ADPリボース転移酵素

出典: meddic

ADP-ribosyltransferaseADP-ribose transferaseADPRT
ADPリボシル基転移酵素ADPリボーストランスフェラーゼADPリボシルトランスフェラーゼ

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ヒト神経芽細胞腫GOTO細胞におけるRho-Rhoキナーゼ-リン酸化シグナル伝達を介した神経分化と神経分化中における単一GOTO細胞の連続的観察(薬理学)
  • 鎌田 洋一,服部 恭代
  • The journal of veterinary medical science 69(1), 37-42, 2007-01-25
  • 神経成長因子,レチノイン酸,ジブチリルcAMP,ガングリオシドG_<Q1b>,およびボツリヌスC3酵素のヒト神経芽細胞腫GOTO細胞における神経分化能を比較評価した.C3酵素はADPリボース転移酵素で,低分子量GTP結合タンパク質であるRhoタンパク質を不活性化する.C3酵素は検定した薬剤のなかでもっとも速やかにGOTO細胞を神経細胞に分化させ,またもっとも強く神経細胞を連結させ,ネッ …
  • NAID 110006151574

関連リンク

日本語をクリック → ADPリボース転移酵素 との組み合わせでGoogle を検索 英語をクリック → ADP-Ribose Transferase との組み合わせでEntrezを検索 アデノシン二リン酸 (Adenosine Diphosphate); 細胞外酵素S (exoenzyme S); ニコ ...
ボツリヌス菌が産生するC3酵素と呼ばれるADP-リボース転移酵素は,GTP-結合タンパク質の1つであるRhoAタンパク質にADP-リボースを転移し失活させる.ヒト神経芽腫GOTO細胞をC3酵素処理するとRhoAタンパク質の修飾の後,神経突起が誘導 ...

関連画像

D09730 DrugGAPDH(四量体構造)毒素 によるシステイン残 ADPリボースの構造細菌毒素の分子生物学


★リンクテーブル★
リンク元ADPリボシル基転移酵素」「ADP-ribosyltransferase」「ADPRT」「ADP-ribose transferase」「ADPリボーストランスフェラーゼ
関連記事転移」「酵素」「A」「AD」「ADP

ADPリボシル基転移酵素」

  [★]

ADP-ribosyltransferase
ADPリボース転移酵素ADPリボーストランスフェラーゼADPリボシルトランスフェラーゼ

ADP-ribosyltransferase」

  [★]

ADPリボース転移酵素ADPリボシルトランスフェラーゼADPリボシル基転移酵素

ADP-ribose transferaseADPRT


ADPRT」

  [★]

ADP-ribose transferaseADP-ribosyltransferase

ADP-ribose transferase」

  [★]

ADP-ribosyltransferaseADPRT


ADPリボーストランスフェラーゼ」

  [★]

ADP-ribose transferaseADPRT
ADPリボシル基転移酵素ADPリボース転移酵素

転移」

  [★]

腫瘍の転移

metastasis
metastatic potentialskip metastasismetastatic disease


原発 転移
リンパ節が最多。肝臓、胸膜、対側肺、副腎、心膜、骨(肋骨、椎骨)、大脳(圧迫症状出現)
遠隔転移:肺内>骨>脳>肝>副腎
小細胞癌が最も転移しやすい。
分化型:血行性に肝臓、未分化型:腹膜播種
大腸 肝臓、肺
卵巣 腹腔内播種、リンパ性転移(後腹膜)。血行性は希
腎臓 肺>骨>肝。副腎もありうる。能は多くない。
骨肉腫 肺>骨
発見時に10-20%の症例で肺転移。
  • 転移性脳腫瘍は原発巣が肺であることが最も多い、らしい。
  • 転移性の硬膜外腫瘍は原発巣が肺癌>乳癌>リンパ腫



精神医学

transference
感情転移

分子遺伝学の転移(トランスポゾン)

transposition


酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





A」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「answer / ampere」

WordNet   license wordnet

「the 1st letter of the Roman alphabet」
a

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the A antigen」
type A, group A


AD」

  [★]


WordNet   license wordnet

「in the Christian era; used before dates after the supposed year Christ was born; "in AD 200"」
A.D., anno Domini

ADP」

  [★]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡