50%有効濃度

出典: meddic

median effective concentration, 50% effective concentration, EC50
[[]]


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • フェノブカルブおよびパーメスリンのイエシロアリおよびヤマトシロアリに対する効力比較
  • 久保田 俊一,庄野 美徳,水戸 信彰 [他],角田 邦夫
  • 環動昆 19(1), 31-37, 2008-04-15
  • … た.2種の化合物に対する感受性は,イエシロアリとヤマトシロアリで大きな違いはなく,両化合物とも非常に速効的な効果を示した.フェノブカルブでは,21日間の連続暴露においてEC_<50>(50%有効濃度)は経過日数とともに徐々に低下し,低濃度に連続的に暴露した場合,効力が遅延して発現したが,2時間の短時間暴露においてはこのような効果は見られなかった.パーメスリンには21日 …
  • NAID 110006657208
  • ジノテフラン関連化合物の合成とアフリカツメガエル卵母細胞に発現させた SADβ2 ハイブリッドニコチン性アセチルコリン受容体に対するアゴニスト作用
  • 利部 伸三,松田 一彦,駒井 功一郎
  • 日本農薬学会誌 27(4), 374-377, 2002-11-20
  • … ノテフランとそのテトラヒドロフラン環及び非環状アミン部位をそれぞれ非環状エーテル及びイミダゾリジン環に置換した3種の化合物を合成し, アフリカツメガエル卵母細胞に発現させたSADβ2ハイブリッドニコチン性アセチルコリン受容体(nAChR)に対するこれらの化合物のアゴニスト活性を測定した.ジノテフランの50%有効濃度EC_<50>(M)の逆対数値pEC_<50> …
  • NAID 110001713345
  • Pefurazoate で選抜したイネばか苗病菌変異株におけるイネへの病原力低下とジベレリン生合成の減少
  • 竹中 允章 [他],林 啓介,小川 徹,木村 修一郎,田中 敏房
  • 日本農薬学会誌 17(4), 213-220, 1992-11-20
  • … 分生胞子多数をpefurazoate含有寒天培地上に接種して, 生育する同剤低感受性変異菌株を分離した.変異菌株は野生型母株に比し, 最低生育阻止濃度(MIC)や95%有効濃度(EC_<95>)はかなり高いが, 50%有効濃度(EC_<50>)では大きな差はなかった.変異菌株では薬量-反応曲線の勾配が緩やかとなってはいたが, ^<14>C-標識酢酸からの菌体脂質生合成への同剤の影響を …
  • NAID 110001712607

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元EC50」「50% effective concentration
関連記事濃度」「有効」「」「有効濃度

EC50」

  [★]

  • 50%有効濃度、半有効濃度
50% effective concentrationmedian effective concentration


50% effective concentration」

  [★]

  • 50%有効濃度
EC50

濃度」

  [★]

concentrationconc.
集中濃縮


有効」

  [★]

  • adj.


度」

  [★]

degree
温度


有効濃度」

  [★]

effective concentration




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡