131I標識化合物

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 各種肝•胆道系疾患における新核種99mTc-(Sn)-PI(Pyridoxylidene isoleucine)の臨床的検討
  • 戸張 千年,野口 雅裕,大塚 幸雄,黒沢 洋,西野 執,成木 行彦,大橋 賢,水落 勝明,入江 実
  • 日本消化器病学会雑誌 76(6), 1315-1324, 1979
  • … 新しい99mTc-(Sn)-PI(Pyridoxylidene isoleucine)による肝•胆道スキャンを正常例5例を含む各種肝•胆道系疾患36例に施行した.静注後,正常例で総胆管は5分,胆のう•十二指腸は12分で像が得られ,従来の131I標識化合物に比し画像は明瞭であり,短時関に評価が得られた.更に,正常例,完全胆道閉塞症例,胆石症例,胆のう炎,胆道ジスキネジー,肝炎例に本スキャンを施行し形態学的•機能的に十分な評価を得た.99mTcと生理的物質 …
  • NAID 130001062445

関連リンク

パーキンエルマーの 125I 標識化合物製造で、最も一般的に用いられている標識方法 です。 [125I] または[131I] ヨウ化ナトリウムをクロラミンTにより酸化して、活性型の [125 I]I+ を生じさせます。効率よくチロシン残基に放射性ヨウ素を導入できますが、その酸化 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事131I」「標識」「化合」「標識化」「化合物

131I」

  [★]

iodine-131
radioiodine-131、ヨウ素-131ヨウ素131
放射性核種ヨウ素


  • 治療を目的として用いられる(放射線ヨード療法):バセドウ病、甲状腺癌  →  被曝が大きいので
  • 半減期:8 d
  • 壊変様式:β- β崩壊
  • 13153I →  + e- + νe
中性子が陽子、β線(電子)、反電子ニュートリノに変換。



標識」

  [★]

labellabelingtagmarkermarkinglandmarklabelmark
標識化標識形質表示マーカーマークラベル特徴づける目印タグタグをつけるマーキング標識法

化合」

  [★]

combination
組み合わせ配合併用合併コンビネーション組合せ


標識化」

  [★]

labelinglabellinglabel
標識表示ラベルラベリング標識法

化合物」

  [★]

compound
コンパウンド配合複方




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡