123I-IMP

出典: meddic

塩化N-イソプロピル-p-ヨードアンフェタミン(123I)
N-isopropyl-p-[123I]iodoamphetamine
N-イソプロピルパラヨードアンフェタミン
  • 高い脂溶性により血流に比例して脳組織に取り込まれ、血流にしたがってゆっくりと洗い流される。
  • 特徴:
  • 123I-IMPの集積は高潔流域でも脳血流と比較的直線に近い関係を持つ。
  • 特に早期の集積(5-30分)における集積量と血流量が良い相関を示すので、投与後5-15分の画像を得ることが重要

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Global cerebral hypoperfusion in preclinical stage of idiopathic normal pressure hydrocephalus.
  • Takaya M, Kazui H, Tokunaga H, Yoshida T, Kito Y, Wada T, Nomura K, Shimosegawa E, Hatazawa J, Takeda M.SourceDepartment of Psychiatry, Osaka University Graduate School of Medicine, National Hospital Organization Osaka National Hospital, Osaka, Japan.
  • Journal of the neurological sciences.J Neurol Sci.2010 Nov 15;298(1-2):35-41. Epub 2010 Sep 22.
  • In patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus (iNPH), ventriculomegaly and narrowed subarachnoid spaces at the high convexity appear in magnetic resonance (MR) images before the occurrence of objective symptoms. In addition, quantitative regional cerebral blood flow (rCBF) has been repor
  • PMID 20864126
  • Estimation of 123I-IMP arterial blood activity from dynamic planar imaging of the chest using a graph plot method for the quantification of regional cerebral blood flow.
  • Tomiguchi S, Tashiro K, Shiraishi S, Yoshida M, Kawanaka K, Takahashi Y, Soma T, Yamashita Y.SourceDepartment of Diagnostic Radiology, School of Health Sciences, Kumamoto University, 4-24-1 Honjo, Kumamoto, 862-0976, Japan. seiji@kumamoto-u.ac.jp
  • Annals of nuclear medicine.Ann Nucl Med.2010 Jun;24(5):387-93. Epub 2010 Mar 27.
  • PURPOSE: I-123-labeled N-isopropyl-p-iodoamphetamine ((123)I-IMP) is used for the measurement of regional cerebral blood flow (rCBF). A continuous or single arterial blood sampling (ABS) is necessary to estimate an integral of arterial input function (AIF) for the measurement of rCBF by using a micr
  • PMID 20349161
  • Azelnidipine, a long-acting calcium channel blocker, could control hypertension without decreasing cerebral blood flow in post-ischemic stroke patients. A 123I-IMP SPECT follow-up study.
  • Watanabe M, Hirano T, Okamoto S, Shiraishi S, Tomiguchi S, Uchino M.SourceDepartment of Neurology, Graduate School of Medical Sciences, Kumamoto University, Kumamoto, Japan. masakiwatanabe3@gmail.com
  • Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension.Hypertens Res.2010 Jan;33(1):43-8. Epub 2009 Oct 30.
  • Azelnidipine, a long-acting calcium channel blocker, is highly lipid soluble and selective for the vascular wall, and is expected to have an increasing effect on cerebral blood flow (CBF). The aim of this study is to investigate its safety and efficacy in stroke patients in the chronic stage as far
  • PMID 19876061

和文文献

  • QSPECTによる脳血流測定 : PETとの比較(<特集>最新の画像診断法)
  • 松田 博史,今林 悦子,瀬戸 陽,伊藤 公輝,久慈 一英,島野 靖正
  • 脳神経外科ジャーナル 20(9), 648-654, 2011-09-20
  • … ^<123>I-IMPを用いたdual table autoradiogaphy(DTARG)定量的SPECT(QSPECT)を一側性の閉塞性脳血管障害患者15例に施行した.この方法により得られた安静時脳血流量とアセタゾラミド負荷時の血管反応性から血行力学的脳虚血の重症度分類をStage 0〜IIまでの3段階に分類した.このDTARG QSPCT分類を,同時期に施行した^<15>Oガス吸入によるPET測定から分類した重症度分類と比較した.15例中10例では,QSPECTとPET分類がStage II(QSPECTでは安静時 …
  • NAID 110008712060
  • 鎖骨下動脈盗血症候群に対するPTA/stentの効果 : SPECTによる脳血流評価
  • 石原 秀行,岡 史朗,白尾 敏之,貞廣 浩和,加藤 祥一,黒川 徹,大石 誉奈,前田 佳彦,東 真由,鈴木 倫保
  • 脳神経外科ジャーナル 20(7), 519-522, 2011-07-20
  • … table ARG法による脳血流定量を行った.【結果】治療前の脳血流予備能(%)は,大脳で40.8±18.4%に対し,小脳で26.9±21.8%であった.治療後,小脳の脳血流予備能は36.4±19.2%と有意な改善を認めた.【結論】^<123>I-IMP SPECT dual table ARG法により,鎖骨下動脈盗血症候群は小脳の脳血流予備能の低下として捉えられる.PTA/stentによる血行再建により,椎骨脳底動脈系の脳循環が改善し症状が改善したものと考えられる.dual table …
  • NAID 110008673600
  • ^<123>I-IMP Graph Plot 法検査時間短縮プロトコールの検討
  • 山本 泰司,小野口 昌久,和田 昭彦,皿田 勝裕,原元 益夫,小松 明夫,北垣 一,山口 修平
  • 日本放射線技術學會雜誌 67(5), 524-533, 2011-05-20
  • … The 123I-IMP Graph Plot is a convenient method of analyzing cerebral blood flow without blood sampling. … Data acquisition requires 45 minutes after the infusion of 123I-IMP because the method is matched to the protocol of autoradiography (conventional method). …
  • NAID 10028109650

関連リンク

123I-IMPは静注後、高率に脳に取り込まれ、局所脳血流に比例して脳内に分布し、 その初期分布は一定時間保持されるため鮮明な脳血流シンチグラムが得られます。 123I-IMPを用いたシンチグラフィにより、脳血流障害の部位、広がりが可能で、 ...
123I-IMP(N-イソプロピル-4-ヨードアンフェタミン).半. 減期は約13時間,エネルギーは 159keVピークを利用して撮像する. 123I-IMPは静注後,肺に取り込まれ,動脈血中に 放出される.脳. 内へは初回循環にて容易に脳血液関門を透過し脳内のアミン結合 ...

関連画像

Systematic ( IUPAC ) name を 結合 させた 123i imp を 注射脳血流(123I-IMP)123I-IMP(N-イソプロピル-4 123I-IMP脳血流シンチグラム123I-IMP,99mTc-ECD,99mTc-HMPAO脳 血流 123i imp 脳 血流 99mtc hm


★リンクテーブル★
リンク元シンチ」「脳血流シンチグラフィ」「N-イソプロピルパラヨードアンフェタミン
関連記事I」「imp」「IMP」「IM

シンチ」

  [★]

シンチグラフィーシンチグラム

脳血流シンチグラム

脳槽シンチグラム

心筋シンチグラム

  • 201TlCl:K+とほぼ同様の挙動を示し、Na/K ATPaseを介して心筋細胞に取り込まれる。一回の灌流で心筋内に取り込まれその取り込みは冠血流に依存するために、心筋血流分布を反映するといわれている。
  • 99mTc-MIBI99mテクネチウムセスタミビ
  • 99mTc-tetrofosmin:99mTc-テトロフォスミン:

心筋壊死シンチグラム

心筋脂肪酸代謝シンチグラム

  • 123I-BMIPP:心臓の脂肪酸代謝を反映しており、心筋虚血、心筋梗塞で集積が低下する。

心筋交感神経シンチグラム

骨血流シンチグラム

肺換気シンチグラム

骨シンチグラム

骨髄シンチグラム

  • 111In-塩化インジウム:血清中のトランスフェリンと結合し、鉄イオンと類似した血中動態を示し、幼若赤血球に取り込まれるため、活性骨髄に集積
  • 99mTc-スズコロイド:骨髄内の網内系を描出。網内系細胞に貪食される。

甲状腺シンチグラム

  • 123I   :(甲状腺摂取率)3時間値5-20%、24時間値15-35%
  • 99mTcO4-:(甲状腺摂取率)30分値0.4-3.0%。唾液腺、唾液への生理的な取り込みが多いためバックグラウンドが高い。
  • 131I   :全身シンチグラムに使用。甲状腺全摘出後に行う。
  • 123I-MIBG:甲状腺髄様癌
  • 210Tl:分化型甲状腺癌
  • 67Ga:甲状腺未分化癌、甲状腺悪性リンパ腫

副甲状腺シンチグラム

  • 99mTc-MIBI:ヘキサキス(2-メトキシイソブチルイソニトリル)テクネチウム(99mTc):副甲状腺腫に集積

副腎髄質シンチグラム

副腎皮質シンチグラム

  • 131I-アドステロール:クッシング症候群や原発性アルドステロンの確定診断に有用。たぶんステロール環をもっており副腎皮質に取り込まれる

腎シンチグラム

肝受容体シンチグラム

肝胆道シンチグラム

唾液腺シンチグラム

全身検索

ガリウムシンチグラム

タリウムシンチグラム

MIBGシンチグラム

FDGシンチグラム

脳血流シンチグラフィ」

  [★]

cerebral blood flow scintigraphy
シンチ



N-イソプロピルパラヨードアンフェタミン」

  [★]

N-isopropyl-p-iodoamphetamine
IMP
123I-IMP
  • 脳SPECT造影剤

I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」

imp」

  [★]

WordNet   license wordnet

「one who is playfully mischievous」
scamp, monkey, rascal, rapscallion, scalawag, scallywag

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「小悪魔;悪魔の子 / わんばく」

IMP」

  [★]


IM」

  [★]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡