ATRA

出典: meddic

オールトランスレチノイン酸 all-trans-retinoic acid

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/31 04:20:32」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Polymeric nanoparticles based on chitooligosaccharide as drug carriers for co-delivery of all-trans-retinoic acid and paclitaxel.
  • Zhang J1, Han J2, Zhang X3, Jiang J4, Xu M5, Zhang D6, Han J7.
  • Carbohydrate polymers.Carbohydr Polym.2015 Sep 20;129:25-34. doi: 10.1016/j.carbpol.2015.04.036. Epub 2015 Apr 27.
  • An amphiphilic all-trans-retinoic acid (ATRA)-chitooligosaccharide (RCOS) conjugate was synthesized to form self-assembled polymeric nanoparticles to facilitate the co-delivery of ATRA and paclitaxel (PTX). The blank RCOS nanoparticles possessed low hemolytic activity and cytotoxicity, and could eff
  • PMID 26050884
  • cAMP-Dependent Protein Kinase A (PKA)-Mediated c-Myc Degradation Is Dependent on the Relative Proportion of PKA-I and PKA-II Isozymes.
  • Liu Q1, Nguyen E1, Døskeland S1, Ségal-Bendirdjian É2.
  • Molecular pharmacology.Mol Pharmacol.2015 Sep;88(3):469-76. doi: 10.1124/mol.115.097915. Epub 2015 Jun 23.
  • The transcription factor c-Myc regulates numerous target genes that are important for multiple cellular processes such as cell growth and differentiation. It is commonly deregulated in leukemia. Acute promyelocytic leukemia (APL) is characterized by a blockade of granulocytic differentiation at the
  • PMID 26104548
  • Integrin α4β7 Expression Increases HIV Susceptibility in Activated Cervical CD4+ T Cells by an HIV Attachment-Independent Mechanism.
  • Ding J1, Tasker C, Lespinasse P, Dai J, Fitzgerald-Bocarsly P, Lu W, Heller D, Chang TL.
  • Journal of acquired immune deficiency syndromes (1999).J Acquir Immune Defic Syndr.2015 Aug 15;69(5):509-18. doi: 10.1097/QAI.0000000000000676.
  • BACKGROUND: CD4 T cells are crucial for the establishment and dissemination of HIV in mucosal tissues during acute infection. Studies indicate that integrin α4β7 CD4 T cells are preferentially infected by HIV in vitro and during acute SIV infection. The integrin α4β7 is thought to promote HIV ca
  • PMID 26167616

和文文献

  • AT(オートマチック・トランスミッション)のリビルト事業展望と課題(3 その7)ATRAメンバー、サーティファイ・トランスミッション社の研究
  • AT(オートマチック・トランスミッション)のリビルト事業展望と課題(3 その6)ATRAメンバージャスパー社の研究
  • APL分化症候群の治療と予防
  • 前田 智也,麻生 範雄
  • 血液内科 70(2), 260-267, 2015-02
  • NAID 40020385349

関連リンク

ATRA is the worlds largest network of transmission repair specialists. Transmission repair information for industry professionals. ... <a href="http://www.adpeepshosted.com/adpeeps.php?bf=go&uid=101623&amp ...
ATRA is the worlds largest network of transmission repair specialists. Transmission repair information for industry professionals. ... ATRA, founded in 1955, is the largest and most recognized membership organization of professional ...
独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービスのウェブサイトです ... 急性前骨髄球性白血病(Acute Promyelocytic Leukemia:APL)は急性骨髄性白血病(AML)の1病型で、図1に示すように特徴的な形態を ...

関連画像

Fichier:Fulica atra on ice.jpgOriginal file ‎ (3,279 × 2,172 pixels atra gz 450 ausable click for another viewFulica atraCommon CootATRA-logo


★リンクテーブル★
リンク元急性白血病」「急性骨髄性白血病」「急性前骨髄球性白血病」「オールトランスレチノイン酸」「all-trans-retinoic acid
関連記事AT」「ATR

急性白血病」

  [★]

acute leukemia, AL
白血病FAB分類


概念

  • 未分化の白血球の腫瘍性増殖

分類

FAB分類

M0   minimally differentiated acute myeloblastic leukemia AML
M1   acute myeloblastic leukemia, without maturation
M2   acute myeloblastic leukemia, with granulocytic maturation
M3   promyelocytic, or acute promyelocytic leukemia APL
M4   急性骨髄単球性白血病 acute myelomonocytic leukemia AMMoL
M4eo   myelomonocytic together with bone marrow eosinophilia
M5 M5a 急性単芽球性白血病 acute monoblastic leukemia AMoL
M5b 急性単球性白血病 acute monocytic leukemia
M6 M6a 赤白血病 acute erythroid leukemias, including erythroleukemia  
M6b and very rare pure erythroid leukemia  
M7 急性巨核芽球性白血病 acute megakaryoblastic leukemia  
M8 急性好塩基球性白血病 acute basophilic leukemia  
L1 小細胞型    
L2 大細胞型    
L3 Burkitt型    

病態

  • 白血球系芽球の腫瘍性増殖
  • 骨髄機能障害
  • 腫瘍細胞の臓器浸潤
  • 腫瘍細胞の破壊亢進

徴候

  • 全身:息切れ、全身倦怠感、発熱(免疫力低下による感染症、腫瘍細胞の崩壊)
  • 皮膚:点状出血、紫斑
  • 口腔内:歯肉出血
  • 骨・関節:骨痛、関節痛  ← 腫瘍細胞の関節への浸潤
  • 肝臓・脾臓:肝脾腫
  • リンパ節:腫脹(頚部リンパ節、鼡径リンパ節)
  • 唾液腺:顎下唾液腺腫大

検査

  • 血算
  • 白血球:増加
  • 血小板:減少
  • 赤血球:減少 (正球性正色素性貧血)
  • 血液生化学
  • LDH↑
  • ビタミンB12↑
  • 尿酸↑

治療

小児

  • 化学療法:小児のALLでは著効する
  • 骨髄移植:小児のALLでは再発例に行う

成人

急性骨髄性白血病

急性前骨髄球性白血病

急性リンパ性白血病

VACAP

予後

小児急性白血病の予後不良因子

YN.G-44改変

小児急性白血病の予後不良因子

  • 1. 年齢:1歳以下、10歳以上
  • 2. 男児
  • 3. FAB分類L2, L3
  • 4. 非リンパ球性
  • 5. WBC:2万以上
  • 6. Ph染色体 t(9;22) (小児のALLの数%)

成人急性白血病の予後不良因子

YN.G-44改変

AMLの予後不良因子

  • 染色体核型、年齢、初発時白血球数、FAB分類、3系統の形態異常、二次性白血病
  • 染色体核型:最大の予後因子

NCCNガイドラインに基づくAMLの予後分類

参考1
  染色体核型 遺伝子異常
予後良好群 inv(16), t(8;21), t(15;17)(付加的染色体異常の有無を問わない) 正常核型におけるNPM1のみの異常
中間群 正常核型, +8, t(9;11),その他の予後良好にも不良にも属さない染色体異常 t(8;21), inv(16)患者におけるc-kit異常
予後不良群 複雑核型(3以上の異常), -5, -7, 5q-, 7q-,11q23異常(t(9;11)を除く), inv(3), t(3;3),t(6;9), t(9;22) 正常核型におけるFLT3-ITDのみの異常

参考

  • 1. 造血細胞移植ガイドライン - 急性骨髄性白血病
http://www.jshct.com/guideline/pdf/2009AML.pdf




急性骨髄性白血病」

  [★]

acute myeloid leukemia AML, acute myelogenous leukemia, acute myelocytic leukemia
急性骨髄芽球性白血病 acute myeloblastic leukemia
骨髄性白血病白血病急性白血病急性非リンパ性白血病急性非リンパ球性白血病
[show details]
see 白血病まとめ.xls

概念

  • 骨髄で分化に異常をきたした白血球系の腫瘍性増殖により、末梢血に幼弱な細胞(未分化な細胞)が出現する病態である。このため、末梢血で幼弱な白血球と成熟した白血球のみしか観察されない(白血球裂孔)。骨髄では病的な白血球の増加により赤血球系、巨核球系の血球の増殖が抑制される。このような急性白血病の病態の中で、MPO染色において(leukemic blastの)3%以上が陽性の場合に急性骨髄性白血病と呼ばれる。

FAB分類

  免疫組織化学 電子顕微鏡 Auer小体 特徴
MPO α-naphtol acetate esterase PAS MPO
AML 微分化型急性骨髄性白血病 M0   CD13, CD33が少なくとも一つ陽性。一見無顆粒
未分化型急性骨髄芽球性白血病 M1   1 芽球の3%以上MPO陰性、前骨髄球以降の分化無し
分化型急性骨髄芽球性白血病 M2   1 前骨髄球以降の分化
急性前骨髄球性白血病 M3   多数 異型前骨髄球。ファゴット細胞陽性
骨髄単球性白血病 M4     (骨髄)>30%芽球、>20%単球系細胞
単球性白血病 M5     (骨髄)単芽球、前単球、単球>80%
赤白血病 M6     (骨髄)>30%芽球、>50%赤芽球。グリコホリン陽性
巨核芽球性白血病 M7   CD41陽性, CD42陽性
ALL      

治療

M3とそれ以外で異なる。

M3以外

化学療法

  • 多剤併用化学療法による白血病細胞の完全な消失を目指す。寛解導入療法、地固め療法、維持療法/維持強化療法の段階に分けて治療を勧める。

造血幹細胞移植療法

  • 予後不良例など

対症療法

  • 輸血(赤血球、血小板)、G-CSF、利尿薬、アロプリノール、ヘパリン、アンチトロンビン

M3

参考

  • 1.
[display]http://www.sysmex-tmc.co.jp/cd/rinsyou/demo/VI/HTML/6_2130.HTM
  • 2. がん情報サービス
[display]http://ganjoho.jp/public/cancer/data/AML.html




急性前骨髄球性白血病」

  [★]

acute promyelocytic leukemia, APL
M3。急性前骨髄芽球性白血病?
急性骨髄性白血病 AML白血病前骨髄球

概念

  • 急性骨髄性白血病の一病型
  • 白血病細胞が前骨髄球の段階で成熟停止を起こした型
  • FAB分類M3
  • アウエル小体が多く認められる。アウエル小体が集積した細胞(鳥の巣細胞、ファゴット細胞)がみられる。
  • 免疫組織化学:MPO陽性(*ミエロペルオキシダーゼ活性はほぼ100%陽性)
  • 異型前骨髄球がみられる。
  • 染色体異常
  • 95%以上の症例:t(15;17)(q22;q21)
  • 全症例:PML遺伝子(chr.15)とRAR-α遺伝子(chr.17)の融合遺伝子の存在

=M3と他のAMLを区別するポイント

検査

  • 急性白血病に特徴的:高尿酸血症、LDH上昇
[show details]

合併症

  • Auer顆粒を豊富に含み、この中にはトロンボプラスチン類似物質を含む。この物質の逸脱により凝固が亢進しDICにつながる

治療

国試


オールトランスレチノイン酸」

  [★]

all-trans-retinoic acidATRA, all-trans retinoic acid
全トランス型レチノイン酸
トレチノイン tretinoinレチノイン酸トランスレチノイン酸all-transレチノイン酸
分化誘導療法
[show details]



all-trans-retinoic acid」

  [★] オールトランスレチノイン酸 ATRA


AT」

  [★]


ATR」

  [★] アキレス腱反射 Achilles tendon reflex


"http://meddic.jp/ATRA" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡