107D036

出典: meddic

  • 85歳の女性。右下腹部痛を主訴に来院した。入浴後に急に右下腹部痛が出現し、次第に右大腿内側から膝にかけての疼痛を伴うようになった。悪心はあるが嘔吐はない。意識は清明。体温36.0℃。脈拍80/分、整。血圧182/90mmHg。呼吸数15/分。SpO2 99%(room air)。腹部は全体に平坦、軟で、反跳痛と筋性防御とを認めない。鼠径部に近い右下腹部に自発痛と圧痛とを認める。腸雑音はやや低下し、金属音を聴取しない。血液所見:赤血球373万、Hb 11.4g/dl、Ht 34%、白血球7,600、血小板18万。血液生化学所見:尿素窒素16mg/dl、クレアチニン0.5mg/dl、総ビリルビン0.9mg/dl、LD 180IU/l(基準176~353)、CK 56IU/l(基準30~140)、アミラーゼ116IU/l(基準37~160)。CRP 0.2mg/dl。腹部単純CT(別冊No.17)を別に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 107D035]←[国試_107]→[107D037

"http://meddic.jp/107D036" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡