107D026

出典: meddic

  • 65歳の男性。徐々に増大する左頸部の腫瘤嚥下障害とを主訴に来院した。左頸部に径2.5cmのリンパ節を触知し、同部位の穿刺吸引細胞診で扁平上皮癌と診断された。喫煙は20本/日を30年間。飲酒は日本酒合/日を45年間。喉頭内視鏡像(別冊No.7)を別に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 107D025]←[国試_107]→[107D027

"http://meddic.jp/107D026" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡