AS

出典: meddic


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Anglo-Saxon」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/12/05 18:32:15」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 中学校の民謡鑑賞学習における身体を基盤とした意味生成の様相 : 《河内音頭》を教材として身体表現を取り入れた実践を通して(衣笠忠司教授退任記念)
  • 中東情勢分析 サウジアラビア内相にムハンマド王子 : 世代交代と今後の王位継承
  • 榊原 櫻
  • 中東協力センターニュース 37(5), 68-73, 2013-12-00
  • NAID 40019549461
  • Stability constants of Fe(III) and Cr(III) complexes with dl-2-(2-carboxymethyl)nitrilotriacetic acid (GLDA) and 3-hydroxy-2,2'- iminodisuccinic acid (HIDS) in aqueous solution
  • Begum Zinnat A.,Rahman Ismail M. M.,Sawai Hikaru,Tate Yousuke,Maki Teruya,Hasegawa Hiroshi
  • Journal of Chemical and Engineering Data 57(10), 2723-2732, 2013-10-00
  • … In various pH conditions, the interaction between the chelants (L = GLDA or HIDS) and the metal ions (M = Fe3+ or Cr3+) leads to the formation of different complexes formulated as MH2L+, MHL, ML-, M(OH)L2-, and M(OH)2L3-. …
  • NAID 120005253223

関連リンク

アズノゥアズ(AS KNOW AS)のオフィシャルサイト。かわいらしさのなかにちょっと大人の雰囲気をおりまぜたブランド「as know as de base」をはじめとした、おしゃれを楽しむ女性のための服・雑貨ブランドを展開。
as 【1接続】 ~のように、~の通りで[に] 19~20世紀の文法家は、asを接続詞... - アルクがお届けする進化するオンライン英和・和英辞書データベース。一般的な単語や連語から、イディオム、専門用語、スラングまで幅広く収録。
(är'sə-nĭk) Symbol As A metalloid element most commonly occurring as a gray crystal, but also found as a yellow crystal and in other forms. Arsenic and its compounds are highly poisonous and are used to make insecticides ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みAngelman syndrome
リンク元心雑音」「肥大型心筋症」「II音」「強直性脊椎炎」「大動脈弁狭窄症
拡張検索GAS」「ALAS deficiency」「RASS
関連記事as」「A

Angelman syndrome」

  [★] アンジェルマン症候群


心雑音」

  [★]

heart murmur, cardiac murmur
拡張期雑音過剰心音レヴァイン分類

収縮期雑音 systolic murmur

拡張期雑音 diastolic murmur

continuous murmur

  • 連続的な圧較差の存在を示唆する
  • A. continuous:動脈管開存症 PDA:肺動脈弁領域。動脈管を流れる血流と雑音が比例するので、S2に向かって大きくなり、S1に向かって小さくなる。
  • B. to-and-fro: AS + AR, PS+ PR :S1~(収縮期:AS,PSによる駆出性雑音。ダイアモンド型)~S2, S2~(拡張期:MR,PRによる逆流性雑音。decrescendo)~S1 S1に向かって小さくなるので、連続音とは区別できるはず。

手技見えp.116

  • 僧帽弁開放音(OS):MS
  • 収縮中期クリック:MVP
  • 拡張期ランブル + 前収縮期雑音:MS
  • 拡張期灌水様雑音/拡張期逆流性雑音:AR、PR
  • 収縮期逆流性雑音:心尖部:MR

体位との関係

  胸壁に近づく部位  
左側臥位 心尖部 僧帽弁雑音(MR, MS)、僧帽弁開放音(OS)、III音IV音
座位前屈位 大動脈弁領域 大動脈弁閉鎖不全症(AR)
肘膝位 (心膜>-<心臓) 心膜摩擦音

呼吸との関係

右心系:三尖弁の雑音

  • 吸気時増強、呼気時減弱
吸うとき強く、吐くとき弱く
吸うと胸腔内圧が陰圧になり、静脈還流量が増加する

左心系:僧帽弁、大動脈弁の雑音

  • 吸気時減弱、呼気時増強
吸うとき弱く、吐くとき強く
胸腔内圧が上昇すると、肺から心臓に向かう血流が増加する(ホントニか?)ので、左心系の雑音が増強するのだ???????????

手技との関連

疾患別

MS

  • 概念:拡張期ランブル
  • 時相:拡張中期(open snap)に続いて。
  • 最強点:心尖部
  • 放散:
  • 体位:左側臥位
  • 音程:低音

MR

  • 概念:収縮期逆流性雑音
  • 最強点:心尖部
  • 放散:左腋窩
  • 体位:左側臥位
  • 呼吸:呼気
  • 音程:高音

AS

  • 概念:収縮期駆出性雑音
  • 最強点:2LSB
  • 放散:右鎖骨下動脈、右頚動脈
  • 体位:座位
  • 呼吸:呼気

AR

  • 概念:拡張期灌水様雑音
  • 時相:拡張期
  • 特徴:呼気で増強
  • 最強点:3LSB
  • 放散:
  • 体位:座位前屈位
  • 音程:高音

MVP

  • 概念:収縮期逆流性雑音
  • 時相:収縮期中期。クリック音の後から。
  • 音程:高音  ←  圧較差が大きいため

ASD

  • 概念:駆出期駆出性雑音
  • 最強点:2LSB
  • 放散:
  • 体位:

VSD

病態特異的な心雑音

  三尖弁閉鎖不全症 大動脈弁閉鎖不全症 大動脈弁狭窄症 僧帽弁閉鎖不全症 僧帽弁狭窄症
TR AR AS MR MS
心音

I音減弱

I音減弱

I音亢進

心雑音
過剰心音 
その他徴候
 




肥大型心筋症」

  [★]

hypertrophic cardiomyopathy HCM, HCMJ
心筋症

病因

  • 半数が常染色体優性遺伝による。sarcomere complexを構成する蛋白をコードする遺伝子の異常による。この遺伝子にはβミオシン重鎖、トロポニンT、ミオシン結合蛋白Cをコードするものがある。(PHD.259) → 蛋白の構造異常によるからAD

病型

病理

  • pattern of extensive disarray. Short, wide, hypertrophied fibers are oriented in chaotic directions and surrounded by numerous cardiac fibroblasts and extracellular matrix.(PHD.259) → これが拡張障害や不整脈の原因となる

症候

  • dyspnea, palpirations, bifid apical impulse, coarse systolic murmur at the left sternal border, and ventricular hypertrophy with asymmertric septal thickening on echo cardiogram.(Q book p.304)
  • bifid apical impulse: the forceful atrial contraction may also result in a palpable presystolic impulse over the cardiac apex (=double apical impulse)
  • coarse systolic murmur: LA contraction into the stiffened LV

身体所見

PHD.262

心音

  • S4:肥大した左心室壁に対して左心房が無理に血液を送り込むため
  • double apical impulse:心尖部で触れる。左心房の懸命な収縮+左心室の収縮
  • (左室流出路が狭窄している場合)systolic murmur at the left lower sternal border → AS like でダイアモンド型の駆出期雑音を生じる
  • (左室流出路が狭窄している場合)holosystolic blowing murmur at apex by MR → 僧帽弁前尖を左室流出路に引き寄せるからMRが生じる。汎収縮期雑音を生じる。(also see PHD.44)
  • 各種手技による雑音の変化。ASと反対の挙動を示す
  • 静脈還流量減少によりmurmurが増強
  • 静脈還流量増加によりmurmurが減弱
  • elevating one's leg
  • increasing sympathetic tone
  • squatting → HOCMにおいて、姿勢性めまいは一般的。The LV thus decreases in size and outflow tract obstruction intensifies.(PHD.262)

検査

頚動脈圧

  • 二峰性頚動脈波
  • 左室流出路が狭窄している場合は、頚動脈圧波の収縮期早期における急峻な立ち上がりと急激な低下がみられる(PHD.262)。HOCMでは収縮中期に駆出される血液量が低下し収縮期の脈波が二つの峰を形成する(参考2)。
その他、二峰性の頚動脈が認められる病態:大動脈閉鎖不全症閉塞性肥大型心筋症、開存の大きい動脈管開存症Valsalva洞破裂

心エコー

Mモードで観察
  • 左心室壁の肥厚
  • 非対称性中隔肥大(ASH)
  • 僧帽弁前尖の収縮期前方運動(SAM):循環血液量の減少と左室の過収縮による(YN.C-135)
  • 大動脈弁の収縮中期半閉鎖:HOCMでは収縮中期に駆出される血液量低下のために大動脈弁が閉鎖しそうになる(参考2)
  • 僧帽弁後退速度 DDRの低下:左心室のコンプライアンスが低下することにより、左室への血液流入速度が低下するため(YN.C-135)

心電図

  • ST下降、T波の陰転化、左室高電位、QRS時間の院長、Q波異常 (ECGP.118)
  • V3-V5における巨大陰性T波 → 心尖部肥大型心筋症
[show details]
V3-V6のST低下と陰性T波

治療

PHD.264
  • 生活療法:激しい運動や競争をするような運動は避ける → 突然死のリスクが高まる。
  • 薬物療法:
  • βブロッカー:(1)心筋酸素需要減少→狭心痛・呼吸困難↓、(2)左室流出路の圧勾配減少←心収縮力の低下により左室流出路の狭窄が解除される、(3)心室充満量増加←HR低下による、(4)心室期外収縮抑制。ただし、βブロッカーは不整脈による死亡は抑制できないらしい。
  • カルシウムチャネル拮抗薬:(1)心室のコンプライアンス上昇(reduce ventricular stiffness)、(2)βブロッカーが不応の患者での運動耐性を上げる。
  • 抗不整脈薬:心室細動や心室性頻拍から死に至ることがあるため。
  • 抗菌薬:閉塞性肥大型心筋症では感染性心内膜炎が起こりやすいため。
  • 埋め込み型除細動器 ICD:高リスクの患者に適応
  • カテーテルインターベンション:percutaneous septal albation
  • 手術療法:myomectomy

注意

  • 利尿薬

禁忌

  • 硝酸薬 (禁忌と言い切って良いのか知らないが、お手軽教科書には大抵禁忌と書いてある)

参考

  • 1. 分かりやすい
[display]http://www.nurs.or.jp/~academy/igaku/s1/s14222.htm
  • 2.
[display]http://kokushinado.ame-zaiku.com/circu/4_hm.html
  • 3. 肥大型心筋症の診療に関するガイドライン
2007年改訂版
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2007_doi_h.pdf
2012年改訂版
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2012_doi_h.pdf

国試




II音」

  [★]

second heart sounds, S2
心音

まとめ

II音亢進 IIA 高血圧 AR 動脈硬化
IIP 肺高血圧 PR MS
II音減弱 IIA 低血圧 AS  
IIP   PS  

II音増大

MSとASとでは、同じstenosisでも心音の大きさに関与の仕方が違うんですね。
拡張期における大動脈圧、肺動脈圧が高い → 弁に衝突する血液の流速が早い → 弁の閉鎖音が大きい
  • 動脈硬化の強いとき
  • 大動脈弁が閉じるとき、拡張期早期 back pressureが高い?
  • 拡張期に大動脈弁を挟んだback pressureが高いから?
  • 右室へのvolume load。PHで顕著

II音減弱

  • 駆出できる血液量がへるから?

分裂音

呼吸性分裂

PHD.33-35
  • 生理的状態では、
  横隔膜の相対的位置 II音
呼気 expiration single sound
吸気 inspiration _ | | splitting sound
  • (1)吸気時には、肺の血管抵抗性が低下 → 拡張期におけるP弁へのback pressureは呼気時と比べ比較的低下する →P弁の開放時間が延長
  • (2)吸気時には、肺静脈が拡張 → 左房・左室への血液還流量が減少 → 左室を充満する血液量減少 → 一回拍出量減少 → 駆出時間の短縮 → A弁の開放時間が短縮

widened splitting

  • right bundle branch block(RBBB), pulmonic stenosis(PS)
IIAが早まる:MR, VSD
IIPが遅れる:RBBB, PS, pulmonary hypertension

固定性分裂 fixed splitting

奇異性分裂 paradoxical splitting

単一II音 single S2



強直性脊椎炎」

  [★]

ankylosing spondylitis AS
リウマチ性脊椎炎ベヒテレフ病マリー-シュトリュンペル病 Marie-Struempell disease
血清反応陰性脊椎関節症

概念

  • リウマトイド因子陰性で脊椎と仙腸関節が侵される疾患。

原因

  • 原因は不明
  • HLA-B27は95%前後陽性

疫学

  • 発生頻度は0.04%程度で家族内発生が多い。
  • 好発年齢:10歳台後半~20歳代台
  • 男女比:90%男性。 男:女=9:1-5:1

病態

  • 靭帯付着部などの関節辺縁に限局した骨炎が生じ、軟骨下骨や線維軟骨が肉芽組織に置換され、炎症が収まるのに伴いこの肉芽組織が骨化し、骨強直を来す。
  • 踵骨部・坐骨結節に腱付着部症、仙腸関節である。

症状

  • 腰痛、殿部や背部の痛み。
  • 運動制限
  • 深呼吸時の胸痛、関節痛、アキレス腱痛

合併症

検査

血液検査

  • リウマチ因子:陰性
  • HLA-B27:90%の症例で陽性
  • 赤沈:亢進

X線像

  • 初期は仙腸関節部の両側性の辺縁不整。びらんが出現すると関節裂隙が開大して見える。次いで、びらんの周辺に硬化像が認められ、関節裂隙は狭小化し、最終的に硬直に至る(骨性強直)。
  • 脊椎:前縦靭帯の椎体付着部からの骨化(椎体骨棘形成 syndesmophyte) → 側面像での椎体の方形化 squaring → 竹様脊柱 bamboo spine

診断

診断基準(東京都特殊疾病(難病)息者診断手引き, 1990年)

  • I. 主要症状
  • 1.腰痛(最低3カ月以上,運動で軽快し,安静による効果なし)
  • 2.腰椎の可動制限(失状および前額面)
  • a.前屈測定検査
後腸骨棟の高さで,垂直に測定した10cmの間隔が前屈で何cm伸延したかを計測:異常:5cm以下
  • b.側屈測定検査
腋窩正中腺状,任意に引かれた20cmの線が側屈で何cm伸延したかを計測:異常:5cm以下
  • 3.胸郭拡張の低下
胸郭拡張測定検査
第四肋間の高さで,最大呼気時の胸囲と最大吸気時の胸囲との差を計測:異常: 2.5cm以下
  • II. 必要検査
  • 1.仙腸関節X線像
  • (1)両側仙腸開節炎 2-3度
  • (2)片側仙腸関節炎 3-4度
0度:正常
1度:疑い
2度:軽度(小さな限局性の侵食像や硬化像)
3度:中等度(侵食像や硬化像の拡大,関節裂隙狭小)
4度:強直
  • III. 除外診断
  • IV. 診断基準
  • 確実例:主要症状1. 2, 3のうち1項目以上+必要検査1の(1)
  • 疑い例:主要症状なし+必要検査1の(1)あるいは(2)
付記: HLA-B27の成績を記載のこと

治療

  • 運動療法
  • 薬物療法:NSAIDs。DMARDsも使われうる。


大動脈弁狭窄症」

  [★]

aortic stenosis, AS, aortic valve stenosis
大動脈狭窄症大動脈弁狭窄
大動脈弁先天性大動脈弁狭窄症

病因

  • 先天性
  • 二尖弁:高齢者で石灰化を来し、ASの症状が出現する。
  • 閉鎖型:まれ。
  • 後天性
  • 感染症 :溶連菌感染によるリウマチ熱(現在では稀となっている)、感染性心内膜症
  • 血管疾患:動脈硬化に続発  →  最も多い、らしい

重症度の区分

ガイドライン1
  軽度 中等度 高度
連続波ドプラ法による最高血流速度(m/s) <3.0 3.0 -4.0 ≧4.0
簡易ベルヌイ式による収縮期平均圧較差(mmHg) <25 25 -40 ≧40
弁口面積(cm2) >1.5 1.0 -1.5 ≦1.0
弁口面積係数(cm2/m2) <0.6

身体所見

  • 聴診:
  • 奇異性分裂(A弁の狭窄により大動脈側の押し戻す圧力(back pressure)が上がるのに時間がかかり、A2音のdelayとなる)。収縮期雑音が両頚部で聴取される。
  • 往復雑音 to-and-fro murmur:拡張期の逆流性雑音に加え、一回拍出量の増加による相対的大動脈弁狭窄による収縮期雑音を聴取。

症状

  • 長く無症状で持続。

検査

ガイドライン1
表21 大動脈弁狭窄症の治療方針を判断する上での診断的手法の実施
クラスⅠ
1 心電図検査
2 胸部X線写真、心エコー・ドプラ法
  • 心エコー:大動脈弁の開放制限と収縮期モザイク
[show details]

ガイドライン

  • 1. 弁膜疾患の非薬物治療に関するガイドライン(2007年改訂版)

参考

  • 1. [charged] 成人における大動脈弁狭窄症の臨床像とその評価 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 成人における大動脈弁狭窄症の自然歴 - uptodate [2]

国試



GAS」

  [★] Streptococcus pyogenesA群レンサ球菌 Group A streptococcus


ALAS deficiency」

  [★]

5-aminolevulinic acid synthetase


RASS」

  [★] Richmond Agitation Sedation Scale


as」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(…と)『同じくらい』,『同様に』 / 《比較》『…ほど』,『…くらい』,…ように / 《様態・程度》『…のように』,…と同じように / 《時》『…のときに』(when);…の間に,…するうちに(while) / 《話》《原因・理由》『…だから』,…なので / 《譲歩》《文》…だけれども(though) / 《先行する名詞の内容を制限して》『…のような』 / 《先行の,または後続の節の内容を受けて》『それは…だが』,…のように / 《役割・資格・機能などを表して》『…として』 / 《seem,appear,consider,pass,regard,treat,know,think of などの動詞の後で補語の働きをする語の前に置いて》…と[して] / 《前置詞・形容詞・分詞などの前に置いてその意味を限定して》…として[の],…とみなして,…と考えて / たとえば(for instance)」


A」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「answer / ampere」

WordNet   license wordnet

「the 1st letter of the Roman alphabet」
a

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the A antigen」
type A, group A


"http://meddic.jp/AS" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡