107F011

出典: meddic

  • 検査の診断特性に関して正しいのはどれか。


  • a ROC曲線の縦軸は特異度、横軸は感度である。
  • b 特異度が高い検査は、診断の確定に有用である。
  • c カットオフ値を変えて感度を上げると、特異度も上がる。
  • d 感度は、検査が陽性のときに真に疾患を有する割合を指す。
  • e 同じ検査であれば、検査前確率にかかわらず検査後確率は一定である。


[正答]


※国試ナビ4※ 107F010]←[国試_107]→[107F012

"http://meddic.jp/107F011" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡