123I-BMIPP

出典: meddic

123I-BMIPP
ヨウ素123-BMIPP123I-15-(4-ヨードフェニル)-3(R,S)-メチルペンタデカン酸 15-(4-iodophenyl)-3(R,S)-methylpentadecanoic acid
正式
15-(4-ヨードフェニル)-3(R,S)-メチルペンタデカン酸注射液(123I) 15-(4-iodophenyl)-3(R,S)-methylpentadecanoic acid injection(123I)
カルディオダイン

  • 心筋脂肪酸代謝の評価に用いられる。
  • 脂肪酸誘導体を123Iラベルした物質。
  • 虚血性心疾患では、心筋シンチグラムで検出できない虚血部位も検出できるため有用である。

参考

  • 1. 123I-BMIPP
[display]http://www.lookchem.com/cas-123/123748-56-1.html



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Ability of 201Tl and 123I-BMIPP mismatch to diagnose myocardial ischemia in patients with suspected coronary artery disease.
  • Nakamura A, Momose M, Kondo C, Nakajima T, Kusakabe K, Hagiwara N.SourceDepartment of Cardiology, Tokyo Women's Medical University, Tokyo, Japan.
  • Annals of nuclear medicine.Ann Nucl Med.2009 Nov;23(9):793-8. Epub 2009 Sep 30.
  • OBJECTIVE: A mismatch defect between (201)TL and (123)I-BMIPP dual isotope SPECT (d-SPECT) is useful to detect myocardial ischemia in patients with acute coronary syndrome. However, whether mismatched d-SPECT findings reflect actual myocardial ischemia in stable patients with suspected, but unknown
  • PMID 19789944
  • Restored cardiac conditions and left ventricular function after parathyroidectomy in a hemodialysis patient. Parathyroidectomy improves cardiac fatty acid metabolism assessed by 123I-BMIPP.
  • Nanasato M, Goto N, Isobe S, Unno K, Hirayama H, Sato T, Matsuoka S, Nagasaka T, Tominaga Y, Uchida K, Murohara T.SourceCardiovascular Center, Nagoya Daini Red Cross Hospital, Japan. nana@nagoya2.jrc.or.jp
  • Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society.Circ J.2009 Oct;73(10):1956-60. Epub 2009 Jan 27.
  • A 62 year-old female hemodialysis patient underwent parathyroidectomy to treat secondary hyperparathyroidism. On the preoperative assessment, the plasma levels of parathyroid hormone (PTH) and B-type natriuretic peptide (BNP) were elevated. Echocardiography showed reduced left ventricular (LV) contr
  • PMID 19179778
  • 123I-BMIPP fatty acid analogue imaging is a novel diagnostic and prognostic approach following acute myocardial infarction.
  • Biswas SK, Sarai M, Hishida H, Ozaki Y.SourceCardiology Division, Department of Internal Medicine, Fujita Health University Hospital, 1-98 Dengakugakubo, Kutsukake-cho, Toyoake, Aichi 470-1192, Japan. biswas_70@yahoo.com
  • Singapore medical journal.Singapore Med J.2009 Oct;50(10):943-8.
  • Fatty acid oxidation is the most efficient mode of myocardial energy production which requires a large amount of oxygen. Thus, alteration of fatty acid oxidation is considered to be a sensitive marker of ischaemia and myocardial damage. (123)I-BMIPP ([123]I-beta-methyl-p-iodophenylpentadecanoic acid
  • PMID 19907882

和文文献

  • 肥大型心筋症の早期心筋障害に対するBMIPP心筋シンチと造影MRIの比較研究
  • 川出 昌史,寺岡 邦彦,平野 雅春,五十嵐 祐子,山田 昌央,近森 大志郎,高沢 謙二,山科 章
  • 東京醫科大學雜誌 69(1), 55-63, 2011-01-30
  • NAID 10027806340
  • 心筋SPECT標準(JSNM2007)の作成と臨床的検証
  • 中嶋 憲一
  • 核医学 : 日本核医学会機関誌 : the Japanese journal of nuclear medicine 47(2), 164-167, 2010-05-31
  • NAID 10026906379
  • Normal values for nuclear cardiology: Japanese databases for myocardial perfusion, fatty acid and sympathetic imaging and left ventricular function
  • NAKAJIMA Kenichi
  • Annals of nuclear medicine 24(3), 125-135, 2010-04-01
  • … Normal databases for fatty acid imaging using 123I-beta-methyl-iodophenyl-pentadecanoic acid and sympathetic imaging using 123I-meta-iodobenzylguanidine were also examined. …
  • NAID 10026390699

関連リンク

123I-BMIPPは、局所心筋脂肪酸代謝を評価することにより、心疾患の診断を目的と する体内投与放射性医薬品です。健常心筋は、空腹時においてそのエネルギー源の80  %以上を脂肪酸のベータ酸化に依存していますが、虚血や低酸素状態になると主な代謝 ...
しかし、脂肪酸代謝に関しては123I-BMIPPの登場によりSPECTにてもある程度 まで脂肪酸代謝の様子が検索できるようになっ ... 123I-BMIPPの集積機序 123I- BMIPPはカルボシキル基のβ位にメチル基を導入した側鎖脂肪酸であり、そのままでは β ...
タイトル: 慢性右室圧負荷患者における123I-BMIPP心筋脂肪酸代謝画像の特徴:心室 中隔部の集積低下所見の臨床的意義. 別タイトル: Myocardial Fatty Acid Imaging with 123I-BMIPP in Patients with Chronic Right Ventricular Pressure Overload: ...

関連画像

123I-BMIPPSPECT techniques: 123I-BMIPP TF(上)と123I-BMIPP(下)の画像 (123I-BMIPP) in Ischemic Heart Diseases123I-BMIPP (123I-BMIPP) in Ischemic Heart Diseases (123I-BMIPP) in Ischemic Heart Diseases123I-BMIPP 心筋シンチ


★リンクテーブル★
先読み15-(4-ヨードフェニル)-3(R,S)-メチルペンタデカン酸注射液(123I)
リンク元シンチ」「β-メチルヨードフェニルペンタデカン酸
関連記事BMI」「BMIPP

15-(4-ヨードフェニル)-3(R,S)-メチルペンタデカン酸注射液(123I)」

  [★] 123I-15-(4-ヨードフェニル)-3(R,S)-メチルペンタデカン酸

シンチ」

  [★]

シンチグラフィーシンチグラム

脳血流シンチグラム

脳槽シンチグラム

心筋シンチグラム

  • 201TlCl:K+とほぼ同様の挙動を示し、Na/K ATPaseを介して心筋細胞に取り込まれる。一回の灌流で心筋内に取り込まれその取り込みは冠血流に依存するために、心筋血流分布を反映するといわれている。
  • 99mTc-MIBI99mテクネチウムセスタミビ
  • 99mTc-tetrofosmin:99mTc-テトロフォスミン:

心筋壊死シンチグラム

心筋脂肪酸代謝シンチグラム

  • 123I-BMIPP:心臓の脂肪酸代謝を反映しており、心筋虚血、心筋梗塞で集積が低下する。

心筋交感神経シンチグラム

骨血流シンチグラム

肺換気シンチグラム

骨シンチグラム

骨髄シンチグラム

  • 111In-塩化インジウム:血清中のトランスフェリンと結合し、鉄イオンと類似した血中動態を示し、幼若赤血球に取り込まれるため、活性骨髄に集積
  • 99mTc-スズコロイド:骨髄内の網内系を描出。網内系細胞に貪食される。

甲状腺シンチグラム

  • 123I   :(甲状腺摂取率)3時間値5-20%、24時間値15-35%
  • 99mTcO4-:(甲状腺摂取率)30分値0.4-3.0%。唾液腺、唾液への生理的な取り込みが多いためバックグラウンドが高い。
  • 131I   :全身シンチグラムに使用。甲状腺全摘出後に行う。
  • 123I-MIBG:甲状腺髄様癌
  • 210Tl:分化型甲状腺癌
  • 67Ga:甲状腺未分化癌、甲状腺悪性リンパ腫

副甲状腺シンチグラム

  • 99mTc-MIBI:ヘキサキス(2-メトキシイソブチルイソニトリル)テクネチウム(99mTc):副甲状腺腫に集積

副腎髄質シンチグラム

副腎皮質シンチグラム

  • 131I-アドステロール:クッシング症候群や原発性アルドステロンの確定診断に有用。たぶんステロール環をもっており副腎皮質に取り込まれる

腎シンチグラム

肝受容体シンチグラム

肝胆道シンチグラム

唾液腺シンチグラム

全身検索

ガリウムシンチグラム

タリウムシンチグラム

MIBGシンチグラム

FDGシンチグラム

β-メチルヨードフェニルペンタデカン酸」

  [★]

beta-methyliodophenyl pentadecanoic acid, BMIPP
123I-BMIPP
[show details]


BMI」

  [★]

body mass index, BMI
体型指数カウプ指数 Kaup指数 Kaup's index Kaup index
カウプ・ダーヴェンポート指数 Kaup-Davenport index
肥満症比体重ローレル指数(学童の肥満の判定)

成人

  • 標準的な範囲 20< <24
  • 標準 22

乳幼児

  • 月齢3-12ヶ月:正常:15-18。肥満:>18。やせ:<15

カウプ指数

体重(g)/身長(cm)^2 = 正常範囲15-18

計算

数字を入力してenterを押す。

cm & kg ⇔ BMI:


肥満の判定

日本肥満学会による分類
  • 18.5≦ <25 :普通体重
  • 25 ≦ <30 :肥満(1度)
  • 30 ≦ <35 :肥満(2度)
  • 35 ≦ <40 :肥満(3度)
  • 40 ≦    :肥満(4度)



BMIPP」

  [★] β-メチルヨードフェニルペンタデカン酸 beta-methyliodophenyl pentadecanoic acid



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡