ATP-ADPトランスロケータ

出典: meddic

ATP-ADP translocator
アデニンジヌクレオチドトランスロカーゼ
ミトコンドリア


機能

  • ADP3-をマトリクスに取り込み、ATP4-を膜間部に出す

駆動力

  • 膜電位
  • 膜間部が正電位

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みミトコンドリア
リンク元ATP-ADPトランスロケ-タ」「アデニンジヌクレオチドトランスロカーゼ」「ATP-ADP translocator
関連記事A」「AD」「AT」「ADP」「ATP

ミトコンドリア」

  [★]

(ns)mitochondrion, (np)mitochondria
糸粒体コンドリオソーム chondriosome
細胞


組織学

  • 0.5x10umの回転楕円体。
FB.333
外膜---
膜間部
内膜--- クリステという構造を作っている
マトリックス
ミトコンドリア内膜にはNADH輸送タンパク質がない!!(FB.333)
解糖系で得られたNADHは、リンゴ酸-アスパラギン酸シャトルにより還元力がミトコンドリア内に送られる。(FB.309 図15-27,333)

ミトコンドリアゲノム

  • ヒトのミトコンドリアゲノム 16.6kb
  • mtDNAは二本鎖環状
  • mtDNA(染色体DNAとは独立したDNA。ミトコンドリアゲノム)は体細胞の100-1000倍存在すると言われている。
  • DNA修復機構を持たない。
  • DNAを保護する構造(ヒストン)がない
  • バクテリア型の転写・翻訳系を有する → クロラムフェニコールに感受性があり、特に幼児に顕著。

ミトコンドリア内膜

  • ミトコンドリア内膜を透過する物質(FB.391)
  CO2
  O2
  クエン酸  トリカルボン酸輸送経路
  ピルビン酸 輸送体により制御
  ATP 輸送体により制御
  ADP 輸送体により制御
  Pi 輸送体により制御
  Ca2+ 輸送体により制御
  リンゴ酸 輸送体により制御
  アスパラギン酸 輸送体により制御
  • ミトコンドリア内膜を透過できない物質
  アセチルCoA (トリカルボン酸輸送経路に乗せるために、クエン酸に変換)
  オキサロ酢酸 (リンゴ酸かアスパラギン酸に変換)

機能

  • 酸化的リン酸化  ⇔ 基質準位リン酸化
  • クエン酸サイクル
  • 脂肪酸酸化
  • アミノ酸分解
  • ヌクレオチド合成
  • 尿素回路
  • アポトーシスに関与



ATP-ADPトランスロケ-タ」

  [★]

  1. REDIRECT ATP-ADPトランスロケータ

アデニンジヌクレオチドトランスロカーゼ」

  [★] ATP-ADPトランスロケータ


ATP-ADP translocator」

  [★] ATP-ADPトランスロケータ

A」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「answer / ampere」

WordNet   license wordnet

「the 1st letter of the Roman alphabet」
a

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the A antigen」
type A, group A


AD」

  [★]


WordNet   license wordnet

「in the Christian era; used before dates after the supposed year Christ was born; "in AD 200"」
A.D., anno Domini


AT」

  [★]


ADP」

  [★]


ATP」

  [★] アデノシン三リン酸 アデノシン3リン酸 adenosine triphosphate adenosine 5'-triphosphate




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡