107D037

出典: meddic

  • 生後25日の男児。皮膚の黄染を主訴に来院した。1日に7、8回母乳を与えている。血液所見:赤血球423万、Hb 12.3g/dl、Ht 46%、白血球7,600、血小板21万。血液生化学所見:総ビリルビン11.3mg/dl(基準0.3~5.3)、直接ビリルビン9.5mg/dl(基準0.2~1.3)、AST 98IU/l、ALT 128IU/l。患児の便の写真(別冊No.18)を別に示す。
  • この児への対応で適切なのはどれか。


  • a 母乳をやめさせる。
  • b 整腸剤を処方する。
  • c 1か月後の再診を指示する。
  • d 精査目的の入院を指示する。
  • e 便のウイルス抗原を検査する。



[正答]


※国試ナビ4※ 107D036]←[国試_107]→[107D038

"http://meddic.jp/107D037" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡