通過して腹腔に入る

部位区分

SSUR.456
    O:食道入口部 esophageal orifice
Ce: 頚部食道 cervical esophagus    
  S: 胸骨上縁 margin of the sternum
Te: 胸部食道 thoracic esophagus Ut: 胸部上部食道 upper thoracic esophagus    
   
Mt: 胸部中部食道 middle thoracic esophagus B: 気管分岐部下縁 tracheal bifurcation
 
Lt: 胸部下部食道 lower thoracic esophagus  
  D: 横隔膜 diaphragm
  H: 食道裂孔 esophageal hiatus
Ae: 腹部食道 abdominal esophagus  
    EGJ: 食道胃接合部 esophagogastric junction

生理的狭窄部 (KL.283, KH. 139)

  • 第1狭窄部位:輪状軟骨狭窄部:cricopharyngeal constriction
    • 切歯から15cm
    • 食道の上端で、咽頭に連なる部位
    • 下咽頭収縮筋が食道を囲み、輪状軟骨に付き、この筋の緊張によると考えられる
  • 第2狭窄部位:大動脈狭窄部:bronchoaortic constriction
    • 切歯から25cm
    • 食道の中部で、大動脈弓と左気管支が交叉し、それによって圧される。つまり大動脈弓の
  • 第3狭窄部位:横隔膜狭窄部:diaphragmatic constriction
    • 切歯から38-40cm
    • 下部で横隔膜を貫く部位

運動 (SP.720)

部位 名称 筋肉 神経 運動性 シナプスする構造 最終的な伝達物質 運動
上部1/3 上食道括約部 UES 横紋筋 舌咽神経迷走神経(疑核) 随意性 運動終板のアセチルコリン受容体 アセチルコリン 弛緩
平滑筋 迷走神経 不随意性 壁内コリン作動性運動神経
下端部 下食道括約部 LES 平滑筋 迷走神経 不随意性 壁内非アドレナリン作動性抑制運動神経 NO, VIP 弛緩
交感神経 平滑筋α受容体 アドレナリン 収縮

組織

  • 食道腺は粘膜筋板の下に存在する。 ← 粘膜下組織に腺があるのは食道の固有食道腺と十二指腸のブルンネル腺だけ
  • 食道は横隔膜より上位では漿膜がなく、癌が周囲に浸潤しやすい

食道の上皮と上皮下の組織

      層構造 1 2 3 4 5 6
      器官 単層扁平上皮 単層立方上皮 単層円柱上皮 角化重層扁平上皮 非角化重層扁平上皮 上皮表層の構成細胞 粘膜固有層 腺の構成細胞 粘膜筋板 粘膜下組織
(大抵、粗結合組織)
筋層 漿膜(結合組織+単層扁平上皮)
外膜(結合組織のみ)
      食道           食道噴門腺
(咽頭付近と胃付近に局在)、粘液腺
粘液細胞
(スムーズに食べ物を流す)
縱層
(縦走筋のみ)
固有食道腺(粘液腺、管状胞状、ペプシノーゲン、リゾチーム) 内輪筋層
外縱筋層
(食道上1/3:骨格筋、食道中1/3:骨格筋、平滑筋、食道下1/3:平滑筋)
外膜(横隔膜まで)
漿膜

臨床関連

  • 食事の通過障害は生理的狭窄部でおこりやすい。特に第1狭窄部で異物が見られる (KH.141)
  • 生理的狭窄部は癌の好発部位であり、第2,第3狭窄部位に多い (KH.141)



補体」

  [★]

complement
アレキシン alexin
補体活性化経路補体価


  • 図:IMM.63
pathway start first step
classical pathway antigen-antibody complex C1q, C1r, C1s, C4, C2
lectin pathway mannose-binding lectin or ficolin binds carbohydrate on pathogen surface MBL/ficolin, MASP-2, C4, C2
alternative pathway pathogen surface C3, B, D

補体の相互作用 IMM.62

  • C1qがカスケードの最初となる。3つの方法で補体カスケードがはじまる。
  • (1)多価陰イオン表面(例えば、グラム陰性細菌のリポテイコ酸)
  • (2)バクテリアの多糖のホスホコリンに結合(例えば肺炎球菌のC蛋白質)
  • (3)抗原抗体複合体に結合して自然免疫と獲得免疫のエフェクター機構を結びつける。
  • 炭化水素鎖を認識するレクチンがカスケードの最初となる。
  • C3からはじまる。血漿中のC3が病原体の表面で自発的に活性化されることで補体反応がはじまる。
3つの経路は共通してC3 convertaseを生成。C3 convertaseはC3→C3a+C3b
C3a: C3a is a peptide mediator of local inflammation
C3b: C3b binds covalently to the bacterial cell membrane and opsonizes the bacteria
C5 convertaseはC3bにC3 convertaseが結合してできる
C5 converaseはC5→C5a+C5b
C5a: powerful peptide mediator of inflammation
C5b: C5b,C6,C7,C8,C9: membrane-attack complex

C3aとC5a。C4a

炎症部位に血管外に抗体、補体、食細胞を集め、組織液を増やすことで抗原提示細胞がリンパ節に移動するのを促進する(IMM.75)
  • C5a,C3a,C4a: smooth muscle contraction.(IMM.75)
  • C5a,C3a: act on the endo thelial cells lining blood vessels to induce adhesion molecules.(IMM.75)
  • C5a>C3a>C4a: increase in blood flow, increase vascular permeability, increase binding of phagocytes to exdothielial cells.(IMM.76)
  • C5a: activates mast cells to release mediators, such as histamine and TNF-α. that contribute the inflammatory response(IMM.76).
  • C5a: acts directly on neutrophils and monocytes and attracting neutrophils and monocytes(IMM.75)
  • C3a: contributes to the pypotension and edema seen in endotoxic shock
  • C5a: activated by endotoxin, funcions in neutrophil chemotaxis

C5a

臨床関連

  • 増加:



D因子」

  [★]

factor D, D
C3プロアクチベーター転換酵素活性化D因子
第二経路、C3, C3b, B, C3bBb, C3a


B因子」

  [★]

factor B, B
C3プロアクチベーター



Diamond-Blackfan貧血」

  [★] ダイアモンド・ブラックファン貧血


131I-MIBG」

  [★] 131I-メタヨードベンジルグアニジン


"http://meddic.jp/B" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡