107H024

出典: meddic

  • 1か月の乳児。発熱を主訴に来院した。2日前から38℃の発熱があり、母乳の飲みが悪く、一日中機嫌が悪いため受診した。咳嗽と鼻汁とを認めない。同胞はおらず、両親と患児の3人で生活している。両親に発熱と感冒症状とを認めない。体温38.7℃。心拍数128/分。呼吸数30/分。SpO2 96%(room air)。咽頭に発赤を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。皮疹を認めない。血液所見:赤血球420万、Hb 13.5g/dl、Ht 40%、白血球19,300(桿状核好中球15%、分葉核好中球65%、好酸球1%、好塩基球1%、単球1%、リンパ球17%)、血小板40万。CRP 5.2mg/dl。
  • 親への説明として適切なのはどれか。


  • a 「外来で点滴をしましょう」
  • b 「入院して検査や治療を行いましょう」
  • c 「解熱薬を使用しながら経過をみましょう」
  • d 「外来で経口抗菌薬による治療を開始しましょう」
  • e 「お薬は使わずに外来で明日まで経過をみましょう」


[正答]


※国試ナビ4※ 107H023]←[国試_107]→[107H025

"http://meddic.jp/107H024" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡