Actinobacillus

出典: meddic

アクチノバチルスアクチノバシラスアクチノバチラスアクチノバチルス属アクチノバチラス属アクチノバシラス属Actinobacillus属

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/10/14 21:19:44」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • The antibacterial mechanism of berberine against Actinobacillus pleuropneumoniae.
  • Kang S1, Li Z1, Yin Z1, Jia R1,2, Song X1, Li L1, Chen Z1, Peng L1, Qu J1, Hu Z1, Lai X1, Wang G1, Liang X1, He C1, Yin L1.
  • Natural product research.Nat Prod Res.2015 Dec;29(23):2203-6. doi: 10.1080/14786419.2014.1001388. Epub 2015 Jan 23.
  • This study demonstrated berberine to be a potential natural compound against Actinobacillus pleuropneumoniae. Liquid doubling dilution, transmission electron microscopy (TEM), SDS-PAGE and 4',6-diamidino-2-phenylindole (DAPI) staining were employed to elucidate the antibacterial activity and mechani
  • PMID 25613587
  • Effects of heterologous expression of phosphoenolpyruvate carboxykinase and phosphoenolpyruvate carboxylase on organic acid production in Aspergillus carbonarius.
  • Yang L1, Lübeck M2, Lübeck PS3.
  • Journal of industrial microbiology & biotechnology.J Ind Microbiol Biotechnol.2015 Nov;42(11):1533-45. doi: 10.1007/s10295-015-1688-4. Epub 2015 Sep 24.
  • Aspergillus carbonarius has a potential as a cell factory for production of various organic acids. In this study, the organic acid profile of A. carbonarius was investigated under different cultivation conditions. Moreover, two heterologous genes, pepck and ppc, which encode phosphoenolpyruvate carb
  • PMID 26403577
  • Sequence and structural diversity of transferrin receptors in Gram-negative porcine pathogens.
  • Curran DM1, Adamiak PJ2, Fegan JE3, Qian C4, Yu RH5, Schryvers AB6.
  • Vaccine.Vaccine.2015 Oct 13;33(42):5700-7. doi: 10.1016/j.vaccine.2015.07.097. Epub 2015 Aug 8.
  • Actinobacillus pleuropneumoniae, Actinobacillus suis, and Haemophilus parasuis are bacterial pathogens from the upper respiratory tract that are responsible for a substantial burden of porcine disease. Although reduction of disease has been accomplished by intensive management practices, immunizatio
  • PMID 26263196

和文文献

  • 臨床研究・症例報告 Actinobacillus actinomycetemcomitansによる多発肝膿瘍,脾膿瘍,軟部組織膿瘍を生じた1例
  • 中原 康雄,後藤 隆文,岩村 喜信 [他]
  • 小児科臨床 65(6), 1203-1207, 2012-06
  • NAID 40019254398
  • 豚の全身性 Actinobacillus suis 感染症
  • 佐々木 羊介,KABALI Emmanuel,芝原 友幸,小林 秀樹,清水 稚恵,森田 大輔,久保 正法
  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 64(5), 381-384, 2011-05-20
  • NAID 10029384030

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元細菌の鑑別」「Actinobacillus属」「アクチノバチラス」「アクチノバチルス」「アクチノバシラス
拡張検索Actinobacillus actinomycetemcomitans」「Actinobacillus seminis」「Actinobacillus equuli」「Actinobacillus suis

細菌の鑑別」

  [★]

細菌

グラム陽性菌の鑑別 LAB.994

菌種 形態 抗酸性 芽胞 運動性 空気中での発育 嫌気条件下での発育 カタラーゼ オキシダーゼ ブドウ糖分解 OF試験
Micrococcus C D O/-
Staphylococcus C F
Aerococcus C W W/- F
Streptococcus C +/- F
Pediococcus C. F
Gemella
嫌気性球菌*1 C +/- F/-
Kurthia R
Corynebacterium R +/- F/-
Listeria R F
Erysipelothnx R       F
Lactobacillus                    
Arachnia*2                    
Rothia R F
Propiombacterium R . F
Achnomyces R F
Bifidobacterium                    
Eubacterium R . +/- F/-
Clostridium R <+> D D F/-
Bacillus R <+> D D d D F/O/-
Nocardia R W O
Mycobacterium R . O/NT
*1:Peptococcus, Peptostreptococus(あるいは Leuconostoc) *2:あるいはActinomyces odontolyticus D:その属の菌種によって反応が異なる。 d: 菌種によって反応が異なる。 F:発酵 O:酸化 W:弱反応 ・:不明 NT:テストできない <+>:芽胞非形成筋もある C:球菌 R:桿菌

グラム陰性菌の鑑別 LAB.995

(再編集の時に-*に注意)
菌種 形態 運動性 空気中での発育 嫌気条件下での発育 カタラーゼ オキシダーゼ ブドウ糖(酸) OF試験
Bacteroides R d D F/-
Veillonella C D
Neissena C O
Branhamella C
Acinetobacter C/R O
Moraxella R    
Brucella
Bordetella
Chromobacterium lividum R O
Alcahsenes R
Flavobacterium R O
Pseudomonas R O
Actinobacillus R F
Pasteurella
Necromonas
Cardiobacterium R F
Chromobacterium violaceum                
Beneckea R F
Vibrio
Plesiomonas
Aeromonas
腸内細菌 R D F
Haemophilus R D D NT
Eikenella R -*
Campylobacter R -+1 D
Streptobacillus+2 R F
マイコプラズマ
*1:Peptococcus, Peptostreptococus(あるいは Leuconostoc) *2:あるいはActinomyces odontolyticus D:その属の菌種によって反応が異なる。 d: 菌種によって反応が異なる。 F:発酵 O:酸化 W:弱反応 ・:不明 NT:テストできない <+>:芽胞非形成筋もある C:球菌 R:桿菌 ・: 不明 *: 空気中では発育せず。空気CO2で発育。+1: 好気的または嫌気的には発育せず。5-6%O2中で発育。+2: あるいはShigella dysenteriae 1

Actinobacillus属」

  [★]

Actinobacillus
アクチノバシラスアクチノバシラス属アクチノバチラス属アクチノバチラスアクチノバチルスアクチノバチルス属


アクチノバチラス」

  [★]

Actinobacillus
アクチノバシラスアクチノバシラス属アクチノバチラス属Actinobacillus属アクチノバチルスアクチノバチルス属


アクチノバチルス」

  [★]

Actinobacillus
アクチノバシラスアクチノバシラス属アクチノバチラス属アクチノバチラスActinobacillus属アクチノバチルス属


アクチノバシラス」

  [★]

Actinobacillus
アクチノバシラス属アクチノバチラス属アクチノバチラスActinobacillus属アクチノバチルスアクチノバチルス属


Actinobacillus actinomycetemcomitans」

  [★]

アクチノバチルス・アクチノミセテムコミタンス
HACEK groupアクチノバチルス属
[show details]


Actinobacillus seminis」

  [★]

アクチノバチルス・セミニス


Actinobacillus equuli」

  [★]

アクチノバチルス・エクーリ


Actinobacillus suis」

  [★]

アクチノバチルス・スイス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡