107D053

出典: meddic

  • 61歳の男性。健康診断時に胸部エックス線写真で異常を指摘され、精査のため来院した。3か月前から易疲労感、1か月前から右殿部痛を自覚していた。最近3か月でkgの体重減少があった。既往歴に特記すべきことはない。身長170cm、体重62kg。体温36.2℃。脈拍88/分、整。血圧152/88mmHg。呼吸数15/分。SpO2 95%(room air)。右頸部と右鎖骨上とに径2cmのリンパ節をそれぞれ1個触知する。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部に異常を認めない。血液所見:赤血球360万、Hb 11.5g/dl、Ht 35%、白血球6,800、血小板29万。血液生化学所見:総ビリルビン0.5mg/dl、AST 33IU/l、ALT 28IU/l、LD 440IU/l(基準176~353)、クレアチニン0.8mg/dl。CRP 1.0mg/dl。胸部エックス線写真(別冊No.27A)、肺野条件の胸部CT(別冊No.27B)及び胸部造影CT(別冊No.27C)を別に示す。気管支鏡による生検で肺腺癌と診断された。骨シンチグラムで右坐骨に集積を認めた。
  • 治療として適切なのはどれか。2つ選べ。





[正答]


※国試ナビ4※ 107D052]←[国試_107]→[107D054

"http://meddic.jp/107D053" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡